Android One S4 レビュー

ワイモバイル2017年冬モデルの京セラ エントリーモデルのAndroid One S4 がやってきたのでちょっとみてみます。

スナドラ435搭載のエントリーモデルなのでこれといった特徴もなく、デザインも魅力的ではないのでガジェヲタさん用ではなく、ワイモバイルのキャンペーンで安く手にできたり老人・家族・子供用なスマホ。

唯一特徴をあげるとすればIPX57防水仕様なところ。あと5インチと小さめなディスプレイでプラ製なので130gと軽いのも良い点なのかもしれません。

軽くみていきましょう。

Android One S4 スペック

最新のAndroid One(Android8)搭載で見た目は最新になっていますが、アプリを起動するたびに1秒ほど真っ白な画面になって起動する場合があって、ハイスペックスマホを使っている場合はかなり違和感あり。

Android OneはAndroid8をベースに軽量化しているようですが、実際には全体的にもっさりとした動作。慣れれば問題ないのかもしれません。

良い点としてはキャリアから販売されているので対応BANDの心配もなく、IPX57防水なので多少の濡れでも気にならないところ。

あと、ディスプレイは京セラのハイブリッドシールドで耐衝撃に優れているようです。防止や耐衝撃があるあたりで雑に扱う子供に使わせると最適なのかもしれません。

画像Android One S4 Snapdragon 435 MSM8940 1.4GHz 8コアスキ
機種名Android One S4
メーカー京セラ1039
キャリアY!mobile
価格調査価格調査Amazon Android One S4Yahoo!ショッピング Android One S4楽天市場 Android One S4
OSAndroid 8
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 435 MSM8940 1.4GHz 8コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5インチ(16:9)
解像度フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D
パネルTFT
画素密度441ppi
バッテリー2600mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1300万画素
重量130g
サイズ 縦x横x奥行145x72x8.4mm
SDMicroSD(最大256GB)
BluetoothV4.2
GPS
WiFib/g/n
防水機能IPX5/7相当
防塵性能IP5X相当
充電USB Type-C
評価

★評価

Feel 表示
Wish
8
3
3

Android One S4 開封

日本のキャリアでお馴染みな簡易的な化粧箱。

Android One S4 化粧箱

Android One S4 化粧箱 開く

Android One S4 外観チェック

筐体はディスプレイ面・側面・裏パネルと3つの構造になっていてディスプレイと側面の区切りに溝がある構造。数年前のXperiaと同じような作り。

起動

Android Oneのロゴ表示、ワイモバイルアプリが5個くらい入っている他はほぼ素のAndroid Oneでした。

Android One S4 起動

表面

ディスプレイ上下ベゼルが多めの16:9ディスプレイで5インチなので長さが145mmと、最近の18:9のスマホと比べたら長め。

Android One S4 表

上下のベゼル多め、ディスプレイガラスと側面の境界に溝ができていてホコリが入り込みやすい。

ベゼル幅

Android One S4 表 ベゼル

  • 上下:側面約1.8mm+ベゼル約14.7mm=約16.5mm
  • 左右:側面約1.8mm+ベゼル約2.7mm=約4.5mm

裏面

プラスチック製でゴムのような触り心地で高級感は無いが持ちやすい。

Android One S4 裏 斜め

デザインはありきたりなオーソドックスな見た目。(昔、京セラが出したカメラ「SAMRAI」のように尖ったガジェットを作ってほしい)

カメラはあまり期待できない画像の仕上がり。

Android One S4 裏 カメラ

側面

側面もこれといった特徴はなく、安いつくり。

Android One S4 裏 横

特にイヤホンジャックの部分が裏面パネルまでちょっと切り欠きがあるのが2000年台の山塞機的な見た目で安ッぽい印象を与えるのでかなり減点・・・

Android One S4 側面 イヤホン Android One S4 側面 SIM

裏面から見て右下に日本のスマホならではのストラップホールもあります。

Android One S4 側面 ストラップホール

充電はUSB Type-Cが評価したいところ。

Android One S4 側面 USB-C

SIMスロット・MicroSD

SIMピンなしでSIMスロットが引き出せる。引き出すと強制的に電源がオフになる。

Android One S4 SIMスロット 出す

NanoSIMとMicroSD1枚ずつな仕様。

Android One S4 SIMスロット

Android One S4 価格情報

現在2万円前後で販売されているようです。中華スマホと比べてだいぶ高めの値段設定のようですね。

Android One S4  まとめ

IPX57防水なスマホで京セラ独自の耐衝撃ハイブリッドシールド搭載スマホ。

エントリーモデルなのでもっさりとした動作でスマホとしてよりも電話機として、おまけでちょっとアプリを使う程度のスマホでしょうか。

プラスチック製でちょっとさらっとしたボディなので持ちやすい。ストラップホール付きでケースが不要なところが良い点のようです。

このスマホを見ていると残念ながら日本のスマホは少なくとも筐体の構造は数年前から進化していないような気がしました。

残るは最後の日本スマホと言えそうなXperiaにぜひがんばってもらいたいところ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。