RedMagick 5th

10インチ激安タブレット DragonTouch Max10 レビュー アマゾンで約19000円で買えます♪ベンチマークも計測しました

アマゾンで2万円切りで10.1インチ解像度1920x1200ディスプレイ搭載のAndroidタブレット DragonTouch Max10がやってきたのでレビューします。

このDragonTouch Max10はタブレットの標準的な機能を搭載しながら10インチの大きめなタブレットで激安な約19000円なところが受けているようでAmazon's Choiceに選ばれていました。↓

この記事は複数のページに別れています

DragonTouch Max10

激安なタブレットなので、スピードもディスプレイも問題なく、使えるには使えますが高級感はありませんので、所有欲は満たしてくれませんが、とりあえず日常で本を読んだり動画を見たりしてとりあえず楽しむためにはコレで十分に満足できると思います。

特に子供に初めてのタブレットとしてDragonTouch Max10を使わせるのには最適で、激安なので雑に扱っても無問題!

スマホしか持ってない方で、もう少し大きい画面で動画や本やWebブラウザを見たい場合も活躍するでしょう。

もう少し本格的なタブレットが欲しい場合は、価格が倍以上てPlayストアが無いのですが、Androidのことをある程度知っている方はHuawei MatePadもオススメです。

最初のタブレット・子ども用のタブレット・コスパ重視のタブレットの場合はやはりDragonTouch Max10がいいと思います。Android 9.0でPlayストアも入っていて届いたらすぐに使えるタブレットで激安価格なので、初心者に最適です。

しかも、技適マークが付いているので日本でも安心して使えます!

DragonTouch Max10

子供が動画を見たり、個人でTVを楽しむにはピッタリなタブレットです。

では、DragonTouch Max10をみていきましょう。

DragonTouch Max10 開封

化粧箱

DragonTouch Max10はお主に日本で販売されていてアマゾンからやってきました。

DragonTouch Max10

化粧箱もとってもキレイな状態です。

開封

中身はいつもどおりの中華タブレットで乳白色のビニールにつつまれていて、本体はディスプレイ面は2重に保護フィルムが貼ってありました。

DragonTouch Max10

付属品

付属品はUSBアダプタ・USB-Cケーブル、マニュアル。

DragonTouch Max10

USBアダプタは5V2Aのものでした。

DragonTouch Max10

取説

日本語の取説もありました。ただ、普通のAndroidタブレットなので取説はさほどいらなそう。

DragonTouch Max10

保護フィルム

ディスプレイ面の保護フィルムは2枚貼ってありまして、1枚目の輸送用保護フィルムは取ったあとの画像↓こちらのディスプレイの保護フィルムが貼ってあるので剥がさずに使います。

DragonTouch Max10

裏面の輸送用保護フィルははがしましょう。

DragonTouch Max10

技適あり!

最近の中華タブレットで日本で販売されているものは、かなり技適を取得している業者が多くなってきました。

化粧箱の裏↓にも技適マークあり、

DragonTouch Max10

タブレット本体の裏にも技適マークありで、日本でも安心して使える製品になっています♪

DragonTouch Max10

タブレットには無線機能のBluetoothとWifiが搭載されているので日本では技適が必要になっています。なので、今回の技適マーク付きは嬉しいですね。

技適マークについてはコチラ↓をご覧ください。

中華スマホの一部HuaweiやZTEなど、日本で販売されているスマートフォンは技適がありますが、海外通販で売っているスマホには日本の技適マークが無いのが一般的です。 Beヨンドでは中華スマホをたくさん紹介しているので技適マークというものについて改めて調べてみました。

DragonTouch Max10 スペック

激安ながら10インチタブレットとしての標準的なスペックを網羅しています。

DragonTouch Max10

CPUだけがSC9863Aとちょっと心細いSocですが、Antutuを計測したところ96000台だったので、普通にエンターテイメントを見たりする分には全く問題ないでしょう。

重い3D動画のゲームなどのゲームには向きませんで、それ以外の動画・本・Web閲覧の用途にはピッタリなタブレットです。

スペックは以下の通り、10インチタブレットの標準的機能は搭載済み。

画像DragonTouch Max10 SC9863A
機種名DragonTouch Max10
メーカー中華タブレット1570
キャリアWi-Fiモデル
価格調査価格調査Amazon DragonTouch Max10Yahoo!ショッピング DragonTouch Max10楽天市場 DragonTouch Max10
OSAndroid 9
Socブランド-
SocSC9863A
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ10.1インチ
解像度WUXGA(1920x1200)
パネルTFT
画素密度224ppi
バッテリー5000mAh
フロント カメラ200万画素
リア カメラ200万画素
重量546g
サイズ 縦x横x奥行240.8x167.5x8.7
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2
GPS
WiFia/b/g/n/ac
充電USB Type-C
評価

★評価

Feel 表示
Wish
2
1
1

バッテリー5000mAh

タブレットとしては特に大容量バッテリーではないのですが、5000mAhのバッテリー搭載で連続5・6時間は使えそう。

DragonTouch Max10

Android9.0搭載

激安機なのに最近のOSAndroid9.0搭載なのは嬉しいところ。

DragonTouch Max10

メモリ3GB・ストレージ32GB

メモリが3GB搭載なのも嬉しいですね、ストレージは32GBとちょっと足りない気がしますが、足りない分はMicroSDカードを装着しましょう。

DragonTouch Max10

DragonTouch Max10 外観

DragonTouch Max10

主な機能

ディスプレイ以外のポートや機能は以下の通り。

USB Type-Cポートで充電・PCと通信、MicroSDカード装着可能で、

ボタンは他のタブレットと同様に電源ボタン・ボリュームボタン、イヤホンジャックもあります。

DragonTouch Max10

裏面

裏面にデカデカとDRAGONTOUCHと刻印されているのはちょっと派手ですね。

DragonTouch Max10

下のほうに技適や製造番号などの文字もあります。

裏面は指紋の油が付きやすく汚れやすいかな。

カメラ

カメラ性能ははっきり言って良くはないので、期待するのはやめましょう・・・

バックカメラ・フロントカメラもちゃんとあります。

DragonTouch Max10

MicroSDカードスロット

このタブレットはMicroSDカードが装着できるタイプで、裏面カメラの左側の蓋をはずして装着します。

DragonTouch Max10

SIMカードのスロットある?と思いましたが、DragonTouch Max10にはSIMは刺さらない仕様でした。他機種ではSIM使えるのでしょうか?

DragonTouch Max10

しかし・・・↓このMicroSDカードスロット、かなり刺しにくいです。斜めに刺さないと引っかかってうまく刺さらない。

DragonTouch Max10

このように↓MicroSDのオシリ部分をちょっと浮かす感じで、先端を斜め下に差し込むようにささないとうまく装着できません・・・

DragonTouch Max10

でもちゃんとMicroSDも認識されるのでよしとしましょう。

スピーカー

下の左右にスピーカーの穴があります。

DragonTouch Max10

スピーカー1Wが左右2個ついていて、はサウンドはごく普通のタブレットのサウンド。

DragonTouch Max10

電源とボリュームボタン

右側面に電源ボタンとボリュームボタンがあります。

RESETもあるのもちょっとめずらしいですね。コレやるとAndroidがリセットされるのだろうか?

DragonTouch Max10

イヤホンジャックもありますので、個人的に有線イヤホンをして動画を見たい時にはよさそうです。

USB Type-Cポート

MicroSDの蓋の上にUSB Type-Cポートがあります。

DragonTouch Max10

ベゼル

ベゼル(ディスプレイの周りの黒い部分)は広めで上下が11.5mmくらいで、左右が15mmほどありました。

DragonTouch Max10

他のタブレットのベゼルも10mmくらいはあったりしますのでそれほど変わりないかなぁと。

DragonTouch Max10

DragonTouch Max10 使ってみた感想

Xiaomi Mi Pad4 PlusやHuawei MatePadとあまり変わらず普通にタブレットとして使えます。

ただ、分厚くてプラスチック筐体で安っぽいので、普通に使えますが所有欲は満たしてくれません。

あと、主に映画や動画を視聴する用途の場合はスピーカーはあまりあてにならないので、別途Bluetoothスピーカーやイヤホンを使うと良さそうです。

次回、ベンチマーク等を計測して検証していきます。

DragonTouch Max10

この記事は複数のページに別れています
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。