子供の携帯料金 節約 無料LINE電話+MVNOにするメリットとデメリット

子供の携帯料金を節約したい場合はMVNO(格安SIM)に変えよう!

友人の子供が高校生で「今月、子供の携帯料金月に25000円行ったよ!」と愚痴をこぼしてました・・・マジか!

多い時は月3万円行くそうです・・・なんの電話をしてそんなに高い料金なの?子供の携帯料金だけで年間30万円弱払ってるんじゃ・・・毎年最新の高スペックノートパソコン買えちゃう値段じゃん・・・(TOT)

友人はそんな子供が3人いるので・・・月多くて9万円!マジデスカ・・・どんだけ金持ち(無駄使い)!友人はサラリーマンだけど(TOT)

うちといえば、まだ小学生なので2円キッズケータイで・・・月2円(SoftbankみまもりケータイはMNPしたので新規でドコモのにしました。1年間月2円、2年目から月743円2年縛り、チャンスがあったらMNPしちゃいます(^_^;))電話はほぼ使ってない。使う月で26円くらいだった・・・

脱・携帯キャリア★子供の携帯料金節約 無料LINE電話+MVNO

高校生と小学生を比べるのはどうかと思うけどその差・・1000倍以上! 聞こえは悪いけど友人は完全に情報弱者・・・親友よスマンm(_ _)m

友人として、節約家として、そんな無駄遣いというか情報弱者から搾取するような事態を放置するわけにはいかない!興奮しながら改善方法を教えてあげましたが・・・チンプンカンプン・・意味不明のようでした(TOT)

友人はもともと機械音痴なのと僕の説明が悪いようでしたので、1から文章化してこのページに書いて、それを見てもらって納得してもらうようにしました。もしこれを見てくれた方で同じような境遇でこれを見ても納得できないようでしたら(汗)ご質問くださいませ。

(今回はMVNOに乗り換えるメリットとデメリットだけの説明です。順次オススメのMVNOスマホセットなども紹介していきます。)

あと、MVNOにするとなにかと知識や回線の品質問題などメンドウな場合があるので、節約の必要はなく子供の携帯電話の料金ごときでゴタゴタ言いたくないし時間の無駄!という場合はMVNOにする必要はなく以下は役に立たない情報です(汗)

時間と知恵を使って節約するより、お金より時間のほうが大事という方もいらっしゃるのでそういう方はMVNOはメンドウなだけです。携帯キャリアのほうが簡単・便利・手間いらずで余計なストレスもたまりません。

 

以下は、携帯キャリアの解約作業やMVNOのメリット・デメリットを理解する事が必要になりますので万人向けではないです。

どうにかして節約してチョロチョロと水が流れ落ちるようにお金が流れて行かないように水道の蛇口を閉める如くお金を自分のところでストップさせたい人は頑張ってMVNOの知識を身につけましょう。(といってもMVNOはただ携帯電話の会社を変えるだけなのでそんなに難しいことではありません。少し注意が必要なだけです。)

なぜ携帯キャリアってこんなに高いの?

携帯キャリアは回線設備費とサービスで経費がかかっている。

携帯キャリアの回線設備費

MVNO業者は主にドコモから回線設備の一部を借りて事業を展開しているので設備費はほぼかからないと言っていいと思いますが、ドコモは回線を維持・拡張するための膨大な設備費がかかっています。

その設備費をお客一人一人に負担してもらうために携帯料金がMVNOに比べて高いのも理由の一つです。

携帯キャリアのサービス

世界的にみて日本のサービスは世界一親切丁寧だと思う。日本のほとんどのお店でそのサービスがタダで受けられるのはすごいことで、外国に行った人であればそれを納得できると思う。

日本のお店のサービスとは?

  • 親切丁寧な対応
  • 笑顔での受け答え
  • お客の問題解決まで最後まで丁寧に付き合って解決してくれる。

そんなのあたりまえじゃん・・・という声が聞こえてきそうだけど、外国では当たり前じゃありません(^_^;)珍しいことです。もしかしたら日本だけがここまでサービスが良いのかもしれない。

そんなサービスを料金に転化した好例が携帯キャリアのサービスと言えるんじゃないでしょうか?

綺麗で清潔でオシャレなドコモショップやauショップ、Softbankショップを設け、担当者が親切丁寧に嫌な顔一つせずに最後まで教えてくれる・設定してくれる。まさに至れり尽くせりです。

携帯キャリアの料金が高い理由がサービスだけではないのですが、サービスも一部含まれているのは確実です。

ドコモや他のキャリアはそのサービスで料金が高くてもドコモショップや、auショップに行けばなんでも解決してくれるし、分からなければショップに持って行って聞けばなんでも懇切丁寧に教えてくれる。

そんなのが当たり前になってるので、慣れてしまっている人も多数いるかと思いますが・・・MVNOに変えるとそういう手厚いサービス・サポートは一切なくなります(汗)

例えるならば、携帯キャリアとMVNOはオトナと赤ちゃんに例えることができるんじゃないでしょうか?

  • 赤ちゃん:おんぶにだっこ(お任せで解決してもらう)→携帯キャリア
  • オトナ :自立している(なんでも自分で解決しなきゃならない)→MVNO

今後もスマホの使い方が分からないなどのサービス・サポートを対面で受けたい方はMVNOは向かないです。(ただ子供に使わせる分には子供は学習能力が高いのでいじくっているうちに使えるようになるというのがザラなので、サポートが必要ない場合がほとんどです。今まで携帯キャリア使ってて自分の子供がドコモショップなどのお店に使い方を聞きに行ったことがない場合はサポートが必要ないということになります。)

メールでMVNO業者に使い方などを聞く場合は答えてくれると思いますが、無店舗で展開しているMVNO業者がほとんどで対面でサポートしてくれるMVNO業者は少ないです。

MVNOに乗り換えるメリット

料金安い

MVNOにする最大の理由は料金が安いということです。

ただ、安いからといって使えないのでは困るというのが悩みでしょう。なので一つ一つ学習して子供に合う使い方をちょっと研究して今までの携帯キャリアと同じように使えるのであれば節約成功ということになります。

MVNO各社で子供用に使わせるのであれば以下のページのプランが良いと思います。

【MVNO】格安SIM LTE/4G データ通信のみ料金比較 月1GB-3GB 27社 2015/4~

MVNOを少し理解していて、すでにSIMロックフリーのスマホかドコモのスマホを持っていてそれを子供用に使わせる場合は上記のページの中からSIMを選ぶと良いでしょう。

これらのプランで100%無料LINE電話を使えば月に600円~2000円程度で子供の携帯料金を節約することができるようになります。

データ通信のみのMVNOだったら電話料ほぼなし

子供にはデータ通信のみのMVNOをオススメします。

「それじゃ、電話かけられない!」ということも無く・・・LINE電話同士やSkype同士だったら無料で、050のIP電話だったら安い電話料金でお話することができます。

  • LINEに入っている同士だったら無料LINE電話
  • Skypeに入っている同士だったら無料Skype電話
  • 固定回線・携帯キャリアにかける場合は格安の050 IP電話

このように使い分けましょう。

ただし、携帯キャリアより回線品質が劣るので途切れたり聞こえにくい場合があります

LINE電話にする

子供、というより自分たちも日本人全般はLINE使ってるので友だちはみんなLINEで繋がってる可能性が高い。

なので、無料のLINE電話で十分!

(LINEやSkypeにも有料で携帯電話や固定電話に電話できますが、これを設定(クレジットカードの設定など)すると子供がジャンジャン使う可能性があるので(^_^;)やらないほうが良いかと・・・)

友だちとの他愛無い話で高品質の携帯キャリアの回線を使う必要は全くないと思います。

しかもLINE電話もなかなか品質が良いので問題なくオシャベリできちゃう。(途切れる場合もありますがご愛嬌)

これで親も子も気兼ねなくお金の心配をすることなく自由にいつでもどこでも話せるわけです。

MVNOに乗り換えるデメリット

MNP料金+違約金がかかる場合がある

なにも考えずにMNPしてしまうと以下のような料金がかかってきます。

MNPする場合解除料
携帯キャリア 違約金 解除料 10,260円
MNP転出手数料 2,160円
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金) 約3,240円
合計 15,660円

通常はMNPすると15000円くらいかかりますので注意してください。

携帯キャリアの2年縛り違約金は2年目の翌月は違約金がかからない月がありますのでその辺も考慮に入れてください。

MVNOに乗り換えるタイミングによっては節約できる可能性があります。

MVNOに乗り換える時に電話番号は要らない、もしくは新しい電話番号でも良い場合はわざわざMNPする必要もないのでMNP転出手数料も必要なくなります。

なのでもっとも安く節約したい場合はMVNOのSIMパッケージを購入料金だけで済みます。(MVNO業者の中にはキャンペーンや割引でSIMパッケージを無料もしくは1500円程度で買えるものもあります。)

LINEで年齢認証できない!

MVNOに変えるとLINEの年齢認証問題があります。

【LINE】MVNOで年齢認証できない場合は裏ワザで認証できる(4つ条件あり)

この記事でも書きましたが、MVNOに乗り換える前もしくは携帯キャリアを解約する前に、これから使うスマホを先にゲットして、携帯キャリアのSIMを刺し、LINEの年齢認証を済ませましょう!

その後、携帯キャリアを解約すればLINEの年齢認証で悩む必要はありません。

ただし、LINEアプリを削除したり再インストールしたりするともう一度年齢認証が必要になる場合があるので年齢認証が終わったLINEは動かさないようにしましょう。スマホを他機種に変更しても同様にLINE年齢認証が必要になります。

携帯キャリアから格安で乗り換えMVNO化 まとめ

子供にかかる携帯料金を極力抑えるには以下のようにすると節約できます。

MVNOに格安で乗り換える条件

  • 違約金が発生しない月に携帯キャリアを解約
  • MNPしない!(ただし使っていた090・080電話番号なくなります。)
  • MVNOデータ通信専用のSIMを買う(通常の080・090電話は使えません。)
  • 無料LINE電話だけを使わせる
  • 固定電話・携帯電話へは、やむ終えない場合のみ050 IP電話からかけさせる。(安いけど料金かかります。)

MVNOに乗り換える手順

  1. Docomoのスマホか、SIMロックフリーのスマホをゲット(MVNOのスマホセットでもOK)
  2. MVNOのSIMパッケージを買う
  3. 携帯キャリアのSIMをスマホに刺してLINE年齢認証をする。(SIMカードのサイズが合わない場合はカットするしか無い場合もります。)
  4. 違約金が発生しない月に携帯キャリアを解約(MVNOと携帯キャリアの料金が重複する月があるけど我慢する)
  5. MVNOのSIMをスマホに刺す。(設定が必要)

携帯キャリアの違約金が発生しない月にタイミング良くMVNOに乗り換えるのが理想ですが、そううまく行かないのが現実です。

MVNO乗り換えまでの試算例

それでは実際にMVNOに乗り換えるまでに携帯キャリアをどうやって使うか?今すぐMVNOに乗り換えるか?を考えていきましょう。

今、子供の携帯電話の契約がどんな状態にあるかガラケーか、スマホか?2年縛りの残りは?月平均いくらくらいつかうか?などによって計算が違ってきます。

以下に例をあげましたので子供の携帯電話の契約と置換えて試算してみましょう。

例、縛りがあと14ヶ月で、ガラケー月平均約3000円

縛りが終わるまで使う

携帯キャリアを違約金が発生しない月まで普通に使う場合料金残縛り月合計
携帯キャリア 約3000円 14ヶ月 42,000円
合計     42,000円

2年縛りの残が1年以上ある場合は諦めて違約金を払ってMVNOに乗り換えたほうが結局 携帯料金を節約できる可能性が高いです。

ガラケーの分割料金がまだ残っている場合はその分も可算されますので注意が必要です。

すぐにMVNOに乗り換え

すぐにMVNOに乗り換える場合合計
携帯キャリア 違約金 解除料 10,260円
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金) 約3,240円
MVNO 月900円のプラン☓14ヶ月 12,600円
合計 26,100円

au 寝かせ運用

もしくはガラケーの場合のみですが、携帯キャリアのプランを最低料金にして違約金が発生しない月までSIMを使用しないで寝かせる方法もあります。

寝かせ運用は解除できるオプションはすべて外して、SIMカードも携帯電話から外して、完全に電話として使わない状態にすることです。

au寝かせ運用料金残縛り月合計
au プランEシンプル 802円 14ヶ月 11,228円
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)   - 約3,240円
MVNO 月900円のプラン☓14ヶ月   - 12,600円
合計     27,068円

auのガラケーの場合はラッキーです。さらに「毎月割」があるガラケーだったら月2円運用できます。この場合は時期がきたらMNPをするほうが良いでしょう。(MNPもお得に運用するには調査と知識が必要です。)

Softbank 寝かせ運用

Softbankはもしかしたら、S!ベーシックパック324円は解除できないかもしれません。契約時の条件によって変わります。

Softbank寝かせ運用料金残縛り月合計
ホワイトプラン 934円 14ヶ月 13,076円
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)   - 約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 14ヶ月 12,600円
合計     28,916円

Docomo 寝かせ運用

ドコモもMNPとかでガラケーにした場合は2円運用されている方もいると思いますので、その場合はわざわざ解約しなくても良く、よいチャンスがあればまたMNPすればよいでしょう。

通常の方法で契約した場合は以下のようになると思います。

Docomo寝かせ運用料金残縛り月合計
バリュープラン タイプSSバリュー 1204円 14ヶ月 16,856円
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)   - 約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 14ヶ月 12,600円
合計     32,696円

いくつか例を載せましたので子供にガラケーを使わせている方は今の状況を確認してどの方法が一番節約できるか試算してみましょう。

例、縛りがあと8ヶ月で、スマホ月平均約12000円使用(MNPしない)

スマホ代に月12000円払うというのが僕としては考えられない値段なのですが(1年で14万円ほどになり、すぐにAppleStoreに行って毎年新しいSIMフリーiPhoneを1年使い捨てで買ってMVNO運用できるレベルの値段です(汗))現実にはたくさんいそうです。

今、子供に携帯キャリアのスマホを普通の契約で使わせている場合は月に最低でも6000円は出て行ってるんじゃないでしょうか?その場合は緊急的に対策が必要になってきます。違約金を払ってでもMVNOに乗り換えたほうがお得になりますので頑張って試算してみましょう。

スマホを一括ではなく、分割で購入した場合はMVNOに乗り換えた場合は違約金とスマホ残金が降りかかってきますので注意して試算しましょう。)

縛りが終わるまで使う

携帯キャリアを違約金が発生しない月まで普通に使う場合料金残縛り月合計
携帯キャリア 約12000円 8ヶ月 96,000円
合計     96,000円

2年縛りの残が8ヶ月ある場合は諦めて違約金を払ってMVNOに乗り換えたほうが良いのですが、スマホで分割で購入した場合は「月々サポート」などの割引がなくなりスマホ購入代金の残りを払うことになります。

縛りの残り月と、スマホ購入代金残高によっては解約したほうがお得になる可能性が高いので計算してみてください。

すぐにMVNOに乗り換え

子供に携帯キャリアのスマホを使わせている場合はすぐにMVNOに乗り換えるほうがお得かもしれません。

もし、スマホの購入代金の残が少ないか無い場合はすぐにMVNOに乗り換えましょう。

すぐにMVNOに乗り換える場合合計
携帯キャリア 違約金 解除料 10,260円
スマホ購入代金残高 不明
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金) 約3,240円
MVNO 月900円のプラン☓8ヶ月 7,200円
合計 最低20,700円

Docomo 寝かせ運用 1

Docomoの場合は基本プランのデータプラン(ルーター)に変えることで月1200円で寝かせることができます。(データプランに変えることができないと言われる場合もありますが変えられるはずです。)

ただ、スマホを一括で購入してない場合は注意が必要で分割の残金を請求されてしまいますし、端末購入サポート付きで買った場合は数万円は請求されると思います。

数万円払っても月12000円使ってるのであればスマホ購入代金の残金払ったほうがお得かもしれません。

Docomo 寝かせ運用 1料金残縛り月合計
基本プラン データプランに変更 1200円 8ヶ月 9,600円
スマホ購入代金残高

端末購入サポート付きでスマホを購入した場合は解除料
分割で購入した場合は月々サポート無くなります。

    不明
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)     約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 8ヶ月 7,200円
合計     最低20,040円

ドコモのスマホであればドコモショップへ行ってSIMロック解除してもらって(訂正です。SIMロック解除しなくてもほとんどのドコモのスマホはそのままMVNOで使えます。)そのままそのスマホを使ってMVNOに乗り換えできるのでラッキーといえばラッキーで不幸中の幸いといったところでしょうか?

Docomo 寝かせ運用 2

Docomo 寝かせ運用2料金残縛り月合計
カケホーダイ(スマホ) 2700円 8ヶ月 21,600円
スマホ購入代金残高     不明
月々サポート     相殺
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)     約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 8ヶ月 7,200円
合計     32,040円

もしくは、カケホーダイのみにして月々サポートを生かしておけばスマホ購入代金残高は払うことがないので、カケホーダイ(スマホ)2700円☓残縛り月のみになります。

ドコモの場合は選択枠が2つあり節約できる可能性が高いですね。

au 寝かせ運用 旧プラン

auの旧プランでスマホを契約された方!ラッキーです(僕も旧プランでXperia Z3一括0円を契約中です。)

au 寝かせ運用 旧プラン料金残縛り月合計
LTEプラン1008円

1008円

8ヶ月 8,064円
WEB de 請求書割引-20円☓8ヶ月

-20円

8ヶ月 -160円
スマホ購入代金残高     不明
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)     約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 8ヶ月 7,200円
合計     最低18,344円

au 寝かせ運用 新プラン

au 寝かせ運用 新プラン料金縛り残月合計
電話カケ放題プラン

2,916円

8ヶ月 23,328円
WEB de 請求書割引-20円☓8ヶ月

-20円

8ヶ月 -160円
スマホ購入代金残高     不明
新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)     約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 8ヶ月 7,200円
合計     最低33,608円

Softbank 寝かせ運用

Softbank寝かせ運用料金残縛り月合計
スマ放題 2700円 8ヶ月 21,600円
S!ベーシックパック 315円 8ヶ月

2,520円

スマホ購入代金残高    

不明

新規契約事務手数料(MVNO SIMパッケージ料金)   - 約3,240円
MVNO 月900円のプラン 900円 8ヶ月 7,200円
合計    

最低34,560円

番号保管サービス

その他、各携帯キャリアともに番号保管サービス(月約400円+初回に手数料1000円から2000円)もありますので、縛り終了まで番号保管サービスにしておいて、縛りはドコモだけ進行して、au,Softbankは一時停止される。

ドコモはこの番号保管サービスにして2年縛り終了までこれで運用する手もありそう。

子供の電話料金を節約するにはやっぱりMVNOに乗り換え

どちらにしても子供の携帯電話料金を節約したいと思っているのならば、MVNOにしたほうが一番安く運用できます。

少し、難しいかもしれませんが頑張ってMVNOを理解して節約しましょう!この方法は親のほう、お父さんお母さんのスマホにも当てはまるので、そっちの電話料金もついでに試算して節約を成功させましょう。

どちらにしても試算したら、一度契約している携帯キャリアで相談して確実に試算通りにできるようであれば行動しましょう。自己責任でお願いします。

(携帯乞食さんのように高等技を使って携帯キャリアで2回線から10回線以上運用して節約している人はMVNOにしなくてもお得です・・・そういう人はこの記事は参考にならず(汗)読んでないと思います)

次は子供はスマホ持ってなくて、スマホセットのMVNOに乗り換えたい 場合のプランを紹介します。

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. のりひこ より:

    楽しく拝見しています。
    携帯の節約って本当に重要ですよね。

    私もいろいろ試して、悩んで、今落ち着いたのはiPhone5の3円維持にroot化した白ロムでモバイルONE回線でのテザリングという構成です。

    こちらの記事を読むと今ならズバッとMVNOへ移行するのもありだと分かりますね。ありがとうございます。

    ところで、DOCOMO寝かせ運用1の記事中にDOCOMOのスマホでSIMロック解除すればMVNOが使用可能とありましたが、実際はSIMロック解除は不要ではないでしょうか?見当違いでしたらお許しください、、

    • go より:

      のりひこ様
      コメントありがとうございますm(_ _)m
      そうなんですよ!携帯料金ってスッゴク高いですよねぇ、携帯の節約は子供のいる家にとって節約の要ですね。
      僕の場合は電話しないほうの人間なのですぐにMVNOに乗り換えられましたが、
      電話を良くする人はMVNOに乗り換えるのはすごく勇気というか、調べたり少し知識が必要だったり回線品質が悪かったりデメリットがあるので乗り換えがメンドウになるんじゃないでしょうか?

      iPhone3円維持+root化+OCNモバイルONE素晴らしいです!試行錯誤されているようで理想ですね(^O^)これだと僕と同じ音声通話付きSIMだと最低料金1500円台で行けてそうですね。限界ギリギリまで安く最高です!

      ドコモのSIMロック解除の件、ご指摘ありがとうございますm(_ _)m助かりました修正しておきました。
      ドジでよく間違えるのでまた間違いがあったらご指摘いただけると助かります(^_^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。