【GearBest】中華ミラーレス一眼 Xiaomi Yi Digital Camera M1 開封の儀 レビュー

Xiaomiのミラーレス一眼デジカメのYI M1がGearBestからやってきたのでレビューします。こちらは単焦点レンズとズームレンズのダブルレンズな仕様なカメラで4Kビデオも撮れるブツです。

レンズを取り替えられるカメラ使うのは10年ぶりくらいで前回はEOS Kissというカメラ初心者向けの一眼レフしか使ったこと無いので、

・・・断っておきますが(汗)カメラは素人なので間違った表現や間違ったことを言っているかもしれませんので悪しからずご了承くださいませ m(_ _)m 加えて間違っていたらご指摘いただけいると喜びます♪

ではXiaomi Yi Digital Camera M1はどんなカメラか見ていきましょう。

今回レビューするのはコチラ↓どこかで見たような・・・

  Xiaomi Yi Digital Camera M1 商品画像 斜めシルバー

Sonyのαシリーズあたりのデザインを真似したような見た目です(汗)

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B

実際にちょっと使ってみて、筐体・完成度は同じようでしたが撮影機能がまったく違って、日本のカメラの技術はまだまだ世界最高峰なんじゃないかなと感じた。

Xiaomi Yi Digital Camera M1は安いので上のSony αシリーズとかと比べたらかわいそうですね。

逆に考えるとゴチャゴチャとたくさんの機能があっても使いこなせず素人の場合はコレくらい機能を落としたほうが使いやすいのかもしれません。自分もデフォルトのモード以外は使わなく・・・今のところシャッターボタン以外はあまり必要ないかなぁ。

今後勉強して設定を変えて撮る楽しみを覚えてみます。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 商品画像 平置き ブラック本体

4Kビデオが撮れるのが特徴のようです。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 商品画像 平置き

Xiaomi Yi Digital Camera M1

今回おウチにきたXiaomi Yi Digital Camera M1はダブルレンズで42.5mmの単焦点レンズと12-40mmのズームレンズのセット

Xiaomi Yi Digital Camera M1 開封の儀

それでは開けてみましょう。

GearBest 梱包

今回もGearBestからDHLで届きました。中はビニール袋に入っているだけでした。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 梱包

化粧箱の状態

ちょっとボッコリしてますが輸送時ぶつけたものでは無さそうです。

いつものXiaomi箱でシンプルだけど豪華な見た目。

開封

右下に磁石でくっついていて扉になっている。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS フタを開ける

パカっと開けるとカメラがでてきました!

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 本体とレンズが出てきた

おおっ!やっぱカメラってメカっぽくてステキ♪

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 本体とレンズ2つ

カメラ本体を取り出すと「YI」のマークがキラリと光ります。

 YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 本体を撮りです

見た目は普通のミラーレス一眼なお姿で惚れるほど魅力的では無いかもしれません。

カメラストラップのベルトが付くであろう金具が動かすたびにカチャカチャいうので取ってしまおう。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS カメラストラップの金具がカチャカチャと音がする

とりあえず金物取ってみた。

この金具がカチャカチャするので別途カメラストラップ欲しくなってきた。

付属品

カメラ本体とレンズ2個のスポンジの下に付属品がありそうなので取ってみます。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 本体を取った化粧箱

下にウェスや取説・カメラストラップなどの付属品が収まっていました。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 下に付属品

付属品はMicroUSBケーブル・USBアダプタ・首かけカメラストラップ・メイン取説中国語・英語取説3枚ほど、

USBアダプタは5V1Aで急速充電はできなさそう。

YI M1 WiFi 4K Digital Micro Single Camera  -  DUAL LENS 本体・レンズ・付属品

本体は上のほうのみ金属で握る部分はゴムのような感触、他はプラスチック製のようです。レンズのほうはシルバー部分は金属で黒い部分はプラスチックでした。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 特徴・機能説明

本体の質感とSony IMX269 イメージセンサー

まずは本体から見ていきましょう。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 本体の質感

ボディ全体に斑点模様の仕上がりになっていて、ちょっと古くさい昔のカメラのような見た目で好みが分かれそう。

グリップの部分はゴムな質感で右利き用で左利きな方には不便かもしれない。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 本体の質感 フタを取る

フタを取るとイメージセンサーが見えました。Sony IMX269 イメージセンサーを採用

IMX269:2000万画素・イメージサイズ4/3rds

Sony IMX269 イメージセンサー

Sony IMX269 イメージセンサーについては以下のページに詳細ありました。

Image Sensor for Camera Sony Semiconductor Solutions Corporation Product Line up

Xiaomi Yi Digital Camera M1 本体の質感 右上

こうやってみるとなかなか良い見た目な気がしてきた。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 本体の質感 左上

操作ダイヤルは一眼レフおなじみの構成で直感的に使えそう。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 操作ダイヤル

タッチスクリーン液晶パネル

ディスプレイに保護フィルムが貼ってあったので剥がします。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 タッチスクリーン液晶パネル

起動すると・・・ウッ、日本語ない(泣)Englishで我慢しよう。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 タッチスクリーン液晶パネル 起動

日付を設定して、

Xiaomi Yi Digital Camera M1 タッチスクリーン液晶パネル 日付設定

これで使い始められるけど、SDカード入れないと撮影できない。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 タッチスクリーン液晶パネル 設定完了

本体・レンズの重量

まず最初に驚いたのは本体とレンズがものすごく軽い♪(以下実測値)

  • 本体:295g
  • 単焦点レンズ:132g
  • ズームレンズ:186g

この重量だったらあまり苦にならずにお出かけ時に気軽に外に持ち出せそうです。

ただ軽量化と引き換えにプラスチックを多用しているのでイマイチ高級感に欠けます。

交換レンズ

レンズは2個で一つは単焦点レンズ、もう一つはズームレンズになっています。

長さは約70mmほど、ほぼおなじでズームレンズ(ロックして最大に縮めた状態で)が数ミリ長い程度しか変わりありません。

単焦点レンズ

こちらはズームができないレンズでレンズが伸び縮みしない代わりにボケがだせてかなりステキな画像が簡単に撮れて楽しいレンズ。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 42.5m F1.8 Lens

焦点距離42.5mm

ズームレンズ

こちらは焦点距離12-40mmでズームレンズだけど望遠にはならないようです。どういう時に使うかいまいちよく分かってない(汗)

Xiaomi Yi Digital Camera M1 12-40m F3.5-5.6 Lens

これで裏山に登って風景などを撮ってみましたが・・・良い絵が撮れなかった。人物撮ってもあまり良くないし、建物がいいのかな?

Xiaomi Yi Digital Camera M1 レンズ装着

レンズを装着してみましょう。といっても説明するほどのものではないのですが、以下↓のようにカメラとレンズの赤い点をあわせて、

Xiaomi Yi Digital Camera M1 レンズ装着 赤点をあわせて

時計回りに45度回したらカチッと音がしてレンズ装着完了。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 レンズ装着 時計回りに45度回す

取る時は以下↓の赤丸部分のボタンを押しながら反時計回りにまわして取ります。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 レンズ装着 ボタンを押しながら反時計にまわして取る

説明するまでもないですね、はい

充電

充電はMicroUSBでします。右側のフタを開けるとMicroUSB・SDカード・MicoroHDMIポートがある。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 充電  右フタを開ける

MicroUSBを刺して充電してみる。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 充電  MicroUSB充電

もしかしたらパソコンにカメラがマウントされるかと思いましてデータ通信のMicroUSBをさしたところusb data is under communicationと出るのですがパソコンにはマウントされず、デバイスマネージャーにはドライバーエラーがなかったのでパソコンとの通信はできないようです。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 充電 usb data is under communicationとデータ通信出来るようだけどPCにマウントされない

バッテリーは取り外せるようになっていました。底面にバッテリーのフタがあった。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 バッテリーフタ

フタを開いてバッテリーを取り外してみる。

900mAhのあまり容量の大きくないバッテリーでした。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 人物試し撮り

試しに単焦点レンズで子供を撮影してみました♪ 周りがぼやけてなかなかステキな絵になってカメラ素人パパも満足です。(机の上が汚いのはご勘弁あれ汗)

Xiaomi Yi Digital Camera M1 子供を撮る

やはり人物を撮るのに適したデジカメです。こういう画像はスマホのカメラでは撮れないみたいなのでXiaomi Yi Digital Camera M1は子供撮るのに今後活躍しそう。

その後、風景を撮りに裏山に行きましたが・・・うまく撮れませんでした。というより普通のつまらない画像しか撮れなかった。どうやったら魅力的な絵が撮れるのか勉強して考えないといけないみたい。

相当カメラ修行が必要のようです。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 使ってみた感想

レンズが交換できるということで、マクロレンズ買って物撮りに使おうかしら、と画策しています。

ただ、単焦点レンズをマクロにして撮ると「ボケ味」がでるので、レビューの物撮りには不都合なんじゃないかと思うのですが、ただオシャレに撮れても意味無さそうなんですがそのへんはどうなんでしょう。ボケ味無しでも撮れるのかしら???

単焦点レンズにマクロがあるのでマクロにしても被写体から最低でも16cmくらいは離さないとピンぼけするので実質物撮りには使えなさそう。どうしても物撮りする場合はやはり別途マクロレンズが必要そうです。

物撮りは今のところ中華スマホのOnePlus3Tに勝るカメラは無さそう。

あと、このカメラのレンズがキャノンとかのレンズマウントがどれに合うのかこれから調べなければならない。ちょっと調べたらM4/3マイクロフォーサーズのレンズを買えば良さそう。

物撮りではなく、人物や建物などを撮る場合はボケ味がでてステキな画像が撮れました。こういうカメラって特に人物を撮る時用みたいですね。

自分はカメラについてまだ知識が足りないのでもう少し勉強しないとダメそうです。

引き続き機能などレビューしていきます。

Xiaomi Yi Digital Camera M1 商品画像 平置き

Xiaomi Yi Digital Camera M1

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントを残す