テレワークの背景 おすすめランキング10選・自作 秘密基地のカベ

ここ数年間は関東から九州に越してきて断捨離をしてシンプルライフの生活をしていましたが、最近はコレクター癖が再発してしまってガジェットが増えてきてしまいました。

そこで、ガジェットを飾る棚が欲しくて秘密基地のカベを自作してみました。

この記事は複数のページに別れています

現在住んでいるのが賃貸マンションなので、マンションのカベや床を傷つけずに「カベ」自体を作って秘密基地(と言えるほど大げさなものでもないのですが・・・

お許しくださいm(_ _)m)にしました。

テレワークでビデを会議する方の背景としても良さそうな感じに仕上がってきましたので、

参考にしてくださると嬉しいです。

スポンサーリンク

IKEAで買った秘密基地のカベ材料

まずはIKEAに行って材料を調達してきます。カベは安くて軽いテーブルトップ(デスクの天板)のリンモンを2枚買ってコレを立ててカベにします。

カベ(デスク天板)に棚やメモボードをビスで付けていきます。

ビスはデスク天板の端のほうは効きますが、真ん中あたりは空洞になっているので空回りする場合もあります。今回はコーススレッドでメモボードの受けは30mm、ウォールシェルフは35mmの長さで付けました。

ガッチリとはつかないものの、外れることはなさそうです。

その他にセールで売っていた「金属のろうそく立て(カベの足にする)」と「フロアプロテクター(椅子の足につける傷防止のスポンジ)」を買って床やカベを傷つけないように使います。

おまけで買ったもの

磁石が大好きなので、オマケで以下のクングスフォルスの製品も買ってみました。

IKEAで買った費用は合計で21000円ほどだったと思います。

秘密基地のカベ レイアウトを考える

IKEAで天板や棚などを買ってきたはよいものの、実際に設置してみておかしかったらどうしよう?と思いつつレイアウトを考えてみました。

最初のレイアウト

IKEAで買ってきてとりあえずデスク天板やメモボードなどを並べてみました。

秘密基地のカベ

現状の自作カベ

現在は新しく作る秘密基地のカベと似たような並びですが、本当に適当な秘密基地といった感じで安っぽくてグチャグチャしているので家族にもブーイングが来ている状態(汗)

IKEAで1500円ほどで買えるブリキの棚を改造してカベにしたから安っぽいのは当たり前か、

秘密基地のカベ

コレをブラックなカベを作ってかっこいい感じの秘密基地のカベにしていきます。

最終的なレイアウト

こんなふうにレイアウトしてみました↓

  • 上段:棚 ウォールシェルフ
  • 中段左:メモボード ラズパイや電子工作を磁石でくっつける
  • 中段中:タブレット3台設置
  • 中段中上:棚 モッスランダ
  • 中段右:モバイルモニター2台設置
  • 下段上:リンモン テーブルトップ キーボードやマウスを置く
  • 下段左:棚 モッスランダ
  • 下段右:メモボード 製作中の電子工作や8チャンネルリレーを設置

平置きで並べてみると以下のようになります。

秘密基地のカベ

全てのパーツがまだ出来ていない状態なので3Dプリンターでパーツの完成を待ちます。

3Dプリンターで作った壁を固定するパーツ制作

パーツは構造物をジョイントしたりつなげたりするものなので、ちょっとやそっとでは壊れないように強度を高くしました。

普段の3Dプリンターで作ったパーツは中身がスカスカなので、ちょっと時間が経つと曲がってしまったりするのが難点なので、今回は中身(インフィル)の密度をあげて曲がったり折れたりしないようにします。

3DプリンターのパーツはTINKERCADで3Dデータを公開していますので、よかったらお使いください。

秘密基地のカベ パーツ制作

自作カベを立てるのに、マンションの壁のクロスやフローリングの床を傷つけないようにするために、既存の左右にあるデスクを支えにして自作カベを作っていきます。

3Dプリンターでパーツを作る

カベをささえる足のパーツや机とつなげるためのジョイントのパーツを3Dプリンターで作ります。

いつもの適当なパーツは密度が25%ほどですが、今回は「カベ」パーツなので強度が出るように3Dプリンターのインフィルの密度を80%にしました。そして、パーツの内部のパターンを速くプリントできて縦にも横にも強度の強そうなキュービックに変更。

プリントの太さは0.3mmと普通の太さに、0.1mmなど細くすると完成までに20時間以上かかる場合があるのでやめておきます。

秘密基地のカベ ベース

カベをジョイント・支えるパーツを上・中・下のパーツそれぞれ左・中・右の3個ずつ合計9個のパーツを作る。1個9時間~20時間くらいかかるので数日かかりで3Dプリンターをフル回転させる。

20時間かかるパーツは夜寝る時も動かすので3Dプリンターは寝室に置いてあるので他の部屋で寝ました。

上 マンションカベの緩衝パーツ

秘密基地のカベが揺れた場合に本物のマンションのカベのクロスを傷つけないようにパーツを作ります。

自作カベの裏からビス止めするのがメンドウなので、上からもビス止めできるようにビス穴を4箇所ずつ作りました。

3D design Wall-top created by Bey.jp with Tinkercad

ビス穴が無い場合で直接ビスを3Dプリンターで作ったパーツに入れるとパーツが割れる場合が多いので、ビス穴は必ず必要です。

真ん中・デスクのジョイント

左右のデスクとのジョイントするパーツと、自作カベ(デスク天板)のカベとカベをジョイントするパーツを作ります。

3D design Wall-mid created by Bey.jp with Tinkercad

右側のデスクとのジョイント

右側のデスクとカベをくっつけるパーツ。(左の長い部分はクッションを付けてマンションのカベにそっとあたるようにする。)

PLAフィラメントを使い切ろうと思って↓パーツを作ったら途中でフィラメントがなくなってしまった。けどコレでも使えるのでこのまま使う。

秘密基地のカベ

普段よりもインフィル(中身)の密度が高く、中が詰まっている。

中心のカベとカベのジョイント

2枚のカベ(デスクの天板)のすき間を15mmほどにしてカベとカベをジョイントするときの中心パーツ↓0.5mmほどちょっとゆるめに作りましたがかなりキツくてカベとカベをはめるのに難儀しました。

秘密基地のカベ

カベのベース(足)の部分

自作のカベは床から15cm強の高さに設置したかったので3Dプリンターでベースを作りました。

3D design wall-base created by Bey.jp with Tinkercad

ベースの真ん中のパーツ↓は20時間ほどかかった。

秘密基地のカベ

ベースの下にイケアでセール品になっていた金属のろうそく立てを下にして合体させますと↓こんな感じにします。(この上にカベを乗せる。)

秘密基地のカベ ベース

ただ、3Dプリンターで作ったベースの強度が弱いらしくろうそく立ての根本部分で折れてしまった(泣)

ということで、また3Dプリンターでベースと足を補強する筒↓を作って合体させる。

秘密基地のカベ ベース

コレで↓多分壊れることは無いと思います。

秘密基地のカベ ベース

秘密基地のカベ組み立て

3Dプリンターで出来あがったパーツを取り付けてカベを組み立てていきます。

秘密基地のカベ

構造物をジョイントするパーツが出来上がってきたので、今度はタブレットやモバイルモニターをカベに取り付けるパーツを作っていきます。

秘密基地のカベ

最近また植物を育てる(めんどくさがりですぐに枯らす・・・)のを再度挑戦しているので棚に植物でも置いてみます。

また物が増えてしまって、今度(約2年後)遠くに引っ越す時が心配になってきました。

秘密基地のカベ 9/18現在の途中経過でした。

『秘密基地はこうしろ!』という大佐(あなた)の司令がありましたらコメントで受付中ですm(_ _)m

続く、

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。