USBチェッカー UM25C レビュー ディスプレイ表示だけでなくBluetoothでPCやスマホと接続可能!

新型のUSBチェッカー(テスター)のお話で、今度はアプリやWindowsのソフトで電圧・電流をグラフ表示したり数値でも表示できるすごいテスターをレビューしてみます。

最近は引っ越して部屋が広く(部屋数少ないけど)なって窓も大きくなったので前のマンションから膝下まで丸見え・・・なので下のほうの窓をソーラー発電に使うか考え中、その前置きとしてUSBソーラーの発電量をUSBチェッカーで調べてみます。

今回はウチにあるUSBソーラー2台を使用して発電量のグラフを表示してみます。

Bluetoothでパソコンやスマホにワット数やアンペア・ボルトのデータを送れるので、USBソーラー発電を1日に何mW発電できるかログを取ってみたい。ということでログをPCやスマホに送れるUSBチェッカーをレビューしてみます。

USBチェッカー UM25C

USBチェッカー UM25C

いくつかのUSBテスターをレビューしました。比較↓はこちらをご覧ください。

USBテスターは電圧・電流がどのくらい流れるかチェック・表示してくれるガジェットです。 基本的にUSBの電圧・電流を表示してくれるのですが、そのほかにも最近のスマートフォンやタブレットのQC(Quick Charge)やVOOCなど、そしてUSB PD(Power Delivery)充電対応のノートパソコン...

USBテスター UM25C 機能

USBチェッカーなのでボルト・アンペア・ワットが表示されて、加えて最近のUSBチェッカーはグラフも表示できます。

他の最新USBチェッカーと同様にUSB Type-Cの5Aまで計測でき、Qualcomm(クアルコム)の充電規格QC2.0(クイックチャージ)・QC3.0にも対応していて、その他APPLE 2.4A/2.1A/ 1A/0.5A, Android DCP, SAMSUNGに対応してます。

表示も右・左下のボタンで5個の表示に変えられます。6個目の画面はディスプレイの明るさや色などを変更する設定画面です。

UM25C-9

このあたりは中華系のUSBチェッカーをお持ちの方にはすでにおなじみですね。

今回のUM25Cはそれに加えてBluetoothもついていて、Bluetoothオン・オフもできるようになっていました。

USB接続

USB接続口は5個、以下のようになっています。

  • USB Type-A:オス
  • USB Type-C:IN
  • MicroUSB :IN
  • USB Type-C:OUT
  • USB Type-A:メス

その他に右上がBluetoothのオン・オフスイッチになります。

UM25C-5

ボタン

ボタンは縦に回転させた時と横にした時のボタン操作が変わります。

  • 左上:ディスプレイ点灯・消灯
  • 右上:回転設定(左上・右上・右下 長押しで回転)
  • 左下:前へ
  • 右下:次へ

ボタンが4つもあるので操作しやすい。

1.4インチカラー液晶を搭載のグラフ表示もできるUSB電流電圧チェッカーとしての機能と電圧を制御してQC3.0などに対応させて急速充電できる状態にする機能をそなえたUSBチェッカーがやってきたのでレビューします。 見た目も普通のUSBチェッカーのようにプラケースに入っている状態ではなく、電子基板がむき出しで...

前回レビューしたUSBチェッカーはボタンが1つしかないのでちょっと面倒でした。

開封

現物をみてみましょう。ブリキのケースに入ってまして。中身は本体のみ。

UM25C ケース

この設定画面↓でディスプレイ消灯までの時間や表示色などを設定可能。

UM25C 本体 設定

似たようなUSBチェッカーYZXstudio ZY1276(↓右側)と比べてみるとディスプレイが少し小さめだけどボタンが4つで操作しやすい。機能としてはBluetooth接続できる以外はほぼ同じ。

UM25C 本体

USBソーラー(2個)に接続してみる

USBソーラー2個をつなげてバッテリーを充電してラズパイ(Raspberry pi )を動かそうと思いましたが、USBソーラー2つでMaxでも1Aくらいしか充電できないのでちょっと電力が足りませんでした。

接続したUSBソーラーは以下2つ。

コンパクトでちょっとオシャレなUSBソーラーのCHOETECH ソーラーチャージャーがやってきたのでレビューします。 中華なガジェットも性能や品質だけではなく、最近オシャレなガジェットが出てきてかつ安いので他の企業も競争が激化して大変そうですね。
地震や災害などもしもの時のために1台あると便利なソーラーパネルのレビューです。 こちらはパネルが6枚あるのでポータブルながら重量が1.3Kgあって持ち歩くのもちょっと躊躇しますが、車に積んでおくのは良いかもしれません。

UM25C 本体 ソーラー2

本格的な130W発電するソーラーパネルを導入してラズパイや環境センサーを動かすことにしました。その様子は後ほどご報告します。

UM25C 本体 ソーラー

USBソーラーの充電量は20000mAhのモバイルバッテリーを晴れた日で頑張って2つで4000mAhほどしか充電できないのでちょっとUSBソーラーはあまり実用的ではないかもしれません。でもスマホを充電するにはいいのかなぁ??

実際に発電量を数値として見てみたかったのですが、結果として途中でBluetoothが効かなくなってしまったので取得できませんでした・・・

WindowsパソコンでUM25Cのデータを表示させる

このUSBチェッカーの最大の特徴であるパソコンやAndroidスマホに接続して計測データを表示したりExcelファイルにして保存できたりする機能を試してみましょう。

UM25C-3

Windows用のソフトウェアをダウンロードする

こちらにAndroidスマホ用のapkファイルもありますが、Playストアからダウンロードしたほうが安全なので必要ないでしょう。取説のPDFファイルとWindowsソフトのみダウンロードしましょう。

USBテスター UM25C

ダウンロードファイルはZipファイルなので解凍してインストールしましょう。

USBテスター UM25C ダウンロード2

WindowsパソコンでUM25CにBluetooth接続してリアルタイムでUSBに流れる電力を表示してみます。

Bluetooth接続

すべての設定 > Bluetoothとその他のデバイス > Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する

を押すと以下のようにUM25Cが表示されるのでクリックします。

Bluetooth接続 UM25C2

PINを入力して接続。

Bluetooth接続 UM25C

「0000」ではなく「1234」で接続できた!

Bluetooth接続 UM25C3

使用ポートを確認

専用ソフトでCOMポートの番号を選ぶ項目があるので、UM25Cがどのポートを使っているか確認してみましょう。

スタートアイコンを右クリックして「デバイスマネージャー」を開きます。

ポート(COMとLPT)の左の▷をクリックして中をみると、↓この画面ではCOM3・COM4を使用しているようです。

UM25C3 アプリ デバイスマネージャー

UM25Cソフト起動

ダウンロードしたUM25C PC Software Vxx.zipを解凍して、中のsetup.exeをダブルクリックで起動するとインストーラが起動するので適当にNextを押していってインストールします。

起動すると以下のような画面になります。左上でポートを選んで「Connect」ボタンを押すと接続。COM3がUM25Cのようです。

UM25C3 アプリ

しばらく(1分ほど)経つと表示された!

UM25C3 アプリ2

UM25Cと接続完了するまでちょっと反応が遅い【多分BLE(Bluetooth Low Energy)接続だから】けどオシロスコープのような画面で面白い。

UM25C3 アプリ4

放置してしばらく経つとデータがこなくなる

簡略化された画像をエクスポート

画像をエクスポートすることもできます。右上のグラフ画面を右クリックして「簡略化された画像をエクスポート」を押す。

UM25C3 アプリ右クリック

グラフを右クリック

ビットマップ画像で保存できます。

UM25C3 アプリ 画像

以下の画像がBMPファイルをJpeg変換した画像。

UM25C3 アプリ 画像 BMPファイル

BMPファイル

データをExcelにエクスポート

CSVファイルにも保存できてかなり使えるUSBチェッカーです。

UM25C3 アプリ データをExcelにエクスポート

ソフトウェアを介すといちいち手動でデーターを取得して送らないといけないので、生データを自動的にラズパイなどに送ってグラフ化する方法を考えてみます。

Androidスマホで表示させる

UM25C-2

Bluetooth接続

まずはUSBチェッカーUM25CのBluetoothスイッチをオンにしておいて、スマホ側のBluetooth設定からUM25Cを探します。

設定 > Bluetoothで「新しいデバイスとペア設定する」を選択してUM25Cが出てきたらタップします。右下の画面のPINは「1234」で接続できました。

アプリをインストール

Playストアで「um25」と検索すると2番目に「UM Meter」が出てきました。インストール・起動すると5秒広告が表示されます。↓右画面

Bluetooth選択

アプリでもBluetoothを選択する必要がありました。複数のUSBチェッカーを同時には表示できないようですね。「UM25C」を選びます。

日本語表示

右上のほうの右から3つ目のアイコンで言語も変えることができました。日本語もあります。

USBソーラーの発電量がリアルタイムでスマホで分かって便利です。

この後、本格的に使おうと思ってましたが・・・・以下のとおり(泣)

Bluetooth部分が壊れた?

5日ほどソーラー充電で挿しっぱなしにしておいたらいつのまにかBluetoothが壊れた?ようでまったくBluetooth通信しなくなってしまった・・・まぁ、普通のUSBチェッカーとしては機能してますが、使いたかった機能が使えなくなってしまった。

最近はこういう↓部屋の環境をセンシングするのにハマってまして、これにソーラー充電したワット数をグラフにしようかと思っていましたが、Bluetooth部分が壊れてしまったのでできない(泣)

センサー

やはり発電量をセンシングするのにLinuxなどに接続できるUSBテスターが必要なのでこれから他のBluetoothや有線で通信できるUSBチェッカーをいくつか試してみます。

最終的に温度や肥料濃度が下がったらポンプで濃度を上げるとか、半自動(めんどくさがり屋のズボラ人間なので)で水耕栽培したいなぁと思ってます。

UM25C-1

USBチェッカー UM25C

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

中華スマホ スペック情報

中華スマホ・中華タブレット・中華ラップトップのスペックをみたい場合はコチラのページ↓をご覧ください。

中華スマホ・タブレットのスペック表

Banggoodや他の海外ネットショップ、たまに中国以外のスマホのスペックも掲載してありますので気になるガジェットのスペックを知りたい場合はアクセスしてみてくださいね。

Banggood クーポン情報

Banggood担当者がクーポンを書いたらすぐ(遅延約5分以内)に表示されるページを作りました。↓

最新のリアルタイム クーポン一覧はこちらを御覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Banggoodのリアルタイムクーポン

こちらのページでお好きなガジェットのクーポンをゲットして、決済時にクーポンを適用させれば価格が5~50ドル(約500円~5500円)ほど安くなります!

中には1万円ほど安くなるレアなクーポンがありますので、ぜひ探し出してお得にお買い物してくださいね。

海外通販 Banggoodの買い方

最近は日本で買うガジェットのほとんどが中国製のものが多いので、直接 中国の海外通販で買ったほうが激安で買えるのですが、『だまされた』とか『壊れていた』などの話を聞くので心配、 という方は中華系海外通販のBanggoodをオススメします。 Banggoodの特徴から、メンバー登録・お得な...

Banggood新会員は20ドルクーポンもらえる!

Banggoodでまだお買い物をしたことが無い方は以下のページを一読されてお得に会員登録しましょう。

こちら↓のページの説明通りにすると、最初の購入~3回目の購入まではお得な特典・プレゼントがもらえます♪

初めて海外通販で買い物する方は日本で買うよりも安く買えるメリットがある反面、少なからず不安があると思います。 不安としては英語表示なので分からない部分をいちいち通訳したりや住所を英語で書かないといけないのでメンドウな点や、壊れた商品・違う商品などが届くトラブルが起きそうで不安など、初めての海外通販は不安があ...

今ならバングッドに新規ユーザー登録すると20ドル分のクーポンがもらえてお得です。

Banggood スマホ版 買い方

Banggoodも発送方法が主にEMS(国際スピード郵便)と国際小包に変わってきたりで去年と違うので再度Banggoodの買い方を詳細にまとめておきます。 今回は主にスマホのWebブラウザ画面で説明していきます。スマホとパソコンの表示は少し違ってパソコンのほうが詳細事項を表示してくれますので、買い物をすると...

Banggood 不良品を交換してもらった方法

兄弟サイトでレビューしたクアッドコプターKai Deng K70Fがビス欠品・ディスプレイ充電できない・飛ばないと・・・三重苦だったのでBanggoodに交換依頼してみました。 まだ解決したわけではないのですが、その経過をお伝えします。
Banggoodちゃんもなかなかやりやす♪スポンサーだからひいき目で見ているという点は否めませんが(汗)不良品の返品送料を負担してくれれてさらに違う商品と交換してくれるのは、中国系のネットショップではありえない神対応です。

支払いはPaypalで安全・安心の買い手補償制度あり!

中華系のGearBest・Banggoodや米ebay.comなどの海外通販をする場合はクレジットカード持っていれば買えますが、ペイパルがあるとさらに安心してお買い物することができます。 何故かと言うと「買い手保護制度」があるので商品が万が一届かないとか壊れていた場合でもペイパルが海外ネット通販に代わって全...
スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. ご飯が食べたい より:

    持っていないので間違ってるかもしれませんが、上部の液晶の基盤と本体の基盤の間にBT用の基板がサンドされてるように見えます。BT用基板と本体の基盤がハンダ付けでない場合酸化等での接触不良かもしれません。

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      接触不良のようですね。時間ある時チェックしてみます!
      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。