【LINE モバイル】2/19より新プラン・主要格安SIM最安値の音声通話SIM3GB/1,480円出た!旧プランと支払総額 比較

LINEモバイルから春に向け7777円相当という今までにないほどの高額プレゼントキャンペーンが始まったので紹介します。

今回のキャンペーンは音声通話SIMをエコヒイキしたキャンペーンで音声通話SIMだけが7,777円相当もらえるキャンペーンです。データSIMはこのキャンペーンは適用無し・・・

もしLINEモバイルのデータSIMを契約する予定な方は「学生応援キャンペーン」の説明をご覧ください。(それでもデータSIM契約では月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンなし、学生応援は1000円分しかもらえません・・・)

LINEモバイル 7,777円相当プレゼントキャンペーン

音声通話SIM契約の場合は、合わせて月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンも一緒に適用できるのでダブルでお得!どのプランがお得になっているか1年間総支払額を計算比較してみました。

今回の7,777円相当プレゼントキャンペーンは、
音声通話SIMだけのエコヒイキ キャンペーンです♪

今だけラッキー!7,777円相当プレゼントキャンペーンのコードはLINE Pay用とLINEポイント用の2つ、どちらが良いかはそれぞれですが、オススメはLINEモバイルの月額を支払えるLINE Payコースです。

  • LINE Payコース:PB077
  • LINEポイントコース:LN077

こちら↓からアクセスすると、スマホ月額基本利用料半額キャンペーン(←こちらはコードななしで以下からアクセスで適用)が適用されて、申し込み途中のページ↓(下画像のようなキャンペーンコード入力画面)にキャンペーンコードを入力する画面になりますので、上の7,777円相当プレゼントキャンペーンコードを入力してください。

キャンペーン付き LINEモバイルのお申し込みはコチラLINEモバイル

【このキャンペーンの結論】音声通話SIMを選ぼう!

LINEモバイル 1年間支払い総合計を計算した結論から言いますと、7,777円相当プレゼントキャンペーンを適用できるコミュニケーションフリー・MUSIC+の音声通話SIM(LINEフリー以外)を選ぶとかなり幸せになれます♪

LINEモバイル 1年間支払い額総合計 プラン比較

以下の表をご覧いただくと一目瞭然!データSIMよりも音声通話SIM(↓黄色)のほうが1年間の総合計で5000円~7000円ほど安くなります。データSIMで一つだけオススメが激安月500円なLINEフリー データSIM(SMSなし)↓オレンジ色の10380円のプラン。それ以外は音声通話SIMのほうが良さそうです。

表は、LINEモバイルの各プランで消費税や初期費用(ウェブ登録事務手数料3300円+SIMカード発行手数料440円 =3740円(税込))・ユニバーサル料年40円やキャンペーンを適用後の総合計を計算しました。

データSIMの場合は、1年間最安の月500円 LINEフリー データSIM(SMSなし)、音声通話SIMのプランを選べば間違いないでしょう。

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン音声通話SIMのみで、さらに7,777円相当プレゼントキャンペーン音声通話SIMのみなので、音声通話SIMがかなり安くなります。

SIM 容量 初期費用 月額1年目
合計
7,777円相当
キャンペーン
実質年間総費用
LINEフリー
音声 1GB 3,780円 15,840円 0円
19,620円
データ 1GB
(SMS無し)
6,600円 10,380円
1GB
(SMS付き)
8,184円 11,964円
コミュニケーションフリー
音声 3GB 3,780円
17,391円 -7,777円
相当
13,394円
5GB 22,638円 18,641円
7GB 29,172円 25,175円
10GB 32,538円 28,541円
データ 3GB 14,652円 0円
18,432円
5GB 21,648円 25,428円
7GB 30,360円 34,140円
10GB 34,848円 38,628円
MUSIC+
音声 3GB 3,780円
24,321円 -7,777円
相当
20,324円
5GB 27,588円 23,591円
7GB 33,132円 29,135円
10GB 35,508円 31,511円
データ 3GB 23,892円 0円

27,672円
5GB 28,248円 32,028円
7GB 35,640円 39,420円
10GB 38,808円 42,588円

エントリーパッケージは不可

今回の【7,777円相当プレゼントキャンペーン】はエントリーパッケージ兼用不可です。

エントリーパッケージとは、350円で買ってLINEモバイルに登録するとウェブ登録事務手数料3300円+SIMカード発行手数料440円 =3740円(税込)がかかりません。実質的には2,500円前後の値引になるようです。

今回の7,777円相当プレゼントキャンペーンではこの↓エントリーパッケージを買ってしまうと適用できないのでご注意ください。

それと、エントリーパッケージ条件はすべてのプランでSMSありのプランしか選べません。最安の月500円LINEフリー データSIM(SMSなし)は選択できません。過去に自分も気づかず失敗した経験があります。

LINEモバイルはドコモ・au・Softbank選べます

LINEモバイルの携帯キャリアはドコモ・au・Softbankどれでも選べます。

キャンペーンも音声通話SIMであればどの携帯キャリアでも適用できますのでご安心ください。

今だけラッキー!7,777円相当プレゼントキャンペーン 詳細

7,777円相当プレゼントキャンペーン 期間

今回のキャンペーン期間は短いのでお早めにどうぞ。そして、素早く利用開始しないとキャンペーン適用されないので注意しましょう。

2020/2/3(月)~ 2/18(火)

2/29(土)までに利用開始日を迎える必要があります。

キャンペーン対象プランは?

コミュニケーションフリープランと、MUSIC+プランの音声通話SIMのみがキャンペーン対象です。今回はデータSIMはすべて対象外なのでご注意ください。

もしデータSIMを契約する予定な方は、学生応援キャンペーンでデータSIM(SMS付)は1000円分相当(←説明ページ)がもらえます。

キャンペーンを適用させて1年間支払総額を計算すると音声通話SIMのほうが安くなっていますのでデータSIMよりも音声通話SIMのほうがオススメです。

LINEフリープランは対象外になりますのでご注意ください。

キャンペーン対象者

7,777円相当プレゼントキャンペーンは以下のようにコミュニケーションフリー・MUSIC+の音声通話SIMを選んで、申し込み途中でキャンペーンコードを入力、2/29までに利用開始して、LINEモバイル公式に連携した場合に適用されます。

  • LINEモバイルのウェブサイト経由(エントリーパッケージ併用不可)でコミュニケーションフリー・MUSIC+の音声通話SIMを申し込んだ方
  • キャンペーンコードを入力:LINE Pay:「PB077」か、LINEポイント:「LN077
  • 2020/2/3(月)~2/18(火)の間に申し込み完了し、2020/2/29(土)までに利用開始日を迎えた方
  • 利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携した方

LINEモバイルの公式LINEアカウントと契約者連携する方法は以下のようにLINEアプリで友達追加するだけ。簡単ですね。

特に難しい操作は必要ありません、キャンペーンコードは申し込み時に必ず入力してくださいね。

今回のキャンペーンはエントリーパッケージは不可なので、もしエントリーパッケージでキャンペーンを適用させたい場合は「学生応援キャンペーン」をご利用ください。詳しくはこちらで説明してあります。

キャンペーンでもらえるLINE Pay・LINEポイントの付与時期

基本的に3ヶ月後に付与

LINE Pay・LINEポイントともに利用開始月を1ヶ月目とし、4ヶ月目の月末に付与。

例:利用開始日が2020/2/03の場合は2020年5月末になりそうです。

LINE PayかLINEポイントのどちらかでもらえる

7,777円相当プレゼントキャンペーンはLINEポイントかLINE Payのどちらをもらうか選ぶことができます。キャンペーンコードもそれぞれ違いますので間違わないようにしてくださいね。

LINEポイントコース

LINEモバイル

LINEポイントコース:LN077

LINE Payコース

LINEモバイル

LINE Payコース:PB077

LINE Payをもらいたい場合は「PB077」をLINE Pay契約時に入力しましょう。

LINEポイント・LINE Payどちらをもらうかと言えば、LINE PayをもらったほうがLINEモバイルの月額料金を支払えるので有効に使うことができそうですね。

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン

月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンも同じく、コミュニケーションフリー・MUSIC+プランの音声通話SIMの契約だけが適用できるキャンペーンです。

データSIMでは月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンは適用できないのでご注意ください。

音声通話SIMを申し込みたい方は、以下のリンクからLINEモバイルにアクセスして契約すると、月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンが適用されます。

キャンペーン付き LINEモバイルのお申し込みはコチラ

申し込みページの途中でキャンペーンコードを入力する以下のような画面になります↓ので、7,777円相当プレゼントキャンペーン LINE Pay:PB077・LINEポイント:LN077を忘れずに入力しましょう。

LINEモバイル

LINEモバイル スマホ月額基本利用料半額+7,777円相当プレゼント【1年間支払い総合計】詳細表

全プランともに消費税や初期の事務手数料・ユニバーサル料を含めた1年間でLINEモバイルに支払う総額を計算しました。

  • 消費税:10%
  • ユニバーサル料1年間:40円 (3x12ヶ月+消費税)
  • 初期費用:ウェブ登録事務手数料3300円+SIMカード発行手数料440円 =3740円(税込)

なお、消費税が小数点以下の金額が出てしまう場合は、若干料金が違う場合がありますので、ご了承くださいませ。

ダンナ、今回の7,777円相当プレゼントキャンペーンは音声通話SIMだけがエコヒイキされたキャンペーンになってやすぜ!

LINEフリー プラン

毎度このLINEフリー プランは激安なのでキャンペーンは対象外なのがつらいところ。激安なのでしかたがないですね。

プラン 初期費用 月額 1年合計 7,777円相当 実質
1年間料金
容量 ユニバ料 ずっと通常料金 月額合計 キャンペーン 消費税含む
音声通話SIM
1GB 3,780円 割引なし月1,320円 17,391円 キャンペーンなし
0円
19,620円
データSIM
1GB(SMS無し) 3,780円 割引なし月550円 6,600円 キャンペーンなし
0円

10,380円
1GB(SMSあり) 割引なし月682円 8,184円 11,964円

コミュニケーションフリー プラン

月3GB使える音声通話SIMが年間13394円で使えるとは、スゴイと思います。

携帯キャリア使っている方でしたら普通だったら月1万円ほどで月13000円ほど払う人はざらにいそうなので、LINEモバイルに乗り換えるなら今です。

プラン 初期費用 初月 2~5ヶ月目
半額
6ヶ月目以降
通常料金
1年合計 7,777円相当 実質
1年間料金
容量 ユニバ料 月額 合計 月額 合計 月額合計 キャンペーン 消費税含む
音声通話SIM
3GB 3,780円 660 930 3,718 1,859 13,013 17,391円 -7,777円
相当

13,394円
5GB 1,221 4,884 2,442 17,094 22,638円 18,641円
7GB 1,584 6,336 3,168 22,176 29,172円 25,175円
10GB 1,771 7,084 3,542 24,794 32,538円 28,541円
データSIM
3GB 3,780円 割引なし月1,221円 14,652円 キャンペーンなし
0円

18,432円
5GB 割引なし月1,804円 21,648円 25,428円
7GB 割引なし月2,530円 30,360円 34,140円
10GB 割引なし月2,904円 34,848円 38,628円

MUSIC+ プラン

こちらは超音楽聞く方に特化したプラン、それでも携帯キャリア料金の2ヶ月分くらいの携帯料金で1年間使えちゃう。

プラン 初期費用 初月 2~5ヶ月目
半額
6ヶ月目以降
通常料金
1年合計 7,777円相当 実質
1年間料金
容量 ユニバ料 月額 合計 月額 合計 月額合計 キャンペーン
音声通話SIM
3GB 3,780円 660 1,315 5,258 2,629 18,403 24,321円 -7,777円
相当

20,324円
5GB 1,496 5,984 2,992 20,944 27,588円 23,591円
7GB 1,804 7,216 3,608 25,256 33,132円 29,135円
10GB 1,936 7,744 3,872 27,104 35,508円 31,511円
データSIM
3GB 3,780円 割引なし月1,991円 23,892円 キャンペーンなし
0円

27,672円
5GB 割引なし月2,354円 28,248円 32,028円
7GB 割引なし月2,970円 35,640円 39,420円
10GB 割引なし月3,234円 38,808円 42,588円

以上、最新のLINEモバイルキャンペーン、今だけラッキー!7,777円相当プレゼントキャンペーンでした。

LINEモバイルのプランがよく分からない方は以下もご覧ください。

そもそもLINEモバイルのプランは?

LINEモバイルを使ったことがない方はどういうプランがあるのか分からないと思いますので、軽く紹介していきます。

LINEモバイルのプランは3種類

LINEモバイルには、LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+の3つのプランがあります。

LINEフリー プラン 月額基本利用料

こちらが一番安いプランで、LINE使い放題で月に500円という激安プランがあります。この月500円のデータSIMを契約して子供のスマホや携帯電話をあまり使わない家族のスマホ用に使うとかなり節約できますね♪(月500円のデータSIM(SMS無し)でもLINEアプリの新規登録・引き継ぎも可能です。詳しくはこちらのLINEアプリ引き継ぎ方法をご覧ください。)

ただしLINEフリーの音声通話SIMは1GBしか使えないしちょっと料金が高めで入会時のキャンペーンも付かないので、コミュニケーションフリープランの3GB 音声通話SIM 1690円のほうがオススメです。

Lineモバイル 料金

コミュニケーションフリープラン 月額基本利用料

LINE・Twitter・FaceBook・Instagramの4種のSNSが使い放題!ギガ(データ容量)を消費しません♪

LINEは日本人だったら誰でもやっているのでギガ消費せずに助かるし、Twitter・FaceBook・InstagramのSNSも使い放題なので、SNSでコミュニケーションする人にはかなり使えるSIMです。

Lineモバイル 料金

MUSIC+プラン 月額基本利用料

こちらは上記コミュニケーションフリープランのSNS使い放題にプラスしてLINE MUSICが使い放題のプランになります。

Lineモバイル 料金

3つのプラン どれを選べばいいの?

簡単に言うと、LINEフリーは月1GB使える安いプラン、コミュニケーションフリープランはSNSが使い放題の3GB~10GBまで選べるプラン、MUSIC+はSNSとLINE MUSICが使い放題の3GB~10GBまで選べるプラン。

どのプランもLINEは使い放題で、いくらLINEを使用してもギガ(容量)を消費しません。このLINE使い放題がLINEモバイルの一番の特徴でしょう。

そして、それぞれのプランにSIMタイプの音声通話SIM・データSIMを選べるようになっています。SIMのことをあまり知らない方にはややこしくなってきますね・・・

以下でLINEモバイルの料金プランをなるべく分かりやすく説明していきますね。そして、3種類のプランをキャンペーンで割引された1年間の総支払い料金を比較していきます。

音声通話SIMとデータSIMの違いは?

音声通話SIMとデータSIMの両方ともインターネット接続可能で、違いは音声通話をIP電話(データSIM)を使うか携帯キャリアの携帯電話番号を使うかによって分けられています。

IP電話にはLINE電話など基本的に無料で使えるのが特徴ですが、音質が悪い場合があるので、営業などで音声通話を頻繁にする方にはやはり音声通話SIMを選んだほうが良いでしょう。

音声通話SIMは携帯電話で相手に電話できるプランで、通話しただけ別途通話料がかかります。通話料は30秒で10円(通常20円ですが音声通話SIM契約の方は「いつでも電話」アプリで半額10円)

データSIMの場合は携帯電話番号がなく、音声通話はできない?ということはありません。LINE電話や他のIP電話が使えるので、たまに音声通話するくらいしか使わない場合はデータSIMを選んでも良いでしょう。

ただしデータSIMは先程も書いたようにIP電話の音声品質があまり良くないので相手の声が聞こえづらくてストレスになる場合があるのが難点。

LINEフリー(子供やLINEを複数使う人向け)

LINEフリーは最安月額500円のプランがあって、とりあえずSIMがあれば良く外出先でもLINEが使えれば問題ない方向けに、激安なのでかなり人気があります。

自分も子供に使わせています。なぜかと言うと子供世代は携帯電話は使わず、LINEで友だちとコミュニケーションとっているのでLINEが使い放題であればギガ(容量)をあまり消費せずに過ごせるからです。

ただし子供にLINEモバイルを入れたスマホを使わせる場合にはヤバいことになるので制限しましょう。LINEやスマホの制限方法はこちらで書きました。

LINEフリー

このLINEフリーの最安月額500円のプランのみSMS(ショートメッセージ)が付かないプランで、他のすべてのブランはデータSIM・音声通話SIMの両方ともSMSが必ず付きます。

LINEフリーで音声通話SIMが1GBで月額1200円のプランがありますが、キャンペーンも適用できずにお得ではないので、オススメできません。

LINEフリーで音声通話SIMを選ぶんだったら、コミュニケーションフリープランで3GB使えて月に1690円のプランを選びましょう。このプランでしたらキャンペーンが適用できて1年目は支払い総額16,171円でLINEフリープランよりも3000円ほど安くなります。

LINEフリープランの音声通話SIMは1年目支払い総額19,620円と高い!

LINEフリーはデータSIMでSMS無しかSMS付きかを選びましょう。用途としては、子供に使わせる、もしくは営業用などに複数のLINEを使っている場合は2台目のスマホにLINEフリーのデータSIMを使えばかなり節約できますね。

コミュニケーションフリー(SNSたくさんやる方向け)

コミュニケーションフリープランはTwitter・FaceBook・Instagram・LINEが使い放題になります。

SMS以外のWebブラウジングやアプリでデータ通信を行う場合はギガ(容量)を消費します。Wifiを使わずにずっとLTEを使っている方には容量の多いプランを選びましょう。

そろそろ5Gも始まって家に光回線が必要なくなる時代も近そうですね。そうなったらLINEモバイルももっと大容量のプランができるのかしら?

Twitter・FaceBook・Instagramをやらない方でもLINEはよくやると思いますので、このプランが一番オススメです。

メインのSIMとして使う場合は音声通話SIMで2つのキャンペーンを適用できて1年目支払い総額が16,171円(3GB)~31,318円(10GB)とかなり安くなるので音声通話SIMを選びましょう。

コミュニケーションフリー

ご注意いただきたいのは13歳以下の子供にこのプランはオススメできません。Twitter・FaceBook・Instagramは13歳以上が使えるサービスになっています。詳しくはこちらの記事で書きましたのでこのコミュニケーションフリープランを子供に使わせる場合は一読してください。

データSIMはすべてSMS(ショートメッセージ)付きのプランになります。

MUSIC+(音楽漬けの方向け)

音楽漬けといってもLINE MUSIC漬け限定ですが、外出時でも何処でもずっと音楽聴いている方はこのMUSIC+プランはLINE MUSICのギガ(容量)を消費しないのでかなり心強い味方でしょう。

こちらも音声通話SIMだと1年目の支払い総額が23,101円(3GB)~34,288円(10GB)と安くなるので、音声通話SIMのほうがお得です。

MUSIC+

こちらもデータSIMはすべてSMS(ショートメッセージ)付きのプランになります。

以上、LINEモバイルの3つのプランでした。これをふまえて学生応援キャンペーンと月額基本利用料が5ヶ月間半額キャンペーンの2つを適用したらどんだけお得になるか検証していきましょう。

次のページはデータSIM(SMSあり)でもキャンペーン適用できる学生応援キャンペーンです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。