中華4Gスマートウォッチフォン KOSPET HOPE レビュー 完全体に近づきつつある!

完成に近づいた4GスマートウォッチフォンKOSPET HOPEがやってきたのでレビューしてみます。

こちらのKOSPET HOPEは現在のスマートウォッチができる機能が全てできるスマートウォッチで4G通信も可能ですので単体で電話としても使用可能なスマートウォッチフォンです。そして中華スマートウォッチフォンなので100ドル台前半と安い!

ただし、このスマートウォッチはベゼルが丸いので相変わらず四隅の角がタップしずらい、またはタップできない(電源ボタン長押しして四角モードに切り替えてもだめな)アプリもあります・・・この問題は解決できないのだろうか?コレ以外の問題はほぼクリアしたように感じました。

Kospet Hope

Kospet Hope

動画も御覧ください。

Kospet Hope できること・スペック・特徴

できること

  • 通信:4G通信+Wifi+Bluetooth
  • 800万画素カメラ:右側面にスパイカメラ
  • ハートレートモニター:スポーツ時の心拍数計測
  • GPS:Googleマップでナビ可能、ただしAndroid Autoはインストールできなかった。

と主に4つの機能があります。ようはスマートウォッチフォンの主要機能ができる全部入ですね。

LTE通信できる!

このスマートウォッチフォンはLTEが使えるので人によってはこの時計だけで電話もLINEもほとんどの通信が可能。画面が小さいのでWebサイトや本を読むにはきついかもしれませんが、それ以外の通信ならばほぼこれで事足りそう。

Kospet Hope LTE

800万画素カメラ

800万画素のカメラでスマホには負けますが画質もなかなかよくちょっとした撮影ならば十分に使えそう。

Kospet Hope 800万画素カメラ

ディスプレイの表示もなかなかきれいに↓表示してくれます。ジャギー出てスンマセン。

Kospet Hope 800万画素カメラ画質

ハートレートモニター

スマートウォッチなのでハートレートモニターができるのは普通でこちらは特に目新しい機能ではないですね。

Kospet Hope Heart

GPS

GPSでGoogleマップのナビは使えました。

Kospet Hope GPS

Android Autoは 設定 > もっと見る > Google Play開発者サービス > サービス にダウンロードリンクがありましたが・・・Playストアに行くと端末が対応してないとのことで使えませんでした。

スペック

CPUがMediaTecのMTK6739で3GB/32GBと最近のエントリーモデルに近いスペックで操作にはもたつきは全くありませんでした。そして対応BANDも多めで特にSoftbankのSIMだったら使えるスマートウォッチフォンなのかもしれません。

画像Kospet HOPE MTK6739 1.5GHz 4コアスキスキスキ
機種名Kospet HOPE
メーカー中華スマートウォッチ1248
キャリアSIMフリー
価格表示
最安値▶

GeekBuying

3GB/32GB$144.99
Feel 表示
口コミ

★評価

評価

評価4.1:1人

Wish
3
16
5
OSAndroid 7
SocブランドMediaTek
SocMTK6739 1.5GHz 4コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ1.39インチ
解像度400x400
パネル有機EL
画素密度407ppi
バッテリー620mAh
フロント カメラ-
リア カメラ800万画素
重量65g
サイズ 縦x横x奥行56x46x13.5mm
SD-
BluetoothV4.0
GPS
WiFia/b/g/n
防水機能IP67水中浸漬に対する保護
防塵性能IP67耐塵形
SIMNanoSIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),1900+(39),2000(34)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),1900(2),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),700ac(12),700bc(17),800DD(20),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)

弱点はバッテリーが620mAhと少ないのでいじくりすぎるとバッテリーがどんどん減っていってしまって終了するのが辛いところ。

特徴

  • Soc:MTK6739 1.5GHz 4コア
  • メモリ3GB・ストレージ32GB
  • IP67防水
  • バンド2つ:革とゴムバンド
  • フェイス交換自由
  • 9個のスポーツモード
  • スマホアプリでスマホとBluetooth接続

スマホ エントリーモデルなみのSoc MTK6739

Socもちゃんとしたのが搭載されていて画面が小さい分サクサク動きます。

メモリ3GB・ストレージ32GB

3GB/32GBあって他のスマートウォッチよりもだいぶ多め。

KOSPET HOPE メモリ3GB・ストレージ32GB

IP67防水

水没はきつそうですが、ちょっとした水洗いでは壊れなさそう。

KOSPET HOPE IP67

交換ベルト(バンド)2種 付属

交換ベルトが革とゴムの2種類入ってます。

KOSPET HOPE Band

時計のフェイスは交換自由

スマートウォッチの特徴としてフェイス部分がディスプレイになっているので交換は当然可能。最初からいくつかのフェイスが入っていて、スマホアプリでフェイスをダウンロードして交換も可能になっています。

KOSPET HOPE Face

9個のスポーツモード

ウォーキング・ランニング・バイクなどメジャーなスポーツから縄跳び・バスケ・卓球などのスポーツモードがあってデフォルトで入っているFitnessアプリで消費カロリーやハートレートを計測可能。

KOSPET HOPE 9個のスポーツモード

スマホアプリでスマホとBluetooth接続

スマホのアプリはWiiwatch2とWiiwatchがあって、Wiiwatch2でフェイスをダウンロードしたりハートレートやトレーニングの状態を表示できる。Wiiwatchは特に必要はないみたいだけど、このQRコード↓をスキャンするとWiiwatchを野良アプリでダウンロードする。野良アプリではなく、WiiwatchもWiiwatch2もPlayストアにあるのでそちらのほうがよいでしょう。

Kospet Hope App

では実機をみていきましょう。

Kospet Hope 本体レビュー

開封

箱は厚紙で、革バンドが別になっていました。

Kospet Hope 箱

付属品は本体・USB充電ケーブル・革ベルト・保護シート・取説。

Kospet Hope 付属品

まずは充電

充電ケーブルの端子は磁石でくっつくタイプの特殊な端子。反対側は標準USBなので何処にでもさせます。

Kospet Hope 充電2

こんな感じ↓に裏側に端子があるのでくっつける。

Kospet Hope 充電

見た目もかなり男っぽくてカッコいいしメタルっぽいので重いかとおもいきやセラミックを使っているせいか、かなり軽い。フェイスの画像もカッコいいですね。

Kospet Hope  フェイスがいい

起動・日本語もある

右上の電源ボタンを長押しすると起動します。いつものAndroid Wearの音が鳴る。

Kospet Hope 起動

言語の選択で↓画像には写っていませんが、下のほうに「日本語」もあるのでご安心ください。

Kospet Hope 起動 言語

腕に装着してみました。ベゼルがセラミック製で裏がプラなのでかなり軽いので重さは気になることはないでしょう。

Kospet Hope  装着

Wifiに接続するとすぐにアップデートが来ました。

Kospet Hope  アップデート

SIMを装着する

SIMを装着する場所は裏側のSIMの形をしたフタを爪であけるようになっています。

Kospet Hope  SIM 爪であける

ん?↓サイズが・・・MicroSIMかな?と思ってはめてみるとうまくはまらない!特殊なSIMサイズか?と思った。

Kospet Hope  SIM 側

かといってそのまんまNanoSIM装着してもサイズが違うし。↓

Kospet Hope  SIM はめる

よく見ると↓フタがトレーになっていまして、まずはトレーにNanoSIMをはめてから時計に装着する。

Kospet Hope  SIM トレー

装着後、再起動してAPI設定をしたら4Gが来ました!↓

Kospet Hope  SIM 認識

スポーツで使える

スポーツでなくても歩数は自動的に計測してくれて毎日の歩数も表示してくれる。

Kospet Hope  ウォーキング

これはどのスマートウォッチでもある機能でしょうか。

Kospet Hope  ウォーキング アベレージ

燃焼や歩数・歩いた距離も自動で計測します。

Kospet Hope  ウォーキング 燃焼

そして、専用のFitnessアプリでは各種スポーツのスタート・ストップができます。

Kospet Hope  チャリ

アプリリストスタイル

スマホでのホーム画面のようなアプリリストの画面↓は変更可能。

Kospet Hope  リスト

設定 > AppList Style で変更できます。デフォルトではArc↑でRoundに変更すると↓このような表示になりました。

Kospet Hope  ROUND

Kospet Hope アプリ使ってみる

Playストアもちゃんと入っているのでいくつかアプリを入れてみました。

Kospet Hope アプリ

O50 SmarTalkでちゃんと通話できた!

ちゃんと電話できるかやってみました。↓050のIP電話SmarTalkでちゃんと発信・着信可能でした。これで電話(スマホ)いらない?かな?

Kospet Hope  050

ただ、気がつくと着信音の音量が0のまま動かせない。えと、前は動かせたと思いましたが・・・音がウルサかったので音を全部ゼロにしたあとなにか操作したかな?

Kospet Hope 着信音 音量

端末を探すでハマった

端末を探すアプリを入れて他のスマホの現在地を追跡できるようにしようと思いましたが・・・最初は自分(Kospet Hope)も探せない状態でした。

Kospet Hope  端末を探す

かなりハマって何をやっても自分も他のスマホからも端末を探せなかったのでKospet Hopeをいったん初期化してまっさらな状態にしたあと、最初に「端末を探す」を使っているGoogleアカウントでログインしたら認識されるようになりました。↓

Kospet Hope 端末を探す

良かったぁ!これができないと自分にとってガジェットの役割が半減してしまう。

Alfredの初期画面が操作しずらくて諦めるレベル

こちらAlfredという遠隔でカメラが見れるアプリの初期画面ですが↓スマートウォッチだと押せないんです!この小さい青い部分をなんとかタップしなくてはいけないのですが・・・押せない。

Kospet Hope 表示

しかたがないので表示方法を変えてみます。電源ボタンを長押しすると以下のような画面になるので上の白いアイコンをタップして○の中に□が入ったアイコン↓に変えます。

Kospet Hope 表示を四角に

すると以下のように四角い画面になりますが・・・余計表示されないんですヨ(# ゚Д゚)スクロールしない!使えないなぁ。

Kospet Hope Alfred

この状態ではタップできません・・・後日もう一度丸い画面の状態で何回もタップしたらやっと押せました。 うぅゥゥ使いにくいよぉ、

専用アプリ Wiiwatch2とWiiwatch

スマホとBluetooth接続して専用アプリでも使ってみましょう。

専用アプリは Assistant > Connect Phone でスマホでQRコードをスキャン↓すればダウンロードのURLが表示されますが、野良アプリでWiiwatchのバージョン1の方がダウンロードされるので避けたほうがよいでしょう。Playストアからそれぞれダウンロードしてみましょう。

Kospet Hope アプリ専用

WiiWatchはほぼ使えない

Playストアからインストールしてみました。トレーニングで使えるアプリですが、マップが中国用なので日本で使うには厳しい。使わないほうがいいでしょう。

WiiWatch 2

こちらは外国用なのでしょうか?上のアプリより少し進化して、スマートウォッチフォンの状態やフェイスをダウンロードできるようになっていました。

フェイス変更は時計表示(フェイス)の状態で画面をロングタップすると以下のようになるので、上下のスワイプで好きなフェイスを選びます。

Kospet Hope フェイス

スマホのWiiwatch2でフェイスをダウンロードすると自動的にKospet Hopeのほうににアップロードされて選ぶ↓ことができます。

Kospet Hope フェイス クリスマス

Kospet Hope Banggoodのクーポン

Banggoodから限定100個でクーポンも出てます。いまなら139.99ドルで買えます。

159.99ドル → 139.99ドル

12hope

クーポンコードはこちら↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • 確認済 :クーポンコードが有効でした。
  • 限定  : 100個

Kospet Hope 使ってみた感想

安いのにLTE・GPS・ハートレート・カメラが使えて見た目もなかなかカッコいいスマートウォッチフォンで腕時計としても軽くていいと思いました。

まとめ

できること。

  • 通信:4G通信 SIM装着すればこれだけで電話とネット通信可能+Wifi+Bluetooth
  • ハートレートモニター:スポーツ時の心拍数計測
  • GPS:Googleマップでナビ可能

ハードウェアとしての特徴は以下の4つでエントリーモデルのスマホと同等くらいのスペックです。

  • Soc:MTK6739 1.5GHz 4コア
  • メモリ3GB・ストレージ32GB
  • IP67防水
  • 800万画素カメラ

3Dプリンタでスタンド作って車載にする

自分は腕時計は使わないので、車載で運転席右側の小窓に設置して「端末を探す」と「Alfred」アプリを入れてLTE+GPSでクルマが現在何処に居るかを追跡可能にしてAlfredでリアルタイムカメラもやってみます。

Google Find My Device
Google Find My Device
Developer: Google LLC
Price: Free
Alfred Home Security Camera
Alfred Home Security Camera

かなりヘボすぎるのですが・・・3Dプリンタでスタンドを作りました。スタンドと時計はバンドの留め金を使って付けてます。

で、裏に充電ケーブルが装着できるようにしてソーラー発電した電力をモバイルバッテリー経由で充電するようにします。このあたりは後日使わなくなったスマホやこのHOPEで実験した結果をお伝えしますね。(HOPEは十分に車載でも使えますが、So-net 0SIMがデータ通信してくれないので月数百円払ってSIM契約するしかなさそう・・安いのないかなぁ)

Kospet Hope 2

Kospet Hope

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. yoshi より:

    お世話になります。
    使い勝手が良さそうですね!
    先日、「UMIDIGI Uwatch」を購入したんですけど使いづらかった。
    もう箱に入れて寝ています。
    3,000円以下で買えたからいいかなと思ったけど。。。。

    • GO より:

      Yoshi様
      こんにちは!
      HOPEなかなか使えます。使えないスマートウォッチはトロかったり操作性が悪いので使わなくなっちゃうんですよねぇ、
      HOPEはやはり時計なので丸いディスプレイなのでそこが使いづらい。画面が横長の3インチくらいあったらスマートウォッチとスマホの間くらいとして使えるんじゃないでしょうか?
      そういうスマートウォッチでてくれば面白そうですけど。たしか横長な中華スマートウォッチもありましたね。

  2. 匿名 より:

    スマウォの丸画面での四隅などへのタッチ入力はアプリで対応可能ですよ!

  3. きんた より:

    こんにちは。
    自分はXiaomi AMAZFIT Sports 使っていますが日本語対応していなくて使いずらいです。
    それ以外は問題ないですが、バージョンアップで対応してくれたらいいけど。

    • GO より:

      きんた様
      こんにちは!
      Xiaomiのスマートウォッチとかスマートバンドはなぜか中国語しか無いのが辛いところですね。
      自分もスマートバンドのXiaomi AMAZFIT Heart Rate Smartbandをいつも腕に付けてますが中国語のみ。
      せめて英語も使えるようにしてくれたら嬉しいです。

  4. yoshi より:

    お世話になります。
    なるほどそおなんですね。
    Goさまが使わなくなったら私が使います。

  5. ゆり より:

    困っていて、検索してこちらにたどり着きました。突然初コメント失礼します。
    最後のSo-net0SIMが使えないという記述を読んで、今ドツボにはまっているdmmモバイルのデータSIMが使えないのって、そういうことなのかと思いました。
    つまり、データSIMだと通信できないのですか?
    それって他のSIMカードを入れられるタイプのスマートウォッチでもそうなのですか?

    • GO より:

      ゆり様
      コメントありがとうございます。
      So-net0SIMは0円で使えるので遅い時や通信しない場合があるので実用的ではないんです。
      スマートウォッチフォン、KOSPET HOPEは少なくとも普通のスマホのようにLTEは使えます。
      dmmのSIMも場所によると思いますが、スマートウォッチフォンでも普通に使えると思います。
      接続できない場合は設定>接続>モバイルネットワーク>アクセスポイント名(機種によって違う場合があります)を見直してみてください。

コメントを残す