MEIZU M3 note・Flyme OS正規ROM焼き・5.5インチ中華スマホ比較・ レビュー

スマホ 改造・調査

初MEIZUスマホのレビューです。

こちらiPhone6Sと同等の質感・品質で非常に好感持てますが・・・自分のはちょっとアラが・・・(泣)後ほど詳しく説明します。

XiaomiといいMEIZUといい高品質すぎてちょっと値段が高いだけあって他のメーカーの中華スマホとは一線を画してます。

というより日本・韓国スマホやAppleと同じ品質。

IMG_20160531_063757

スペックは違えど品質・感覚は同じなので約3万円と約9万円じゃあどっち買う?と言われれば言わずもがなですな。

ただ、MEIZUは最後の品質検査があまりできてないようです。アラが目立つ。

  1. MEIZU M3 note スペック
  2. MEIZU M3 note レビュー
    1. GearBest ダンボール(荷物)の状態
    2. MEIZU M3 note 開封の儀
    3. MEIZU M3 note シールうまく剥がせない
    4. MEIZU M3 note 箱・付属品
  3. MEIZU M3 note 個体差のキズ
  4. Flyme OS は Playストア入っていて使いはじめが簡単
  5. MEIZU M3 note 外観チェック
    1. 表面
      1. ベゼル幅
    2. 曲面ガラスの処理
    3. 裏面
    4. 側面
    5. SIMスロット・MicroSD
    6. フロントカメラ
  6. MEIZU M3 note 個体差 ボンドはみ出し部分
  7. MEIZU M3 note ベンチマークテスト
    1. AnTuTu
    2. Geekbench3
    3. RAM・ストレージスピードテスト
    4. CPU-Zのスペック詳細
  8. バッテリーが気になる
    1. 充電中
    2. 使用時も
    3. 充電が遅い
  9. Androidを素敵にしたFlyme OS
    1. シンプルな画面
    2. 表示を日本語に設定してみる
    3. 設定がどの程度日本語表示になったか
    4. 日本語に変わるアプリもあり
    5. 通知パネルは2段階
    6. 指紋認証 & セキュリティ設定
    7. サウンド設定
    8. 端末情報
    9. ホーム画面
  10. ホームボタンしかない
  11. インストールされているアプリ
    1. Security
    2. Themesアプリ
    3. 検索(天気)アプリ
    4. PlayストアでGoogleアカウント作成できない
    5. Toolbox
  12. Flyme account 登録
    1. MEIZU M3 noteでFlymeアカウント登録を試みる
    2. サイトからFlymeアカウントを作成する
    3. MEIZU M3 noteで再度ログインする
  13. 【バッテリー問題】MEIZU M3 note アップデートで改善後 バッテリー持ち超良い
  14. MEIZU M3 note 初期状態
  15. バッテリー充電 2回目
  16. バッテリー残量1%まで我慢して充電
  17. しばらく放置
  18. 充電は3時間弱
  19. MEIZU機 使ってみて感想
    1. Meizu機 外観は良い
    2. バッテリー持ちはアップデートして改善
    3. MEIZU M3 noteの充電・通常使用でのバッテリー持ち調査
  20. Themesアプリ
    1. Themes(テーマ)は有料と無料がある
    2. 有料のThemes(テーマ)はお試しできない
    3. Themesアプリ フォント・壁紙・着信音
  21. Themes(テーマ) Wallpaper(壁紙)の設定方法
    1. Themes(テーマ)アプリのMy
    2. 設定のPersonalization
  22. FreeのThemes(テーマ)を試してみる
    1. モヒカン女性
    2. 初音ミク
  23. MEIZUのテーマはFreeしか使えない
  24. Flyme アカウントとMEIZUスマホとの紐付け解除方法
    1. Flyme Cloud ページにアクセス
    2. Flyme ログイン
    3. Fllyme 云服务 の画面

MEIZU M3 note スペック

※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

MEIZU M3 note レビュー

GearBest ダンボール(荷物)の状態

チャック付きダンボールですごく良く改善されてますが・・・

IMG_20160530_155416

この状態ですわ(泣)『プチプチで包んだほうが良い』と思わないようですね。

この常識というか感覚のズレが良いようにも悪いようにも動いているようです。

MEIZU M3 note 開封の儀

IMG_20160530_155527

ジャン!こういう箱、Xiaomiと似たり寄ったりかな。

IMG_20160530_155828

Xiaomi Mi5で暖色系LEDで撮影すると黄色っぽい色味になるのでマニュアルのホワイトバランスを蛍光灯にしましたが、今度は青っぽい色味になります。写真は難しい。

見た瞬間はiPhone6と同じ品質で非常に完成度高い、iPhone6と同じ完成度。もう中華スマホといったら怒られる品質です。

この品質の高さで3万円だから誰も文句は言わないでしょう・・・ただしじっくり見るとダメなとこが結構あった。

MEIZU M3 note シールうまく剥がせない

ああっ・・・マジですかこのシール。こういうところで安いタイプのシール使わないでほしい。

取りましたよ、一生懸命にこすってシールのベタベタを取りました、とったけど完全にシール跡が取れずよく見ると薄っすらと四角いシール跡が残っちゃった(泣)

MEIZU M3 note 箱・付属品

DSC_0074

シンプルな取説・保証書付き

DSC_0069

USBアダプタは5V2Aでした。

MEIZU M3 note 個体差のキズ

こちら個体差だと思いますがキズ・汚れが結構あるようでした。DSC_0052

こちらは汚れみたいで消しゴムで消したらなくなりました。

DSC_0057

こちらも消しゴムで消せました。

DSC_0053

こちらはキズですね。拭いたら薄くはなりましたけど製造段階での引っかき傷のようです。

ドコモやauショップのように『キズなどご確認下さい。』とお姉さんに言われて、もしキズがあったら『交換してください。』と言えるわけではなく、

海外通販の中華スマホは来た時にキズがあったりハズレだったらもうほぼどうしようもないので、その点で不満がのこります。

(まぁ、中国の店頭でキズがあるから他のと交換してくださいと言っても相手にされないと思いますが、)

3万円の機体なのでもう少し生産管理をしっかりしてくれると助かります。

その点でXiaomiはアラもほとんどなく管理能力高いですね。

ただiPhoneも画面のボンドはみ出てたとかキズがあったりしますのでほとんど一緒なのでしょう。

その他に、画面をよく見るとボンドがはみ出た部分もありました(泣)後日撮影して掲載します。

Flyme OS は Playストア入っていて使いはじめが簡単

MEIZUのスマホはAndroidの上にFlyme OSという独自機能が乗っかってますがPlayストアは入っていますしGoogleの機能は最初から使えます。

言語はLanguage and timeで変更すれば70%くらいは日本語にできます。

素のAndroidとは違うものの日本人でもあまり苦労することはなさそうなスマホです。

設定で完全には日本語ではなく、半分ほどは英語になりますので完全日本語を望む方はMEIZUに手を出さないほうがよろしいかと思います。

ともあれXiaomi機のMIUIよりはクセがなく、すんなり使い始められるMEIZU Flyme OSです。

DSC_0125

MEIZU M3 note 外観チェック

表面

ベゼル幅

  • 上:約1.5mm+ガラス13.5mm+表示されない部分約0.5mm=15.5mm
  • 左右:約1.5mm+ガラス1.5mm+表示されない部分約0.5mm=3.5mm
  • 下:約1.5mm+ガラス14.5mm+表示されない部分約0.5mm=16.5mm

曲面ガラスの処理

DSC_0106

曲面ガラスとサイドパネルの間にプラパッキンが挟んであります。

DSC_0100

コレ無ければ最高なんですが、やっぱりこういう仕上がりにしないとうまく収まらないのだろうか?

DSC_0102

これだったらUMI Touchの曲面ガラスの仕上がりのほうが良いですね。

ただ、このパッキンも極細なので間近で見ないと目立たないのでコレはコレで良いのかもしれない。

UMI Touchはパッキンが挟んでなくて面取りの金属フレームで曲面ガラスと背面パネルを合体させてある。

裏面

側面

SIMスロット・MicroSD

SIMとMicroSD兼用のこの仕様もいい加減にしてほしいんですが、さらにこのスロットは危険です。

DSC_0198 DSC_0203

トレーの乗っかるところ、上のほうは良いのですが、下のほうが1mmくらいしか乗っかるところが無いので・・・装着している時に落ちたりしたら中で引っかかって大惨事になります。

DSC_0208

NanoSIMかMicroSDを乗っける時も慎重に落っこちないように乗っけてそおっと装着したほうが良さそうです。

この辺の気遣いは日本のスマホのほうが故障しにくいようにSIMトレーもプラですがちゃんとしているようですね。

フロントカメラ

1300万画素で普通ですが撮影はキビキビしてピントはづれにくくなってます。

カメラアプリを起動する時は若干モタツキがあって1秒ほどかかりました。

DSC_0120

撮影のほうはモタツキなし。

シャッター押したときに光が広がったようなアニメーションが表示されてシャッター押すのが気持ち良い。

P60531-134123

Xiaomi Mi5を撮影してみた、それほど黄色っぽい色味にならないようなのでしばらく使ってみてXperia C5 Ultraと同じように撮影できたらいよいよXperia C5 Ultra処分です。

MEIZU M3 note 個体差 ボンドはみ出し部分

人柱としてはこういう箇所があったほうが嬉しいのですが、個人的に所有する立場としてはかなり悲しいです。一度発見してしまうと気になって仕方がない(泣)

ただ、じっくり見ないと分かりません。

あまり目立たないけど触るとここだけゴツゴツしているのが分かる。

少しだけボンドがはみ出して、あとはパネルの中でボンドが少しにじんだようになっている。

気にしなければ気にならないレベルなので妥協するしかなさそう。

MEIZU M3 note ベンチマークテスト

AnTuTu

Geekbench3

ブランド型番計測OSAnTuTuGeekbench3価格(約)
MEIZUM3 note Flyme OS5.8Android5.140416737241232,000円

RAM・ストレージスピードテスト

S60531-093706

StorageRAMInternal
memory
SD card
MB/sReadWriteReadWrite
MEIZU M3 note3974.31192.2373.92115.7673.92

CPU-Zのスペック詳細

ディスプレイが5.5インチなのに4.59インチと表示されている。

バッテリーが気になる

なんだかバッテリーの減りが早い気がします。

昨日の13時くらいから1時間ほど使用、その後はあまり使ってないけどこんなにバッテリーが減って23時くらいには0%になった。

充電中

充電中は裏面全体がほんのり温かくなる。他のスマホではあまり温かくならないのでこれから夏の暑い季節はちょっと気になる。

使用時も

使用している時もほんのりUSB充電式のあまり暖かくならないタイプのホッカイロのように全体が暖かい。

充電が遅い

Xiaomi Mi5の充電の速さに慣れてしまったせいか?充電が遅く感じました。

デフォルトのバッテリー管理機能(Balance)ではダメらしい。もっとシビアにSaving設定で常用するしかなさそう。

もしくは初期不良でバッテリーがおかしいのかもしれない。

バッテリー持ちはアップデートして改善しました。

Androidを素敵にしたFlyme OS

自分のだけかもしれませんがMEIZU M3 noteのバッテリー持ちの悪さに驚いていて現在バッテリー持ち実験をしています。多分初期不良なんでしょう、いや超長持ちでした。

とはいえ、MEIZU M3 noteの完成度は高くFlyme OSも使いやすく操作感も気持ち良い。

今回はFlyme OSの内容をみていきましょう。

Flyme OSといってもAndroidの上に乗っかっているUIなので基本はAndroidだと思って良いと思います。

Androidにオリジナルなスキンをかぶせて設定も少しオリジナルにした雰囲気ですね。

シンプルな画面

アプリも最初はこれしかありません。いくつかFlymeオリジナルアプリですが、残りはAndroidの標準アプリのようです。

表示を日本語に設定してみる

Flyme OSはAndroidベースなので完全には日本語にできないもののある程度、XiaomiのMIUIよりは多く日本語表示になります。

Settings > Language and time

こちらから日本語に設定します。

これで日本語になりました。

設定がどの程度日本語表示になったか

3分の1程度でしょうか、あまり日本語にはなっていないようですね。

細かい設定部分もところどころ日本語表示になっています。

日本語に変わるアプリもあり

Googleアプリなどは日本語表示になっているアプリが多いです。

通知パネルは2段階

一回上からスワイプすると通知と4つのトグルアイコンが表示されます。

1回スワイプした状態でもう一度スワイプするとたくさんのトグルアイコンと画面の光量調整バーが表示される。

指紋認証 & セキュリティ設定

MEIZU M3 noteはホームボタンをタッチして指紋認証をする。

指紋認証やパスワードの設定方法はAndroidとほぼ同じだたちょっとみてみましょう。

設定 > Fingerprint and security

こちらで設定します。

サウンド設定

設定 > Sound and vibration

こちらで設定します。

カメラシャッター音は消すことができましたが、日本SIM指していると鳴ります・・・

スクリーンショットの音も同様に、鳴ります・・・

端末情報

設定 > 端末情報

どこかをタップしても開発者向けオプションは出現しないようでした。

S60605-123913

ホーム画面

ホーム画面はXiaomiのMIUIやAppleのiOSと同じようにドロワー(アプリ一覧)がない。

アプリを隣のページに移動すると画面が一枚増えたり、1個もアプリがなくなるとページが消えたりします。

左右のスワイプでページを移動できるほか、下のホーム画面・Aページ・Bページとタップでも移動可能

ホームボタンしかない

通常のAndroidスマホだとホームボタンの左右に戻るボタンとメニューボタンがありますが、MEIZU M3 noteにはありませんでした。

多分iPhoneを真似した仕組みにしたかったのでしょう。

DSC_0088

ただ、その代わりに同じ動作はちゃんとできるようになっています。

  • 戻る:ホームボタンを(押さないで)軽くタッチ
  • アプリ一覧:下からスワイプ

このような操作方法になっていました。

S60531-141543

下からスワイプすると上記のように起動しているアプリ一覧が表示されます。

インストールされているアプリ

下の3つのアプリでMusic以外はGoogleのものなのかな?

Security

こちらはXiaomiのMIUIにそっくりなレイアウトで機能も似ています。

いらないファイルを削除したりウィルスチェックをしてくれるアプリ

Themesアプリ

こちらFlyme OS独自のThemes

検索(天気)アプリ

天気を検索ということなのだろうか?天気=天气だと思うけど、とにかく検索と書いてあるアプリを開くと天気になる。

PlayストアでGoogleアカウント作成できない

いきなりGoogleのPlayストアでアカウントを作成しようとしてもできなかった。

設定 > Other account

こちらでGoogleアカウントを作成・ログインしてからPlayストアを使う必要がある。

ここで新しいアカウントを作成してからPlayストア アプリを起動すると普通に使えるようになった。

Toolbox

なかなかオシャレなデザインのツールボックスアプリがある。

Flyme account 登録

MEIZU M3 noteでFlymeアカウント登録を試みる

MEIZUのFlyme accountを登録する

設定 > Flyme account

SMSでメッセージが来るらしいが、ドコモSIMでやってもSMSが飛んでこなかった。

多分中国SIMでないと対応していないもよう。

サイトからFlymeアカウントを作成する

スマホで日本からだとうまく登録できないようなのでサイトから登録する。

https://i.meizu.com/intl/register.jsp

WS000000

このページから登録可能

WS000001

メルアドにコードを送ってもらうために「Get Code」を押す。

WS000003

MEIZUからメールが来た。この番号をEmail Verify Codeに入力して、Registerを押す。

WS000002

登録完了

MEIZU M3 noteで再度ログインする

設定 > Flyme account > Login/Register

Flyme Accountに無事ログインできました。

【バッテリー問題】MEIZU M3 note アップデートで改善後 バッテリー持ち超良い

MEIZU M3 noteの初期状態でほぼ放置状態でバッテリーが1日持たない状態だったので、バッテリーの初期不良かと思いましたが、アップデートしたら激改善されて長持ちするようになりました。

せっかくなので改善前と改善後のバッテリー持ちを比べてみます。

IMG_20160610_135201

MEIZU M3 note 初期状態

バッテリーが異様に減っていくのを発見する。

12時頃の満充電から23時頃にはバッテリーが0%に(泣)

けっこう使ってるとはいえ11時間しか持たない!

充電も結構遅く、23時から8時まで9時間ほどかかった。

満充電してほぼなにもいじってないのにこの急激なバッテリーの減り・・・上画像の右側。

原因は特に見つけられなかった。

再度挑戦中、Battery Monitor Widgetを見ても特にアプリの使いすぎなど異常はなさそう。

Android Play Store

バッテリー充電 2回目

やはりバッテリー減りすぎ・・・

バッテリー残量1%まで我慢して充電

今回は5時間ほどで満充電になったが・・・それでも遅すぎでしょ。

しばらく放置

あまりにもバッテリーが減りすぎてすぐに0%になってしまうのでしばらく放置した・・・

その前にアップデートしたみたい。

充電して起動すると、

超バッテリーの持ちが良くなった!

ほぼいじらない状態で3~5日は持つと思います。

充電は3時間弱

その後、充電してみました。

3時間弱ほどで満充電になるようです。

これだったら普通に使えて満足です。

MEIZU機 使ってみて感想

Meizu機 外観は良い

自分の感想としてはMEIZU機よりもXiaomi機のほうが完成度も使い勝手も良く、優れていると感じました。

外観は良いけどバッテリーが気になります。

ただ完成度はGalaxyやiPhoneと同等と言って良いと思います。まぁ、Xiaomiはそれより完成度高いのかもしれません。

バッテリー持ちはアップデートして改善

MEIZU M3 note本体の完成度もFlymeOSのシンプルな完成度も非常に高いのですが、

バッテリーが気になりすぎてそれどころでは無くなってしまいました、

バッテリー持ちはアップデートして改善しました。

それと、MEIZU M3 noteは操作していて少しモタツキを感じさせる。Flymeが余計なパワーを使ってしまっているのだろうか?

ハード・ソフトともに高次元で完成度は高いものの、今一歩及ばない部分もあって残念ですが、今後改善してくるでしょう。

iPhoneの感覚に非常に近いMEIZU M3 noteですが、自分としてはやはり今のところXiaomi機のほうが好みでした。

MEIZU M3 noteの充電・通常使用でのバッテリー持ち調査

バッテリー持ちがすごく良くなったとは言え、通常使用ではなく放置した状態で持ちが良いので、これから常用してみて充電速度とバッテリー持ちを計測してみます。

MEIZU機の持った感覚やFlyme OSは一定層のファンができそうな他のスマホには無い感覚をもっていて、引き込まれる部分もあるスマホなのでしばらく使用して感想など書いていきます。

これで堂々とMEIZU M3 noteもオススメできます。

Themesアプリ

XiaomiのThemesで遊んだので調子にのってMEIZUのThemes(テーマ)でも遊んでみます。

こちらのMEIZU M3 noteを買ってテーマを変えて遊びたいと思っている方がいたらあまりオススメできないかもです。

有料のテーマは日本からではお金を払うことができないと思います。

やはりテーマは中国人の方専用ですね。日本人でも中国行けばプリペイドや銀行で支払えます。

Freeのは使えますのでそちらで我慢できればOKでしょう。

一応一通り見ていきます。

Themes(テーマ)は有料と無料がある

こちらも有料と無料のテーマがあって「9.00yuan」などと書かれてるのが有料のテーマ。

yuan=元 中国の通貨ですね。1元は約16円(2016/6現在)

有料のThemes(テーマ)はお試しできない

有料テーマはお試しできず、支払い方法も銀行やプリペイドなどで中国人しか買えないみたい。

Alipayもなかった。WeChatでもマイウォレットで支払えるようですね。

Themesアプリ フォント・壁紙・着信音

テーマ以外にも壁紙などがあります。

字体などのタブを押しても移動できますが、トップ画面で下にスクロールしていっても字体や壁紙が表示されます。

Themes(テーマ) Wallpaper(壁紙)の設定方法

Themes(テーマ)アプリのMy

Myタブを押すとテーマや壁紙、音・フォントなどを設定できます。

設定のPersonalization

設定 > Personalization

Themesアプリから、設定のPersonalizationから、どちらからもテーマや壁紙を設定できます。

FreeのThemes(テーマ)を試してみる

有料のテーマは日本からだとチャージもできず試せないので無料のテーマを試してみます。

モヒカン女性

初音ミク

続いてウソっぽい感じ(こういうの?よく分からないで言ってます、)の初音ミク試してみます。

アイコンが変わっちゃうと認識しづらくなると思うけど、自分は文字見ないでアイコンで判断するタイプなのでアイコンが変わるとちょっと使いづらい。

MEIZUのテーマはFreeしか使えない

やはり日本から有料のテーマやフォントを使うのは難しいと思います。

そもそもフォントは中国語しか無いようなので無理だしテーマも中国語に最適化されてますので、買ったとしても日本語では使いづらいかもしれない。

自分のように日本人で日本語しか分からない場合はデフォルトのテーマを使いましょう。

デフォルトのテーマはけっこうシンプルで使いやすいのでコレで十分な気がします。

MEIZUの機体のほうはXiaomiやLeTVには無い独特の完成度合いで、SamsungのGalaxyが好きな方にはこのMEIZUスマホの持った感覚は好きになるんじゃないでしょうか。

Flyme アカウントとMEIZUスマホとの紐付け解除方法

お譲りしたMEIZU M3 noteをFlymeアカウントを紐付けしたままお渡ししてしまったので、解除方法のメモです。

Androidだったらスマホの初期化をすれば紐付け解除されたと思ったけどFlyame OSは自動で解除されないようです。

たしかiOSも別途解除しなくちゃいけなかったような?

後日このへんiOSも含めて検証してみます。

Flyme Cloud ページにアクセス

まずは以下のページにアクセスします。

aas000334

云服务
欢迎登录和注册魅族Flyme账号,您可以体验手机云服务功能,包括:在线下载应用,同步手机数据和查找手机等,让您的手机管理更加智能。

「立即体验」を押す。

Flyme ログイン

このログイン画面のパズルキャプチャにちょっとハマりました。

aas000332

  • ID:◎◎@flyme.cn(◎の部分はID)
  • Pass
  • パズルキャプチャ

ログインするには上記3つクリアする必要があります。

aas000333

IDとパスワードを入力して、パズルキャプチャをやろうとするが・・・

パズルが動かない。なんで?

aas000335

パズルを動かすんじゃなく、下のバーの部分を左右に動かすようです。

ブラウザが対応してないかと思い、他のブラウザで試したりしてしばらくハマりました。

aas000336

ログインできたと思ったら、予備のメルアドにメールが来て番号を入れる作業もあり。

aas000350

こういうメールがくるのでこの番号を入力して、再度パズルキャプチャをやってログインする。

Fllyme 云服务 の画面

ログイン後はこのような画面になります。Appleアカウントの画面に似てます。

「您连接了1台手机」の部分このアカウントに1台のスマホが紐付けされてるということですね。

aas000337

中国語が分からないので一発で解除方法を理解したわけではなく、最初は右下のレーダーのようなアイコン「查找手机」に行ってみました。

aas000339

このような画面になりました。GPSがオンになっていたらスマホを地図で探せます。

で、元に戻って以下のように「?程退出」を押します。

aas000340

パスワードを聞かれるので入力して「確定」ボタンを押すとMEIZU M3 noteがこのFlymeアカウントから解除されました。

aas000341

「您连接了0台手机」と表示された。これでよさそう。

aas000342

コメント

タイトルとURLをコピーしました