【3G機能検証】9.7インチ中華パッド Teclast X98 Plus 3G レビュー

スポンサーリンク

Teclast X98 Plus 3Gで3Gを使ってデータ通信と電話をできるか検証してみます。

【3G版】Teclast X98 Plus 3G 開封の儀 レビュー
以前は3GじゃないTeclast X98 Plusをレビューしましたが、今回は3G版です。

こちらからの続きです。

DSC_2282

スポンサーリンク



各種SIMのAPN設定

3G機能を検証する前に検証に使うSIMのAPN設定をメモしておきます。

みんなドコモなのでどれも同じだと思いますが、以下の3種類で検証してみます。

ドコモSIM APN設定 spmode

  • 名前:spmode(なんでもOK)
  • APN:spmode.ne.jp
  • ユーザ名:spmode
  • パスワード:spmode
  • 認証タイプ:CHAP

IIJmio プリペイド SIM(お試し版)(MVNO) APN設定

  • 名前:iijmio(なんでもOK)
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザ名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:PAP または CHAP

So-net 0SIM(MVNO) APN設定

  • 名前:so-net(なんでもOK)
  • APN:so-net.jp
  • ユーザ名:nuro
  • パスワード:nuro
  • 認証タイプ:PAP

その他のAPN設定は以下で書きました。

【SIMメモ】ドコモ・MVNO(IIJmio/So-net/BIGLOBE/OCN)のプラン・パッケージ・APN設定
引き出しを整理したらSIMパッケージがいくつか出てきたので捨てる前に写真撮影とスキャンしてみました。SIMパッケージの写真やAPN設定などを...

X98 Plus 3G Androidで3G接続する

いつものようにAndroidスマホと設定は変わりありませんが、一応やってみます。

3G接続設定

設定 > データ使用量

設定 > もっと見る > モバイルネットワーク > アクセスポイント名

設定する箇所は上記2カ所です。

それぞれ見ていきましょう。

設定 > データ使用量 (もしくは通知パネルから)

モバイルデータをオンにしないとデータ通信できるようになりませんのでオンにしましょう。

設定画面へは設定からと通知パネルからの2通りのたどりかたがあります。

設定 > もっと見る > モバイルネットワーク > アクセスポイント名

通信事業者は設定する必要が無い。

ネットに接続してみる

  • ドコモSIM:3G使用可能
  • iijmioプリペイド SIM:3G使用可能
  • So-net 0 SIM:使用不可

So-net 0 SIMはどうやっても使えませんでした。他のスマホに入れたら使えるSIMなのでSIMには異常ないようです。何故かは原因不明

3G通信はLTEに比べたら格段に遅いのですが、たまに使う分・緊急時には許容範囲といえるでしょうか。

3G音声通話してみる

ドコモ回線以外の050IP電話はWifi環境下でも使用できますが、一応テストしてみます。

ドコモ音声通話

ドコモSIMを入れて試そうとしましたが・・・そもそも電話アプリがないんですよねぇ、

一応ドコモの番号にTELしました。コールはしますが、X98 Plus 3Gは無反応・・・

SmarTALK

発着信可能でした。

ブラステル 050Free

発着信可能でした。

Teclast X98 Plus 3G Androidで音声通話テスト結果

  • ドコモ音声通話:不可
  • SmarTALK:発着信・音声通話可能
  • ブラステル 050Free:発着信・音声通話可能

このような結果になりました。

X98 Plus 3G Windowsに切り替えて3G接続してみる

Windows10 日本語設定

まずはWindows10素の状態で最低限の設定の日本語に変更しておきます。

以下で書きましたのでこのように変更してみます。

Teclast X98 Plus Windows10起動 日本語化・ベンチマークは『重い』(T_T)
X98 PlusでAndroidを一通り見終わったので今度はWindows10を起動してみます。

3G回線を設定

設定 > ネットワークとインターネット > 携帯電話

こちらで3Gの設定を行います。

「アダプターのオプションを変更する」をタップすると以下のようにネットワーク接続が表示されす。

Cellularが3Gですね。

ネットワーク接続

こちらは特に設定する必要はなさそう。

APN設定

SIMごとにAPN設定をおこなう必要があります。

以下のようなインターネットAPNの画面になるので各SIMごとのAPN設定を書きます。

その他のAPN設定は上記で書きました。

「更新プログラムの設定」は最終同期2016・・・と出るだけなので特に押す必要はなさそうです。

上記の状態で3Gでデータ通信する設定は完了しました。接続テストしてみます。

3Gデータ通信 接続テスト

3Gなのでやはりちょっとスピードが遅いのですが、普通に表示されました。

これでWifi無い環境の外出先でもこのX98 Plus 3Gのみでデータ通信できますね。

コレ一台でどこでもネットができるのはなかなか素敵です。

Windows10は使い勝手が悪い

Windows10の場合はSIMを差し替えると反応が悪いです。

どのSIMさしてもしばらくこういう状態が続いて、再起動したりしてやっとSIMを認識するようになった。

1回SIMを認識すると他のSIMに差し替えても問題なさそうですが、ちょっと使い勝手が悪いですね。

急ぎの時にSIM刺して使えない状態が続くとイラッときますわコレ。

Windows10で3G音声通話できるか

こちらもやはり電話アプリが無いようで、ストアで探しました。

以下のようなMicrosoft 電話がありましたが・・・

19

『これを使用するには、Windowsをアップグレードする必要があります。aka.ms/winupにアクセスしてください』

と出ます・・・ケチ!

他にもストアで探しましたが電話アプリはなさそうでした。

AndroidでもダメだったのでWindows10ではなおさらできなさそうで諦めです。

結果 3Gデータ通信のみ可能だった

Windows10・Android ともにドコモ回線の電話機能は利用できないようでした。

050IP電話は通常使用できるようです。まぁ、Wifiつながってたら普通に050IP電話も使えるので3Gがあるからというわけではないですけど外出時に3GしかなくTELしたいときはマレな例ですが050IP電話が活躍しそうですね。

結果としてドコモの音声通話不可なので、3Gデータ通信のみ可能のようです。

両方のOSで3Gデータ通信ができるので、なんとかドコモ回線の電話できないものか今後調査していきます。

1460671142230681230

Teclast X98 Plus 3G

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。