【格安SIMフリー3G携帯】Samgle 3310 X 3G 開封 レビュー 電話・SMS使ってみる

『スマホなんて要らない!』、『音声電話のみ使えればもうなにもいらない!』という方に朗報です!

ついに3Gが使える格安な中華フォンが出ました。最近続々と3Gフォンでていて、その中の一つをレビューしてみます。

今回はGearBestからやってきたSamgle 3310 X 3G Unlocked フォンをレビューします。

Samgle 3310 X 3G Unlocked Phone

Samgle 3310 X 3G Unlocked Phone

こちら3500円前後で送料無料で送ってもらえば格安で買えちゃう3G携帯電話です。

ただし、現代のスマホというガジェットにはほと遠く、全部入りならぬ【全部なし】な携帯電話なので取りあえず通話できればOKという方にしか向きません。

ちなみにWifiもないので、データ通信でFacebookやTwitter・Skypeなどのアプリを使うしかありません。アプリはすでに入っているもの以外は追加できないと思います。(アプリは後ほど紹介しますね。)

Samgle 3310 X 3G  商品画像 2

OSは2012年ごろまでガジェオタ界で一世を風靡した(してない?)山寨機の後継のようなOSで、Androidのように使いやすいOSではありませんので悪しからず。

でも、電話として使う用途だったらこれだけで十分に使えます。電話帳だけあればいいと思うので、パソコンからBluetoothで飛ばせばよさそう。

では見ていきましょう。

Samgle 3310 X 3G スペック

スペックといってもCPUもなにが入っているか分からないのガジェットでデータを集められませんでした。

メモリ64MB・ストレージ128MBです。ギガバイトではなくメガバイトなのでご注意ください。

画像Samgle 3310 X 3G タレスキ
機種名Samgle 3310 X 3G
メーカー中華その他886
キャリアSIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価

Wish
1
1
1
メモリ64MB
ストレージ128MB
ディスプレイ2.4インチ
解像度320x240
パネルTFT
画素密度167ppi
バッテリー850mAh
フロント カメラ-
リア カメラ8万画素
重量88g
サイズ 縦x横x奥行127x55x15mm
SDMicroSD(最大64GB)
BluetoothV2.1+EDR
WiFi-
充電MicroUSB
SIMDual(標準SIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)

ライバルはNokia N3310(↓右)のようで、最近再販してニュースになりましたね。同じようなスペックのようですが、見た目はNokia N3310のほうが良さそう。

Samgle 3310 X 3G  商品画像 1

Nokia N3310はDotpad N3310とかいろんなメーカーがOEMで販売してます。タオバオにかなりの数売ってました。

ディスプレイは2.4インチと3G携帯電話にしては大画面!スマホがいかに大画面かわかりますね。

Samgle 3310 X 3G  商品画像 3

FMラジオとして、MP3プレーヤーとしても使えるようです・・・ただ128MBしかストレージ無いんです、が、MicroSDカードは64GBまで対応しているのでMP3プレーヤーとしても使えますね。

Samgle 3310 X 3G  商品画像 4

Samgle 3310 X 3G カラー

64MB/128MB
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
RED(レッド)  RED(レッド)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)

Samgle 3310 X 3G 開封の儀

化粧箱

パッケージも古風な昔ながらの箱でした。

Samgle 3310 X 3G 化粧箱 表

最初はビニールで圧着されています。(↓左)

開封

パカっと開けて、本体登場。

Samgle 3310 X 3G 化粧箱 開封

USBアダプタはCタイプコンセントでそのままでは使えません。

Samgle 3310 X 3G  セット

別途USBアダプタを用意するか、変換プラグを刺してコンセントに刺すしかないようです。

Samgle 3310 X 3G  USBアダプタ

Samgle 3310 X 3G 外観チェック

小さい

携帯電話でスマホと比べると3分の2くらいの小ささ。昔はかなり手軽に電話できたんですね。

Samgle 3310 X 3G 表

裏は・・・プラ感がすごい。

Samgle 3310 X 3G 裏

裏フタ 開けにくい

まずは、裏フタを開けてバッテリーを入れてみます。裏と表のつなぎ目に隙間があってスマホの構造とは雲泥の差ですね。

Samgle 3310 X 3G 下

この裏からみて↓左側にツメを入れるくぼみがあるのでグイッと開けてみます。自分はツメが弱いのですぐ爪のほうがグニャっと・・なるんです。

Samgle 3310 X 3G 下裏

SIMスロット・MicroSD

なんとか開けたらSIMスロットとMicroSDスロットが見えた。

Samgle 3310 X 3G  SIMスロット

後ほどSIM入れてためしてみます。この状態だとバッテリー入らない?かな?と上の黒いフタも無理矢理にとると・・・内側のツメが折れた↓

Samgle 3310 X 3G バッテリー 割れた

バッテリー

バッテリーはよくあるタイプの板状の容量850mAhバッテリー。

Samgle 3310 X 3G  バッテリー

この黄色い↓絶縁シールを取らないと通電しない。

Samgle 3310 X 3G  バッテリー シール

装着しました。

Samgle 3310 X 3G  バッテリー セット

起動

通話終了ボタンを長押しして電源をオンにします。昔のガラケーと同じですね。

Samgle 3310 X 3G  起動

表面

ボタンを押すと「ポヨッ」「ポヨッ」っと懐かしい音が鳴ります。

Samgle 3310 X 3G  表

表から見ると悪くない見た目ですね。物理ボタンがあるとやはりダイヤルしやすそう。

Samgle 3310 X 3G  表 斜め

裏面

裏面も悪くは無いのですが、近くでみるとちょいプラ感がしてよくない。昔のガラケーのほうがカッチリしていてプラスチックの完成度が良かった。3500円前後なのでそこまでの質感は求められませんね。

カメラ

カメラは一応ありますが、無いも同然、15年くらい前のガラケーの画質。これはかなり辛い!でも4千円切りの携帯電話であるだけマシですね。後ほど画質など・・・アップしてみます。

Samgle 3310 X 3G  カメラ

Samgle 3310 X 3G 使ってみた感想

完成度はかなり安っぽく・・・値段相応の見た目。格安だから仕方がないけど。

『スマホの余計なアプリなどいらん!』という方にもってこいな一台。

激安なので雑に扱っても気にならず、気軽にポケットにいれておけそう。

山寨機の後継機ならではの「ポヨッ」という音が懐かしすぎる。

昔のガラケーよりも操作しにくく、まるで10年くらい前にタイムスリップしたと思うくらいに進化してないOS。この前たしか2G携帯もレビューしたけどそれとほぼ一緒のOS。これ↓

スマホもそろそろ電話機能が必要なくなる時代が来そうで、といってもIP電話はまだ必要かもしれませんが、音声電話はそろそろ必要無くなる日が急速に近づいている感じがします。 自分もここ2年間はドコモと契約していて電話かけ放題ですが・・・実際に電話したのは2年間で1000円分も行ってないんじゃないだろうか?20回以内しかTELしてないしTELは2・3回しかかかってこなかった(汗)もうLINEとかSkypeからしか電話がかかってこない状態で携帯キャリアの音声電話はいらなくなってしまったので、夏でドコモの2年縛り終...

Facebook・Skype・Twitter・SNSと一通り、LINEは無いけどアプリは一応ある。

次回、日本で使えるかた試してみます。試すだけですヨ。

コメントを残す