マイクロ・ナノSIM 両方使えるSIMカッターを使ってみる・・・1回失敗した(汗)

 Xperia Z3 SOL26でMVNO運用

Xperia Z3を手にいれて1ヶ月強、SoftbankからauにMNPした時に言われた条件の3月が終わったのでauのSIMカードは寝かせ運用するのでauのSIMカードは外して放置、OCNモバイルONEのMicroSIMを刺すべく入れ替える。

Xperia Z3はMVNOのOCNモバイルONEで使うようにするんだけど、初代XperiaZはMicroSIMでXperia Z3はNanoSIM・・・・あわないじゃん。

さらに、MVNOのBIGLOBEも使っているのでそっちは、標準SIMで今度は初代XperiaZ マイクロSIMで使う・・・こっちも合わない(汗)

  • OCNモバイルONEのMicroSIM→NanoSIM
  • BIGLOBEの通常SIM→MicroSIM

SIMカード変更料3000円払ってそれぞれSIMを変更しようと思ったけど、どうせ料金取られる(MVNO解約時にSIMカードを送り返さないと3000円ほど料金取られる)んだったら切っちゃえ!ということでSIMカッターを導入してみた。

マイクロSIM ナノSIM 両方使えるSIMパンチを買う

SIMパンチ(micro/nano 対応SIMカッター)iPhone5/iPhone4S/4用+SIM変換アダプター 3点セット (標準, マイクロ, nano)+SIMリリースピン+SIMシール付

SIMパンチ(micro/nano 対応SIMカッター)iPhone5/iPhone4S/4用+SIM変換アダプター 3点セット (標準, マイクロ, nano)+SIMリリースピン+SIMシール付

Amazon.co.jpで995円で買ったけどSIMアダプタが2セット入ってるのは、多分どちらかがSIMカードとうまく合わない苦情がきたらしく・・・販売業者が仕方なくもう一セット入れた感じ、

SIMカッターという名前だと思ったらSIMパンチと書いてあるので、この道具はSIMパンチというのが正式名称なのかな?・・・どっちでもいいけど。

  • MicroSIM→NanoSIMにカット
  • 標準SIM→MicroSIMにカット

両方できるSIMカッターです。

今度MVNOを乗り換えするときはNanoSIMサイズを買って、サイズが大きくなったらマイクロSIMサイズだったらナノSIMアダプタに入れて使えばカットしなくても良さそう。そのほうがいちいちカットしてMVNO乗り換え時3000円払わなくて済みそう。

今後は標準SIMを使うということは少なくなりそうだけど、Wi-Fiルーターとかに入れる場合は使うかもしれない。それでも、ナノSIMを導入しておけばナノSIMアダプタの上にマイクロSIMアダプタをかぶせれば普通に標準SIMとして使えそう。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

SIMアダプタも50円程度で売ってるからNanoSIMから変換するのも安くできそう。

物理的なSIMカードは無くなる?

どっちにしろあと2,3年したらSIMは入れ替えたりしないでAppleが進めているようにソフトウェアSIMで携帯キャリアを変更できるようになる仕様になりそうだから物理的なSIMカードというのは無くなるかもしれないけど・・・

MVNO業者は退会時にSIMカードの返却を求めてきて、返却されない場合は3000円前後徴収されるのでそれも利益の一部としているようなので、もしかしたら日本だけはSIMカードが無くなるのが遅くなるかもしれない。力関係でMVNO業者が圧力かけられればの話だけど。

携帯キャリア3社はいちいちSIMカードを返せ、とは言ってこないのでセキュリティとかなんとかは関係なく、SIMカード返却されない費用3000円はMVNO業者は全部とは言わないまでも一部は必ず利益にしていると思う。3000円といえども数万人規模になるとかなりの金額になる。

試しにやってみるが・・・SIMカッター 失敗

ビビってそぉっとやったりして、SIMカッターを勢い良く思い切ってガチャンとやらないとこのように失敗する・・・(TOT)

ヤスリで整えたら使えなくもなさそう。

ヤスリで整えたら使えなくもなさそう。

MicroSIMからNanoSIMへカット

今度は本番!失敗禁止(汗)

まずはXperia Z3で使うNanoSIMをカットしてみます。

このSIMカッターは精密さがないというか品質悪いというか、SIMが斜めになったりする・・・奥のほうで引っかかるツメのようなのがあってSIMカードを差し込むと食い込んでプラの部分に引っ掻いた爪あとのような跡がつく。

斜めに食い込ませると爪跡のせいでまっすぐ戻らなくなりSIMカード全体が斜めになってしまうので差し込む時からまっすぐに差し込んでいけば良さそう。

斜めになってしまってもペンチで無理やりまっすぐしてテープで留めてガチャンコしたらうまくいった。

あとは、爪切りのヤスリの部分でバリを取って完成!

Xperia Z3+OCNモバイルONE で問題なく認識できアクセスポイント(APN)設定したらネットにつながった!ヤッタ

しかも今度はドコモのftfイメージなのでLTEを最高に拾う!

いままで初代Xperia Zはインターナショナル版だったから日本(ドコモ)のLTE拾えないバンドがあったりして田舎だと電波弱かった。

今度はBIGLOBEのSIMをカット 標準SIM→MicroSIM

MVNO BIGLOBEの標準SIMカードは初代XperiaZで使う予定なのでまたまたSIMカッターの出番。

今までぜんぜん気づかなかったけど(^_^;)SIMのの電極の部分の形状が違う!写真右側の白いマイクロSIMはSoftbankのもの。ピンクがビッグローブのSIMカード。

コレ・・・このままカットしても使えるようになるのかしら???しばらく迷ったけど使えなかったら使えないで対処法を考えよう。

ガチャコン!切っちゃった。ヤスリで形を整えて、初代XperiaZに入れてみる。

問題なく認識された! ビビって損した(^_^;)

これでSIMカットうまくいったけどもうこのSIMカッター出番なさそう。1回ガチャコンで500円

これだけのために1000円弱かかるのもどうかと思う・・・しかも物増えちゃったし。まだ使う機会あるかな?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。