【日本版CHUWI Hi9 Plus 訂正あり】DSDS可能 対応BANDの確認・技適あり・キーボード・ペン・10.8インチ レビュー

CHUWI Hi9 Plusの新バージョンがやってきたのでレビューします。

新タイプのCHUWI Hi9 Plusはキーボード・筆圧感知1024のペンも使えてデュアルSIM LET対応でDSDS(3G+4G同時待受)可能になっています!

この記事は複数のページに別れています

CHUWI Hi9 Plusは2018年頃からありましたが、今回のは2019年バージョンで技適も取得してあって、DSDS(3G+4G同時待受)はドコモ系のMVNO SIM2枚で検証したところ問題なく4G・VoLTEで通信できることを確認しました。

技適もあるので!日本でも安心して問題なく使えます。

訂正 : 日本版は日本のAmazon.co.jpで販売されています。日本語キーボードはまだ未発売でもうすぐアマゾンから発売開始されます。

CHUWI Hi9 Plus

日本版 CHUWI Hi9 Plus

以下のBanggoodで販売されているCHUWI Hi9 PlusはEUバージョンです。日本版はアマゾンでのみ販売されています。

CHUWI Hi9 Plus

これで電話をしないデータ通信のみ方はスマホも必要なくなる?かな?

CHUWI Hi9 Plus 2019新バージョン

2019新バージョンは電源ボタンが以下のように赤くなっています。

CHUWI Hi9 Plusの

CHUWI Hi9 Plusの技適マーク

CHUWI Hi9 Plusの裏面に技適マークが刻印されています。

技適マークとR 208-160180と書いてあります。↓

CHUWI Hi9 Plus

これで安心してWifiもLTEもBluetoothも使えますね♪

CHUWI Hi9 Plus DSDS(3G+4G同時待受) 可能

SIMスロット

まずはSIMスロット、上側面のイヤホンジャックの隣にスロットがあります。

CHUWI Hi9 Plus

以下のように中華スマホのようなSIM2スロットがNanoSIM・MicroSDの共有になっていますのでどちらかしか使えません。SIM1スロットは専用のNanoSIMです。

DSDS(3G+4G同時待受)

ワイヤレスアップデートしておく

自分が検証して、日本のSIMに対応するようにCHUWIの担当者がアップデートしてくれたのでCHUWI Hi9 Plusを手にいれたら、ワイヤレスアップデートが降りてきているか確認してアップデートがあったら実行してくださいね。

CHUWI Hi9 Plus

上記バージョンよりさらに新しいアップデートがあると思います。(上記のバージョンは物理SIMスロットと画面に表示されるSIMナンバーが逆になっていました。)

通話SIM 2枚でテスト

ドコモ系の格安SIM、QTモバイルとBiglobeの2枚のMVNO SIMを使ってテストしてみます。

CHUWI Hi9 Plus

SIMスロット1にQTモバイル、SIMスロット2にBiglobeを刺した

3G通話がQTモバイル、VoLTE 4G通話・データ通信がBiglobeになって両方とも待受可能になっています♪

今度はモバイルデータをQTモバイルにしてみます。↓

CHUWI Hi9 Plus

SIMスロット1も2もどちらにしてもVoLTE 4G通信と3G通話が可能でした♪

ただし、ドコモ系のみできると思います。au系やSoftbank系のSIMだと対応バンドが少ないので使えないかもしれません。

CHUWI Hi9 Plus スペック

スペックは以下のようになります。DSDSできてもBANDが少ないのが惜しいところ。

画像CHUWI HI9 PLUS MTK6797X Helio X27 2.6GHz 10コア
機種名CHUWI HI9 PLUS
メーカーChuwi1214
キャリアSIMフリー
クーポン
Feel 表示
口コミ

★評価

Wish
4
9
3
OSAndroid 8
SocブランドMediaTek
SocMTK6797X Helio X27 2.6GHz 10コア
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ10.8インチ
解像度WQXGA(2560x1600)
パネルTFT
画素密度280ppi
バッテリー7000mAh
フロント カメラ800万画素
リア カメラ800万画素
重量700g
サイズ 縦x横x奥行266.2x177x8.1mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.1
GPS
WiFia/b/g/n/ac
充電USB Type-C
SIMDual(MicroSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1800(9),800(19),1500Lower(11),CDMA2000(BC0),CDMA1X 2100(BC6)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),1800+(3),900(8),800Lower(18),800Upper(19),1500Upper(21),700(28),TD2500(41)
実測値Antutu:104695
Geekbench:Single 1736 / Multi 4686
RAM:4786.85
Memory:Read 108.71/Write 89.86
SD:Read 110.27 / Write 122.07
備考・特徴BANDは日本版Hi9 Plusのもの。

この後、CHUWI Hi9 Plus本体のも見ていきましょう。キーボード・ペンもありますので一緒にみていきます。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. 放浪者 より:

    通りすがりですが、

    〉ただし、ドコモ系のみできると思います。au系やSoftbank系のSIMだと対応バンドが少ないので使えないかもしれません。

    ドコモは3g、4g共にプラチナバンド非対応、3G対応band1、※5(band6内包)、LTE対応band1、3。
    ※中華端末ではband5、850mhzでband6の800mhz通信ができる端末が多いのであらかた通信ができる場合が多い。むろん機種によっては通信できない場合もある。

    AUは論外、ほぼ通信不可。

    Softbank、Ymobileは3G,band1,8(一応プラチナバンド) 4G,band1,3,8(一応プラチナバンド),※41
    ※band41はキャリアアグリゲーションで使われるband帯、CA対応端末及び対応bandを満たしていれば、2つ以上の回線を使用して高速通信ができるというもので単独通信はできない。しかしながら対応してなくてもあまり問題はない。
    上記の通り、中華端末で一番適しているのはプラチナバンド込みでのフル対応であるSoftbank回線が一番相性が良い。
    一応プラチナバンドと書いたが、ソフトバンクはほかのキャリアよりプラチナバンドの周波数帯が高いせいか、屋内での通信にめっぽう弱かったりするので一長一短である。
    しかしながら、docomoのプラチナバンドが使えない状況であればある程度のアドバンテージはあるので、この端末で推奨されるキャリアは、Softbank、Ymobileということになる。

    都会の街中などの主要エリアだとdocomoでもSoftbankでもあまり変わらないが、地方では致命的な差になる可能性があるので、この辺りは的確に記載するべきかと。
    うのみにしたユーザーが誤って使用しずらいキャリアで契約すると色々と大変なので悪しからず。

    • 放浪者 より:

      連投失礼します。
      AU一部を除くdocomo、Softbank系でのフル対応bandのようです。

      先の投稿失礼しました。
      マイナーbandにも一部対応しているようなのでAU以外のキャリアでは問題はないと思われます。
      日本対応というのは伊達ではなかったようです。

      • GO より:

        放浪者様
        コメントありがとうございます。
        曖昧な情報で申し訳ございませんでした。
        CHUWI担当者に聞いたところBANDは以下のようになっていました。
        【日本バージョン】
        CDMA:BC0、BC6
        WCDMA: 1、8、9、11、19
        LTE: 1、3、8、18、19、21、28、41
        こちら日本版CHUWI Hi9 Plusが日本のBANDに対応しているバージョンです。
        Amazonのページには『ドコモ系はサポートしてない』と書いてありますが、自分が確認した限り(ドコモ系NVMOで、ファームウェアアップロード後)では対応していました。後ほど詳細にBANDも確認してみますね。
        Hi9 Plus用の日本語キーボードのほうはまだ未発売でもうすぐアマゾンで発売されるようです。
        この記事のほうも訂正しておきます。
        情報ありがとうございました。

放浪者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。