【世界最小PC?】GOLE1・GOLE1 Plus 2機種レビュー

世界最小の?PCと謳われているGOLE1がEverbuyingから届きましたのでレビューします。

こちらの製品は去年クラウドファインディングサービスで資金を募って製品化したものになりますので中身はIntel Atom Cherry Trail x5-Z8300搭載で普通の中華タブレットくらいの能力なのですが、去年(2015)の中国工業製品の完成度合で今年の中華タブレットの製品と比べるとちょいと完成度が劣ると感じました。(完成度の詳細は画像でご確認ください。)

この記事は複数のページに別れています

製品的な特徴は唯一無二の世界最小のパソコンなので、それなりに?需要がある?か分かりませんが何しろ画面が小さすぎる・・・小さいから持ち運びにも便利な面ももちろんありますが、使うときに小さくて使いづらかったら意味がない。かといってHDMIで出力したら元の5インチの画面の立場は?という矛盾におちいりそうな製品でコレの使いみちを見つけ出すのに少し苦労しそうです。

  GOLDEN(ゴールデン)

GOLE1を見ていると数年前に出た似たようなジャンルの商品のSony Type Uを思い出したので少し書いてみます。

Sony Type U (VGN-UX71)は当時は魅力的だった

この製品GOLE1が2007年か2008年くらいに出てたら欲しかったでしょう。

Sonyがまだ少し元気でなかなか良い製品を出していた中にモバイルPCのType Uという世界最小・最軽量を謳う超小型パソコンがありました。

自分もこの超小型という部分に惹かれて2台持っていてその中の一つのVGN-UX71の画像がありましたので載せてみます。

8年くらい前の製品ですが、今見てもなかなか他にない斬新なデザインですね。ディスプレイ部分がカチャっと上にスライドしてキーボードが出て来るギミックがガジェオタ心を完全に鷲掴みします(笑)

img_6101

Windows Vistaだったけど、Windows7に改造したと思った。ディスプレイは4.5インチで、キーボードはメチャクチャ打ちにくく常用は無理で外付けキーボードに頼る始末。

img_6102

この通り↓分厚くてファンがあって上から排気してました。左側のゴツい黒い塊は大容量バッテリー

img_6106

クレイドルに装着するだけで外部ディスプレイやUSBなどに接続できた。

img_6114

ベルトに装着できるケースやモバイル用のアダプタなどもセットであったりして持ち歩くのにも便利でしたがいかんせん画面が小さくメモリも1GBですっトロイ。

旅をする時に車のインパネの上に装着して、ネット接続して現地でのレストランやホテル探しに使ってました。

おウチやお仕事ではほぼ使えなく、上画像のように時計・カレンダーとかウィジェットを表示させるだけのPCだったような。

ソニー「VAIO」の製品情報。

ここにType Uの情報がまだあるようです。価格は忘れたけど当時は20万~40万くらいしたんだと思います。

コレに比べると時代は進化して、少なくとも10分の1の値段で数倍快適に使えるGOLE1が出てきて、もし8年前にGOLE1が出たら相当売れたでしょう。

8年前だったら自分も間違い無く買います。

この頃の流れで2007年にiOSを搭載したiPhoneというブツが出てきて、少ししてからLinuxから派生した小型の端末向けのAndroidというOSが出てきてパソコン全盛時代の終焉が始まったわけですね。

ということで、8年から6年くらい前に出ていたら間違いなく大流行したと思われるGOLE 1を見ていきましょう。

GOLE 1 特徴・機能説明

ポケットに入るサイズを真似した画像、アレに似てる

中身はほぼ中華タブレットと同じでWin10+Android5.1が両方起動するタイプでメモリ2GB/4GB・ストレージ32GB/64GBでコレも同じような仕様

違うのは標準USB2.0 3個、USB3.0 1個あってLANや標準HDMIが側面に配置されているところ。なので分厚く2Cmもあります。

あと、ディスプレイが5インチと普通の中華タブレットよりかなり小さい。

はい、こちらの商品画像も何の真似をしているかというと、2009年くらいに発売になったVAIO Type Pですね。Type Pは当然自分も世代が違うものを2台ほど持ってまして外出するときに遊んだ記憶があります。

wsa013987

こちらにまだページがありました。VAIO Type Pも当時としては小型のノートパソコンとして活躍しましたが、もうすでにスマホがあった時代なので徐々にスマホにお株を奪われてしまい廃れていってしまって廃盤になりました。

img_6664

小さくて気軽に持ち歩けるパソコンで当時はスゴイ好きでした。ただ、小さい画面でWindows使うのはマウスを使う前提のOSなので使いづらいんですよねぇ、

今は完全に指で操作できる大きめのファブレットかタブレットに取って代わりましたね。

GOLE1を作った方も小さいパソコンが好きで開発したんでしょう。自分も大好きだったのでその気持はわかります。

標準的なポートもりだくさん

とはいえモバイルとはちょっと思想が違って標準的なポートがたくさんあるのでデスクでの使用を前提とした小型PCという位置づけなのか?ちょっとRaspberry Piに近いような位置つけなのかもしれません。

Raspberry Piは電子回路を組んだりして遊ぶLinuxなのでちょっと違う位置づけですが、サイズ感が似ているというか。Raspberry Piと中華タブレットを足して2で割ったような・・・どうなんでしょう?

モニタの下に置いてサブPCとして使う意外に、中華タブレットよりもポートがたくさんあるのでポートを多用する使い道があれば活躍しそうです。

サイズはスマホと似てますが奥行きがあるのでスマホ2枚分くらいですね。

GOLE1 スペック

画像GOLE1 Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コア
機種名GOLE1
メーカーGOLE458
価格調査価格調査Amazon GOLE1Yahoo!ショッピング GOLE1楽天市場 GOLE1
OSWindows10,Android 5.1
SocブランドIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コア
メモリ4GB
ストレージ32/64GB
ディスプレイ5インチ
解像度HD(1280x720)
パネルTFT
画素密度294ppi
バッテリー有り 容量不明
フロント カメラ-
リア カメラ-
重量200g
サイズ 縦x横x奥行135x90x20mm
SDMicroSD(最大不明)
BluetoothV4.0
WiFib/g/n/ac
充電DCプラグ
接続MicroUSB,標準USB2.0x3,標準USB3.0x1,HDMI出力,有線LAN
動画https://youtu.be/Z36z4JdZEyA
実測値Antutu:58351(73947)
Geekbench:Single 890 / Multi 2033
RAM:3102.81
Memory:Read 139.05/Write 87.23

Wish
8
24
14
※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

GOLE1 バージョン

GearBest

US PLUS 4GB/64GB
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

GearBest

US PLUS 4GB/32GB
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

GOLE1 開封の儀

前置きが非常に長くなりましたが実機を見ていきましょう。

Everbuyingの梱包

いつものとおりDHLでやってきました。

img_20161026_115213

DHL袋の中にGOLE専用の段ボール箱がダイレクトに入ってました。

img_20161026_115249

化粧箱の状態

この段ボール箱を開けると、

img_20161026_115256

中からGOLE1専用化粧箱登場!

img_20161026_115329

厚みはあるけどスマホと同じくらいのサイズの本体なのでスマホのような化粧箱に入っています。

img_20161026_115400

キレイな状態で届きました。

開けてみましょう。

開封

img_20161026_115455

本体登場。よくあるChuwiとかTeclastとかと同じように半透明のビニール袋に包まれて本体登場です。

img_20161026_115501

お色はゴールデンです。

img_20161026_115521

ビニール袋を取ると、ディスプレイ保護シートの傷がすごいけど保護シートなので、取りましょう。

img_20161026_115529

裏面は排気のスリットかスピーカースリットかな。真ん中あたりにメッシュでカバーされたスリットがあります。

四方4つゴム足もあり。

付属品

本体を取っていくと下に付属品の箱があった。コレ誰か開けたようで箱の指入れるところが破けてる。

img_20161026_115611

HDMIケーブルとACアダプタ・取説のみ

img_20161026_115653

ACアダプタの先端はDCジャックで本体に接続するタイプで困ったぞ・・・と思ってMicroUSBを刺してみたらそちらでも充電できたのでコレ使わなくても問題なし。

img_20161026_115710

ちなみにスペックにはバッテリーのことは書いてありませんでしたが、バッテリーは存在して充電ができています。なので電源プラグを外したら即落ちるということはありませんでした。

img_20161026_115704

5V3A出るアダプタのようです。

GOLE1 外観チェック

起動

右下の電源ボタンを押すと以下のような画面になって「Setup」「BBS」の文字が左上に表示されて、多分Setupを押すとBIOSに行けるんじゃないだろうか?BBSはなにか試してません。

img_20161030_141737

3秒くらいするとWindows10とAndroidを選ぶ画面がでてきました。デフォルトでWindows10が起動します。

img_20161030_141742

Windows10起動

Windows10を起動するとすでに「F1」というユーザー名でパスワードなしでログインできるようになっていました。

img_20161026_151250

最初からユーザー名があるのは中華タブレットはほとんどそうで、ちょっと気持ち悪い気もしますが、面倒なので、このまま使っちゃいましょう。メーカーのほうで悪さをしていないことを祈りますが中国大手のLENOVOや百度も平気でマルウェア仕込んでくるお国柄なのでお仕事で使うときは特に注意しましょう。

img_20161026_151301

ここで拡大すると+と-のボリュームボタンに傷があったり、つや有り面取りの部分の仕上がりがいまいちで完成度が現在の中華タブレットの仕上がり少し落ちます。

img_20161026_151414

表面

img_20161026_151930

この佇まいはなかなか、未来のテレビ(未来にテレビはないか)・・・のような気がしないでもないかなぁ、

ベゼル幅

  • 上:金属約1.5(面取り約1mm)+黒ベゼル約7mm=8.5mm
  • 左右:金属約1.5mm(面取り約1mm)+黒ベゼル約11mm=12.5mm
  • 下:金属約13mm(面取り約1mm)+黒ベゼル約7mm=20mm

裏面

特筆することはありませんが、音が鳴る時に雑音のような音かな、ジリジリ言うときがあります。

裏も金属で少しザラザラした手触りの仕上がりになってます。

img_20161026_152431

側面

ポートは上と左に集中していて、下と右にはなにもありません。

LANの部分から中を覗いてみると赤いLEDが点灯してます。裏のゴム足取って分解してみたい気もしますが・・・やめておきましょう。

ズームで見ると完成度があまり高くないのが分かる

img_20161026_152408

ツヤあり面取りの部分の金属加工が『加工しました』と言ってるような、自然な仕上がりではなく、ところどころ金属破片がはねて傷付いたような金属加工の完成度の低さがよく見ると分かる。

ディスプレイの黒ベゼルと金属の間もちょっと凸凹しているような感じだし、ボリュームボタン・電源ボタンなどのボタン類も完成度が低い。

img_20161026_152343

加工精度がよろしくないですね・・・

GOLE1 起動画面・バッテリー

起動してない状態で電源を刺すと下のようにバッテリーのアイコンが表示されます。

img_20161107_135146

右下の電源ボタンを押すと、GOLEの表示

img_20161030_141737

次にWindowsとAndroidを選ぶ画面になります。

img_20161030_141742

USBのDCプラグがウチにあったので刺したら充電できました。これでモバイルバッテリーでもある程度の時間は持ちそうです。(内蔵バッテリーもありますが、5分程度?しか持たないバッテリーのようです。)

img_20161026_154151

Windowsを初期化したらおかしくなった

Windowsの初期化は中華タブレットでは失敗する時があるので怖いのですが、今回も・・・また?と思いましたが正常に初期化できたので助かりました。

初期化している途中で以下のようになります。ボリューム+、ボリューム- のどちらを選ぶか聞かれるので、必ずボリューム - 下を選びましょう。

ボリューム+ 上の場合はTPMクリアになります。詳しくは分かりませんがTPM(セキュリティーチップ)を初期化するオプションのようですので使わないでしょう。多分

ボリューム下を押すとBIOS画面(下画像左側)になってそのままYESをタップしたらWindowsの初期化が始まりました。

ここまで来るのに何時間かかかるのでWindows10の初期化は非常に面倒ですね。

GLE1の細部

細部を見ていなかったところがあるのでもう一度みてみましょう。

アンテナなど

Wifiアンテナが右上にあってちょっと邪魔、180度しか回転できずに下には行きません。(下画像でいうと左に180度回転しかしない。)

img_20161026_151741

視野角はあまり広いほうではないのかなぁ、普通のスマホと同じくらいかな。

img_20161026_151813

ポート類

サイドの左・上にポートがずらりと並んでいます。標準USBなんか4つもあるのでUSBハブは必要なさそうです。ただしUSB3.0が1個

img_20161026_151822

電源はDCプラグを使わないでもMicroUSBからも電源になります。バッテリーは内蔵されているけど小さいようなのでほぼ電源なしでは動作不可です。

WANとHDMIがあるのでやはり固定して使うことを前提としているのでしょうか。それとも設計が古くてこうなったのか分かりません。

ボタン類

その他、ボタン類は前回も書きましたがプラ感があって完成度低いし、傷もある。

GOLE1 アプリとベンチマークテスト

Androidの初期画面

すっごくシンプルです。

screenshot_2016-11-07-19-48-18

アプリもほとんどないのでいじりやすい。

screenshot_2016-11-07-19-49-39

AnTuTu

Windows10

Android

やはり他のIntel Atom Cherry Trail x5-Z8300を積んだ中華タブレットとほぼ変わりない速さのようです。

Geekbench

比べてみても近差です。

ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench
Link 商品ページ レビュー カテゴリ
Cube Cube iWork 10 Flagship Android5.1 64907 713 2134
Chuwi Chuwi Vi10 Plus Remix2.0 64231 772 2222
Teclast Teclast X80 Power Windows10 75493 - -
Android5.1 64162 771 2171
Teclast Teclast Tbook 10 Windows10 70955 - -
Android5.1 58070 718 2067
ONDA ONDA oBook Windows10 68807 - -
Android5.1 61788 757 2147
Teclast Teclast Tbook 16 Pro Windows10 62555 - -
Android5.1 58430 851 1929
Chuwi Chuwi Hi12 Windows10 - -
Android5.1 58108 739 2152
Chuwi HI10 PLUS Windows10 69379 - -
Android5.1 57883 882 2004
Chuwi Chuwi Hibook Windows10 65719 - -
Android5.1 57884 738 2161
GOLE GOLE1 Windows10 73947 - -
Android5.1 58351 890 2033
Teclast Teclast X98 Plus 3G Windows10 71792 - -
Android5.1 56264 708 2048
Chuwi CHUWI HiBook Pro Windows10 63006 - -
Android5.1 56272 736 2137

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_2016-11-08-02-20-48

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 Android Play Store Apple AppStore Android Play Store Apple AppStore いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果で...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Apple AppStore Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Crystaldiskmark

ssff

MaxxMEM

capture

Crystaldiskmark Windowsタブレットやパソコンなどのストレージの速さ測定 Storage Seq Q32T1 4K Q32T1 Seq 4K MB/s Read Write Read Write Read Write Read Write ...

GOLE1 使ってみた感想

世界最小PCということで懐かしのVAIO Type UやType Pを思い出して少し思い出に浸っていたら記事書くのが遅くなりました。

発想としては良いのですが、これが少なくとも5年前だったら売れていたでしょう。小さいので今でも使い方によってはなにかできるのかもしれません。

スマホでも5.5インチが主流になってしまって、こちらは5インチなので普通のスマホよりディスプレイが小さい、ということでスマホがあればGOLE1は要らないのかもしれません。

スマホやタブレットと違うところは標準USBや有線LANなど拡張性があるので外部からの接続が必要な使い方であれば活躍するでしょう。

小さいながら普通の中華タブレットと同じようにAndroidとWindowsが使えて便利ですけど、ディスプレイが小さすぎるので常用はできずHDMIで外部に出力して使用するしかなさそう。

それか、サーバー監視用途?(今そんなのないか・・・)とかメンテナンスでたまに使う時には大活躍しそうな予感です。

使い道が見つけ出せれば唯一の小型PCなので重宝しそうです。

この記事は複数のページに別れています
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。