Teclast F7 Notebook 開封・ベンチマーク Xiaomi Mi Notebook Air 12と比較 レビュー

Teclastもついにラップトップを出すようになって、今のところF6 Proにつづいて第二弾のようなTeclast F7 NotebookがGearBestからやって来たのでレビューします。

Teclast F7 Notebook 商品画像 ディスプレイキレイ

こちらは、CPUにIntel Celeron N3450搭載の主にビジネス用途のスペックのラップトップ。

ラップトップの完成度・品質のほうはXiaomi・Chuwiに負けず劣らずな完成度で完璧です。

Chuwiのほうはメタルをやめてプラスチック製にして、より実用的なラップトップに仕上げた機種が出てきたのに対し、Teclastのほうはあくまでメタルな筐体のラップトップで角がツヤアリ面取り仕上げでキラキラしているのもTeclastタブレットの特徴と同じ。

Teclast F7 Notebook

では詳しくみていきましょう。

Teclast F7 Notebook スペック・仕様

スペック

Teclast F7の特徴として、OS:Win10・CPU:Intel Apollo Lake Celeron N3450・楔形の筐体で一番細い部分で14mm・14インチモニタ・フルサイズキーボード・メモリ6GB/ストレージ64GB・SSD増設可能、といったところ。

Teclast F7 Notebook 商品画像 スペック

CPUがIntel Celeron N3450でChuwi Lapbook Airと同じようなスペックで競合機種になるので、スペックを比べてみてください。

Teclast F7 Notebook 商品画像 CPU

F7の兄貴分ともいえそうなF6 Proも載せてみました。

画像Teclast F7 Notebook Apollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コア嬉しTeclast F6 Pro Core M3-7Y30 1GHz 2コア嬉しChuwi Lapbook Air Apollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コア嬉しスキ嬉し
機種名Teclast F7 NotebookTeclast F6 ProChuwi Lapbook Air
メーカーTeclast885Teclast857Chuwi767
キャリアWi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
価格表示
最安値▶

GeekBuying

6GB/64GB$289.99

GeekBuying

8GB/128GB$409.99
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

★評価

評価

評価3.9:1人

Wish
 
13
8
3
11
2
16
28
8
OSWindows10Windows10Windows10
SocブランドIntelIntelIntel
SocApollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コアCore M3-7Y30 1GHz 2コアApollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コア
メモリ6GB8GB8GB
ストレージ64GB128GB128GB
ディスプレイ14インチ13.3インチ14.1インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
パネルTFTTFTTFT
画素密度157ppi166ppi156ppi
バッテリー4900mAh5000mAh10000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素200万画素
リア カメラ---
重量1230g1388g1740g
サイズ 縦x横x奥行315x208.5x13.5mm315x208x16mm329.2x220.5x20.5
SDMicroSD(最大不明)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.2V4.0
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/acb/g/n/ac
生体認証指紋
充電DCプラグDCプラグDCプラグ
接続MicroHDMI出力,標準USB3.0x2MicroHDMI出力,USB Type-C,標準USB3.0x2MicroHDMI出力,標準USB3.0x2
動画https://youtu.be/cjjo3IToq5M
実測値Antutu:128181
Geekbench:Single 1371 / Multi 3751
RAM:3821
Antutu:118716
レビュー

Chuwi Lapbook Airもスゴイ完成度と使いやすさでしたが、こちらのTeclast F7もぜんぜん負けていませんしこちらのほうが高級感が高くなっています。

サイズ

1.23Kgと普通に重く、楔形の筐体でフタを閉じた一番細い先端部分が13.5mmと細い。

Teclast F7 Notebook 商品画像 薄型

ディスプレイ

ディスプレイは14インチの解像度1920x1080IPS液晶・ノングレア(非光沢)で見やすく表示もキレイ

Teclast F7 Notebook 商品画像 14インチ

グラフィックカードはIntelのCeleron系に搭載されているHD Graphics500

Teclast F7 Notebook 商品画像 ディスプレイ

バッテリー

バッテリーは4900mAhとこのサイズのラップトップとしては少なめですが、ビデオで6時間再生できるようです。

Teclast F7 Notebook 商品画像 バッテリー

ポート

ポートはUSB3.0が側面左右に1つづつ、右にMicroSD・イヤホンジャック、右にMicroHDMIポートがある。

Bluetooth4.0と書いてある↓がGearBestの仕様では4.2とありドッチだろう?

Teclast F7 Notebook 商品画像 ファンクション

メモリ

メモリが6GBとちょっと少ないところが残念。16GBとかあったら最高でしたが・・・

Teclast F7 Notebook 商品画像 メモリ・ストレージ

Windows10

OSはWindows10のみでAndroidとデュアルブートではありませんでした。

Teclast F7 Notebook 商品画像 Win10

キーボード

フルサイズキーボードで、快適に無意識でキーボードを打てるのが素晴らしい。

Teclast F7 Notebook 商品画像 キーボード

Teclast F7 Notebook 開封の儀

では実機を開けていきましょう。

GearBestの梱包

今回はDHLでやってきて、ダンボール梱包でした。

ダンボールの中にエアチューブで包んで入ってますが、エアチューブのエアが・・・全部抜けてて意味ない。無理してエアチューブに入れる必要はなさそう。

  Teclast F7 Notebook 梱包ダンボール

化粧箱

Teclastの化粧箱変わった?のかこの機種だけなのか?白でロゴや側面がオレンジ色の特徴的な化粧箱に変わっている。ほとんどのTeclastタブレットは段ボール色の化粧箱でした。

Teclast F7 Notebook 化粧箱表

オレンジ背景にTeclastアイコンが印象的。側面のフタの内側もオレンジ色。

Teclast F7 Notebook 化粧箱裏

開封

フタは取れずに前から扉を開けるように開く。フタの裏側にはスポンジが貼り付けてあってラップトップを傷つけないようになっている。

パカっと開けると本体登場↓いつもどおりビニール袋に入っていました。内側は黒い厚紙でできていて、手前に本体を持ち上げる取っ手つき。

Teclast F7 Notebook 化粧箱 開封

取っ手をあげると厚紙の箱、この下に付属品が入っていそう。

Teclast F7 Notebook 化粧箱 中

付属品も厚紙の箱にはいっています。といっても取説の紙とACアダプターのみ。

ACアダプタの左右の箱はくっついているだけで、何も入っていなかった。

ACアダプタ

こちらも残念ながらUSB Type-C充電ではなく、ACアダプタを使って充電する仕様になっていました。Xiaomi Mi Notebook AirのようにUSB Type-C充電にしてほしかったところ。

Teclast F7 Notebook 化粧箱 付属品せってお

しかもACアダプターはCタイプのコンセントプラグでAタイプに変換する変換プラグが必要。出力は12V2AでUSB-Cでも対応できそう。次の機種はぜひUSB-C充電にしてほしいところ。

Teclast F7 Notebook 化粧箱 DCプラグ

変換プラグは↓こういうのとか、Cタイプ→Aタイプに変換する変換プラグが必要。

Aタイプコンセントは日本で使われているコンセントです。

Teclast F7の充電はACアダプタからのみ給電できるので変換プラグは必須です。

Teclast F7 Notebook 変換プラグ

ウチにあった変換プラグをさしてみました。

Teclast F7 Notebook 変換プラグ ズーム

100円ショップにも売っているのかな?今回はGearBestは変換プラグ同梱してくれませんでした。

本体

開けてみます。内側も外側も全てシルバーで統一されていました。ディスプレイパネルに保護シート貼ってあって、このままでも使えそうな気もします。

Teclast F7 Notebook ディスプレイ

キーボードにはクッションのあるシートが乗っかってました。

Teclast F7 Notebook キーボードシート

ディスプレイの保護シートはかなり分厚い↓シートでした。撮影に邪魔なので取っちゃいました。

Teclast F7 Notebook ディスプレイ フィルム

Teclast F7 Notebook 外観・特徴

表面

Xiaomi Mi Notebookと同じように表面はのっぺらぼうでなにも書いてない。

Teclast F7 Notebook 表

ディスプレイ・ベゼル幅

ディスプレイは非光沢で発色が良く目が疲れにくいタイプ。ベゼル部分はプラになっています。

Teclast F7 Notebook 起動 完了

ディスプレイの下にTECLASTのロゴ↓

Teclast F7 Notebook Teclastロゴ

ディスプレイ上にはフロントカメラ、左右の穴はセンサーかな?

Teclast F7 Notebook インカメラ

ディスプレイ周りのベゼルも一応測りました。下は大雑把に、上はカメラがあるのでベゼル幅多め、左右は11mmほどと狭くなっています。

  • 上:裏面金属+黒パッキン約2mm+約ベゼル12.5mm+表示されない部分約1mm
  • =約15.5mm
  • 左右:裏面金属+黒パッキン約2mm+約ベゼル8mm+表示されない部分約1mm=約11mm
  • 下:
  • 約ベゼル24mm+表示されない部分約1mm=約25mm

裏面

裏面もビスを全部取れば外れる仕様で、プラではなくメタルな板になっていました。増設用のSSDの蓋はプラ。

Teclast F7 Notebook 裏

Teclastのロゴと下のほうに機種名「F7」も文字。

Teclast F7 Notebook 裏ズーム

M.2 SSD増設

裏面に小さなフタがあってSSDを増設することができます。

Teclast F7 Notebook SSDスロット

多分M.2 SSDだと思いますが、現在手持ちにないので装着はしていません。

こちらのSSDが装着できそう。

側面・各種ポート

フタの角・キーボード面の角がツヤアリ面取り仕上げでシルバーがキラキラしてステキです。

Teclast F7 Notebook 後ろ

左右のUSB3.0ポートが特徴的で、使わない時に装着するゴムのフタがついています。左側は左から充電時のLEDランプ・MicroHDMI・USB3.0

Teclast F7 Notebook USB3.0ポート

右側のUSB3.0ポートもゴムのフタが付いている。左からMicroUSB・USB3.0・イヤホンジャック・DCプラグ充電ポート

USB3.0ポートのゴムキャップ

なぜUSBポートだけゴムキャップを付けようとしたのかは分かりませんが、完全にゴムキャップが外れるので飛んでいきそう。

Teclast F7 Notebook USB3.0ポート 開ける

たしかに、USBポートの下の裏面部分が少し中に入っているのでUSBプラグを刺しやすい。

Teclast F7 Notebook USB3.0ポート カバー

USBは刺しやすいけどこのゴム↓無くしちゃいそうな気がする。

その他の側面は次回Xiaomi Mi notebook Airとの比較で詳しく載せます。

Teclast F7 Notebook 起動・初期設定

起動

右上の電源ボタンを押して起動します。

Teclast F7 Notebook 起動

起動するとTeclastとTbookのロゴが表示される↑

言語を選ぶ

ロゴ表示後、中国語が表示されたのでちょっとビビりましたが・・・

Teclast F7 Notebook 起動 中国語

日本語を選べるようになっています。↓

Teclast F7 Notebook 起動 日本語選べる

初期設定

言語選択したら全て日本語表示になるのであとは初期設定を適当にすすめるだけ。

Teclast F7 Notebook 起動 初期設定3

コルタナ君は、他の音声アシスタントと違って昔ながら(PC98の音声のような)のロボット的な音声で、出遅れている感がします。

Teclast F7 Notebook 起動 初期設定2Teclast F7 Notebook 起動 初期設定4

その他、Windowsのアカウントと取得(取得しなくても進む)、適当にすすめると初期設定は完了する。

Teclast F7 Notebook 起動 初期設定

Teclast F7 Notebook 外観まとめ

最近の中華ラップトップと同様Teclast F7もほぼ完璧な完成度でTeclastの特徴的であるメタルで角がツヤアリ面取り仕様。

左右のAタイプUSBポートにゴムキャップが付いているのも特徴。でもゴムキャップがナゼついているのかは今のところ不明です。

裏面の小さなフタを外すとSSD増設可能。ストレージは増設できるので良いけど、メモリが6GBしかなく、もう少し多めがよかった。

次はベンチマークとウチにあるXiaomi Mi Notebook Airと筐体の比較をしてみます。

Teclast F7 Notebook

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. yoshi より:

    お世話になります。
    「TECLAST F6 Pro」のレビュー予定はありますか?
    宜しくお願い致します。

    • GO より:

      Yoshi様
      いまのところ予定はありません。
      F6 ProのほうがCore M3-7Y30で使える機種のようですね。

コメントを残す