【ファイル復元】EaseUS Data Recovery Wizard フリー・プロ レビュー Pro Twitterフォローで1名様プレゼント!

誤って削除してしまったファイル(データ)を復元してくれるソフトEaseUS Data Recovery Wizardのレビューです。

まずはFree版で試してみて、次にプロ版を使ってみます。プロ版は1名様ですが、プレゼントありますので欲しい方は以下のトピックに書いてくださいね。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro プレゼント

このトピックにプレゼントの仕方が書いてありますのでご覧ください。

ホーム › フォーラム › 情報・質問 › 【プレゼント企画】EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.9 ・1名様 タグ:EaseUS Dat

トピックに書き込むにはBeヨンドのユーザー登録が必要です。Beヨンドにログインしにくくなっているようなので、もしログイン出来ない場合はこのページのコメント欄に書き込んでいただけると助かります。

Windows・Mac専用のファイル復元ソフトです。Amazon.co.jpでもプロ版が8900円で販売されています。

自分はWin機しか持ってないので試せてませんが、Mac版もあります。↓

ファイル復元の仕組み

ここで、削除してしまったファイルがなぜ復元できるか少しだけみていきましょう。

すでに知っている方は次の項目へ読み飛ばしてくださいね。

ゴミ箱に入れただけでは削除されない

当然ですが、不必要なファイルをゴミ箱に捨てただけではまだゴミ箱にファイルが存在しますのでファイルはなくなっていません。ただファイルの置き場所(インデックス情報)が変わっただけになります。

なので、ゴミ箱から取り出して他のフォルダに移動すればまたファイルが使えるよにうになります。

ゴミ箱 空にする

ここで、「ごみ箱を空にする」を実行するとゴミ箱に入っているファイルのインデックス情報が削除されてファイルがゴミ箱から取り出せなくなってしまいます。

データ削除はインデックスが削除されるだけ

「ごみ箱を空にする」を実行すると、なにがおこるのでしょうか?

これは、ファイルのインデックス情報が削除されるだけで、ファイル自体のデータはまだディスクのなかに保管されています。

保管されてはいますが、インデックス情報が無いのでファイル自体は探せなくなってしまっている状態です。

インデックスは住所のようなもの

ファイルのインデックス情報というのは人間が住む住所のように例えることができます。インデックスはどのデータ・ファイルがどどこに住んでいるかがわかる住所録のようなものです。

この住所録が削除されると、ファイルがどこに居るのか分からなくなるのでパソコンはファイルを見つけられなくなるわけです。

このインデックス(住所録)を使わずにファイルの場所をスキャンしてサルベージ(掘り起こす)作業をするのがデータ復元ソフトです。

上書きされたファイルは復元できない場合がほとんど

ごみ箱を空にするを実行してしばらく経つと、削除されたファイルが保管されているディスクスペースを実際にはファイルがあるが、システム上ではインデックス情報が無いので使えるようになっている状態、すなわち空きスペース状態なので、新しいファイルやデータを上書き保存される可能性があります。

もし、ファイルを削除してしばらく経ってデータ復元しようとしても、すでに上書きされてしまったデータは復元することがでない可能性が高くなります。

ただし、上書きされても復元できるケースもあります。一般的には3回上書きしないとストレージ上のデータは完全にはなくならないと言われています。

ということで、削除してしまったデータ・ファイルも復元できるデータとできないデータがあるということになります。

もし、どうしても復旧したいデータ・ファイル、もしくはパーティションやSDカードのデータなどがありましたらファイル復元ソフトは最後の頼みの綱になることでしょう。

では今回レビューするファイル復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardのフリー版をみていきましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard バージョン・できること

まずは無料で試せるEaseUS Data Recovery Wizardのフリー版をダウンロードして使ってみましょう。

EaseUS Data Recovery Wizardのバージョン

そのまえにEaseUS Data Recovery Wizardは3つのバージョンがあります。Free版はお試しなので2GBしかデータの復元ができません。

Pro版は1ライセンス、Technicianは無制限ライセンスでクライアントサービス付きで10人以上の会社用でしょう。

EaseUS Data Recovery Wizardのバージョン

今回はまずFree版、次回にProを試してレビューしてみます。

EaseUS Data Recovery Wizardできること

できることは主にストレージの復旧関連で、ストレージの中のデータを削除してしまったり壊れてしまったりした時に復元する役割をもつ。

EaseUS Data Recovery Wizardできること

対応デバイス

HDD・USBメモリ・RAID・SSDやパソコンにマウントできるものでデジカメやビデオカメラなどのディスクや外付けディスク。

スマホ・タブレットなどのOSが入っているディスクはEaseUS Data Recovery Wizardの対象外で、AndroidやiOS専用のアプリケーション↓がありました。こちらもスマホをPCにつないで操作するようです。

【EaseUS公式サイト】EaseUSの無料Androidデータ復旧ソフトウェアが消失したアドレス帳、SMS、文書、画像、ビデオ&音声ファイルをAndroid携帯から復元します。

対応ファイル

ドキュメント DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど
画像 JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWG, ARW, RW2, DCR, KDC, ERF, 3FR, MEF, PEF, SRW, X3Fなど
ビデオ AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど
オーディオ AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
Eメール PST、DBX、EMLXなど(Outlook、Outlook Expressなど)
そのほか アーカイブ(ZIP、RAR、SIT、ISOなど)、exe、SIT/SITX、HTMLなど

EaseUS Data Recovery Wizard フリーを試す

2GB以内でしたらフリー版で復元できますので、もし今すぐ2GB以内のファイルを復元したい場合はラッキーで無料でできますよ♪

フリー版 ダウンロード

フリー版 ダウンロード

まずは、このURL↓からフリー版をインストールして試してみます。

【EaseUS公式サイト】EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、無くなったファイルやフォルダを無料で簡単に復元できるフリーソフトです。HDD、外付けHDD、USBメモリ、メモリカードなど、すべての記憶装置からデータを迅速で安全に復元できます。

 

ダイレクトにダウンロードする場合は以下から。↓

インストール

インストールはウィザードにそって次へボタンを押していくだけなので特に難しくはなく、簡単にインストールできました。

EaseUS Data Recovery Wizard フリー インストール

日本語を選択↓

EaseUS Data Recovery Wizard フリー インストール2

フォルダはデフォルトで

C:\Program Files\EaseUS\EaseUS Data Recovery Wizard

ここ↑にアプリケーションが保存されるようになっています。別の場所にしたい場合は「参照」ボタンを押して他のフォルダンを選択します。

EaseUS Data Recovery Wizard フリー インストール3

EaseUS Data Recovery Wizard フリー 試す

起動

インストールが終わったら起動してみましょう。スタートメニューの「E」にショートカットがありました。↓

EaseUS Data Recovery Wizard 起動

起動するとこんな感じの画面で復元したいファイルが保管されていたストレージを選べます。↓Androidスマホも2台ほどパソコンに接続していますが、やはりEaseUS Data Recovery Wizardではマウントされていない状態になっていてスマホやタブレットのストレージはこのソフトでは操作できないようです。

EaseUS Data Recovery Wizard フリー 試す

今回はちょうどフォーマットしたてのWALKMAN(H:)のストレージをスキャンしてみます。フォーマットしてしまったのでエクスプローラーでWALKMAN(H:)の中を見ると空っぽの状態です。

右下に他のフリー版EaseUS Data Recovery Wizardのダウンロードするように促されます。左下の「今後表示しない」にチェックを入れると次回起動から表示されなくなります。

EaseUS Data Recovery Wizard フリー 試す3

スキャン結果

WALKMAN(H:)をスキャンしてみました。このウォークマンのストレージは4GBと容量が少なめですがスポーツ時に大活躍したウォークマンイヤホン。

憧れの防水ウォークマン買っちゃいました!毎週日曜の夕方に通っているプールでももしかしたら防水ウォークマン使えるかな?と思い密かに今週持って行...

最近新型のコレ↓を買ったので処分しようとしてフォーマットしました。

運動時に必ず装着して使っている防水ウォークマン、まだまだ普通に使えますが外音取り込みができる新型の防水ウォークマンNW-WS625が気になっ...

で、スキャンした結果がこちら↓

EaseUS Data Recovery Wizard フリー 試す5

フォーマットしてインデックス情報が無いので、ファイルがフォルダ分けされずにスキャンされた順にならんで表示されます。

復元したいファイルをチェックして復元してみましょう。

なぜか・・・必要のないUbuntuのISOファイルがコピーされていた・・・間違ってウォークマンにコピーされて気が付かなかったみたい。このようにファイルが↓リカバリーされます。

EaseUS Data Recovery Wizard フリー 試す4

実際にはファイルが壊れていて復元失敗する場合もあります。

復元されたファイルはダウンロードフォルダに保管されている

EaseUS Data Recovery Wizard フォルダ

復元されたデータはフォルダに入れられてダウンロードフォルダの「Recovered data 日付」のフォルダに保管されていた。

C:\Users\go\Downloads\Recovered data 01-28 18_00_34\ディープスキャン結果\紛失したパーティション1(FAT32)\DIR6\フォルダ\ファイル

というふうにフォルダ分けされて復元ファイルが保存されている。

EaseUS Data Recovery Wizard パス

今回はフォーマットしたばかりでファイル復元ソフトでスキャンしたのでほとんどのファイルが復元できました。

フリー版は残りの復元可能データ量が表示される

復元したら以下のように復元可能データ量が表示される。今回1.5GBサルベージしたので残は500MBのファイルを無料でサルベージできるみたい。

EaseUS Data Recovery Wizard 有償版

スキャン結果も保存することができて、次回からはスキャンに時間がかからなくなる。

EaseUS Data Recovery Wizard リカバリー

もし、誤って削除してしまったファイルやSDカードのデータが破損してしまった場合におおいに役立ちそうなソフト。

自分もドジなので年に1回くらいは誤ってごみ箱を空にしてしまって・・・あとからあのファイル必要だったんだ!と気づく場合があるので助かります。

あと、MicroSDカードやSDカードってすぐ壊れるので、大事な画像や動画が入っている場合はこれで復元できたら嬉しい。

EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.9へ続く

次回、有料のPro版EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.9をレビューしてみます。

EaseUS Data Recovery Wizard Professional 11.9

【EaseUS公式サイト】いずれの誤操作または障害による失ったディスク上のデータを徹底的に検出、取り戻すデータ復旧ソリューション。

プレゼントでTwitterフォローでも可能にしました。

@go1600

こちらにフォローして、【EaseUS Data Recovery Wizard Proが欲しい!】ツイートしてくださいね。

コメントを残す