遊べる電子ペーパーM5paperがやってきたKindle Paperwhiteとちょい比べてみる

Banggoodより、M5Stackから出た電子ペーパー(E-paper)のM5paperがやってきました。

その他にもM5 Core2やM5 Fireなどもやってきました。海外通販Banggoodならば若干価格も安いし技適マークなどは同じで手に入れやすくなっています。

自分は現在6個のM5製品を持っています。M5StickCなどは去年買って放置していました。↓

M5Paper

電子ペーパーのM5Paperは↑左の大きい画面のやつ。

M5Paper

M5Paper

M5Stack M5Paperとは?

そもそもM5Stackってなに?

中国・深センのベンチャー企業M5Stack(エムファイブスタック)がリリースしたESP32(Wi-FiとBluetooth内蔵した低消費電力のマイコンボード)をコアにディスプレイとセンサーなどを足して電子工作初心者でも簡単にマイコンボードを扱えるようにするガジェット。

ちょこっと電子工作やってみたい、や、ちょこっとプログラムしてガジェットを思い通りに操作してみたい方に最適。

M5Paperは?

M5PaperはM5Stack初の電子ペーパーを採用したESP32マイコンボードのガジェットになります。

こちらもすでにケースに入っている状態なので、電子回路が見えずこのままの状態で使えて、Groveポートが3つあるのでセンサーやボタンなどの拡張も可能。

Introducing M5Paper - Touch Enabled ESP32 E-ink device

アイデア次第で電子工作初心者でも遊べる電子ペーパー付きESP32マイコンボード。

初心者から中級者向けの開発ガジェット

M5Stackはちょっと電子工作をしてみたい、ちょっとプログラミングもしてみたい方に最適で内蔵センサーや、スタッキングでセンサーなどを追加してプログラミングできるガジェット。

誰かが作ったプログラムをそのまま使わせていただいてガジェットを作っても電子工作・プログラミングの勉強が遊びながらにできるところも嬉しい。

海外通販BanggoodのM5Paperの価格

日本では8,800円で販売されていて、海外通販Banggoodで買うと7,286円+送料724(日本ダイレクトメール)=8,010円で若干安くなります。

海外通販でも技適付きM5Stack製品が買えます

Banggoodで買えるM5Paperも日本の技適付きなので安心して使えます。

実物で確認したところパッケージにも↓本体裏面にも技適マークついてました。

M5Paper

(技適の無いM5Stickの製品もありますのでご注意ください)

M5Paperまとめ買い 5個・10個で若干安い?

Banggoodでは5個セット、10個セットで買うと送料の分だけ少し安くなるかな?といったところ。

計算するとほぼ同じ価格ですね・・・少し割引してくれればいいのに。

でも、品薄のM5Paperをまとめ買いしたい場合は使えます。

M5Paper

5Pcs M5Stack M5Paper

M5Paper

10Pcs M5Stack M5Paper

M5Paper 実機レビュー

簡単に実機を見ていきましょう。

ケース

ケースにM5Stackおなじみの図が書いてありまして、技適マークもあります。

M5Paper

M5Stack Fireはプラスチックのケースだったのですが、こちらは厚紙とPP(ポリプロピレン)のケース。

M5Paper

電子ペーパー(E-paper)なので画面つきっぱなし

電子ペーパーなので、バッテリーを消費せずに画面はつきっぱなしです。

ただ、M5Paperの場合は、裏のボタンを押して意図的に電源をオフにしないと常にスタンバイ状態で常時操作可能なのですが、バッテリーを消費していきます。

M5Paper

電源オフ状態から、右側面のプッシュボタンを押すと、白・黒がチカチカして復帰する。そうするとタッチや操作ができるようになります。

バッテリーは1150mAh

Iotの操作や温度計や時計・カレンダーとしてM5Paperを使う場合はやはりUSB-C電源を常に投入しておく必要がありそう。

たまに起動して確認する用途でしたら内蔵のバッテリーでも使えそうです。

こちらのM5Paperは1150mAhなので、どのくらい持つかな?スタンバイ状態で3・4時間は持ちそう。

自動的にスリープするシステムがあればよりバッテリーが長持ちしそうですが、それは自分で作れ、ということでしょうか?

ESP32のディープスリープで定期的に起動して作業後にまたスリープすればバッテリーは長持ちしそう。

裏面はおなじみの図があるのでわかりやすい

M5Stackおなじみの図がカラフルに書いてあるので、GPIOの番号やどんなセンサーが入っているのかひと目で分かる。

M5Paper

電源オフボタンは左上のほうにある。

電源オフの状態でUSB-C電源を入れると復帰して、操作できるようになる。

Grove端子 HY2.0-4Pポートは3つ

ハンダ付けがいらないようにHY2.0-4Pで接続できるようになっています。

下に一つ、裏面向かって右側に2つの端子あり。

M5Paper

ここに、M5Stackで別途売っているセンサーやボタンなどを接続して、あとは自分でプログラミングすれば使えるようになります。

M5Paper

プログラミングといっても、実際は誰かが作ったライブラリやプログラムを組み合わせて、自分なりにちょっとコードを書き換える程度で使えるようになりますので、それほど難しいことは無いと思います。

自分で1からコードを書くとメンドウですが、誰かが書いてくださったプログラムを参考に書くとPythonなどの言語をあまり知らなくても作れます。

M5Paper FactoryTestの画面

デフォルトでM5Paperが使えるというよりテストできるようにプログラムがインストールされていますので簡単に見ていきましょう。

Test:スペック

M5Paperの状態をテストしてくれる画面のFactoryTest。

内蔵されているセンサーは温度・湿度を測定できるSTH30が入っています。

M5Paper

  • Date:今日の日付 Y-m-d
  • Time:現在時刻 H:i:s
  • Temperature:温度(STH30内蔵 SDA:21・SCL:22使用)
  • Humidity:湿度(STH30内蔵 SDA:21・SCL:22使用)
  • Battery:電圧(容量1150mAh)
  • Wi-Fi:接続先
  • PSRAM:Free KiB
  • SD Card:装着時 MiB
  • Button:上L・下R・押すP 表示
  • TouchPad:タッチパッドに最後に触れた座標

Setting:設定

設定は画面下のほうに表示される壁紙(Wallpaper)、言語(Language)、時刻合わせ(Sync Time)のみ。

言語は、日本語にできるようですが、別途ファイルをアップロードしないと表示が変わりません。

時刻はWifiに接続したあとに実行すると、中国時間になりました。時刻はもしかしたら言語を日本語にしたら日本時間になるのかも?今後やってみます。

WLAN:Wi-Fi

Wi-fiに接続できることはできるのですが、電源オフにすると接続は解除されます。

M5Paper

このTESTプログラムの状態でWifiを使うのは設定のSync Timeのみです。時間を同期すると、日本と1時間遅い中国時間になりました。

Keyboard:キーボード

キーボードは早くうちすぎると反応しないので、1文字1秒はかけて打つとちゃんとうてます。

M5Paper

こちらもキーが打てるかテストするだけでファイルに保存する機能はありませんでした。

ただ、電源オフにしないかぎり表示したままなので、このままでもなにかに使えるのかもしれませんね。

電源オフにすると入力した文字は綺麗サッパリ消えてしまいます。

HOME:Iotスイッチ

ランプやコンセント・エアコンのアイコンが並んでいて、押すと黒く反転してランプの場合は点灯しているアイコンに、ただ実際には何も操作できません・・・当たり前ですね。

この画面に自分で汎用的なIot電源スイッチと接続たりLED電球と接続してM5Paperで操作するプログラムを書けばスイッチとして使えそうです。

ゲーム

ゲームは?なにか小さいものがグニグニ動いていてどうやってやるのか分かりませんでした・・・

M5Paper

調べてみるとこのLife Gameというのはどうやら1970年のゲームで生命の誕生・進化・淘汰などモデルを再現したシミュレーションゲームのようです。

操作は?できないゲームなの?

M5Paper PinMap

M5Paperで何が作れるかなぁ?、ちょっとM5Paperの詳しいピン配列でもみてみましょう。

電子ペーパー(E-INK) & MicroSD

ESP32 GPIO13 GPIO12 GPIO14 GPIO15 GPIO4
IT8951
電子ペーパー
Resolution:540*960
MISO MOSI SCK CS
MmicroSD MISO MOSI SCK CS

ボタン類

ボタンは全部で4つ

ESP32 GPIO37 GPIO38 GPIO39
マルチボタン
(プッシュ)
裏面
BTN/PWR

I2C

ESP32 GPIO21 GPIO22 GPIO36
GT911
タッチコントローラー
SDA SCL INT
SHT30
温湿度センサー
SDA SCL /
BM8563
リアルタイムクロック(RTC)
SDA SCL /
FM24C02
256KB EEPROM
SDA SCL /

USB Serial

ESP32 GPIO1 GPIO3
CP2104
USB UARTブリッジVCP
RXD TXD

Grove端子 HY2.0-4P ポート

PORT PIN Protocol:
PORT.A 下 G25,G32 I2C
PORT.B 左下 G26,G33 DAC/ADC
PORT.C 左上 G18,G19 UART

ESP32 ADC/DAC Mappable Pins

  • ADC:アナログ-デジタル変換回路
  • DAC:デジタル-アナログ変換回路
ADC1 ADC2 DAC1 DAC2
8 Channel 10 Channel 2 Channel 2 Channel
G32-39 G0/2/4/12-15/25-27 G25 G26

回路図

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/docs/schematic/Core/m5paper/M5_PAPER_SCH.pdf

M5PaperとKindle Paperwhiteとのサイズ比較

同じ電子ペーパーのKindle Paperwhiteは本を読む専用のガジェットで、M5Paperとは使用用途が全く違いますが、サイズを比較してみましょう。

M5PaperとKindle Paperwhiteとのサイズ比較

Kindle Paperwhiteはバックライトが付いて、使わないと自動でスリープしてバッテリーを節約してくれます。

電子ペーパーなので、活字のみの本を読むのにピッタリですがカラーの雑誌を見るには使えない。本読みのみ使えるガジェットです。

M5Paper

Kindle PaperwhiteとM5Paperのスペックもみてみましょう。

M5Paper

M5Paper
M5StackM5Paper
ディスプレイ 4.7インチ(画素960X540) IT8951
解像度 / グレースケール 235ppi / 16階調
容量 8MB
Wi-Fi / Bluetooth 802.11b/g/n / V4.2
バッテリー 1150mAh
接続 USB Type-C
サイズ 116 x 66 x 10 mm
重量 86g
その他 Grove端子HY2.0-4P x 3

M5Stack新作のESP32内蔵の電子ペーパーガジェット

電子工作好き待望の電子ペーパーガジェット。
FactoryTestのプログラムを改造してIotのコントローラーにしたり、サンプルとして電卓・Todoあり
Grove端子が3つついていて拡張パーツを接続してオリジナルなシステムが作れる。

Kindle Paperwhite (第10世代) - 2018年発売

Kindle Paperwhite (第10世代) - 2018年発売
Amazon
最安13,980円
ディスプレイ 6インチ(Carta電子ペーパー)バックライトあり
解像度 / グレースケール 300ppi / 16階調
容量 8GB / 32GB
Wi-Fi / Bluetooth 802.11b/g/n
バッテリー 非公開
接続 MicroUSB(USB2.0)
サイズ 167 x 116 x 8.18 mm
重量 wifi:182g・wifi+4G:191g
その他 1年保証・IPX8防水

軽く本読みに最適なIPX8防水6インチ電子ペーパータブレット

6インチの電子ペーパーでバックライトありのAmazon Kindle本読み専用機
小説や本の活字のみが読みやすく雑誌やカラーの写真が多い本は向かない。
IPX8防水で水深2メートルまでOKな防水性能。
電子ペーパーなのでどうしても反応が遅い場合がありますが、電子ペーパーにしては頑張っているほう。

M5Paper 外観まとめ

ちょっとした電子工作ができて、画面とケースに入っているのでやれることは多そうなのですが、実際のところは時計・カレンダーがメインで、センサーはM5Stackのものか、汎用の温度や湿度・Co2・加速度など、決まったセンサーしかないのて、作ったらすぐに飽きちゃう。

遊ぶガジェットとしてはオモシロイのですが、良いアイデアがないと実用性はあまりないかな。

それか他のスゴイ人がM5Paperでオモシロイものを作ったらそれを真似して遊ぶこともできるので、だれか使えそうなプログラム作ってくれないかなぁ、と他力本願で待っています・・・

それと、M5Paperは開発環境Arduino IDEでもプログラム書けますが、デフォルトで入っているFactoryTestはVisual Studio Codeの拡張機能PlatformIOを使って開発しているようなので、Visual Studio Code+PlatformIOを使えるようにならないと元に戻せない・・・

なので、実際にプログラムを書き換えて遊ぶためにVisual Studio Codeの開発環境も構築していきます。

M5Paper

M5Paper

後ほど他のM5ガジェットもレビューしていきます。

Kindle PaperwhiteとM5Paper スペック比較

画像 Kindle Paperwhite (第10世代) - 2018年発売 M5Paper
商品名 Kindle Paperwhite (第10世代) - 2018年発売 M5Paper
特徴 軽く本読みに最適なIPX8防水6インチ電子ペーパータブレット M5Stack新作のESP32内蔵の電子ペーパーガジェット
ブランド Amazon M5Stack
価格 最安13,980円
ディスプレイ 6インチ(Carta電子ペーパー)バックライトあり 4.7インチ(画素960X540) IT8951
解像度
グレースケール
300ppi / 16階調 235ppi / 16階調
容量 8GB / 32GB 8MB
Wi-Fi
Bluetooth
802.11b/g/n 802.11b/g/n / V4.2
バッテリー 非公開 1150mAh
接続 MicroUSB(USB2.0) USB Type-C
サイズ 167 x 116 x 8.18 mm 116 x 66 x 10 mm
重量 wifi:182g・wifi+4G:191g 86g
その他 1年保証・IPX8防水 Grove端子HY2.0-4P x 3
このページ
詳細リンク
詳細を見る 詳細を見る
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。