Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 開封 レビュー

1階の駐車場のクルマまでWifiが飛ぶようにしたい、Xiaomi Mi R3P Wifiルーター Proでギリギリアンテナ1本で4階から駐車場までつながるようでつながらない。なので中継器を導入して駐車場までWifiが届くかやってみました。

Wifi中継器のXiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機がBanggoodからやってきたのでレビューします。

Wifiルーターはこちら↓でレビューしたXiaomi Mi R3P Wifiルーター Proを今も使っていてWifi中継器もXiaomiだと相性よかった。

GearBestからMU-MIMOで最大速度2600MbpでるXiaomi Mi R3P Wifiルーター Proが来たのでレビューします。 こちらは4本アンテナでIEEE 802.11 acデュアルバンドでUSB3.0でNASと、Androidなスマホ・タブレットでMi Wifiアプリで操作できます。
Xiaomi Wifiルーターのケースが大きいので中はスカスカだと予想して、中にポータブルハードディスクなど内蔵してコンパクトにNAS化しようと殻割りしてみましたが、結果無理でした。 それと、今まではWifiだけ使っていましたがXiaomi Wifiルーターを一度リセットしてブロードバンドルーターとして使っていきます。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 商品画像 メイン

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機はコンセントに刺してXiaomiのホームアプリ Mi Homeでペアリングすればすぐに使えるようになりました。

現状のWifiの電波の強さで満足している方にはWifi中継器は必要ないのですが、Wifiが良く途切れたり遅かったりするときには有効なガジェットだと思います。

では見ていきましょう。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 開封

梱包・化粧箱

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 梱包

BanggoodはいつもEMS(国際スピード郵便)で配達、郵便局が届けてくれます。

化粧箱はちょっとボッコリなっていました。

開封

全体的に丸っこく厚みがある。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 化粧箱 開ける

アンテナが腕のようでちょっとカワイイ形をしています。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 表

ちょっとXiaomiのキャラクター シャオミン君(←自分が勝手につけた名前)に似てます。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 アンテナ

2本のアンテナは180度角度を変えられる。

コンセントは日本で使えるAタイプのコンセントプラグですのでそのまま使えます。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 裏

日本の通常売っているコンセントプラグとは違って2本の棒の部分に穴が無いので引っかかりがなく間違えて引き抜かれるときもある。中華ガジェットのAタイプコンセントはみんな穴がないですね。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 ななめ

取説

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機の接続はMi Homeアプリで既存のWifiとつなげればOK。

取説は全部中国語でした・・・

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 取説1 Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 取説2 Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 取説3Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 取説4

Xiaomi Pro Wifi中継機 Mi Homeアプリと接続

まずはMi HomeアプリをダウンロードしてMiアカウントが必要になりますので、まだ持っていない方はアカウントを取得しましょう。

Mi Home
Mi Home
Developer: Xiaomi Inc.
Price: Free

このMi HomeアプリでほとんどのXiaomi IoT製品が操作・チェックすることができるので便利です。

Mi Homeでペアリングの時にスクリーンショット撮るの忘れたのでBanggoodの画像をお借りして説明します。

まずはMi Homeの右上の「+」を押すとすでにXiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機が表示されていたのでタップする。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機ペアリング

タップすると、接続するWifiルーターを選んでパスワードを入力。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機ペアリング2

うまく行けば接続完了。あとは自動で設定して、どの部屋で使うかを選択して設定完了。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 ペアリング完了

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機の画面は設定とローミングオン・オフくらいしか触るところがありませんので、基本的に放置しておけば良いでしょう。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 接続完了

WiFi Roamingとは電波の強弱によって最適な電波を自動的に選択するようになる機能。

以下のように緑の電波が強い場所の場合は緑のWifiルーターに接続して、青の電波が強い場所ではWifi中継器に自動的に切り替えて接続する機能。ただ、このWifi Roamingをオンにしなくても駐車場まで行くとWifiルーターの電波が弱くなるので、自動的にWifi中継器に切り替わる。

しかし、Wifi RoamingをオンにするとこのWifi中継器がなぜか見えなくなるのでオフにしてます。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 届く

Xiaomi Wifi(無線LAN)中継機 車内監視カメラ

実際に10Mほど離れた駐車場までWifi届くか試してみました。ちなみに2.4GHz帯を使う場合は室内外にかかわらず免許不要になっています。5GHz帯は一部使用不可で5.15・5.17GHzあたりは室内外にかかわらず免許不要。ただし技適が無いので・・・あぁ、・・・

駐車場まで余裕でWifi届くようになった!

いままではXiaomi Mi R3P Wifiルーター ProではWifiがギリギリ届くか届かないかでしたが、Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機を導入したらWifiアンテナ全開で届くようになりました!

駐車場まで移動すると、部屋のWifiルーターXiaomi_wifiが消えて、このWifi中継器「Xiaomi_wifi_plus」が電波強度Maxで接続できた!これは心強い。

車内に監視カメラセット

お遊びで車内に監視カメラをセットしてみました。セットしたのはXiaomi360カメラ ナイトビジョンでエスティマの右前のちょっとした小窓?のようなフロントガラスの右側のガラスに入れてみた。

【目玉おやじ】のようなカワイイお姿のXiaomi360IPカメラがGearBestから来たのでレビューします。 それと、XiaomiホームセキュリティのAqaraシリーズのスイッチが来たのですが、こちらはまさかのMi Homeでは操作できず(汗)野良の専用アプリAqaraが必要でした。しかも日本からのユーザーID取得は不可?のようで操作できませんでした。

下の右画像↓はMi Homeアプリのホーム画面で右に2階スワイプすると表示されるカメラ映像。Xiaomi監視カメラが複数台あると一覧で表示されるので便利ですが、表示されっぱなしにはならないで、スマホのスリープ(消灯)時間になるとディスプレイが消える。

左画像↓の個々の監視カメラの画像ではスマホのスリープでは消えず、ずっと表示される。

あとはモバイルバッテリーでの電源確保なので、途中でバッテリー切れになってしまう問題をどうにかしないと数時間後消える。あとモバイルバッテリーの充電はクルマの走行中しか充電できないので満充電にならない。

電源・モバイルバッテリー含めて今後検討してみます。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 使ってみた感想

広いウチや広いオフィスなどでWifiが届かなくて困っている方に最適。

使えるWifiは2.4GHz帯のIEEE 802.11a(54Mbps)・b(22Mbps)・g(54Mbps)・n(600Mbps)で最大速度300Mbpsが出る。

5GHz帯では対応してないので使えません。ご注意ください。

部屋の隅々とか駐車場までの遠くまでWifiを飛ばしたい場合は活躍しそうです。

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機 刺す

Xiaomi Pro 300Mbps Wifi(無線LAN)中継機

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントを残す