バレンタインに向けたラズベリーパイ プロジェクト(海外事例編)寄稿

バレンタインに向けて電子工作関連企業より寄稿文が届きましたので掲載いたします。以下寄稿文になります。

-------------------------------------------------------------------------------------

そろそろバレンタインが近づいてまいりましたね。

コロナ禍で緊急事態宣言も相次ぐ昨今、外でデートをするのもはばかられますよね。そんな時こそ、おうち時間を楽しみつつ、バレンタインを盛り上げるための電子工作プロジェクトに取り組んでみるのはいかがでしょうか。

海外ではRaspberry Pi(ラズベリー パイ)を使ったバレンタインを盛り上げる電子工作プロ
ジェクトが数多く紹介されています。

日本と違い、欧米ではバレンタインは、男性から女性へ愛を伝えるもの。海外のMakerたちが知恵を絞って、バレンタインに挑んでいます。

本記事ではそうした海外事例をご紹介していきます。

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)とは?

Beヨンドでもご紹介してきたRaspberry Pi(ラズベリー パイ)

扱いが比較的容易で拡張性が高いことから、アイディア次第で日常に役立つ様々なものを作
り出すことができます。

プログラミング学習のため、子どもから大人まで楽しめるだけでなく、組込み開発のスペシャリストなど幅広いエンジニアにも活用されています。

2021年1月現在は、「ラズベリーパイ4 モデルB 4GB」が最も新しい製品となっています。

※補足:Arduino/Raspberry Piや電子部品の購入にはオンライン通販会社が便利です。 例えば、RSコンポーネンツではArduino/Raspberry Piはもちろん、電子工作にも使われるセンサ類を50万点超取り扱っており、世界32ヵ国へオンライン販売をしています。本記事では、Rコ
ンポーネンツが運営するエンジニアのコミュニティ「Design Spark」内で紹介されたバレンタ
インのアイディアも含めてご紹介していきます。

愛を伝える「ウィンドウ ディスプレイ」

バレンタインメッセージをLEDライトで窓に映し出す「ウィンドウ ディスプレイ」はいかが
でしょうか。

サプライズで、素敵なメッセージを大切な人に贈る。コロナ禍のステイホームの中、外での
バレンタインデートを楽しむことが難しい中でも、思い出深い、素敵なバレンタインを演出
できそうです。

バレンタインに告白をしようと考えている方はもちろん、長年連れ添い、最近「愛してる」
や日頃の感謝を伝えられていない、という夫婦にも、最適なプロジェクトではないでしょう
か。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、家族で自宅で過ごす時間が増えた
ことや、自分自身の生き方を見つめ直す人が多くなり、「コロナ離婚」を考えたという人も
多かったといいます。

バレンタインを機に、普段は言えない言葉を大切な人に伝えてみては、いかがでしょうか。

毎日恋人をほめまくる「マジックミラー」

毎日使う鏡に手を加え、便利かつ素敵な一日の始まりを演出してくれるのが、「マジックミラー」。

時計機能、カレンダー表示機能、メッセージの表示機能がついています。

メッセージ表示機能は、事前に作成しておいた「恋人をほめるワードバンク」からランダムに、恋人をほめるメッセージが表示されます。

メッセージ以外にも、最新ニュースのヘッドラインや、おやじギャグ、歴史上の出来事を教えてくれる「今日は何の日」、海外投稿サイト「Reddit」でトレンド入りした話題のヘッドラインなどが映し出される仕掛けとなっています。

また、カレンダーには、恋人の誕生日はもちろん、二人の記念日、思い出の日などを登録しておくこともできます。

マジックミラー(スマートミラーとも)については、このほかにも様々なアイディアが海外では紹介されており、Spotifyを操作できるようになっているものなどもあります。

お気に入りのラブソングが流せるようにしておく、というのもできそうですね。

外出自粛により、恋人と会う時間が減ってしまったというカップルでも、毎日鏡を見ることでお互いの思いを感じることができる、素敵なアイディアではないでしょうか。

小鳥がさえずる「恋人にメッセージを伝える小箱」

恋人と電話やLINEをするのは楽しいけれど、ついつい長くなりがちで、どちらかが忙しい時にはちょっと迷惑になったり、重いと感じられてしまったりすることもあるかもしれません。

そんなカップルにお勧めなのが「ラブバード」。

ハート形の小箱「ラブバード」に音声メッセージを録音すると、恋人のラブバードに送信されます。

鳥のさえずりが音声メッセージ受信の合図となっているので、さわやかな印象です。

ラブバードを開けると、音声メッセージが再生される、という仕組みです。

相手を思いやりながら、手間暇かけて愛を伝えている、というのが、好感度ポイントですね。

ハリーポッター好きな恋人に「動く写真」

Raspberry Piを使って映画ハリーポッターの「動く写真」を再現してみるのはいかがでしょうか。

「写真」として映し出したい動画は、アイディア次第。恋人にサプライズをしかける絶好のチャンスになりそうです。

どんな「動く写真」を撮影しようかとお悩みの方は、素人のカップルのポートレート撮影のプロがポージングについて紹介している動画、コチラ↓がオススメです。

How to Pose Couples Who Aren't Models(Portrait Photography)

こちらの動画によると、カップル動画を撮影する際に基本となることは2つあります。

  1. リラックスすること
  2. 十分な明るさの場所で撮影すること

とはいえ、いざ記念写真を撮影するとなると、カメラの前では緊張してしまうというカッ
プルも少なくないのではないでしょうか。

そこで、カメラの前で動いてみるのがおすすめだそうです。例えば、

  1. 音楽を流して、二人でダンスを踊る
  2. カメラに向かって、二人で手を繋いで走る
  3. 手を繋いで、ぐるぐる回る
  4. 自由な動きを二人で考える
  5. ハグをする

などがおすすめだそう。

こうした動きの撮影の中に、ベストショットがなかったとしても、緊張をほぐすのにとても良いエクササイズになるので、動きから始めるのがおすすめ、とのこと。

緊張がほぐれたところで、二人が自然に笑ったところや、見つめ合ったところなどを撮影するため、

  1. お互いの好きなところを言い合う
  2. セクシーなささやき声で、お互いの好きな野菜を耳打ちし合う

こういった思わず照れてしまうようなことや、思わず笑ってしまうような、おかしなゲームをするのがいいそうです。

動く写真をサプライズでプレゼントするならば、あらかじめカメラを室内に設置し、Raspberry Piでリモート撮影できるようにしたうえで、恋人に内緒で上記のようなエクササイズと撮影を行ってみても、いいかもしれないですね。

バレンタイン+ラズパイ まとめ

アイディア次第で、ユーモラスな創作ができるのがRaspberry Piのいいところです。

海外事例を参考にしつつ、皆さんも、Raspberry Piを使って、バレンタインを楽しむアイディアを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。