【海外通販 Banggoodの買い方 2019】買ったものは届くのか? コンビニ払い ファミマで支払ってみた

海外通販Banggoodもついに購入代金をコンビニで支払える時代がやってきました!今までは日本から購入する場合はPaypal経由カード払いがほとんどでしたが、新たに日本円で払う場合はコンビニ決済ができるようになりました。

今回はBanggoodメンバー登録から商品を買ってコンビニ支払い到着まで海外通販Banggoodの買い方を通しで書いていきます。

Banggoodの買い方を全て書きました。

海外通販は初めての方や、コンビニ払いはまだ経験のない方は参考にしてくださると嬉しいです。長いので今回は何回かに分けて記事をページ分割して数ページ書いていきます。

Banggoodの取扱商品の特徴は、お馴染みの中華スマホ・中華タブレット・中華ラップトップなどの中華ガジェットを多数扱っているのは中華系ネットショップによくあるのですが、他の中華系ショップにあまりない工具やラズパイやAndroid関連の電子部品も幅広く扱っているところが違うところです。そのほかアパレル・おもちゃ・ジュエリー・美容とかなり幅広く商品展開している中華系の海外ネットショップです。自分は主にebay.comと比べて安い場合は電子部品を買って送料無料で送ってもらっています。

Banggoodの買い方について、前回は「スマホでのBanggoodの買い方」やちょっと古いですがPaypal決済の「送料無料で送ってもらったBanggoodの買い方」もありますのでよかったらこちらも参考にしてみてください。

では、Banggoodのお得なメンバー登録から始めてみましょう。

クーポンとポイントをもらっってBanggoodユーザー登録する

まだBanggoodユーザー登録してない方はこちらから読んでいってください。すでにユーザー登録されている方は読み飛ばしてくださいね。

100ドル分のクーポンをもらおう!

まずはBanggoodにアクセスすると、以下画像のような新規ユーザーは$100ドル分のクーポンがもらえると表示されますので「GET IT NOW」をクリックして$100ドル分のクーポンをもらいつつユーザー登録していきます。

「https://www.banggood.com/」

クーポンとポイントをもらっってBanggoodユーザー登録する

ただし、いきなり100ドル使えて100ドル分の商品が無料になるわけではないので・・・過度の期待はしないほうがよいかと思います。

クーポンは数ドルずつや数パーセントで小分けにされて、合計で100ドル分のクーポンになるので、1回のお買い物で使えるわけではありません。でもお買いものするときにお得なのは変わりはないので、まずはクーポンもらってからユーザー登録しましょう。

「GET IT NOW」を押すと以下のページに飛んでここからもう一度「GET IT NOW」を押してユーザー登録する流れです。

100ドルクーポンのページ

ページを下にスクロールしていくと新規ユーザーは他にも最初のオーダーでルーレット、2回目のオーダーで500ポイント、3回目のオーダーで2%キャッシュバックになります。新規ユーザーはかなりお得ですね♪

クーポンとポイントをもらっってBanggoodユーザー登録する2

初回購入でルーレットが回せる

ちなみに最初の購入でもらえる「Play Lucky Draw(ルーレット)」を見てみましょう。すでにBanggoodで購入してお金を支払った状態でBanggoodにアクセスすると以下のような表示になります。↓「GET NOW」を押してみましょう。

Banggood ルーレット

ウィンドウが表示されて、「Play Now」を押します。

Banggood ルーレット2

ルーレットが表示されるので、「Lucky Draw」を押すと時計回りにルーレット回転♪もらえるものは10%Offクーポン・20/30BGクレジット・20/30BGポイントで、「Thanks for your participation」は『ご参加ありがとうございました。』なので・・・ハズレのようです。Banggood ルーレット回転

今回は「10% Coupon」をもらいました。こちらのクーポン↓はBanggoodアプリで買う場合に10%オフになります。

10%オフクーポン Banggood

10%オフクーポンをちゃんとゲットしてるか確認のためにBanggoodアカウントページのマイクーポンを見ると以下のように10%オフクーポンが表示されていました。次回はこのクーポンを使って10%割引してもらって買います。

マイクーポン 10%オフクーポン Banggood

Banggoodユーザー登録

ちょっと初回購入時のルーレットの話になって横道にそれてしまいましたが、ユーザー登録していきましょう。

100ドルクーポンのページ

先程のページにアクセスした後だと100ドル分クーポンをもらう権利が発生してますので、上ページ↑の「GET IT NOW」を押してユーザー登録していきます。

まずはIDになるメールアドレスとパスワードを入力していきましょう。あとはロボットではないことを確認する文字入力とポリシーにチェックを入れます。

クーポンとポイントをもらっってBanggoodユーザー登録する3

登録するとBanggoodから以下のような確認メールが届きますので、真ん中にあるオレンジ色の「Verify your Email Address!」を押してBanggoodサイトに飛ぶとユーザー本登録完了になります。

Banggoodユーザー登録本登録

Banggoodから来たメール画面 「Verify your Email Address!」を押すとBanggoodサイトに飛ぶ

Banggoodサイトの表示が以下のようになるとユーザー本登録完了です。

Banggood本登録完了

「あなたは受け取った$100枚の排他的なクーポンや50個のBanggoodポイントを初めて検証します。」とちょっとおかしな日本語ですが、そのあたりは許してあげましょう。

メンバー登録時にもらえる100ドル分クーポンと50BGポイント

では、メンバー登録も無事終わったのでクーポンとポイントを確認してみましょう。

100ドル分のクーポン

メンバー登録でもらったクーポンは以下のようになっています。これが全てのクーポンではなく、下のほうにもあって2ページ目まであります。合計で100ドル分です・・・なのですべてのクーポンは使い切ることはなさそう。

100ドル分のクーポン

Banggood マイクーポンのページ

そして、特定のカテゴリーの商品や購入金額によっても使えるクーポンが違ってきますので、全て好きなクーポンを使えるというわけではないので『使えたらラッキー』程度に思っておいて過度の期待はしないほうがよいです。

50BGポイント

そしてメールアドレス登録したので50BGポイントもらいました。こちらは0.5ドル・・・なのであまりお得感はありませんが、購入時に使えるのでたとえ0.5ドルでも中華ガジェットは安いので買う時になんとなくうれしい気がしました。

50BGポイント

これで無事に100ドル分のクーポンとBanggoodポイント50ポイントをゲットしました。

Banggoodの日本語表示と配送先国・支払い通貨の選択

日本円・日本への発送・日本語表示の選択方法をご説明します。この選択はコンビニ払いをするときには必ず日本語表示+日本円にしないと、コンビニ払いはできないので先に日本語・日本円にしておく必要があります。

配送先国と支払通貨

配送先と支払い通貨を選択する方法は、左上に「Ship to Japan, JPY」などの表示があると思います。日本からBanggoodサイトにアクセスすると、たいていはこのようになっていますが、外国からアクセスして日本へ送ってもらいたい場合は選択が必要になります。

日本語表示と配送先・支払い通貨

そうすると以下のようにウィンドウが表示されます。Shipping toが配送先国、Currencyが支払い通貨になります。配送先国は商品の発送倉庫や送料が変わってきますので、あらかじめ送りたい国を選んでおく必要があります。

Banggood 配送先

配送先国

配送できる国は200国位上あるので外国に住んでいても、たいていは送ってもらうことができるでしょう。日本に住んでいる場合は上から14番目に「Japan」がありますので選択しましょう。

配送先

支払い通貨

日本円以外にも持っている通貨で支払うことができます。現在は円で支払ってもそれほどドルとの価格差はないのですが、ドルを持っていればドルで支払うのが一番お得かと思います。

支払通貨

その他、韓国ウォン(KRW)、香港ドル(HKD)、イギリスポンド(GBP)などでも支払いできます。ただBanggoodの本国である中国元(CNY)が無いところが不思議。Banggoodは外国人むけのネットショップだからでしょうか?

日本語表示

言語表示はデフォルトで英語表示になっているので日本語表示に変更してみましょう。右上にある「Language」を押します。

Banggood 日本語表示

すると各国語の言語が一覧表示されますので左上のほうにある「日本語」を選ぶと日本語表示になりました。

Banggood 日本語表示2

日本語は完璧な日本語ではなく、Google通訳の変換機能を使っていますので多少おかしいところもあります。

これでBanggoodサイトもだいぶ見やすく、配送先国も選んだので商品ページでもEMSなど有料の送料が正常に表示されます。

マイアカウントにアクセスしよう

Banggoodのマイアカウントのページを軽くみていきましょう。注文ページは後ほど商品を買った際に詳しく説明していきます。

私の展覧会(My Trade)と私の資産(My Assets)

私の展覧会・・・と日本語がおかしいのですが、こちらは注文状態や履歴・欲しいものリストのページなど、私の資産はポイントやクーポン・ギフトカードのページになります。

私の展覧会(My Trade)

My Tradeは5項目、主に私の注文がメインで注文の状況が一目でわかります。

  • 私の注文:注文状態・履歴・配送状況を表示。後ほど実際に買い物して詳しく解説します。
  • BGpay:あらかじめHSBC銀行のBanggood口座に振り込み入金しておいて買う時に手軽にお買い物できる仕組み。
  • 予約注文:プレオーダー品を注文した際にこのページに表示されます。
  • ほしい物リスト:商品ページの♡マークをチェックするとこのページにアイテムが表示されます。
  • 私の紹介:友人を紹介すると相手に10ドル分バウチャーと自分に3ドル分クーポンがもらえる紹介ページ
私の注文

買った商品がどのような状況にあるか表示されます。

私の注文

さらに「注文詳細」のリンクを押すと注文番号や処理状況・注文情報などが表示されるページに飛びます。詳しくは後ほど実際に注文して説明していきます。

BGpay

BGpayを説明した簡単な動画があるのでご覧ください。

BGpayについて詳しくは「BGPayの説明ページ」にあります。

BGpayは海外の口座に銀行振り込みしないといけないので日本からではちょっと敷居が高いです。

GPpay

ほしい物リスト

各商品ページで「カートに追加」↓の下にある♡マークを押すと「ほしい物リスト」登録することができます。

Banggood欲しい物リスト

マイアカウントのほしい物リスト↓を表示してみると先ほど登録したXiaomiのプレートが表示されました。ほしい物リストから削除するのも「削除」ボタンを押すだけなので簡単です。

Banggood欲しい物リスト 登録されてる

後で買おうと思っている商品や、気になる商品は♡マークを押せばほしい物リストに登録されるので便利です。

私の紹介

知人・友人にBanggoodを紹介すると自分に3ドル分クーポン・友人に10ドル分バウチャーをもらえる紹介ページ。

Banggood 私の紹介

私の紹介ですが↓以下のリンクを押して48時間以内にBanggoodユーザー登録するとあなたは10ドル分のバウチャーをもらえます。

Online Shopping China the best bang for your buck, provides cool electronics gadgets, toys, cell phones, vr headset, 3d printer, tv box, home decor, apparel at ...

というふうに友人を紹介して友人がアカウント登録後、20ドル以上の商品をオーダーして発送されると自分は3ドル分のBGクーポンをもらえます。紹介はちょっと厳しく3ドル分しかくれないのであまり意味はなさそうです・・・。

私の資産

  • マイポイント:もらったBGポイントや使ったBGポイントと利用可能なBGポイントを確認できます。
  • マイクーポン:使えるクーポン・使用済のクーポンなどが確認できます。
  • 私のギフトカード:誕生日などでもらえるギフトカードが確認できます。
マイポイント

先ほどメンバー登録後に確認しまして50BGポイントもらいました。

50BGポイント

マイクーポン

マイクーポンもメンバー登録時に100ドル分のクーポンもらってますのでたくさんのクーポンがあります。

100ドル分のクーポン

私のギフトカード

Banggoodギフトカードは誕生日やVIPメンバーなどに届くメールです。例えば、VIPメンバー(後ほど説明します)に特別に届くメールに数ドルオフのギフトコードが届くことがあります。↓

Banggoodギフトカード

コミュニティとプログラムセンター

左メニューの中くらいにあるコミュニティとプログラムセンターをみていきましょう。プログラムセンターはクリックすると3項目表示されます。

Banggoodマイアカウント プロフガムセンター

コミュニティ

マイQ&Aは商品を買う前の質問や、買った後に使い方などについて質問があるときに商品ページにいって質問します。レビューは買って商品が到着したら私の注文ページから書くことができてBanggoodポイントもらえます。

マイQ&A

商品について質問したい場合は各商品ページの下のほうに「新しい質問依頼」がありますので押して、質問内容を記入します。

マイQ&A

ただ、基本的に日本語では質問できないので、質問内容をGoogle通訳などで英語に変換してから質問しましょう。

マイQ&A 英語で入力

レビュー

商品のレビューはBanggoodで買ったものだけレビューできます。私の注文ページで到着したアイテムの「配信を確認します」を押すとレビューすることができます。

Banggoodレビュー

レビューすると10~40Banggoodポイントがもらえます。

買った商品の商品ページの「レビューを書く」↓からだと書けなかったのでマイアカウントの私の注文ページから該当の商品の「配信を確認します」からレビューを書くしかなさそう。Banggoodレビューかけない

レビュー希望のメールが届くがレビューできないアイテムもある

余談になりますが、たまに買った商品に対してレビューしてください。というメールがやってきます↓レビューすると40BGポイントとBGクレジットがもらえるようですが・・・

Banggood レビュー

「Review Now」を押してBanggoodにアクセスすると↓注文番号のリンクのみのページに飛ぶ。

Banggood レビュー

リンクを押すと・・修理とか払い戻しのリンクしかなく、レビューを書くところがない。

Banggood レビュー 2

マイアカウント > 私の注文を見てみると「配信を確認します」ボタンがあるアイテムはレビューを書けますが、無いアイテムはレビューを書けないようになっています。

レビューを書けないアイテム↓(一番下のアイテム)にBanggoodから『レビューを書いてください。』とメールがやってくる不具合もあったりします・・・

Banggood レビュー 3

プログラムセンター

ドロップシッピングや卸売りアフィリエイトの商売を始めたい方用のページ。

Banggoodと一緒にお仕事をしたい方はチャレンジしてみましょう。

設定

  • アカウント設定:自分の名前や誕生日・好みを登録するプロフィールページ。プロフィールをすべて埋めると50BGクレジット・誕生日にはギフトカードもらえます。
  • 住所録:配送先の住所を登録するページ。あらかじめ登録しておくとお買い物時に登録する必要がなくて便利です。
アカウント設定

プロフィールのページになります。このページの誕生日を入力したりプロフィールを埋めるとギフトカードやBGクレジットがもらえるのでお得です。

Banggoodプロフィール

プロフィールを埋めてギフトカードもらったりするお得な方法は後ほど「お得なBanggoodクーポン・ポイント・ギフトカード・VIPを攻略しよう!」で詳しく説明していきます。

住所録

商品を買ったら送ってもらう住所を登録しておくページです。「新しい配送先住所を追加します。」でいくつもの住所登録可能なので、自分用だけでなく友人知人宅にも直接送ることも可能です。

Banggood住所録

配送先住所の登録は次の項で詳しく説明していきます。

Banggood 配送先住所登録

配送先住所は決済時にも住所登録できますが、あらかじめ登録しておいたほうが間違いもなく、個数限定のガジェットをお得に買う場合にも事前に住所登録しておかないとすぐに売り切れになって買いそびれてしまうことがあって不便です。

なので、なるべく事前に配送先住所を登録しておきましょう。

新しい配送先住所登録

まずは住所録のページで「新しい配送先住所を追加します。」を押します。↓

Banggood住所録

以下のような画面が出てきますので、ここに英語で住所や名前を入力していきます。

Banggood住所登録

住所変換ツール

住所は基本的に英語で記入する必要がある(日本ダイレクトメール(Japan Direct Mail)の場合は決済時に日本語で住所登録する必要があります。)ため、日本語の住所を英語の住所に変換してくれるページがいくつかありますので、それを利用しましょう。

代表的な住所変換ツールを3つリンクしておきました。↓英語の住所がまだの方は変換しておきましょう。

エキサイト翻訳の住所翻訳サービスは、住所を多国語へ翻訳が可能な無料翻訳サービスです。
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。
住所を3パターンの英語表記に同時変換します。分かりにくい海外サイトの会員登録や宛名などにぜひご活用ください。

名前・住所の英字記入

名前も英字で、国名と都道府県はセレクトで選択するようになっているので便利です。

住所1は「久が原4丁目31-2」などの町名・番地などの市町村から下の住所を書いていきます。住所2はマンションやアパートの場合は建物名と部屋番号を書きます。

電話番号はほぼ日本国内で使用するので、普通に080や090と書いておいても問題ないです。逆に +81 8012345678などと海外から電話するとき用の電話番号にするとフォーマットエラーで登録できません。

Banggood住所登録 入力

最後に「保存」ボタンを押します。

例として架空の住所ですが、以下のように住所を入力していきます。

Banggood住所登録 架空の住所

保存ボタン押せない!その時はリロードする

なぜか?「保存」ボタンを押せなかった時があります汗、そういうときは入力したデータが消えてしまうのですが・・・ブラウザのリロードボタンを押せば次は保存できるようになりました。

Banggood リロード

あるいはファンクションキー[F5](リロードします)を押してから、もう一度になりますが・・・住所登録しましょう。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. のも より:

    PayPalのような補償はコンビニ払いではあるのでしょうか?

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      コンビニ払いですと明確な補償はないと思います。
      日本の金融関連の会社はPaypalのような保障制度はなさそうです。クレジットカード払いならばクレジットカード会社がある程度保障してくれますが、詐欺の場合は別ですが、トラブルの場合はあまりあてにならない場合が多そうです。
      トラブルになった場合はBanggoodに対応してもらうしかないかもしれません。

  2. きんた より:

    GO様こんにちは。
    自分はAliExpressでMate9の128GBが欲しくなって1月に購入しましたが、
    届いたら電源オンできない文鎮仕様で
    昨日やっと返金確認できました。
    初めて中国に国際eパケットで送ってみましたがPCでできるので意外と簡単でした。
    たた業者が受け取り確認してくれず返金まで1カ月以上かかってしまい苦労しました。
    時間と送料分損しましたがいい勉強になりました。

    • GO より:

      きんた様
      こんにちは、
      Aliexpressとかタオバオの個人ショップはヤバイですよねぇ、中国ではまだまだ適当な商売されている方が多数いますので・・・
      大きい会社でも業者によっては対応が悪いところもあるので注意が必要です。自分も何度も痛い目にあいました。それに加えてPaypal(一部の商品は使える?)が使えないのでちゃんと対応してくれるか不安です。
      Paypalの代わりにAlipayは使えますが、日本人がAlipayユーザーになるには中国の銀行口座を持たないと登録できないので敷居が高いです。(中国に行かないと無理ですね。)
      他のショップより明らかに激安な商品は「釣り」の可能性がありますので注意が必要です。
      Aliを使う場合はショップごとに安いものを何度か買って慣れてきたら高いものを買ったほうが安心ですよね。

コメントを残す