Xiaomi Wi-fi6 対応ルーター AX200 レビュー Wifiって必要?

そろそろWi-fi6(IEEE 802.11ax)の速度がどれくらいのスピードが出るのか、実際に今住んでいる福岡の田舎の光回線では実際にどのくらいの速度が出るのか試してみたくなってきたのでXiaomi Wi-fi6対応ルーター AX3600を導入 レビューしていきます。

Wi-fiルータをご自宅で導入していない方やそろそろWifiルーターを変え時な方にも参考になるようにWifiについて簡単に説明していきますね。

それと、パソコンのWifiカードがWi-fi6に対応していないので、2千円ほどのIntel Wi-Fi6 AX200(ノートPC用で、デスクトップ機の場合はPCI Expressアダプターが必要)を買ってWi-fi6を試してみました。

結論としては、田舎の1Gbpsも出ない光回線ではWi-fi5ルーターで十分で、Wi-fi 6ルーターの恩恵はいまのところあまり受けられない、といった感想。今後は光回線が速くなっていって、スマホもWi-fi 6対応に変えればよりWifi6ルーターを使えるガジェットとして役に立ちそう。

Wifi5からWifi6に変えて光回線のインターネットでどのくらいのスピードが出るかやってみます♪

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Xiaomi Wi-fi6ルーター AX200

Wifi・インターネット・イーサーネット通信を説明

ここでWifiルーターってなぜ必要?という方向けにちょこっと簡単に説明していきますので、ご存知な方は読み飛ばしてくださいね。

Wifiルーターって必要?

Wifiルーターは主に家庭で光回線やADSL回線を引いている人が無線LAN(Wi-fi)に接続してスマホやタブレットを使いたい場合に必要です。

パソコンの場合はLANポートがる場合で有線LAN接続できる場合はWi-fiルーターは必要ありません。

スマホはどこでもモバイルデータ通信を使えばインターネットができますが、ギガ(データ通信量)を消費し通信速度もそれほど速くはないので、家庭や会社ではWifiに接続してデータ通信するのが一般的。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Wi-fiルーターの役割はインターネット回線を無線でスマホやノートパソコン・ゲーム機に接続する役目

Wifiの特徴はスマホのLTEなどのモバイルデータ通信と違って(光回線だと)速度が速いことと、光回線の毎月の料金を払えばインターネットでのデータ通信し放題というところ。

移動体通信システム(モバイルデータ通信)とは?

移動体通信システム(モバイルデータ通信)は3G・LTE・5Gといった外出先や外で主にスマホで通信する規格で、データ通信(インターネットに接続して通信)で使います。

特徴としては、データ通信するごとにギガ(データ通信量)を消費して、消費ごとに携帯キャリアや格安SIM(MVNO)に料金を払う。

速度はLTEで格安SIM2~24Mbps程度、ドコモでMax300Mbpsほどなので、現在のところ光回線のほうが高速で通信できるので自宅・会社ではWifi通信・外出先では移動体通信が通常のスマホの使い方。

LTEの上位規格の5Gがもっと普及すれば最大3.4Gbpsなので1Gbpsくらいの速度が一般的になってくるのかもしれない。

Wi-fi(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)(無線LAN)

国際規格IEEE 802.11規格を使った無線LANをWi-Fi(ワイファイ)と呼びます。

Wi-fi(無線LAN)の役割は主に家庭内(会社内)にきた光回線をWi-fiルーターで家庭内のスマホやタブレットなどの無線を使ってインターネット通信する機器にデータを転送すること。

Wi-fiの届く距離

モバイルデータ通信は対応エリアが広いのに対してWifiは障害物ありで100mほどしか届かない。障害物が無い場合は300mほど届くようです。

Wi-fi 規格

Wi-fiには規格があって、それぞれ速度が違いますのでここでチェックしてみましょう。

  • IEEE 802.11a:Max54Mbps(5GHz)
  • IEEE 802.11b:Max22Mbps(2.4GHz)
  • IEEE 802.11g:Max54Mbps(2.4GHz)
  • Wi-fi 4=IEEE 802.11n:Max600Mbps(2.4GHz,5GHz)
  • Wi-fi 5=IEEE 802.11ac:Max6.93Gbps(普及製品Max3467Mbps)(5GHz)
  • IEEE 802.11ad:Max7Gbps(5GHz)
  • Wi-fi 6=IEEE 802.11ax:Max9.6Gbps(現製品Max4804Mbps)(2.4GHz,5GHz)

※最大速度は理論値で実際のWi-fiルーターはここで書いているMax●Mbpsの速度は出ないところがややこしいところ

Wi-fiのIEEE 802.11の規格はもっと多くの種類がありますが、一般家庭で普及している規格は上記6種類。

実際にWi-fiルーターを買う場合は、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/axに対応している機種を買えばWi-fi6に対応している機器(スマホやPCなど)は高速でネットが使えて、Wi-fi 6に非対応機種はもう少し低速のWi-fi 4・5を利用できます。

イーサーネット(IEEE802.3/3u/3ab)とは?(有線LAN)

イーサーネットはLANケーブルで有線接続してTCP/IPプロトコルでPC間やインターネットで通信する規格。簡単に説明していきます。

Wi-fiよりイーサーネットのほうが速い

最近はパソコン以外はほとんど使わなくなってしまったと思いますが、有線でルーターとパソコンを接続すると光回線やADSLのスピードをダイレクトに享受することができるために、無線のWifi接続よりもスピードが速いと感じることがあると思います。

最近のルーターはほとんど1000Base-T対応になっているために最高で1Gbpsのスピードが出るので光回線が1Gbps出る地域の場合はWifi6(最高4804Mbps)よりも有線だと2倍も速くデータ通信することが可能。(インターネットを使わずLANの中だけではWi-fiでももっと速く通信できます。)

ラップトップPCや光回線の近くにPCがある場合はなるべく有線LANで接続したほうがインターネットの速度が速く感じるでしょう。

イーサーネットの伝送速度

イーサーネットのスピードの規格は主に以下の3種類。2020年はほとんど1000BASE-T(ギガビットイーサ)対応のルーター・ハブなどの機器が出回っています。

  • 10BASE-T     (IEEE802.3):最大速度10Mbps
  • 100BASE-TX(IEEE802.3u):最大速度100Mbps
  • 1000BASE-T(IEEE8.2.3ab):最大速度1Gbps(=1000Mbps)

RJ45ポート

LANケーブルはRJ45(Registered Jack 45)=イーサーネットコネクタでハブやルーターとつなぎます。

WifiルーターはたいていWAN(光回線・ADSL)ポートと、LANポートが数個ハブとしての役割として付いていますのでLANケーブルでパソコンやプリンタ・ゲーム機などと接続しておきます。

今回レビューするXiaomi AIoT Router AX3600はLANポートが3ポートありました。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

LANケーブルの種類(カテゴリー)

LANケーブルを買う場合はカテゴリーをチェックしましょう。以下のようにカテゴリーによって転送速度が変わってきますので、最低でもカテゴリー6以上、できればカテゴリー8を買うようにするとよさそうです。

  • カテゴリー5  :~100MBps(帯域幅100MHz)
  • カテゴリー5e:~1Gbps(帯域幅100MHz)
  • カテゴリー6  :~1Gbps(帯域幅250MHz)
  • カテゴリー6a:~10Gbps(帯域幅500MHz)
  • カテゴリー7  :~10Gbps(帯域幅600MHz)
  • カテゴリー7a:~10Gbps(帯域幅1000MHz)
  • カテゴリー8  :~40Gbps(帯域幅2000MHz)

帯域幅は周波数の幅で大きいほど伝達できる情報量が多いことです。

光回線でインターネットをする場合はカテゴリー5e以上のLANケーブルを使えばまったく影響はなさそうです。

でも、最近は5Gbpsとか10Gbps出る光回線も出てきた(田舎住みには縁がない世界・・・)ので、どうせ買うんだったらやはりカテゴリー7以上のLANケーブルを選びましょう。

Wi-fi 6 と Xiaomi AX200ルーター の特徴

Wi-fi 6(IEEE 802.11ax)について簡単な説明と、レビューするXiaomi AX200ルーターの特徴をみていきましょう。

Wi-fi 6になってWi-fi 5から変わったことは主に転送スピードOFDMA(同時に多くの機器に転送)できること。

  • 転送スピード:Wi-fi 5 Max3467Mbps →Wi-fi 6 Max4804Mbps(製品理論値)
  • OFDMA:同時にたくさんの端末にデータ転送可能

Wi-fi 6はWi-fi 6ルーターと、Wi-fi 6に対応する端末(パソコン・スマホ・タブレット)がセットになって始めて有効になるので、Wi-fi 6ルーターを導入しても、スマホがWi-fi 6に対応していないとスピードの威力を発揮できません。

Wi-fi 6の転送スピード

Wi-fi 6はWi-fi 6ルーターとWi-fi6に対応した機器(パソコン・スマホなど)のセットで使うと送受信がWi-fi 6になって今までよりもスピードアップします。

レビューするXiaomi AX3600 ルーターのスピードですが、最大2976Mbps(理論値)とWi-fi 6対応の割にはあまり高速で通信できません。

他の高級Wi-fi6ルーターだと最大4804Mbps(理論値)のスピードがでます。

ですが、パソコンでWi-fi 6カードは最大速度2404Mbpsなので、パソコン数台を常にMaxスピードで使うわけでは無い限りは、いまのところWi-fi 6ルーターは最大2976Mbpsあれば十分な気がします。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

前に使っていたXiaomi ルーターはWi-fi 5ルーターでしたが、最大2600Mbps出るので、Xiaomi AX3600の最大2976Mbpsは若干速度アップした程度。

GearBestからMU-MIMOで最大速度2600MbpでるXiaomi Mi R3P Wifiルーター Proが来たのでレビューします。 こちらは4本アンテナでIEEE 802.11 acデュアルバンドでUSB3.0でNASと、Androidなスマホ・タブレットでMi Wifiアプリで操作できます。

ただ、Wi-fi 6からはもう一つの特徴のOFDMAという多くの端末に同時にデータ転送できるのでWi-fi 5よりも倍~4倍ほどデータ転送が速くなりそう。

OFDMA(直交周波数分割多元接続

Wi-fi5(下図下側)までは1つの機器ごとに順番にデータを転送していたのに対し、Wi-fi 6では同時に複数の機器にデータ転送を可能にして、高速データ通信ができるようになりました。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Wi-fi5のOFDM(直交周波数分割多重)ではトラック1台ずつが順番に端末にデータ転送をしていたのに対し、Wi-fi 6のOFDMAでは1台のトラックで同時に複数の端末にデータを転送できるイメージ。

このOFDMAで転送スピードはWi-fi5に比べてあまり速くなってはいないものの、複数の端末がある場合のスピードが向上して威力を発揮します。

各家庭にはスマホやパソコン・TVなどのWi-fiに接続する機器は10台くらいはあると思いますので、同時に4K映像を見る場合にはWi-fi 6が必要になってきそうですね。

BSS カラーリング

都市のマンションなど密集した住居でW-fiルーターのAP(アクセスポイント)の乱立で混線したり切断・接続を繰り返しデータ転送が遅くなったりする不具合があったのですが、

Wi-fi 6から採用になったBSS(Basic Service Set)カラーリングでは簡単にいうと、転送データの中に色を付けて自分のルーターを探せるようになりました。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

これで密集したマンションや都市部でも『Wi-fiにつながらない!』ということが少なくなりそうです。

Wi-fiセキュリティ規格 WPA3対応

WPAはWi-Fiに接続するときに悪意ある第三者にログインされないためのワイヤレスセキュリティプロトコルです。

新しいバージョンのWPA3は、簡単に言うと適当な短いセキュリティ強度が弱いパスワードでもSAEハンドシェイク技術でWPA2の脆弱性を無効にする。というのが特徴。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Xiaomi AX200ルーターはWPA3-Personalですが、よりセキュリティ強度の強いWPA3-Enterprise機能があるルーターや、飲食店などのお店でWi-fiを提供する場合はWi-Fi CERTIFIED Enhanced Openが使えるWi-fiルーターを選ぶとよさそうです

  • WPA3-Personal:パスワード類推攻撃に対する保護
  • WPA3-Enterprise:CNSA実装(192ビット暗号化システム)企業向け
  • Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open:公共のフリーWi-fiなどの無防備な通信を、Enhanced Open技術で端末間の通信データを傍受できない仕組み

Wi-fiルーターのセキュリティを強化しておけば家庭でも会社でもある程度は安心して無線通信ができそうです。

Xiaomi AX3600ルーターの特徴

Wi-fi 6の特徴を簡単にみてきたので、最後にAX3600の特徴も少しだけみていきましょう。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

AX3600の特徴をまとめると以下のようになっています。最新のWi-fi 6ルーターの機能を搭載しているようです。ただ、データ通信速度がMax2976Mbpsなので速度重視な方はご注意ください。

  • Wi-fi
    • デュアルバンド:5GHz・2.4GHzデュアル同時接続で通信速度Max2976Mbps
    • MU-MIMO:1本のアンテナで複数の端末に送信、端末に向けて適切な電波を送信するビームフォーミング機能搭載
    • OFDMA:直交周波数分割多元接続
    • WPA3:高強度セキュリティプロトコル
  • CPU:Qualcomm IPQ8071A A53搭載
  • アンテナ:高利得・AIoT(AI+IoT)スマートアンテナ
  • NetEase UU:ネットイース ゲームアセクレーター

Wi-fi6ルーターの標準的な機能搭載されているといったところでしょうか。

Xiaomi Wifi6ルーター AX3600 開封

ということで、前置きがすごく長くなってしまいましたが、AX3600を開封していきます。

Banggood(中国)からやってきたのと、化粧箱が大きく他の商品と一緒にやってきたので、ビニールに包まれただけで緩衝材が入ってませんでした・・・

なのでちょい化粧箱に傷があった。幅約45cmと結構大きな箱です。

↓中国語でOFSDMAやMU-MIMOの説明、図でなんとなく分かる程度。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

開封

6本アンテナのAX3600登場

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

アンテナは左右真ん中に左右2本、後ろに5本の合計6本。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

裏面は全面が熱を排気するスリットになっている。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

ポートは一番左に光回線を接続するWANポートと、右側には有線LANポートが3つ、その右に電源のDCポートとリセットスイッチのみ。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

ほぼ全部ブラックですが、三角の頂点にブラウンからーの金属棒?がついています。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

取説は中国語です。

付属品

専用のACアダプターと短めのLANケーブル

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

12V/2AのACアダプター、ACアダプターはかさばって専用なので、できればUSB Type-Cで動くようにしてほしかった。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

旧 Xiaomi ルーターとサイズ比較

ルーターを設置する前に以前のXiaomi ルーターとサイズを簡単に比較してみましょう。

横に長く(約40cm)て縦に短い(約11cm)サイズになっています。旧型は横に短め(約20cm)で縦に長め(約15cm)。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

グレーボディーのXiaomiルーター↓は以前レビューしましたので興味ありましたらご覧ください。

GearBestからMU-MIMOで最大速度2600MbpでるXiaomi Mi R3P Wifiルーター Proが来たのでレビューします。 こちらは4本アンテナでIEEE 802.11 acデュアルバンドでUSB3.0でNASと、Androidなスマホ・タブレットでMi Wifiアプリで操作できます。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

白いXiaomiルーターはBanggoodでWi-fi5で30ドル台(Xiaomi Mi Router 4)と安い。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

今までのWi-fiルーターよりも横幅になってしまったので置き場所にちょい困る。

ウチ(賃貸マンション)ではガス台の裏キッチンカウンターに光回線が来てましてボックスの上にWi-fiルーターを置く↓と幅が広すぎて横にはみ出ちゃう。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

この状態でしばらく使ってみます。

Intel Wi-Fi 6 AX200

続いてウチにはWi-fi 6の端末がまだ無い!ので、パソコンをWi-fi 6に変えるためにWi-fi 6のワイヤレスカードを導入してみます。

こちら↓ノートパソコン用のWi-fi6ワイヤレスカードですが、PCI Expressの変換ボードに装着すれば自作パソコンでも使えるようになります。

このワイヤレスカードのみですと2千円ほどなので安くWi-fi 6化できますね。

https://amzn.to/3hdDnnb

Intel Wi-Fi 6 AX200

Wi-fi6(AX200NGW)とWi-fi5(9260NGW)

去年(2019)にWi-fi5の9260NGWに交換したばかりだと思います。まだWi-fi5でも十分なのですが、せっかくWi-fi 6ルーターにしたのでWi-fi 6のAX200NGWに換装してみます。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

サイズも接続端子の切り込みも全く同じなので、

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

同じPCI ExpressのWifi変換ボードに装着して自作パソコンで使えます。

ドライバ

Intel Wi-Fi 6 AX200カードはそのままでは使えず、ドライバーをインストールしておかないと動きませんでした。

ドライバーは以下のページからダウンロードします。

インテル製品用のサポート・ソフトウェア、BIOS、ユーティリティー、ファームウェア、修正パッチなど、最新ドライバーおよび以前のドライバーをダウンロードします。

Wifi

インテル®ワイヤレス・アダプター用 Windows® 10 Wi-fi ドライバー

Bluetooth

ドライバーインストール

ダウンロードしたWi-fiとBluetoothのドライバーをそれぞれインストールします。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

ドライバーをダブルクリックすると以下のようにインストーラが機能しますので適当に次へボタンを押してインストールしましょう。

ドライバーインストール完了したらWindowsを一旦終了します。

自作パソコンにWi-fi6ワイヤレスカード装着

PCI ExpressのWifi変換ボードIntel Wi-Fi 6 AX200を装着して、今メインで使っているパソコンに装着してみます。

静かでとても気にいっていた自作PCが3年経って少しずつ壊れてきました・・・マザーボードが調子悪くなったというかIntel 7260 Wifiカードが調子悪くて、ネットがブツブツと切断されるようになったのでマザーボードとWifiカードを変えてみました。 これを機にPCケースなしでパソコンをまるごと机の裏にくっ...

変換ボードに換装してみました。↓Wi-fiとBluetoothのドライバーもインストールしたし、あとはPCにつなげてWindowsを起動してみます。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

Wi-fi6ルーターとWi-fi6カード装着のパソコンで速度を見る

Wi-fi6カード装着したのでWi-fi6ルーターとのデータ通信はどのくらいの速度かみてみましょう。

Windows10でコントロールパネルが探しにくくなってしまいましたが、以下のようにたどるとWi-fiの詳細表示されます。

スタートメニュー > Windowsシステムツール > コントロールパネル > ネットワークと共有センターで「アクセスの種類:インターネット接続のリンクをクリックすると以下のように表示されます。

Xiaomi Wifi6ルーター AX200NGW WIFI6

速度の部分で865.0Mbps出てます。見た限りでは721Mbps~1.7Gbpsくらいの速度がでているようです。

長くなってしまったので、続きます。

中華スマホ スペック情報

中華スマホ・中華タブレット・中華ラップトップのスペックをみたい場合はコチラのページ↓をご覧ください。

中華スマホ・タブレットのスペック表

Banggoodや他の海外ネットショップ、たまに中国以外のスマホのスペックも掲載してありますので気になるガジェットのスペックを知りたい場合はアクセスしてみてくださいね。

Banggood クーポン情報

Banggood担当者がクーポンを書いたらすぐ(遅延約5分以内)に表示されるページを作りました。↓

最新のリアルタイム クーポン一覧はこちらを御覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Banggoodのリアルタイムクーポン

こちらのページでお好きなガジェットのクーポンをゲットして、決済時にクーポンを適用させれば価格が5~50ドル(約500円~5500円)ほど安くなります!

中には1万円ほど安くなるレアなクーポンがありますので、ぜひ探し出してお得にお買い物してくださいね。

海外通販 Banggoodの買い方

最近は日本で買うガジェットのほとんどが中国製のものが多いので、直接 中国の海外通販で買ったほうが激安で買えるのですが、『だまされた』とか『壊れていた』などの話を聞くので心配、 という方は中華系海外通販のBanggoodをオススメします。 Banggoodの特徴から、メンバー登録・お得な...

Banggood新会員は20ドルクーポンもらえる!

Banggoodでまだお買い物をしたことが無い方は以下のページを一読されてお得に会員登録しましょう。

こちら↓のページの説明通りにすると、最初の購入~3回目の購入まではお得な特典・プレゼントがもらえます♪

初めて海外通販で買い物する方は日本で買うよりも安く買えるメリットがある反面、少なからず不安があると思います。 不安としては英語表示なので分からない部分をいちいち通訳したりや住所を英語で書かないといけないのでメンドウな点や、壊れた商品・違う商品などが届くトラブルが起きそうで不安など、初めての海外通販は不安があ...

今ならバングッドに新規ユーザー登録すると20ドル分のクーポンがもらえてお得です。

Banggood スマホ版 買い方

Banggoodも発送方法が主にEMS(国際スピード郵便)と国際小包に変わってきたりで去年と違うので再度Banggoodの買い方を詳細にまとめておきます。 今回は主にスマホのWebブラウザ画面で説明していきます。スマホとパソコンの表示は少し違ってパソコンのほうが詳細事項を表示してくれますので、買い物をすると...

Banggood 不良品を交換してもらった方法

兄弟サイトでレビューしたクアッドコプターKai Deng K70Fがビス欠品・ディスプレイ充電できない・飛ばないと・・・三重苦だったのでBanggoodに交換依頼してみました。 まだ解決したわけではないのですが、その経過をお伝えします。
Banggoodちゃんもなかなかやりやす♪スポンサーだからひいき目で見ているという点は否めませんが(汗)不良品の返品送料を負担してくれれてさらに違う商品と交換してくれるのは、中国系のネットショップではありえない神対応です。

支払いはPaypalで安全・安心の買い手補償制度あり!

中華系のGearBest・Banggoodや米ebay.comなどの海外通販をする場合はクレジットカード持っていれば買えますが、ペイパルがあるとさらに安心してお買い物することができます。 何故かと言うと「買い手保護制度」があるので商品が万が一届かないとか壊れていた場合でもペイパルが海外ネット通販に代わって全...

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。