Docomo SIMロック解除の件 ”ちょっとだけ” 緩和

SIMロック解除の受付条件を一部変更

総務省のSIMロック解除義務化がちょっとおかしな方向にいってしまって、携帯キャリア3社とも6ヶ月後のSIMロック解除するようになってしまったのは最近だけど、

ドコモがちょっとだけSIMロック解除をゆるめたみたいです。

SIMロック解除 緩和?した対象

契約回線ということは2回線とか3回線契約している人はすでにSIMロック解除したことがある回線のみを対象としているみたい。

3回線あって1回線だけSIMロック解除したことがあってさらに前回SIMロック解除から6ヶ月以上であればその1回線だけは機種変更してもすぐにSIMロック解除できるという意味のようで、他の2回線は対象外ということですよね?

契約回線において、前回のSIMロック解除実績から6か月以上が経過したお客様

これ、2015年5月1日以前のSIMロック解除も含まれるのだろうか?

もし含まれれば2015年5月1日以前の機種がSIMロック解除していて6ヶ月過ぎてるから機種変更とかしたらすぐにSIMロック解除できるということみたい。

契約回線において、前回のSIMロック解除実績から6か月が経過していないお客様

この場合は機種変更してもSIMロック解除してから6ヶ月経たなければ新たにSIMロック解除できない。

今回のドコモSIMロック解除の受付条件変更のまとめ

ちょっとまてよ?コレって緩和じゃなくて同じじゃない?・・・くもないか6ヶ月ごとに機種変更したらほぼ同じくらいにSIMロック解除することになるけど、

例えば1年スマホを使った場合

今まで

対象機種の購入日 → 6か月後SIMロック解除 → 1年後機種変更 → 6か月後SIMロック解除

2台目の機種は1年6ヶ月後にSIMロック解除できる

これから、

対象機種の購入日 → 6か月後SIMロック解除 → 1年後機種変更すぐにSIMロック解除

2台目の機種は1年後にSIMロック解除できる

こんな違いになりそうです。

ちょっとややこしいしあまり嬉しくないニュース。

ただ、ドコモを使ってる会社やドコモが好きでずっと使ってる方はSIMロック解除の期間が短くなって嬉しいのかもしれません。
ようは長くドコモを使っている方は優遇する対策を施してきてます。

ドコモは「儲けたい」と「サービスしたい」との区切りをどこに持って行ったら良いのか微調整しているようです。

まぁ、どこで微調整してもMVNO(格安SIM)主体の世の中になってしまったのでどんどん影響力が少なくなってきそうです。

コメントを残す