【CHUWI 初UMPC】MiniBook 6/19 Indiegogoで先行発売開始!

Chuwi初のUMPC(Ultra Mobile PC)【MiniBook】が6/19にIndiegogoで先行発売開始されます!

主なスペックはCPU・Intel Core M3で8インチディスプレイ、メモリ8GB/ストレージ128GBと外出先で手軽にWindow PCを使うのに適したサイズと速さになっています。

そしてディスプレイはYogaディスプレイと呼ばれるヒンジが360度回転するタイプなのでディスプレイだけでタブレットとしても使えます。

CHUWI MiniBook

CHUWIのMiniBookのページ

本日6/2からあと17日後にIndiegogoから先行発売されます。先行発売で安く早く手に入れたい方はCHUWIのMiniBookのページからキャンペーンページに登録すると、最大25%割引をゲットすることができます。ほしい方はとりあえずメルアド登録しておきましょう。

CHUWI MiniBook

CHUWI MiniBook 特徴

主な特徴は以下、

  • 超ポータブルミニサイズ、360°YOGAデザイン
  • 8.0インチIPSフルラミネートタッチスクリーン
  • Intel®Core™ M8100Yプロセッサー/Intel®Celeron® N4100プロセッサー
  • 8GBデュアルチャネルメモリ、128GBストレージ、M.2 SSD & MicroSDカードをサポート
  • 幅狭フルサイズキーボード
  • フル機能のType-Cポート (PD 2.0高速充電とビデオ/データ転送をサポート)
  • アクティブ放熱システム
  • 200万画素のカメラを搭載

では、簡単に特徴やスペックを見ていきましょう。以下は仕様が変更される可能性があります。CHUWIは過去に予約数が多いとボーナスでスペックアップしてくれることもありましたので以下は現在の大まかな仕様ととらえて参考程度に御覧ください。

CPUはIntel Core M3

Intel Core M3の7Y30と8100Yの2種類のバージョンが出るようです。CPUが281ドル程度なので、やはりMiniBookの本体価格は600ドル前後になるのかな?価格は不明

CHUWI MiniBook

M.2 SSD 増設可能でMicroSDも装着可能

MicroSDも装着可能で、底面のフタを開ければM.2 SSDも装着可能になっています。

CHUWI MiniBook

ChuwiのラップトップはほとんどM.2 SSD増設が可能になっていまして、こちらも小さいからといって例外なくM.2 SSD増設可能な仕様。

CHUWI MiniBook

USB PD 2.0

充電はUSB Type-CでUSB PD2.0でチャージ。最大26.6WHで充電可能。DCプラグではないので社外のUSB PD用のアダプタとケーブルが使える可能性があります。

CHUWI MiniBook

タッチスクリーン

タブレットとしても使えるので、当然ですがタッチスクリーンに対応しています。

CHUWI MiniBook

アルファベットのみフルサイズキーボード

アルファベットのみですが、フルサイズキーボードになっていてブラインドタッチもしやすいようになっています。ただ、アルファベット以外のキーのサイズが小さめなのでショートカットキーは慣れが必要なのかもしれません。

CHUWI MiniBook

スペースキーの下にある2つのキーはなんでしょうか?拡張キーなのかな?

それと、スペースキーの上にあるThinkPadのトラックポイントのような四角いポッチはタッチパッドなのでしょうか?これが使いやすかったらマウスも必要なくなりそう。

メモリ8GB・ストレージ128GB

メモリ8GBもあるので外出先でのちょっとした作業には最適です。

CHUWI MiniBook

CHUWI MiniBook コンパクト・ハンディ

MiniBookは主に外出先でスマホではできない作業を想定したPCでコンパクトで持ち運びに便利なのにWindows PCとしてパワフルに使える点が特徴。

CHUWI MiniBook

中華UMPCはいくつか出てますが、Chuwiから出るので品質面がかなり期待できそうですね。

ヨガディスプレイでタブレットに

最近のLENOVOなどの中華ラップトップでよくある360度ヒンジが回転するので、ディスプレイをどの角度でも見ることができるのがかなり便利。

ディスプレイは8インチで解像度FHD 1920x1200になっています。

CHUWI MiniBook

シェルが360度回転するので、ちょっと分厚いですがタブレットとしても使用できるのが便利なところ。

CHUWI MiniBook

スタンドにして閲覧専用

ヒンジを270度ほどに回転させて以下のようにスタンドにしてビデオなどを閲覧することができます。スマホで撮影した映像をDropboxなどで同期してすぐに再生するのにも向いています。

CHUWI MiniBook

縦に立てかけることもできる。↓のでスマホ動画の縦長の動画も閲覧可能。

CHUWI MiniBook

8インチタブレットと同等の大きさで持ち歩きに最適

8インチのAndroidタブレットとは厚みが少し厚いですが、同じようなサイズ感なので持ち運びが便利。

CHUWI MiniBook

最近の巨大なスマホと比べて倍くらいのサイズなのでカバンを持つ場合は躊躇なく忍ばせておける。

CHUWI MiniBook

ちょい古すぎるのですが、昔バイブル型のシステム手帳を手に持って持ち歩くのが流行った時のデジタル版のような感じで持ち歩ける↓・・・・古すぎる・・・

CHUWI MiniBook

CHUWI MiniBook サイズ感

コンパクトなのにWindows PCとして使えるので外出先でもデスクワークができる(外出先でデスクワークできちゃうのは困る方もいるとは思いますが・・・)のでどこででも作業が可能になるUMPCは使い勝手がよさそう。

CHUWI MiniBook

個人的には目が悪いので、8インチディスプレイだとちょっと画面が小さいのでサブモニタが必要そうですが、目が言い方だったらバリバリ外出先でも使えるスペックと大きさだと思います。

CHUWI MiniBook

気になる方は以下のページに詳細がありますのでチェックしてくださいね。

CHUWIのMiniBookのページ

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. kamkam より:

    スペースキーの下はマウスの

    • GO より:

      kamkam様
      コメントありがとうございます。
      そうですね!マウスの右・左クリックですね。
      ちょっと考えれば分かりそうなものでした・・・相変わらずボケっとしてます(汗)

  2. 通りすがり より:

    エントリーモデルとデラックスモデル
    CPUはCeleron N4100と8100Yです
    記事は間違っています

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      はい、そうかもしれません。
      CPUの画像はCHUWIから来たものですので以前はM3 7Y30を搭載する予定だったのかもしれません。
      これからN4100に仕様が変更されるかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。