【2020 ホットアイマスク オススメ21選 ランキング】USB・充電式ホットアイマスク 比較 レビュー

デスクワークでの疲れトップ4(肩・首・脚・目)の中に入る目の疲れ、そんな眼精疲労を目と目のまわりを温めて少し癒やしてくれるアイテムのホットアイマスク。一言にホットアイマスクといっても様々な機能や特徴があって、大きく分けると1回使い切りの使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがあります。

ホットアイマスクは温熱に加えてスチームやバイブレーション・マッサージなど充電式タイプもあって種類が充実していて迷ってしまいますね。

2020年バージョンのホットアイマスクを調べ直しましたのでご覧ください。

自分も自宅でお仕事をしていて、遊びも仕事もほぼパソコンを見ているので少なくとも毎日10数時間は目を酷使しています。ただドライアイではなく、涙目なので目に潤いがあるのですが、最近は目のまわりがこってきてしまって、目も非常に疲れやすくなっているのでホットアイマスクをいろいろと物色して試しています。

このページでは2種類のホットアイマスクをレビューしてますのでよかったらチェックしてみてください。

さすがに夏は目と目のまわりが汗だくになってしまうのでやりませんでしたが、10月に入って涼しくなってきてからは毎日昼休みと夜寝る前にホットアイマスクを愛用しています。

ホットアイマスクの弱点は目を覆って真っ暗な状態で温めて気持ちよくなってくるので、すぐに『グゥ~グゥ~』といびきをたてて熟睡してしまうこと・・・夜寝る時は良いのですが、昼休みなど近くに人がいるときには熟睡してイビキを聞かれないように十分注意しましょう(汗)

ホットアイマスクの種類と機能・特徴

ホットアイマスクの種類は以下の4つのタイプがあります。機能や好みによって使い分けるとよさそうです。

タイプ別に見るホットアイマスクのメリット・デメリット

コスパ重視でしたらUSB繰り返しタイプで、手軽でいったら1回使い切りタイプで選ぶとよさそう。ついでに目のまわりのシワや目のクマもどうにかしたい場合は充電式タイプでしょうか。

使い切りタイプ レンチン繰り返しタイプ USB繰り返しタイプ 充電式タイプ
メリット 気軽に変えて開けたらすぐに使える 数百回繰り返し使える USB電源に差すだけで繰り返し使える。スチーム・香袋・丸洗い可能な商品あり USB充電で繰り返し使用可能。マッサージ・バイブ・スチーム・BT音楽再生可能な商品あり
デメリット 1回しか使えないのでコスパ悪い レンジで温める手間がかかる 使用時にはモバイルバッテリーなどUSB電源が必要 価格高め、ちょっとかさばる。ほぼ洗えない。
価格帯 100円ほど 500~800円ほど 1000~5,000円 3000~15,000円

機能別ホットアイマスク

タイプ別ホットアイマスクの主な機能は以下のようになっています。特殊機能は個別の製品であるものとない商品があります。また、「主な機能」も無いタイプの商品もありますのでご注意ください。以下は大まかな機能です。

温熱機能はどのホットアイマスクにも付いているので基本として、他のサブ機能にもバリエーションがあって、お好みで選ぶことができるのもウレシイところ。

主な機能 特殊機能
使い切りタイプ スチーム 約40度 -
レンチン繰り返しタイプ スチーム 250~365回繰り返し あずきスチーム
USB繰り返しタイプ スチーム サシェ(香袋) 丸洗い タイマー・温度調節 グラフェン 遠赤外線
充電式タイプ マッサージ バイブレーション 音楽が聞ける タイマー・温度調整 スチーム

USB繰り返しタイプはスプレーでスチーム温熱ができる商品が多く、逆に充電式タイプではスチームの出る商品はパナソニックだけです。そのかわりマッサージやバイブレーション・音楽を聞けたり温熱だけではなく、リラックスできる機能があります。

LIworld2

ホットアイマスクの選び方

目的別 ホットアイマスクの選び方

温熱以外に様々な機能のあるホットアイマスクが多いので大まかに分けて以下のように分類することができます。

目的
使い切りタイプ 急に目がこったので今すぐ使いたい
レンチン繰り返しタイプ 手軽に何回も使いたい
USB繰り返しタイプ スチーム温熱を繰り返し経済的に使いたい
充電式タイプ マッサージ・バイブでリラックスしたい

使用シーン別 ホットアイマスクの選び方

シーンごとに使いやすいホットアイマスクをあげてみました。使い切りタイプは手軽なので一番使えそうですが、やはりコスパが悪いのが微妙なところです。

最初に購入するのに一番長く使えそうなのはUSB繰り返しタイプです。こちらは1000円程度からあるので安く・繰り返し長く使いたい場合はオススメ。

移動中に使う 昼休みに使う 寝るときに使う 急に目が疲れた時に使う
使い切りタイプ
レンチン繰り返しタイプ
USB繰り返しタイプ
充電式タイプ

マッサージ機能のある充電式タイプはかなりリラックスできますが、折りたたみできるとはいえかさばるので、持ち歩き移動にはあまり向きません。

繰り返し使えるタイプは洗濯できるものを

USB給電タイプには電熱線を外せば丸洗いできるものを選ぶとずっと清潔に使えます。

また、充電式タイプは本体と目の間にパットを挟むタイプのものもあります。パットが数枚あると家族や友達と兼用で使えるので便利ですね。(充電式タイプで洗えないものは、あいだに薄いタオルやガーゼなどを挟むと清潔に使えます。)

※ 就寝時に使う場合はタイマーがあるタイプを!

使い切りや電子レンジでチンするタイプは5~10分程度で冷めるのでつけたまま寝ても問題ありませんが、USB給電などでタイマーが無いタイプは寝てしまうとずっとつけっぱなしになってしまうので、やりすぎで目に悪影響になります。主に寝るときに使う場合はタイマー付きのものを選びましょう。

では、どんなホットアイマスクがあるのかみていきましょう。

1回使い切りタイプのホットマスク

急な眼精疲労や電車・飛行機などの移動時には袋を開けたらすぐ使い出せるので手軽すぎます。

お手軽な1回使い切りのホットアイマスクは「めぐりズム」の 蒸気でホットアイマスクしか現在のところ日本では出回っていません。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク
花王めぐりズム
加熱方法 蒸気
温度 約40度
使用時間 10分
使用回数 1回
特徴 開封するだけで温まる

唯一の1回使い切りタイプのホットアイマスク

こちらはちょっとした時間や移動時に最適ですね。ただ10分ほどしか使用できないのがちょっと短い気もします。

袋から開けると蒸気が出て目のまわりをじんわり温めてくれます。

レンジでチンで繰り返し使えるホットアイマスク 2選

電子レンジタイプはいちいちレンチンして5分程度しか使用できないのがちょっと不便ですが、気軽に薬局などで買えてすぐに使い始められるのでちょっとしたスキマ時間にどうぞ。

リラックスゆたぽん

リラックスゆたぽん
白元アースゆたぽん
加熱方法 電子レンジで30~40秒
温度 不明
使用時間 約5分
使用回数 約365回
機能 スチーム・あずき+セラミック

電子レンジでチン 365回使える

レンジで温めてあずきとセラミックで蒸気が出るタイプのホットアイマスク。USB給電のものと比べて5分程度しか温まらないのがデメリットなところ。ちょっとした休憩時間に使用するのにはよいですね。

あずきのチカラ

あずきのチカラ
桐灰化学あずきのチカラ 目もと用
加熱方法 電子レンジで30~40秒
温度 不明
使用時間 約5分
使用回数 250回以内
機能 スチーム・あずきと緑豆使用

レンチンのホットアイマスクでベストセラー商品

こちらは電子レンジでチンするタイプで250回程度繰り返し使用できるタイプ。あずきを使用していてスチームが出るタイプのホットアイマスクです。すでにベストセラーになっているので試した方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。ただこちらも5分程度しか使用できないのでちょっと物足りない方もいらっしゃると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。