USBテスター オススメ9選 比較レビュー YZXSTUDIO ZY1280のPCアプリとファームウェアアップデート

USBテスターは電圧・電流がどのくらい流れるかチェック・表示してくれるガジェットです。

基本的にUSBの電圧・電流を表示してくれるですが、そのほかにも最近のスマートフォンやタブレットのQC(Quick Charge)やVOOCなど、そしてUSB PD(Power Delivery)充電対応のノートパソコンの純正や非純正のUSBアダプタとUSBケーブルが機器に対応しているかもチェックしてくれます。

最新ページは6ページ目になります。↓

例えば、100円ショップやネットショップで買ったUSBケーブルやアダプタは使っているスマホで急速充電できるか?USB Type-CアダプタがノートパソコンのUSB PD充電に対応しているか?などをチェックしてくれるのがUSBテスターです。

基本的には以下のように電圧(V)、電流(A)、電力(W) 、積算電流(Ah)、積算電力(Wh)を表示させることができます。

ZY1280

USBテスター本体に小さなディスプレイが付いていて↑、現在の電圧・電流の流れがひと目で分かります。それに加えてパソコンやスマホアプリでリアルタイムに電力の状況を表示してくれるUSBテスターもあるのでお好みで選んでみてください。

オススメのUSBテスター9選

まずはUSBテスターといっても、最近はどういう種類があるのかチェックしてみましょう。

ただ電力を表示するだけではなくPCやスマホと接続して電力をグラフで表示してくれるものやスマホ独自の高速充電規格にアダプタ・ケーブルが対応しているかチェックしてくれるものもあります。

以下、自分の使いやすい順にランキングしていて最近のUSBテスターは全て中華製品になっています。レビューするのは海外通販Banggoodからやってきた製品になります。

T50N USB Dual Channel Color Screen

T50N USB Dual Channel Color Screen
T50N
IN(入力) USB A/MicroUSBx2/Type-Cx2
OUT(出力) USB Ax2/Type-Cx2
電圧 DC 3~25V
電流 0~5A
ボタン 3キー
プロトコル QC2.0/3.0,PD,Huawei FCP
ディスプレイ 2.6インチ320x240px
サイズ 95x90x14mm
PCアプリ 対応 USB HID(FWアップ可)
温度センサー 内部
その他 -

大きい画面が魅力で入出力が2系統、主に電子回路のチェック向け

スマホやタブレットのアダプタやケーブルをチェックするよりも電子回路の電流をチェックするのに向いていそう。
他のUSBテスターと比べて電子部品が大きめ。

POWER-Z Pro PD3.0 QC4.0 USB Tester

POWER-Z Pro PD3.0 QC4.0 USB Tester
POWER-Z Pro
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 3.7~24V
電流 0~5A
ボタン 3キー
プロトコル QC2.0/3.0/4.0,PD3.0
ディスプレイ 1インチ128x46px
サイズ 62x24x12mm
PCアプリ 対応 USB HID(FWアップ可)
温度センサー 内部
その他 -

ディスプレイが小さく他のUSBテスターよりも操作性が悪い

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示させたい方向け】
後継のKT001だと機能も充実しています。
POWER-Z KT001

 

RUIDENG TC66C

RUIDENG TC66C
RUIDENGTC66C
IN(入力) USB Type-C
OUT(出力) USB Type-C
電圧 DC 3.5~24V
電流 0~5A
ボタン キー・スイッチ
プロトコル QC2.0/3.0,PD2.0 Trigger/PPS,Apple 2.4A,Apple 2.4A,Samsung AFC,Android DCP,Huawei SCP
ディスプレイ 0.96インチ160x80px
サイズ 49x22x8mm 22g
PCアプリ 対応 MicroUSB (FWアップ可)
温度センサー 内部
その他 -

USB Type-CのみのUSBテスター

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示させたい方向け】
標準USB(Type A)とMicroUSB(PC通信用)はテスターでそのままでは接続できないのでご注意ください。

YZXstudio ZY1276 Color Meter

YZXstudio ZY1276 Color Meter
YZXstudioZY1276
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 3.5~24V
電流 0~5A
ボタン 1キー
プロトコル QC2.0/3.0,PD2.0,HuaweiFCP/SCP,Apple,Samsung AFC,OPPO VOOC/OnePlus Dash
ディスプレイ 0.96インチ 80x160px
サイズ 41x17x8mm
PCアプリ なし
温度センサー 内部
その他 -

ZY1280の旧型、最新スマホを調査する場合はZY1280がオススメ

【スマホ・タブレット・USB PD ラップトップのアダプタ・プラグを調査したい方向け Auto Detectionで自動調査可能】

レビューしました↓
レビュー USB電流電圧チェッカー&制御 QC3.0対応 3.5-24V YZXstudio ZY1276

 

Bakeey UM25C

Bakeey UM25C
BakeeyUM25C
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 4~24V
電流 0~5A
ボタン 4キー(HELP,NEXT,LEFT,RIGHT)
プロトコル QC2.0/3.0,Apple 2.4A,SAMSUNG,Android DCP
ディスプレイ 1.44インチ
サイズ 71.2x30.5x12.4mm
PCアプリ 対応 Bluetooth
温度センサー 内部
その他 -

Bluetoothをオン・オフできてPCやスマホアプリで電力を表示できる

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示させたい方向け】
Bluetoothスイッチがある以外は、A3-B USB Current Voltage Meterとほぼ同じ。

レビューしました↓
レビュー USBチェッカー UM25C BluetoothでPCやスマホと接続可能

A3-B USB Current Voltage Meter

A3-B USB Current Voltage Meter
A3-B
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 4.5~24V
電流 0~3A
ボタン 4キー(HELP,NEXT,LEFT,RIGHT)
プロトコル PD,QC2.0,QC3.0
ディスプレイ 1.44インチ
サイズ 71.2x31.8x12.4mm
アプリ 対応 Bluetooth(BTスイッチなし)
温度センサー 内部(-10~100℃)
その他 -

Bluetooth接続でPCやスマホでリアルタイム可能

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示させたい方向け】
主に接続し続けてPCやスマホで電流の流れを計測するのに使える。
UM25Cとだいたい同じ。違いはBluetoothスイッチが無いところと3Aまでなので大電流を扱う場合は注意が必要。
対応チャージプロトコルはPD,QC2.0,QC3.0以外も対応してるかもしれませんが、詳細不明

POWER-Z KT001

POWER-Z KT001
POWER-ZKT001
IN(入力) USB A/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 4~26V
電流 0~6A
ボタン スイッチ
プロトコル QC2.0/3.0/4.0,PD Trigger/Listener,Apple 2.4A,Huawei FCP/SCP,Apple 2.4A,Samsung AFC
ディスプレイ 1.44インチ128x128px
サイズ 77x35x14mm
PCアプリ 対応 MicroUSB HID(FWアップ可)
温度センサー 内部
その他 -

スマホ・PCアプリでリアルタイム表示や多数のプロトコルに対応した万能USBテスター

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示 + アダプタ・プラグを調査したい方向け】
両方ともに使えそうです。

WEB-U2 USB Tester

WEB-U2 USB Tester
WEB-U2
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 4~24V
電流 0~5A
ボタン 2キー(OK , M)
プロトコル QC2.0/3.0/4.0,PD3.0/2.0 PPS/E-Marker,Apple MFI/2.4A/PD,HuaweiFCP/SCP,Samsung AFC,OPPO VOOC/SuperVOOC/OnePlus Dash,VIVO FLASH,MTK-PE1.0/2.0
ディスプレイ 1.77インチ128x160px
サイズ 52.5x34.5x13mm
PCアプリ 対応 MicroUSB HID(FWアップ可)
温度センサー 内部・外部(-40℃~180℃)
その他 Gセンサー 自動回転

チャージプロトコルに対応したアダプタ・ケーブルか調べるのに重宝する

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示 + USB PD・QC・Appleなどアダプタ・プラグを調査したい方向け】
Apple・Samsung・Huawei・OPPO・OnePlus・VIVOのスマホやタブレット・ラップトップのいずれかを持っている場合は各社のチャージプロトコルに対応しているかチェックすることができる。
PD3.0/2.0 PPS/E-MarkerのチェックもできるのでUSB PD充電対応のラップトップでもアダプタ・プラグを確認可能。
PCと接続してアプリで電力のグラフ表示も可能。

YZXstudio ZY1280 Color Meter

YZXstudio ZY1280 Color Meter
YZXstudioZY1280
IN(入力) USB A/Micro USB/Type-C
OUT(出力) USB A/Type-C
電圧 DC 4~24V
電流 0~5A
ボタン 2キー
プロトコル QC2.0/3.0/4.0 PPS,PD Trigger/Listener/E-Marker,Apple MFI/2.4A/PD,Huawei,Samsung AFC,OPPO VOOC/SuperVOOC/OnePlus Dash,VIVO FLASH
ディスプレイ 1.8インチ128x160px
サイズ 52.5x34.5x13mm
アプリ 対応 MicroUSB COM(FWアップ可)
温度センサー 内部
その他 -

スマホの独自チャージプロトコルの対応チェックに最適

【スマホ・PCアプリで電力をリアルタイム表示 + USB PD・QC・Appleなどアダプタ・プラグを調査したい方向け】
Apple・Samsung・Huawei・OPPO・OnePlus・VIVOのスマホのチャージプロトコルにアダプタ・プラグが対応しているかチェックすることができる。
PDのチェックもできる。
PCと接続してアプリで電力のグラフ表示も可能。
個人的にZY1276を使いなれているということもあって使いやすい。

使い方にもよると思いますが、上記の5位以内のUSBテスターを買えば間違いは無いと思います。USBテスターのうち2機種はレビューして、5機種は手元にありますので順次レビューしていきますね。

USBテスターはアダプタ・ケーブルを高速充電規格に対応しているかチェックしてくれる機能あり

USBテスターの最大の特徴はUSBアダプタやUSBケーブルがそれぞれのチャージプロトコルに対応しているかどうかをチェックしてくれます。

対応していないケーブルやアダプタを使うと、高速充電しなかったりUSB PDの場合は充電しないのもありますが、それ以上に発熱・発火の事故も起こりうるという怖いことになりかねないので、USBテスターを使って予めチェックすると安心ですね。

USB PD(パワーデリバリー)・QC(クイックチャージ)とは

簡単にいうと以下のようにUSB PDはラップトップを充電する規格、QCはスナドラ搭載のAndroidスマホの高速充電規格になります。

  • USB PD(パワーデリバリー):最大100Wの電力を供給可能な、現在はラップトップで使われている。
  • QC(クイックチャージ):Qualcommの高速充電規格、Snapdragonが搭載されているAndroidスマホが対応している場合が多い。QC2.0/3.0/4.0/4.0+のバージョンがある。

後ほどじっくりチェックしていきます。

USBテスターがチェックしてくれる主なプロトコル

USBテスターによってチェックできないプロトコルもありますのでご注意いただきたいのですが、以下のメーカー独自充電規格をチェックする機能もあります。

  • Samsung AFC:Samsung独自高速充電規格AFCに対応している製品かチェック
  • Huawei FCP・SCP:Huawei独自高速充電規格FCP・SCP・SSCPに対応している製品かチェック
  • OPPO VOOC・SuperVooc:OPPO独自高速充電規格VOOCやSuperVoocに対応している製品かチェック
  • OnePlus DASH:OnePlus独自高速充電規格DASHに対応している製品かチェック
  • VIVO FLASH:VIVO独自高速充電規格FLASHに対応している製品かチェック
  • Apple 2.4A:アップルの最大2.4A(タブレット)で充電できるかチェック
  • Apple MFI認証:アップルのMFI認証に許可された製品かチェック

次回、USB PD・QCやその他の高速充電プロトコルを実機(USBテスター)を使って検証していきます。

コメントを残す