【UMIDIGI A7 PRO デビュー】クアッドカメラの新型エントリースマホ登場!5/26からキャンペーンで大幅値引き(現在は153.83ドル~)

本日、激安で高品質なエンドリースマホのUMIDIGI A7 PROが販売開始されましたのでお知らせします。

UMIDIGI A7 PROは最初にAliexpressから、続いてBanggoodなどのネットショップから発売されます。

もうすぐキャンペーンも始まりますので、予備知識としてUMIDIGI A7 PROのスペックなどを紹介していきます。

UMIDIGI公式サイトはこちら↓

AliexpressのUMIDIGI A7 PROのページはコチラ↓

Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

UMIDIGI A7 PRO

UMIDIGI A7 PRO

特徴は以下のようになっています。

UMIDIGI A7 PRO 主な特徴
  • 価格:150ドル台~(5/26からファン感謝祭でセール!)
  • UMIDIGI A7 PROは、UMIDIGI A5 Proの後継機として発売
  • リアカメラ:AIクアッド(4眼)カメラ
  • ディスプレイ:6.3インチ 解像度FHD+(2340x1080)
  • CPU:MediaTek Helio P23

価格は現在は$153.83~$184.60になっていますが、5/26からファンフェスティバルをやりますので、その期間中は大幅に安くなりますので、このページを見て買うか検討してください。

スポンサーリンク

UMIDIGI A7 Pro 動画

まずはプロモ動画をご覧ください。

エントリーモデルでなかなかの見た目、特にクアッドカメラ(4眼)が特徴になっています。

UMIDIGI A7 Pro 特徴

UMIDIGI A7 Proは150ドル前後のエントリーモデルですが、スマホとして十分な機能があるので、メイン機としても使えるスペックになっています。

UMIDIGI A7 PRO

150ドル(17000円前後)でリアクアッドカメラ(4眼)で6.3インチディスプレイなど、なかなかのスペックなのでお買い得です。

クアッドカメラ(4眼)

UMIDIGI A7 Pro一番の特徴はクアッドカメラです。エントリースマホでクアッドカメラスゴイと思います。

UMIDIGI A7 PRO

ミッドレンジの兄貴分のUMIDIGI S5 Proは倍くらいの価格約330ドル前後でメインカメラは4800万画素ですが、それに迫るカメラ性能です。

リアのクアッドカメラは以下の仕様になっています。

  • メインレンズ:1600万画素
  • 超広角レンズ:1600万画素(広角120度)
  • 深度レンズ:500万画素
  • マクロレンズ:500万画素(2cmフォーカス)

6.3インチディスプレイ

ディスプレイは6.3インチと大きく、解像度FHD+(2340x1080)・アスペクト比19.5:9・フロントカメラがノッチとかなり頑張った仕様。これだけ見るとミッドレンジモデルでもいけそう。

UMIDIGI A7 PRO

メモリ4GB・ストレージ64GB/128GB

ストレージは64GBと128GBバージョンが選べます。

リアカメラが4眼なので、写真やビデオをたくさん撮る場合は128GBのほうが良さそうですね。

UMIDIGI A7 PRO

MicroSDカードも使えますのでもしストレージが満タンになってもMicroSDに保存すれば問題なし。

  • メモリ:4GB(LPDDR4X RAM
  • ストレージ:64GB・128GB

NanoSIM2枚とMicroSDが独立して装着可能!

これは嬉しい仕様で、NanoSIM2枚とMicroSDカードを同時に装着できます。

以前まではNanoSIMとMicroSDカードが兼用のスロットだったので、3枚同時に装着できなかったのが不便なところ。

UMIDIGI A7 PRO

最近は3枚同時に装着できる機種も増えてきたので嬉しいですね♪

イヤホンあり

底面にUSB-Cポートと、3.5mmポート(イヤホンジャック)がありますので、有線のイヤホンを使いたい場合もそのまま使えます。

UMIDIGI A7 PRO

有線イヤホンは根強い人気?なのか有線派と無線(Bluetooth)派が分かれていますね。

自分の場合は絶対に無線派です。なぜかと言うと、有線イヤホンの場合はイヤホンケーブルが【ほっぺた】と【首筋】に当たってコチョコチョしてくすぐったくて気になってきたら音楽聞くどころじゃなくなってしまうので・・・音が良いとか悪いとか以前に使いたくはないです。

CPU(Soc)

CPUはMediaTek Helio P23で旧型エントリーモデルのUMIDIGI A5 Pro同じCPUですが、AnTuTu V8で以下のようにスコアが3万ポイントもアップしているようです。

AnTuTu V8
  • UMIDIGI A5 Pro:92,514
  • UMIDIGI A7 Pro:122,547

UMIDIGI独自計測なのであまりあてにはなりませんが、少しスピードがアップしたもよう。

4150mAhバッテリー

こちらも旧型エントリーモデルのUMIDIGI A5 Proと同じバッテリー容量ですが、10Wの充電が可能のようです。

対応BAND多めなので日本でも使える?

対応BANDが多めなので、ソフトバンク・auも大丈夫かとは思います。ドコモ系SIMだったらかなり対応しているのでいけます。

  • 4G: FDD-LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /B66 TDD-LTE: B34 /38 /39 /40 /41
  • 3G: WCDMA: B1 /2 /4 /5 /6 /8 /19 TD-SCDMA: B34 /39
         CDMA EVDO: BC0 /BC1(128GBバージョンのみ対応、日本では終了していますので気にしないでください。)

UMIDIGI A7 Pro スペック比較

最後にUMIDIGIの旧型エントリーモデルA5 Proと、ミッドレンジモデルのS5 Proを両側にしてスペックを比較してみましょう。

さすがに兄貴分のS5 Proのほうは有機ELディスプレイやらクアッドカメラでメインが4800万画素、SocがHelio G90T、メモリ6GB・ストレージ256GBと豪華ですが、価格が倍するので仕方がないですね。

UMIDIGI A7 ProのほうはA5 Proの進化版として、クアッドカメラでSIMスロットが3枚独立していて、他の仕様も少しずつアップグレードされています。

画像UMIDIGI A5 Pro MTK6763 Helio P23 2.0GHz 8コアUMIDIGI A7 PRO MTK6763 Helio P23 2.0GHz 8コアUMIDIGI S5 Pro Helio G90T 2.05GHz 4コア
機種名UMIDIGI A5 ProUMIDIGI A7 PROUMIDIGI S5 Pro
メーカーUMI1303UMI1412UMI1405
価格調査価格調査Amazon UMIDIGI A5 ProYahoo!ショッピング UMIDIGI A5 Pro楽天市場 UMIDIGI A5 Pro価格調査Amazon UMIDIGI A7 PROYahoo!ショッピング UMIDIGI A7 PRO楽天市場 UMIDIGI A7 PRO価格調査Amazon UMIDIGI S5 ProYahoo!ショッピング UMIDIGI S5 Pro楽天市場 UMIDIGI S5 Pro
OSAndroid 9Android 10Android 10
SocブランドMediaTekMediaTekMediaTek
SocMTK6763 Helio P23 2.0GHz 8コアMTK6763 Helio P23 2.0GHz 8コアHelio G90T 2.05GHz 4コア
メモリ4GB4GB6GB
ストレージ32GB64/128GB256GB
ディスプレイ6.3インチ(19:9 ノッチ)6.3インチ(19.5:9 ノッチ)6.39インチ
解像度2280x10802340x10802340x1080
スクリーン2.5D2.5D2.5D
パネルTFTTFT有機EL
画素密度400ppi403ppi403ppi
バッテリー4150mAh4150mAh 10W4680mAh 18W
フロント カメラ1600万画素 F値2.01600万画素 F値2.01600万画素 F値2.0 ポップアップ
リア カメラトリプルカメラ
1600万画素 F値1.8 SONY IMX398
800万画素
500万画素
クアッドカメラ
1600万画素 F値1.8
超広角1600万画素
深度500万画素
マクロ500万画素
クアッドカメラ
4800万画素 F値1.79 1/2mm 1.6µm
120度超広角1300万画素
マクロ500万画素
深度500万画素
重量203g212g202g
サイズ 縦x横x奥行156x75.9x8.2mm158.7x74.9x8.5mm159.2x75.7x9.6mm
SDMicroSD(最大256GB)MicroSD(最大不明)MicroSD(最大256GB)
BluetoothV4.2V4.0V5.0
NFC
GPS
WiFia/b/g/na/b/g/na/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋(画面内),顔認証
充電MicroUSBUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(MicroSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)+MicroSD独立Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),1700(4),850(5),900(8),850JP(6),800(19)2100(1),1900(2),1700(4),850(5),900(8),1900+(39),2000(34),850JP(6),800(19),CDMA2000(BC0),CDMA1X 1900PCS(BC1)2100(1),1900(2),1700(4),850(5),900(8),1900+(39),2000(34),850JP(6),CDMA2000(BC0),CDMA1X 1900PCS(BC1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1900(2),1800+(3),1700(4),850(5),2600(7),900(8),700ac(12),700c(13),700bc(17),800Lower(18),800Upper(19),800DD(20),850+(26),700Lower(28A),700Upper(28B),1700/2100(66),TD2600(38),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),1900(2),1800+(3),1700(4),850(5),2600(7),900(8),700ac(12),700c(13),700bc(17),800Lower(18),800Upper(19),800DD(20),850+(26),700Lower(28A),700Upper(28B),1700/2100(66),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),1900(2),1800+(3),1700(4),850(5),2600(7),900(8),700ac(12),700c(13),700bc(17),800Lower(18),800Upper(19),800DD(20),1900+(25),850+(26),700Lower(28A),700Upper(28B),1700/2100(66),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41),600(71)
動画https://youtu.be/fPQ0b8dUOq0
備考・特徴64GB/128GBによって対応BANDが多少違います。
評価

★評価

★評価

★評価

Feel 表示
Wish
 
2
 
 
1
 
1
1
 

UMIDIGI A7 PRO

エントリーモデルなのにカメラも4眼でスマートフォンとして普通に使える機種です。サブ機・家族に使ってもらうとか、プレゼントによさそうです。

UMIDIGI A7 PRO

UMIDIGI A7 PRO

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. 日々精進 より:

    少し、範囲外な質問をさせていただきます。こちらで、Xiaomiのband追加を覚えて、Xiaomi信者になってしまってます、またまたむくむと次の端末を~、、、、、
    各サイト色々な保証をしていますが、いま日本から中国にemsなどで返品(返送)ができません。
    もしもの時に何か良い手立てはありますでしょうか?

    因みに、保証期間残り2か月の不調端末も捨てるしかないのか迷っている状態です。

    • GO より:

      日々精進様
      お久しぶりです。コメントありがとうございます!
      Xiaomi製品は日本の方でもかなりファンが増えてきたようですね♪
      中国に返品はEMSでは現状難しいかもしれません。DHLかFedexだったらいけると思いますが、送料が高そうです・・・
      今月で緊急事態宣言も終わりそうなので、来月からは?通常配送に戻るのかな?2ヶ月残っている場合は来月まで待ってみるのもいいかもしれません。

  2. 日々精進 より:

    ありがとうございます。
    DHLは7000円ですね、あと佐川にも問い合わせたところ、5000以上、かつ、バッテリーが付いているものは
    バッテリーの性能証明?を、取り寄せてもらわないとだめ見たいです。
    まいりました。EMS復帰しないと3万のTeclastはゴミ箱行きですね~

    • GO より:

      日々精進様
      やっぱり送料高いですね・・・
      Teclastサポートに理由を言って保証期間延長してもらうのはどうでしょうか?

      もしくはTeclastの公式Twitterアカウントにうまいことツイートするともしかしたら対応してくれるかもしれません。
      https://twitter.com/TeclastOfficialhttps://twitter.com/TeclastOfficial
      内容は、「新型コロナなので保証期間延長希望→延長してくれたら友人にTeclastは良いブランドだとツイートします。」「保証期間中のTeclastタブレット壊れたので新しいタブレット送ってくれたら宣伝します。」
      このようなちょっと図々しい内容で連絡すると太っ腹な会社(中国はけっこう太っ腹な会社が多い)だったら日本で高評価を得たいので対応すると思います。
      内容によっては全く無視される可能性もありますが・・・

  3. 日々精進 より:

    うまくいけば、良いですが、、、ちょっとやってみますか~ 
    因みにGearBestに過去に、起動しなくて、返品、交換の問い合わせをしていて、
    その時は、すぐに、復活して、たまに、おかしくなっていて、「これは送っても、その場で起動すれば問題なしで片づけられるかなと」思い、「チケット」でs/n等、画像を送るまではしなくて、そのままにしていました、
    残り期間が少ないと思ってとりあえず、「チケット」でs/n等、画像までいれて交換請求をしているんだけど、
    無しのつぶて、、意地になって三回送ってみたものも、無視されてます。(笑) は~困った。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。