スマホ・タブレット調査一覧

【6/11~6/17 新製品】話題のVivo NEX ディスプレイ内指紋認証・ポップアップフロントカメラ 799.99ドル~ プレセール

今週 Beヨンド データベースにアップしたスマホ・タブレット 新機種のお知らせ。 ついにVivo NEX(APEXから名前変更されたようです)がBanggoodから登場しています。まだ799.99ドル~899.99ドルと高額になっていますので、しばらくたてば価格も落ち着くことでしょう。

【5/21~5/27 新製品】噂のポップアップカメラ・埋め込み指紋認証のVivo APEXがGearBestからフライング出品

今週 Beヨンド データベースにアップしたスマホ・タブレット 新機種のお知らせ。 GearBestからまだスペックも出ていませんがフライングでVivo APEXの商品ページが出来ています。Vivo APEXは6/12に発表とのことなので実際に手にできるのは7月下旬くらいかな?

【5/13~5/20 新製品】OnePlus6プレセール中!世界初1TBストレージスマホSmartisan Nut R1・Vivo X21

今週 Beヨンド データベースにアップしたスマホ・タブレット 新機種のお知らせ。 いよいよOnePlus6が各ショップからプレセール始まりました。今週はけっこう新しいガジェット出ています。特に個人的に気になったのは6.17インチの大画面でスナドラ845搭載のハイスペックスマホSmartisan Nut R1がすごく気になっているところ。

UMIDIGI Z2・Z2 Pro 6.2インチ ノッチ19:9ディスプレイ Helio P60 ・ファントム・トワイライトカラーで登場

まだ実際に販売開始されていませんが、UMIDIGIからもiPhone Xと同じノッチ(上部切欠き)のアスペクト比19:9ディスプレイなスマホが登場します。 まだ決まっていない仕様ですが、分かっっていることだけ軽く説明していきますね。

【4/23~4/29 新製品】中華スマホ 価格情報・スペック ノッチ19:9 OnePlus6が出た!GPD WIN 2もね

すでに4/29からゴールデンウィークのお休みされている方が多そうですね。中国も4/29~5/1まで3連休で今週は新しい中華スマホも少なめです。 今週の目玉としてOnePlus6が早くもGeekBuyingから出ました。 あと、小型ゲーミングラップトップのGPD WIN 2が各ショップでプレセール中です。日本でも旧版のGPD WINはかなり人気です。

【4/15~4/22 新製品】中華スマホ・タブレット 11機種追加 価格情報・スペック Xiaomi Black Shark Gaming Phoneが出た!

今週発売された新製品のスマホ・タブレット情報をお伝えします。 GeekBuyingのほうは以前から一番のりに新製品出してますが、最近はなんだかBanggoodが意欲的に新しいスマホを他ショップに先駆けて発売しているような気がします。

【スマホ カメラ 性能比較 2018】どれが一番?OnePlus5T・Huwei Mate10 Pro・Lite・Xperia XZ1・シャオミ Mi MIX2

『そろそろスマホがあればコンパクトデジカメは必要なくなる』と、ここ何年も言われていましてスマホでは撮影後の加工の手軽さや、最近はデュアルレンズで【ボケ】撮影も加わって、ますますコンデジいらずとなった最近のスマホ。そのスマホ カメラ性能の威力を比較してみました。 OnePlus5T・Huwei Mate10 Pro・Mate 10 Lite・Xperia XZ1・シャオミ Mi MIX2がウチにありますので近くに出かけた時にそれぞれ撮影した画像を比較してみましょう。

【2017年 スマホ】 ハイスペックスマホ ベスト5・ミッドレンジ18:9上下狭額縁・上左右三方狭小ベゼルスマホ

2016年に引き続き2017年もたくさんのスマホを紹介させていただきました。 今年(2017)のスマホの傾向・進化した部分は、Galaxy S8が出たのでそれを真似て中華スマホがGalaxy S8クローンな上下狭額縁ベゼルのスマホを各メーカーが次々だしてきました。 これによって今まで16:9の5.5インチディスプレイが主流でしたが今後は縦長の18:9の6インチ前後のディスプレイが主流になってきそうです。同じような筐体サイズなのにディスプレイが大きいのが今年一番進化した部分。それによってホームボタンが消...

【マイクロSD規格・種類 勉強会】4Kビデオ撮影する人はUHS-I U3のMicroSDカードがよさそう

秋頃のグアム旅行で4Kアクションカメラで海中などを撮影しているときに、なぜか5分ほどで動画が停止してしまって困った原因はMicroSDカードの書き込み速度の問題でした。 4K動画を撮影するときはMicroSDはUHS-I の1以上の規格、最適なのはUHS-I U3のMicroSDを使えば途中で撮影がストップすることもなくできるようです。

【SIMフリー 中華スマホ】OUKITEL K6000 Plus ベンチマーク・内部調査

TOMTOPから来たOUKITEL K6000 Plusの中をのぞいてみましょう。 こちらは、大容量バッテリー以外は特に特徴はなく、普通のミッドレンジ中華スマホですが保護ケースや保護シートが最初から装着されていて買い足す必要もなく、機能は追加されていますが、素のAndroidに近いので日本人にもすぐに使い始められるのが良いところ。