Xiaomi Mi Band 6 中国版 レビュー 大画面で明るく・Mi Band 5と比較

Banggoodで大人気の中国版 Xiaomi Mi Band 6がやってきたのでレビューしていきます。

Mi Band 6は前バージョンのMi Band 5とサイズはほぼ一緒で大画面になったところが大きな違い。画面も明るくなって外でも見やすく、縦長なので表示できる文字の行数も増えてますます使えるスマートバンドになりました。

Mi Band 6を装着すると、だんだんスマホでできることがスマートバンドでできるようになってくる気がしてきて、これさえあれば重い腕時計はもう(ドヤ用途以外)いらない時代になってきました。

Mi Band 6のディスプレイベゼル(表示されない部分)は上・右・左は約3mm、下は約4.5mmほどでスマホのように狭額縁ベゼルになってきた。↓

Mi Band 5・Mi Band 6の比較

Mi Band 5(左)・Mi Band 6(右)の比較、両方とも明るさMax設定でMi Band 6は明るく見やすい

Mi Band 6は現在中国バージョンのみ発売されていて、グローバルバージョンはもう少し後に発売する予定だそうです。

2・3ヶ月後には日本でも技適マーク付きのMi Band 6が発売になりそうですね。

Mi Band 6中国版の価格はBanggoodで5,495円(+日本ダイレクトメールの送料786円)で約6千円ほどで買えます。

Xiaomi Mi Band 6 中国バージョン

Xiaomi Mi Band 6 中国版

レビューするのは中国バージョンで技適が無いタイプ、スマホ決済サービスはAlipayになっていました。

Xiaomi Mi Band 6 アップグレード・特徴

.まずは簡単にMi Band 6の特徴やアップグレードした点などをみていきましょう。

Mi Band 5からMi Band 6へアップグレードした点

機能追加したのは血中酸素飽和度を計測できるようになったこと、指先に挟んで血中酸素飽和度を計測するパルスオキシメーターという機器が出回っていますが、それに似た機能がありそうです。

ただ、計測データは医療データとしてはまったく使えないデータなのでご注意ください。

Blood Oxygen Monitor

SpO2をタップして手動で計測する。(常時計測は不可)

試しに血中酸素飽和度を計測してみると95%でした。正常かな?

Mi Band 6

前バージョンのMi Band 5から主に変わった点は以下の3項目。

  • ディスプレイが大画面に、1.56インチ
  • SpO2(血中酸素飽和度)
  • スポーツモードが30種類・オートレコーディング6種類

その他にも変わった部分は以下のように、ディスプレイが大型化してできることが増えました。

  • ディスプレイが大画面になって縦長に文字が大きく表示されるようになった。
  • ディスプレイの明るさ設定でMaxにするとかなり明るくなる
  • ディスプレイのフェイスをカスタマイズ、自分の画像を加工可能
  • 画面下のタッチボタンが無くなった
  • Alipay 追加(Mi Band 4 NFC版もAlipayありました)

デメリットとしてはディスプレイ大きくなった分だけバッテリーの消費が早く(さらにバッテリー容量減った)なりそうですね。

上下スワイプの機能

Mi Band 6は上下スワイプ

  • Status:歩数やカロリーなどの運動量
  • PAI:Xiaomi独自の運動強度を表す指標
  • Heart rate:心拍数(常時計測)
  • SpO2:血中酸素飽和度
  • Notifications:通知
  • Workout:ワークアウト(30種類の運動を選べる)
  • Workuouthistory:ワークアウト履歴
  • Stress:現在のストレス度
  • Breathing:深呼吸・瞑想
  • Events:イベント(アプリで予定を追加しておく)
  • Alarm:アラーム(内蔵のバイブレーションでお知らせ)
  • Weather:天気予報(スマホのGPSで地域を取得)
  • Alipay:中国のスマホ決済サービス
  • Music:スマホの音楽再生をコントロール
  • World clock:世界の主な時刻を表示
  • Settings:設定
  • More:その他の設定

上下スワイプは以下のようにアイコン付きで表示されます。

左右のスワイプはMi Fitアプリでカスタマイズ

上下にスワイプする他に、左右にスワイプしても画面を切り替えられる。

こちらは、Mi Fitアプリでカスタマイズすることが可能。↓

Mi Band 6

スワイプして表示させたい項目の「+」ボタンをタップすると追加、いらない項目は「-」ボタンをタップ。

その他、上下スワイプにはなかった、女性の月経も左右スワイプに追加すると使えるようになります。

充電方法は前バージョンと変わらない

充電はMi Bandを磁石でくっつけるUSBケーブルでコレ↓が一番良い充電方法だと思います。

Xiaomi Mi Band 6 中国バージョン

Xiaomi Mi Band 6 開封

箱・開封

箱はブラックでレインボーで「6」のマークが輝いています。

裏面に仕様が書いてあります。バッテリーが125mAhと10mAh少なくなりました。

バッテリー持ちは、前のバージョンMi Band 5は14日前後、Mi Band 4は20日前後と機能が少なかった分だけバッテリー持ちが良かったのですが、最新のMi Band 6になると7日間と大幅に少なくなっているのが気になるところ。

Mi Band 5・Mi Band 6の比較

内容物はMi Band 本体と磁石式のUSBケーブルは前バージョンと同じ、中国語の取説。

Mi Band 5・Mi Band 6の比較

Mi Band 6 中国版 本体

Mi Band 本体は最初にスマホアプリのMi Fitでペアリングしないと使えない状態です。

中国版なので初期時には中国語表示

Mi Band 6

モデルはXMSH15HMです。グローバルバージョンはCMIIT IDが違うIDになりそうで、もしかしたらAlipayが無いバージョンになるのかもしれませんね。

Mi Band 6

あとで詳しくみていきますが、とりあえず旧型Mi Band 5(↓上)と比べてみてもサイズはほぼ、まったく?同じでシリコンバンドも縦横厚みも同じなのでそのまま使えます。

Mi Band 6

Mi Fit アプリでペアリング・同期

なにはともあれスマホアプリで操作しないとMi Band 6は操作できないので、Mi Fitをインストールしてペアリングしましょう。

ちなみにXiaomi Wear↓でもMi Band 6を操作できるようですが、Mi Fitでペアリング後はXiaomi Wearでペアリングできませんでした。1個のMi Bandに1アプリしかペアリングできないようですね。

Mi Fitインストール

まずは、Mi FitアプリをPlayストアやAppストアからインストールしましょう。

Mi Fitアプリを使うのが初めてな場合はXiaomiアカウントを取得する必要があります。

ペアリング

Mi Fitを起動したら右下のプロフィールをタップして、「+デバイスを追加」を押してMi Band 6を追加してみましょう。

「バンド上で承認してください」(↑)と表示されたらMi Band 6のチェックマークをタップすればペアリング完了。

MiBand 6ペアリングした時の簡単な説明↓

Mi Band 6の設定

Mi Band 6とMi FitをペアリングできたらMi Fitのプロフィール > Mi スマート バンド 6 でMi Band 6の設定が可能です。

結構な設定項目がありますので全て紹介しきれませんが、いくつか紹介していきますね。

Mi Band 5のデータは引き継がれない?ようです

Mi Band 6をペアリングしたら今まで肌身離さず装着していたMi Band 5の当日のデータはすっ飛んでしまって、歩数などはゼロ表示になりました・・・まぁいいけど。

Mi Band 6

健康モニタリング

スマートバンドのメイン機能とも言える健康モニタリングの項目があり、主に心拍や睡眠の計測設定です。

追加されたのは、心拍の異常・睡眠時呼吸の質で、心拍数を共有することも可能になっています。(↓右)

フェイスを変更してみる(ストア)

ストアからディスプレイのフェイスを変更することができます。

お好きなデザインをタップして同期ボタンを押すだけでMi Band 6にアップロードされてフェイスが変更されます。

試しにエブァのアスカに変更してみました↓ウウン・・・ちょっとオッサンには合わないかな・・・

Mi Band 6

ストアのCustom dialで好きな画像をフェイスに!

先ほどのストアのページ(Mi Fitのプロフィール > Mi スマート バンド 6 > ストア)の一番上にあるCustom dealというフェイスは背景画像を好きな画像にできます。

文字盤のデザインもいくつかありますので、まずはお好きな文字盤を選びましょう。

Mi Band 6

以下のような画面になります。文字の色とか背景画像をカスタマイズ可能。

画像を選んだら、あとは文字の色を決める。文字色が白だとかなり見にくいかな。

Mi Band 6

ちょっと見にくくなってしまいましたが、オリジナルな背景画像付きで表示できるのはかなり面白い。

Mi Band 6

Mi Band 6・Mi Band 5 比較

ここからは、旧型のMi Band 5と比較してみます。見た目はディスプレイ以外は大した差はなさそう。

Mi Band 6

Mi Band 5はこちらでレビューしました。技適があるバージョンはグローバルバージョン、日本でも販売されていますので、まだMi Bandお持ちで無いかたはこちらをどうぞ。

Mi Band本体比較

XMSH15HM(Mi Band 6)・XMSH10HM(Mi Band 5)

Mi Band 6

シリコンバンドを装着する溝の部分は見た目サイズは全く一緒、サイズもほぼ一緒のようです。

Mi Band 6

手に直接あたる裏面はセンサーの配置がちょっと違う↓左:Mi Band 5・右:Mi Band 6

Mi Band 6

Mi Band 5は左右のセンサーが緑色に点滅しましたが、Mi Band 6のほうは真ん中のセンサーが緑色に点滅します。

緑色のセンサー(心拍センサー)がアップグレードされて1灯だけでよくなったのかもしれませんね?

Mi Band 6のデフォルトのフェイスは時刻の文字が大きくなって見やすい。

Mi Band 6

磁石式充電USBケーブル・シリコンバンドは同じ

Mi Band 5とMi Band 6は充電に使うUSBケーブルもシリコンバンドもサイズが同じようです。

Mi Band 6

試しにMi Band 5用のシリコンバンドをMi Band 6に付けたところ、ほぼ同じ、まったく同じ?ようです。

Mi Band 6

充電の表示がでかくてカッコいい

大画面を生かして充電時の表示は横向きで時刻と充電%が大きく表示されて迫力があります。

Mi Band 6

Mi Band 4からMi Band 6までスペック

Mi Band 4からのスペックをみていきましょう。Mi Band 4からはグローバルバージョンやJapaneseバージョンがあります。

Mi Band 6は2021/4現在は中国バージョンしかありません。(2・3ヶ月後に出ると思います。)

Xiaomi Mi Band 4 グローバル版

Xiaomi Mi Band 4 グローバル版
Xiaomi(シャオミ)Mi Band 4
約4,000円前後
ディスプレイ/size/パネル 0.95インチ・240x120px / 有機EL
心拍/酸素摂取量(Vo2max) 24時間計測可能(設定) / -
歩数/距離計/消費カロリー あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続
通知/方法 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ
防水 5気圧50M防水
バッテリー 20日間(135mAh)
重量 実測22g(バンド含む)
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降
その他 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵
Xiaomi最新のスマートバンドで特徴は有機ELカラーディスプレイ

24時間心拍数計測も可能になった2019最新スマートバンド
有機ELでクッキリとした表示で0.95インチと小さめディスプレイなのでバッテリー持ちが良い。
Xiaomi Mi BAND 4 レビュー

Xiaomi Mi Band 4 Japanese版

Xiaomi Mi Band 4 Japanese版
Xiaomi(シャオミ)Mi Band 4
約4,000円前後
ディスプレイ/size/パネル 0.95インチ・240x120px / 有機EL
心拍/酸素摂取量(Vo2max) 24時間計測可能(設定) / -
歩数/距離計/消費カロリー あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続
通知/方法 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ
防水 5気圧50M防水
バッテリー 20日間(135mAh)
重量 実測22g(バンド含む)
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降
その他 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵
日本に上陸したシャオミの日本バージョンのスマートバンド PSE認証済・技適あり

Xiaomi Mi Band 4 グローバル版(英語表示・アプリMi Fitは日本語表示可能)とスペックは同じで日本語表示になります!
技適マーク・PSE認証済なので日本で使う場合も安心です。
Xiaomi Mi BAND 4 グローバル版のレビューはこちら

Xiaomi Mi Band 5 中国版

Xiaomi Mi Band 5 中国版
XiaomiXMSH 10HM
約4,500円前後
ディスプレイ/size/パネル 1.1インチ・294x126px / 有機EL
心拍/酸素摂取量(Vo2max) 24時間計測可能/-
歩数/距離計/消費カロリー あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続
通知/方法 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ
防水 5気圧50M防水
バッテリー 14日間(125mAh)
重量 実測22g
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降
その他 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵・PAI・消費カロリー・月経・天気予報・技適マークなし!
Mi Band 5の中国語バージョンで日本の技適マークが無いのであまりオススメできません

Xiaomi Mi Band 5 グローバル版

Xiaomi Mi Band 5 グローバル版
XiaomiXMSH 10HM
約4,300円前後
ディスプレイ/size/パネル 1.1インチ・294x126px / 有機EL
心拍/酸素摂取量(Vo2max) 24時間計測可能/-
歩数/距離計/消費カロリー あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続
通知/方法 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ
防水 5気圧50M防水
バッテリー 14日間(125mAh)
重量 実測22g
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降
その他 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵・PAI・消費カロリー・月経・天気予報・技適マークあり
2020/7発売 スマートバンド、グローバルバージョンは日本の技適マークあり

Xiaomi Mi Band 6 中国版

Xiaomi Mi Band 6 中国版
Xiaomi(シャオミ)Mi Band 6
約6,000円前後
ディスプレイ/size/パネル 1.56インチ/486x152px (326PPI)/ 有機EL
心拍/酸素摂取量(Vo2max)/SpO2 常時計測 / -/計測可能
歩数/距離計/消費カロリー あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続
通知/方法 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ
防水 5気圧50M防水
バッテリー 約7日間(125mAh)
重量 実測24g(バンド含む)
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 5.0 / iOS 10.0以降
その他 30種類のスポーツモード・フェイス自作画像カスタム可能・・技適マークなし
最新中国版1.56インチ大画面 Xiaomiスマートバンド

Xiaomi Mi Band 6 使ってみた感想

1.56インチの大画面になって血中酸素飽和度計測可能と、バージョンが上がるたびに機能が少しずつ増えていくMi Band、その代わりバッテリー消費が多くなってバッテリー持ちが7日と少なくなってきました。

このまま順調に機能が増えていけば、スマホの機能がほとんどスマートバンドに格納することができるようになって、スマホ同様にお仕事もスマートバンドがあれば可能な時代が来るのでしょうか?

Xiaomi Mi Band 6 中国バージョン

Xiaomi Mi Band 6 中国バージョン

Xiaomi Mi Band 6 (Banggoodで5500円前後)

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Mi Band 4・5・6 スペック比較

画像 Xiaomi Mi Band 6 中国版 1 Xiaomi Mi Band 5 グローバル版 2 Xiaomi Mi Band 5 中国版 3 Xiaomi Mi Band 4 Japanese版 4 Xiaomi Mi Band 4 グローバル版 5
商品名 Xiaomi Mi Band 6 中国版 Xiaomi Mi Band 5 グローバル版 Xiaomi Mi Band 5 中国版 Xiaomi Mi Band 4 Japanese版 Xiaomi Mi Band 4 グローバル版
特徴 最新中国版1.56インチ大画面 Xiaomiスマートバンド 2020/7発売 スマートバンド、グローバルバージョンは日本の技適マークあり Mi Band 5の中国語バージョンで日本の技適マークが無いのであまりオススメできません 日本に上陸したシャオミの日本バージョンのスマートバンド PSE認証済・技適あり Xiaomi最新のスマートバンドで特徴は有機ELカラーディスプレイ
ブランド Xiaomi(シャオミ) Xiaomi Xiaomi Xiaomi(シャオミ) Xiaomi(シャオミ)
価格 約6,000円前後 約4,300円前後 約4,500円前後 約4,000円前後 約4,000円前後
ディスプレイ
size
パネル
1.56インチ/486x152px (326PPI)/ 有機EL 1.1インチ・294x126px / 有機EL 1.1インチ・294x126px / 有機EL 0.95インチ・240x120px / 有機EL 0.95インチ・240x120px / 有機EL
心拍
酸素摂取量(Vo2max)
SpO2
常時計測 / -/計測可能 24時間計測可能/- 24時間計測可能/- 24時間計測可能(設定) / - 24時間計測可能(設定) / -
歩数
距離計
消費カロリー
あり/あり/あり あり/あり/あり あり/あり/あり あり/あり/あり あり/あり/あり
睡眠量 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠 覚醒、浅い睡眠、深い睡眠
GPS スマホGPSに接続 スマホGPSに接続 スマホGPSに接続 スマホGPSに接続 スマホGPSに接続
通知
方法
SMS,アプリ,着信・バイブ,表示 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示 SMS,アプリ,着信・バイブ,表示
操作 タッチ タッチ タッチ タッチ タッチ
防水 5気圧50M防水 5気圧50M防水 5気圧50M防水 5気圧50M防水 5気圧50M防水
バッテリー 約7日間(125mAh) 14日間(125mAh) 14日間(125mAh) 20日間(135mAh) 20日間(135mAh)
重量 実測24g(バンド含む) 実測22g 実測22g 実測22g(バンド含む) 実測22g(バンド含む)
対応(アプリ連携) Bluetooth5.0(BLE)Android 5.0 / iOS 10.0以降 Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降 Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降 Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降 Bluetooth5.0(BLE)Android 4.4 / iOS 9.0以降
その他 30種類のスポーツモード・フェイス自作画像カスタム可能・・技適マークなし 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵・PAI・消費カロリー・月経・天気予報・技適マークあり 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵・PAI・消費カロリー・月経・天気予報・技適マークなし! 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵 3軸加速度+ジャイロ・PPG心拍センサー・近接センサー内蔵
このページ
詳細リンク
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。