18:9 SIMフリー ミッドレンジ中華スマホ KOOLNEE K1 レビュー デュアルカメラ性能・ベンチマーク・顔認証

ディスプレイ比率18:9サイズで6インチ大画面、裏面も縦放射の反射が美しいKOOLNEE K1がTOMTOPからやってきたのでレビューします。

こちらはGalaxy S8+クローンな筐体で、かなり忠実に真似(汗)しているのでディスプレイガラス左右の曲面が大きめでディスプレイは曲面ではないものの、ガラスが大きめの曲面なのでちょい未来感あり。

激安なミッドレンジ中華スマホで全体的に高級感あり。ですがGalaxy S8+と外見は似ていても中身はまったく違うものです。高額なGalaxy S8+買う気はないにしても18:9の6インチ大画面ディスプレイが気になっている方にピッタリです。

KOOLNEE K1 MTK6750T 1.5GHz 8コア

KOOLNEE K1

流行りの18:9サイズのディスプレイ

去年2017年夏頃のGalaxy S8・S8+の登場で縦長大画面な18:9サイズのディスプレイの流行が始まりまして、ほとんどのメーカーの中華スマホもこれに乗じて18:9サイズのGalaxy S8+を真似た約6インチや、Galaxy S8を真似た約5.7(5.8)インチの中華スマホが続々と登場してきています。

KOOLNEE K1もその中の一つ、Galaxy S8+と同じくらいのディスプレイサイズ6.01インチのディスプレイを搭載した中華スマホ。

KOOLNEE K1サイズ

18:9サイズのスマホの特徴として縦長のディスプレイで、横幅が通常の5.5インチスマホと同等のサイズ約75mm前後なので大画面なのに手で持ちやすいという技術的進化の末に実現されたサイズ。

でも手の小さい方は75mm前後の横幅でも少し辛い方もいそうなので、今後はiPhone5sのように横幅60mm切るサイズで18:9画面のスマホが出たら流行りそうなのですが、まだどのメーカーも出してないので需要は無いのだろうか?

KOOLNEE K1 スペック

KOOLNEE K1と似たようなスペックだけど、外観が違うOukitel MIX 2も並べてみました。どの中華スマホも似たようなスペックの18:9画面のスマホを出していますが、微妙なスペックの違いと外観の違いで好みが分かれそうです。

2016年に引き続き2017年もたくさんのスマホを紹介させていただきました。 今年(2017)のスマホの傾向・進化した部分は、Galaxy S8が出たのでそれを真似て中華スマホがGalaxy S8クローンな上下狭額縁ベゼルのスマホを各メーカーが次々だしてきました。 これによって今まで16:9の5.5インチディスプレイが主流でしたが今後は縦長の18:9の6インチ前後のディスプレイが主流になってきそうです。同じような筐体サイズなのにディスプレイが大きいのが今年一番進化した部分。それによってホームボタンが消...

去年末に書いた↑この記事に現在出ている18:9画面のスマホやXiaomi Mi MIXクローンな三方狭額縁ベゼルなスマホをスペック比較してますので気になる方はご覧ください。

KOOLNEE K1はホントに標準的なミッドレンジスマホ、上下のベゼルが細くなったので裏に指紋認証が付いて裏はデュアルカメラなよくある仕様。

画像KOOLNEE K1 MTK6750T 1.5GHz 8コアヨシOukitel MIX 2 MTK6757V Helio P25 2.39GHz 8コア怒りスネスキ
機種名KOOLNEE K1Oukitel MIX 2
メーカー中華スマホ842OUKITEL828
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値
最安値
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4:1人

Wish
5
1
1
9
3
3
OSAndroid 7Android 7
SocブランドMediaTekMediaTek
SocMTK6750T 1.5GHz 8コアMTK6757V Helio P25 2.39GHz 8コア
メモリ4GB6GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ6.01インチ6インチ(18:9 MIX)
解像度2160x10802160x1080
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFTTFT
画素密度402ppi402ppi
バッテリー3190mAh4080mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
1600+200万画素
デュアルカメラ
1600+30万画素
重量215g233g
サイズ 縦x横x奥行157x74x8.8mm157.8x75x8.8mm
SDMicroSD(最大64GB)MicroSD(最大512GB)
BluetoothV4.0V4.2
GPS
WiFib/g/nb/g/n
生体認証指紋,顔認証指紋
充電MicroUSBMicroUSB
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),850(5-26)2100(1),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),800(19-20),1800(3)2100(1),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3)
動画https://youtu.be/KOd9EyxnspQ
実測値Antutu:44495
Geekbench:Single 620 / Multi 2619
RAM:3813
Memory:Read 1744/Write 54386
SD:Read 53560
Antutu:82224
Geekbench:Single 923 / Multi 4006
RAM:4582.56
Memory:Read 159.39/Write 212.98
SD:Read 125.44 / Write 210.76
レビュー

それにしてもミッドレンジスマホもそろそろMicroUSBからUSB Type-Cをデフォルトにしてほしいところ。

KOOLNEE K1 主なスペック

KOOLNEE K1 カラー

カラーはブラック・ゴールド・ブルーの3色、どれも縦放射状の光の反射がステキです。今回レビューするお色はブルーでこちらは裏面はブルーのガラス玉のようで表面のガラスも大きくカーブしていて光の反射で輝いてキレイな宝石のような見た目。

4GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)

標準的なお色で男性好みかもしれません。

KOOLNEE K1 カラー

KOOLNEE K1 開封の儀

では18:9画面なKOOLNEE K1、開封していきましょう。

梱包

EMS(国際スピード郵便)でプチプチ袋に入ってやってきました。

KOOLNEE K1 梱包

中にライトロンで包まれていてその中に梱包ビニール袋とちょっと過剰梱包気味。欲を言えばプチプチ袋ではなく、ダンボール箱だったら完璧ですね。

化粧箱

化粧箱は薄い厚紙でどこかで見た(UMIスマホ)ような丸い渦巻き状のデザイン。

KOOLNEE K1 化粧箱

箱の上にスペックなどプリントされてます。

KOOLNEE K1 化粧箱上

KOOLNEE K1 化粧箱

開封

引き出しのように箱をスライドしてひっぱりだす化粧箱。

通常の5.5インチディスプレイサイズの筐体で大画面の6インチディスプレイな18:9サイズの中華スマホな見た目です。表面上下ベゼルが細くてブルーなので大画面ということがよく分かる。

裏面の縦デュアルカメラとその下の四角い指紋認証が特徴的。

付属品

USBアダプタはCタイプコンセントプラグなので日本で使うにはAタイプ変換アダプタが必要。赤いMicroUSBケーブルも付属。

うれしいのは透明の専用ケースと保護シートもついていて付属品を買い足す必要がない。

KOOLNEE K1 付属品

取説は特に必要ないと思いますが、英語など各国語あって日本語はなし。

KOOLNEE K1 取説

保護ケース装着

付属のソフト保護ケースを装着してみました。

KOOLNEE K1 保護ケース2

サイズはピッタリなのですが、あまりデキがよくなく側面の真ん中にバリというかプレスした跡のヒダのような加工跡がある。

KOOLNEE K1 保護ケース

左右のボタン類は穴はあいてなく、凹みで覆われている。

KOOLNEE K1 外観チェック

起動

起動画面はシンプルなKOOLNEEのロゴのみ。

KOOLNEE K1 起動

この後は初期設定に突入です。素のAndroid初期設定なので最初から日本語を選べてその後はずっと日本語表示してくれます。

KOOLNEE K1 日本語選択可能

表面

KOOLNEE K1 表面2

裏面も縦放射状の反射でキラキラしてキレイなのですが、普段見る表面も左右の曲面ガラスのカーブがが大きめでキレイです。

左右の曲面を斜めから見るとGalaxy S8+の場合はディスプレイが曲面していて斜めからでも曲面したディスプレイが見えますが、KOOLNEE K1は斜めから見るとガラスの曲面部分が黒く見えて、ディスプレイが浮いたようなガラスに閉じ込められたような見た目になる。なかなか考えられた仕様でプレミアム感を感じる。

フロントカメラは上に、電話時のスピーカーやセンサーなど全て細いベゼルに収まっています。

アップで見るとディスプレイの表示されない黒い部分が少し目立つ。

KOOLNEE K1 表面3

ベゼル幅

左右は青いベゼルはなく、表示されない黒い部分が1.5mmほどありました。上下はさすが細いベゼルで、これ以上細くするとiPhone Xのようにディスプレイを切欠きしないといけなくなってきそう。ただ下はもう少しベゼル細くできそうですが、上下のバランスが悪くなって見た目悪くなりそう。

  • 上:側面金属約1mm+青ベゼル約6.5mm+表示されない部分約1.5mm=約9mm
  • 左右:側面金属約1mm+表示されない部分約1.5mm=約2.5mm
  • 下:側面金属約1mm+青ベゼル約7.5mm+表示されない部分約1.5mm=約10mm

デュアルカメラと指紋認証

KOOLNEE K1唯一の特徴と言えそうな縦デュアルカメラとその下にフラッシュ、さらにその下に四角い指紋認証。

KOOLNEE K1 デュアルカメラ

デュアルカメラはSONY1600万画素+200万画素でボケ撮影可能。明るい画像にしてくれてボケもなかなかキレイですが、シャッターがすっとろいので1秒から数秒固定しておかないとピンぼけします・・・。このあたりがミッドレンジスマホの弱点でしょう。

KOOLNEE K1 リアカメラ

裏面

裏面は縦放射状反射なデザインで光の当たり具合でキラキラします。

KOOLNEE K1 裏 ななめ

この縦放射状反射も数年前からGalaxyが得意としている裏面デザインで完全コピー・・・

まったくの真似ですが、高級ハイスペック機なみに見た目がコピーできているのがステキなところ。もちろんですが中身はまったく違います。

裏面左右・上下のラウンドもキレイです。

KOOLNEE K1 裏

側面

側面もGalaxy S8+を忠実に真似・・・してます。

KOOLNEE K1 側面 上

こちら↓はちょい小さい5.8インチディスプレイのGalaxy S8ですがGalaxy S8+と同じ見た目、上画像のKOOLNEE K1の側面と較べてみてください。そっくりです・・・

憧れのスーパースマホGalaxy S8がおウチにひょっこりやってきたのでレビューします。 今回はドコモのSC-02JモデルなのでSIMロックフリー機ではなく、ドコモアプリがたくさん入ってました。

側面左右は上下からグイッと細くなっていて持った時に薄く感じる仕様でこちらもGalaxy S8+と同じ。

下側面はMicroUSBなのが大きな違い。

KOOLNEE K1 側面 下

SIMスロット・MicroSD

こちらもGalaxy S8+と同様に・・・上にSIMスロットがありまして、NanoSIM2枚で1枚はMicroSDが入る仕様。

そろそろこちらもSIM2枚とMicroSDを独立で3枚同時に入れられるようにしてほしい。

KOOLNEE K1 SIMスロット

KOOLNEE K1 ちょっと使ってみた外観感想

170ドル前後で激安だけど高級感があって裏面はGalaxy S8のように縦放射状反射でキラキラしている。中華スマホはもう完成度うんぬんは必要なく、アラを探すのが難しくなってきている。

専用ケース付きなので持ち歩く時は付属のケースに入れれば傷つきにくい。

215gと持った時にちょっと重く感じるが、6インチディスプレイなのでそれを考えるとあまり重くないのかもしれません。

見た目重視で激安スマホを探している方に向いていそうです。

次回、指紋認証の無いiPhone Xの登場で顔認証(Face ID)が再燃してきていてKOOLNEE K1も顔認証を前面に押し出してきたので顔認証の検証など、このページを更新して中身のAndroidやベンチマーク見ていきます。

KOOLNEE K1 主なスペック2 KOOLNEE K1 外観

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. yoshi より:

    お世話になります。
    おお、これ欲しいです。

    • GO GO より:

      yoshi様
      見た目はかなり良いですヨ。
      ただSocがMTK6750TなのでAntutu4万台でトロいです・・・
      もう少し速いSoc積んでくれてこの値段だったら完璧でした。

  2. yoshi より:

    GOさま
    Antutu4万台なんですね。よく見なかった。GOさまの言う通りですね。
    S8 plusで満足してるのでしばらくはスマホの購入は控えます。
    魅力的な物が出て来たらどうしようかな~?

    • GO GO より:

      yoshi様
      またイイのでると思います。
      良さそうなの出ましたらレビューしますね♪

  3. kinta kinta より:

    こんにちわ。
    thl Knight 2 レビュー予定ないですか?
    qi対応で面白そうですがCPUが MT6750ので残念ですが。

    • GO GO より:

      kinta様
      THL Knight 2はいまのところ予定ないです。
      Qiまで対応してNFCも対応ですね。これはよさそう。
      CPU:MTK6750だと・・・このまえレビューしたKOOLNEE K1(MTK6750T)と同じようなSocなので遅いですね。
      もう少し速いCPU積んでくれれば楽しいのですが・・・

  4. としたけ より:

    このスマホは通知ランプがありますか?

  5. としたけ より:

    こんばんは。
    ありがとうございました。
    通知ランプがないのは、不便ですよね。

    • GO GO より:

      中華スマホはけっこう無いのありますね。
      こちらも、もしかしたらあるのかもしれません・・・今は無いので確認できませんでした。スンマセン

コメントを残す