【LINE モバイル】学生応援+5ヶ月間半額キャンペーン適用で音声通話SIMはデータSIMより安くなる事実を検証!

LINEモバイルから新たなキャンペーンが始まりました! その名も【学生応援キャンペーン】で5000円分(データSIM(SMS付)は1000円分)のLINE PayかLINEポイントがもらえるキャンペーンです。

今回も【月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン】と一緒に適用できるキャンペーンで、LINEフリーは対象外プランです。対象はコミュニケーションフリープランとMUSIC+プランのみ。

この記事は複数のページに別れています

つまり、学生応援キャンペーン(学生とは名ばかりで大人だったら誰でも可能♪)5000円分のLINE PayかLINEポイントがもらえて、さらに月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンも適用できるので、かなりお得です。

月額基本利用料が5ヶ月間半額キャンペーン

今回の学生応援キャンペーンは以下のLINE PayコースとLINEポイントコースのキャンペーンコードどちらかを入力してLINEモバイルと契約してください。

  • LINE Payコース:PB53
  • LINEポイントコース:LN53

学生応援キャンペーンのコードを貼り付ける部分はLINEモバイル申込みページの4ページ目にあります。

詳しくはこのページ内のLINEモバイルの2つのキャンペーンを適用させる申込み方法に書きましたので参考にしてくださいね。(説明画像のキャンペーンコードは古いものです。)

そして、月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンを適用させる場合はこちら↓から申し込んで、途中に学生応援キャンペーンコードを入力するページになりますので、PB53LN53を入力しましょう。

キャンペーン付き LINEモバイルのお申し込みはコチラ

格安SIM(MVNO)をLINEモバイルにするか決まってない方は以下のキャンペーン詳細と1年間総合計の費用を参考に読み進めてみてください。音声通話SIMがかなり安くなりますヨ

それでは、キャンペーンを詳しくみて、1年間の支払い総合計を比べてどのプランがお得なのか検証してみましょう。

そもそもLINEモバイルのプランは?

LINEモバイルを使ったことがない方はどういうプランがあるのか分からないと思いますので、軽く紹介していきます。

LINEモバイルには、LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+の3つのプランがあります。

簡単に言うと、LINEフリーは月1GB使える安いプラン、コミュニケーションフリープランはSNSが使い放題の3GB~10GBまで選べるプラン、MUSIC+はSNSとLINE MUSICが使い放題の3GB~10GBまで選べるプラン。

どのプランもLINEは使い放題で、いくらLINEを使用してもギガ(容量)を消費しません。このLINE使い放題がLINEモバイルの一番の特徴でしょう。

そして、それぞれのプランにSIMタイプの音声通話SIM・データSIMを選べるようになっています。SIMのことをあまり知らない方にはややこしくなってきますね・・・

以下でLINEモバイルの料金プランをなるべく分かりやすく説明していきますね。

音声通話SIMとデータSIMのちがいは?

音声通話SIMとデータSIMの両方ともインターネット接続可能で、違いは音声通話をIP電話(データSIM)を使うか携帯キャリアの携帯電話番号を使うかによって分けられています。

IP電話にはLINE電話など基本的に無料で使えるのが特徴ですが、音質が悪い場合があるので、営業などで音声通話を頻繁にする方にはやはり音声通話SIMを選んだほうが良いでしょう。

音声通話SIMは携帯電話で相手に電話できるプランで、通話しただけ別途通話料がかかります。通話料は30秒で10円(通常20円ですが音声通話SIM契約の方は「いつでも電話」アプリで半額10円)

データSIMの場合は携帯電話番号がなく、音声通話はできない?ということはありません。LINE電話や他のIP電話が使えるので、たまに音声通話するくらいしか使わない場合はデータSIMを選んでも良いでしょう。

ただしデータSIMは先程も書いたようにIP電話の音声品質があまり良くないので相手の声が聞こえづらくてストレスになる場合があるのが難点。

LINEフリー(子供やLINEを複数使う人向け)

LINEフリーは最安月額500円のプランがあって、とりあえずSIMがあれば良く外出先でもLINEが使えれば問題ない方向けに、激安なのでかなり人気があります。

自分も子供に使わせています。なぜかと言うと子供世代は携帯電話は使わず、LINEで友だちとコミュニケーションとっているのでLINEが使い放題であればギガ(容量)をあまり消費せずに過ごせるからです。

ただし子供にLINEモバイルを入れたスマホを使わせる場合にはヤバいことになるので制限しましょう。LINEやスマホの制限方法はこちらで書きました。

LINEフリー

このLINEフリーの最安月額500円のプランのみSMS(ショートメッセージ)が付かないプランで、他のすべてのブランはデータSIM・音声通話SIMの両方ともSMSが必ず付きます。

LINEフリーで音声通話SIMが1GBで月額1200円のプランがありますが、キャンペーンも適用できずにお得ではないので、オススメできません。

LINEフリーで音声通話SIMを選ぶんだったら、コミュニケーションフリープランで3GB使えて月に1690円のプランを選びましょう。このプランでしたらキャンペーンが適用できて1年目は支払い総額16,171円でLINEフリープランよりも3000円ほど安くなります。

LINEフリープランの音声通話SIMは1年目支払い総額19,620円と高い!

LINEフリーはデータSIMでSMS無しかSMS付きかを選びましょう。用途としては、子供に使わせる、もしくは営業用などに複数のLINEを使っている場合は2台目のスマホにLINEフリーのデータSIMを使えばかなり節約できますね。

コミュニケーションフリー(SNSたくさんやる方向け)

コミュニケーションフリープランはTwitter・FaceBook・Instagram・LINEが使い放題になります。

SMS以外のWebブラウジングやアプリでデータ通信を行う場合はギガ(容量)を消費します。Wifiを使わずにずっとLTEを使っている方には容量の多いプランを選びましょう。

そろそろ5Gも始まって家に光回線が必要なくなる時代も近そうですね。そうなったらLINEモバイルももっと大容量のプランができるのかしら?

Twitter・FaceBook・Instagramをやらない方でもLINEはよくやると思いますので、このプランが一番オススメです。

メインのSIMとして使う場合は音声通話SIMで2つのキャンペーンを適用できて1年目支払い総額が16,171円(3GB)~31,318円(10GB)とかなり安くなるので音声通話SIMを選びましょう。

コミュニケーションフリー

ご注意いただきたいのは13歳以下の子供にこのプランはオススメできません。Twitter・FaceBook・Instagramは13歳以上が使えるサービスになっています。詳しくはこちらの記事で書きましたのでこのコミュニケーションフリープランを子供に使わせる場合は一読してください。

データSIMはすべてSMS(ショートメッセージ)付きのプランになります。

MUSIC+(音楽漬けの方向け)

音楽漬けといってもLINE MUSIC漬け限定ですが、外出時でも何処でもずっと音楽聴いている方はこのMUSIC+プランはLINE MUSICのギガ(容量)を消費しないのでかなり心強い味方でしょう。

こちらも音声通話SIMだと1年目の支払い総額が23,101円(3GB)~34,288円(10GB)と安くなるので、音声通話SIMのほうがお得です。

MUSIC+

こちらもデータSIMはすべてSMS(ショートメッセージ)付きのプランになります。

以上、LINEモバイルの3つのプランでした。これをふまえて学生応援キャンペーンと月額基本利用料が5ヶ月間半額キャンペーンの2つを適用したらどんだけお得になるか検証していきましょう。

学生応援キャンペーン(社会人・家族も可)詳細

まずはこちらの学生応援キャンペーンの詳細をチェックしていきましょう。

学生応援キャンペーンといっても、普通に学生以外でLINEモバイル新規会員登録の方は対象者になりますのでご安心ください。

月額基本利用料が5ヶ月間半額キャンペーン

学生応援キャンペーン 期間

期間は2月下旬まで続きます。まだ余裕はありますが、なるべく早く決断したほうが良いでしょう。いつの間にかキャンペーン終了してしまったらつらすぎます。

2020/1/22(金)~ 2月下旬

2月下旬までなので、キャンペーンが終わる前に利用開始日を迎えないとキャンペーン適用になりません。なので、遅くとも2月上旬までに契約しておけばキャンペーン適用されると思います。

キャンペーン対象プランは?

コミュニケーションフリープランと、MUSIC+プランになります。

コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プランともに、音声通話SIMは5000円分相当、データSIM(SMS付)は1000円分相当が学生応援キャンペーンでもらえます。

下のほうで1年間支払総額を計算していますが、計算すると音声通話SIMのほうが安くなっています!

LINEフリープランは対象外になりますのでご注意ください。

キャンペーン対象者

対象者、5000円分相当(データSIM(SMS付)は1000円分相当)もらえる方は以下の3つをすべてクリアした方にもらえます。

といってもそれほど難しい条件ではないのでご安心ください、「2」の【キャンペーン終了日までに利用開始日を迎えた方】の条件には注意、やはり2月下旬に申し込んだ場合は利用開始日までキャンペーン終了しちゃいそうなので、キャンペーンを適用させたい場合は2月上旬までに申し込みましょう。

  1. LINEモバイルのウェブサイト経由(エントリーパッケージを利用してのお申し込みも対象)でコミュニケーションフリー・MUSIC+の音声通話SIMかデータSIM(SMS付)を申し込んだ方
  2. 2020/1/22(水)~ キャンペーン終了日までの間に利用開始日を迎えた方
  3. 利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携した方

キャンペーンでもらえるLINE Pay・LINEポイントの付与時期

LINE Pay・LINEポイントともに利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末に付与。

例:利用開始日が2020/2/01の場合は2020年5月末になりそうです。

LINE PayかLINEポイントのどちらかでもらえる

学生応援キャンペーンでは、LINE PayかLINEポイントのどちらか選べます。

どちらのコースもキャンペーンコードを入力しないと適用できずにLINE Pay・LINEポイントともにもらえないのでご注意ください!

それぞれのキャンペーンコードをもう一度紹介します。

LINEポイントコース

学生応援キャンペーン

LINEポイントコース:LN53

LINEポイントをもらいたい場合は「LN53」をLINEモバイル契約時に入力しましょう。

LINE Payコース

学生応援キャンペーン

LINE Payコース:PB53

LINE Payをもらいたい場合は「PB53」をLINE Pay契約時に入力しましょう。

LINEポイント・LINE Payどちらをもらうかと言えば、LINE PayをもらったほうがLINEモバイルの月額料金を支払えるので有効に使うことができそうですね。

あと、音声通話SIMにするか、データSIM(SMS付)迷っている場合は、コミュニケーションフリー・MUSIC+プランのデータSIM(SMS付)でもいいのですが学生応援キャンペーンで1000円相当分しかもらえず、下のほうで1年間の支払い総合計を計算しましたが、データSIMは割高になってしまいます。

やはり音声通話SIMのほうが5000円分相当もらえるしキャンペーン2つ適用できるのでお得なようです。

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンは去年夏あたりからずっと続いていまして、学生応援キャンペーンと一緒に適用させることが可能です。

キャンペーン対象はコミュニケーションフリープランと、MUSIC+プランでさらに両プランの音声通話SIMのみが対象になっていますのでご注意ください。

下で各プランを比較していますが、やはり音声通話SIMの契約が一番お得のようです。

この月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンはこちら↓からLINEモバイルに申し込むと自動的に適用できて、学生応援キャンペーンは申し込みの中でLINE Payコースは「PB53」かLINEポイントコース「LN53」のキャンペーンコードを入力しましょう。

キャンペーン付き LINEモバイルのお申し込みはコチラ

月額基本利用料が5ヶ月間半額キャンペーンについては詳しくはこちらで書きましたので、気になる方はご覧ください。

LINEモバイル 1年間支払い総合計 検証 驚愕の事実!

ダンナ!えらいことになってやすぜ、1年間の支払い総額がデータSIMよりも音声通話SIMを選んだほうがお得になってやす♪

LINEモバイルの1年間の支払い総合計を計算すると完全に音声通話SIMがお得!

なんと!!1年間限定で消費税やユニバーサル料も含めて月額料金や初期費用(ウェブ登録事務手数料3300円+SIMカード発行手数料440円 =3740円)の総合計から学生応援キャンペーンを引くと音声通話SIMのほうが安くなります。

背景が黄色のプランの音声通話SIMが【月額基本料5ヶ月間半額+学生応援キャンペーン5000円相当】のキャンペーンを適用できるのでかなりお得になっていますね♪

紫色のプランはキャンペーン適用できていないか、お得ではないのであまりオススメできないプランです。

つまり1年間だけLINEモバイルを使う場合は、完全に音声通話SIMがお得!ということになります。

では、各プランを比較・検証してみましょう。学生応援キャンペーンではもらえるLINE PayかLINEポイントを支払い金額から差し引いて計算しています。

「音声」の行は音声通話SIM、「データ」の行はデータSIM(LINEフリー以外はSMS付き)になります。

SIM 容量 初期費用 年ユニバーサル料 月額1年目合計 学生応援
キャンペーン
実質年間総費用
LINEフリー
音声 1GB 3,740円 40円 15,840円 0円
19,620円
データ 1GB 6,600円 10,380円
1GB(SMS) 8,184円 11,964円
コミュニケーションフリー
音声 3GB 3,740円
40円 17,391円 -5,000円
相当
16,171円
5GB 22,638円 21,418円
7GB 29,172円 27,952円
10GB 32,538円 31,318円
データ 3GB 14,652円 -1,000円
相当
17,432円
5GB 21,648円 24,428円
7GB 30,360円 33,140円
10GB 34,848円 37,628円
MUSIC+
音声 3GB 3,740円
40円 24,321円 -5,000円
相当
23,101円
5GB 27,588円 26,368円
7GB 33,132円 31,912円
10GB 35,508円 34,288円
データ 3GB 23,892円 -1,000円
相当
26,572円
5GB 28,248円 30,928円
7GB 35,640円 38,320円
10GB 38,808円 41,488円

(消費税の四捨五入などで若干料金が違ってくる場合がありますので参考程度にとどめておいてくださいね。)
すべて税込の料金です。通話した分の通話料は加算していません。

LINEモバイル契約から1年間に限っての計算ですが、音声通話SIMのほうがデータSIM(SMS付)よりも安くなるのは驚きですね。

ただ、2年目以降継続してLINEモバイルを使う場合は割引が無く、通常の月額プランに戻るのでご注意ください。まぁ、どの格安SIM(MVNO)も同じようなキャンペーンやってますので1年ごとに乗り換えるのもありかもしれません。

LINE Payで学生応援キャンペーンの5000円分のLINE Payをもらうと月額料金支払いにも使えますので、LINEポイントよりもLINE Payで5000円分もらっておくことをオススメします。

それでは、各プランごとの月額基本料5ヶ月間半額と、学生応援キャンペーン5000円相当の内訳をみてみましょう。

コミュニケーションフリー プラン 音声通話SIM

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンと、学生応援キャンペーン5000円相当のダブルで割引されるのでそ・う・と・う 安くなってますね♪

プラン 初期費用 初月 2~5ヶ月目 6ヶ月目以降 1年合計 学生応援 実質
容量 ユニバ料   月額 合計 月額 合計 月額合計 キャンペーン  
3GB 3,780円 660円 930 3,718 1,859 13,013 17,391円 -5,000円
相当

16,171円
5GB 1,221 4,884 2,442 17,094 22,638円 21,418円
7GB 1,584 6,336 3,168 22,176 29,172円 27,952円
10GB 1,771 7,084 3,542 24,794 32,538円 31,318円

コミュニケーションフリー プラン データSIM(SMS付)

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンは無く、学生応援キャンペーンは1000円のみなので、1年間LINEモバイルを使う場合は、音声通話SIMより高くなっちゃう!

プラン 初期費用 1年間   学生応援 実質
容量 ユニバ料 月額 月額合計 キャンペーン  
3GB 3,780円 1,221 14,652円 -1,000円
相当

17,432円
5GB 1,804 21,648円 24,428円
7GB 2,530 30,360円 33,140円
10GB 2,904 34,848円 37,628円

MUSIC+ プラン 音声通話SIM

こちらはLINE MUSIC聴き放題のMUSIC+プランでやはり音声通話SIMだと1年目はかなり安くなって同じMUSIC+プランのデータSIM(SMS付)よりも安くなっちゃう。

プラン 初期費用 初月 2~5ヶ月目 6ヶ月目以降 1年合計 学生応援 実質
容量 ユニバ料   月額 合計 月額 合計 月額合計 キャンペーン  
3GB 3,780円 660円 1,315 5,258 2,629 18,403 24,321円 -5,000円
相当

23,101円
5GB 1,496 5,984 2,992 20,944 27,588円 26,368円
7GB 1,804 7,216 3,608 25,256 33,132円 31,912円
10GB 1,936 7,744 3,872 27,104 35,508円 34,288円

MUSIC+ プラン データSIM(SMS付)

MUSIC+プランのデータSIM(SMS付)も1年間で音声通話SIMよりも高くなってしまうので、選ばないほうが無難みたい。

プラン 初期費用 1年間   学生応援 実質
容量 ユニバ料 月額 月額合計 キャンペーン  
3GB 3,780円 1,991 23,892円 -1,000円
相当

26,572円
5GB 2,354 28,248円 30,928円
7GB 2,970 35,640円 38,320円
10GB 3,234 38,808円 41,488円

LINEアプリを頻繁に使う方はLINEモバイルが便利

なにせLINEアプリはギガを消費せずに使い放題なので、日本人ならば一度はLINEモバイルを使ったほうがお得です。

そして、LINEモバイルをメインのSIMにする場合はコミュニケーションフリーかMUSIC+プランの音声通話SIMが超お得になるので、どちらかのプラン+音声通話SIMを選びましょう。

2枚目のSIMをLINEモバイルにする場合は月500円のLINEフリープランでデータSIMが良いでしょう。

それではお互いにLINEで素敵なコミュニケーション生活をおくりましょう♪LINEをやりすぎで疲れた場合はたまにはこのBeヨンドに遊びにきてくださいね。

LINEモバイル 5ヶ月間半額キャンペーン

LINEモバイルについて、キャンペーンや分からないことがありましたら遠慮なく↓コメントから質問してくださいね♪待ってまぁす!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。