【VOOC充電機能で中国1位?】OPPO R9 開封の儀 レビュー

スポンサーリンク

充電5分で2時間通話のウリ文句で中国1位?になったOppo R9がGearBestからやってきたのでレビューします。

この機種R9で中国4位まで登りつめた機種で今では中国1位になったのかな?分かりませんが、相当すごいスマホかと思いきや・・・iPhone6S Plusと外観から中身まで酷似しすぎていて一見すると特徴は無いスマホかなぁ、と思わせます。

日本に居るとOppoの知名度は低いのですが、中国大陸ではものすごい実店舗の数で知名度がスゴイらしいです。(最近中国行ってないので分かりません。)

それと販売戦略ではXiaomiがネット口コミの低価格・高品質戦略で攻めていたのですが、それも陰りをみせてきたのと対象的に、OPPOは高速充電機能を売りにして高品質・実店舗戦略でプレミアムな価格販売で成功したようです。

なので日本の一般消費者から見ると知名度も低いしXiaomi機と比べて割高で買う価値はあまりない気がします。このOppo R9も現在(2017/1)400ドル弱で販売されているのでかなりの割高感があります。いくら充電機能が優れていてもCPUがHelio P10で中の下くらいのミッドレンジスマホに400ドル弱は中華スマホ価格の常識的に高すぎる価格。(この価格は海外通販GearBestのお話なので実際に中国の路面店で売っている価格とは違います。でも割高のようですね。)

コレを中国大陸でバンバン売っちゃうんだからものすごい考えられた戦略で売ってるのでしょう。ホントに関心します。

こちらのOppo R9は2016春に中国で出た機種でネット通販には2016/11頃登場してます。やはりOppoの戦略として実店舗で売ることがメインの販売方法になっているようでなかなかネットではお目にかかれませんでしたが、最近は中国で上位に位置するようになったからか世界規模の販売へ方向転換してネット販売も開始したようです。

OPPO R9 SHOP

Oppo R9 ROSE GOLD(ローズゴールド)

スポンサーリンク



OPPO R9 スペックと価格比較

スペック表を見てもそれほど特徴のあるスペックとは言えず、自撮り用のフロントカメラが1300万画素あって女性には喜ばれるかな、程度の特徴しか無いんです。しかもSocがHelio P10なのでスピードも速くない部類。

似ているのでiPhone6S Plusも載せてみました。

画像OPPO R9 MTK6755 Helio P10 2.0GHz 8コアダメiPhone6s Plus A9 1.85GHz 2コア
機種名OPPO R9iPhone6s Plus
メーカーOppo480Apple51
キャリアSIMフリー
ドコモ
au
Softbank
SIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

Wish
26
10
3
13
3
4
OSColorOS,Android 5.1iOS 9
SocブランドMediaTekApple
SocMTK6755 Helio P10 2.0GHz 8コアA9 1.85GHz 2コア
メモリ4GB2GB
ストレージ64GB16/64/128GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D
パネルTFTTFT
画素密度401ppi401ppi
バッテリー2850mAh2750mAh
フロント カメラ1300万画素500万画素
リア カメラ1600万画素1200万画素
重量145g192g
サイズ 縦x横x奥行151.8x74.3x6.6mm158.2x77.9x7.3mm
SDMicroSD(最大128GB)-
BluetoothV4.0V4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac 2x2(MIMO)
生体認証指紋指紋
充電MicroUSBLightning
SIMDual(NanoSIM2枚)NanoSIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
850(5,26),1800(3),2100(1)
価格調査iPhone6s Plus
価格調査
備考・特徴CDMA1X band BC0
TD-SCDMA band 34/39
CDMA2000 band BC0
4G: TD-LTE band 38/39/40/41
4G+: TD-LTE band 38/39/40/41/39+41
FDD-LTE band 1/3
4Kビデオ
3D Touch

16GB/98800円
64GB/110800円
128GB/122800円

ディスプレイの大きさは5.5インチで標準的なサイズで薄く軽いのとiPhone6S Plusに似ているので万人受けするタイプのスマホと言えそう。

OPPO R9 size

その他のOppo機はこちら「中華スマホOppo機種 スペック一覧」をご覧ください。

OPPO R9 カラー

4GB/64GB
ROSE GOLD(ローズゴールド)  ROSE GOLD(ローズゴールド)
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

OPPO R9 開封の儀

それでは実機を見ていきましょう。

GearBestの梱包

いつも通りDHLからやっきて、段ボール箱ではなくプチプチ袋に入っている。

OPPO R9 DHL プチプチ

プチプチの中はエアチューブに入っていた❗完璧ですね。

OPPO R9 エアチューブ

化粧箱の状態

今回は梱包も完璧でしたが化粧箱がちょっと薄汚れていた。

まっ、仕方ないですね。

開封

ホントiPhone6S Plusにそっくりでホームボタンも押せるタイプの物理ボタン

キラキラしたローズゴールドなお色です。

OPPO R9 化粧箱 開ける 裏 ズーム

外見もiPhone6S Plusに似ているし、中身のColorOSもiOSにかなり似ているんです。

OPPO R9 SHOP PICT 裏

付属品

ソフトな透明ケースも付属していました。液晶保護フィルムは最初から貼り付けてあります。

OPPO R9 付属品 透明ケース

USBケーブル・USBアダプタ・イヤホン・SIMピン同梱

OPPO R9 付属品 USBケーブル USBアダプタ・イヤホン

R9付属の保護ケース装着してみる

保護ケース付けるとはやり見た目が悪くなりますが、透明なのでそれほど・・・悪くはならないですね。

OPPO R9 付属品 透明ケース装着

普段使いにはやはり保護ケースあったほうが安心なので付属されているのはうれしいところ。

OPPO R9 付属品 透明ケース装着 表

USBアダプタは5V4A!

このR9の売りである5分充電で2時間通話できるというOppo独自の充電技術VOOCで充電できるようにこの4AのUSBアダプタで充電するようです。

ただ、R9はMicroUSBだから4Aも流したら・・・熱くなったりスマホ本体が壊れたりしません?

その辺は技術者がちゃんと考えて開発したのでしょう。後ほど実際に他のスマホと一緒に充電テストしてみます。

OPPO R9 付属品 USBアダプタ5V4A

それでは詳しく見ていきましょう。

OPPO R9 外観チェック 特徴・機能説明

起動

保護フィルム剥がしている途中に起動してしまった(汗)

OPPO R9 起動

すぐに起動してロック画面に、初期設定は無いようです。

OPPO R9 起動完了

表面

R9のディスプレイ面も標準的なスマホの見た目で特に特徴はありませんで四方の角も丸みがiPhone6S Plusと似ているのでぱっとみiPhone6S Plusだと思ってしまうほど。

OPPO R9 SHOP PICT 表

ミッドレンジスマホとしてみるとかなり良い見た目で6.6mmと薄いのもあってかハイスペックスマホの見た目とも言えそう。

OPPO R9 表 斜め

保護フィルムが目立ってあまりキレイに撮れませんでした。

ColorOSは独自機能もありますがAndroidの基本機能は省かずにすぐに日本語にも変更できて一部ColorOSの機能も日本語で表示されたので、もしかしたら日本にも進出する準備があるのかもしれませんね。

OPPO R9 表 斜め右

斜めから見ると・・・側面の金属から白いプラスチックが上に盛り上がっているような構造で1世代前の構造とも言える保護ケースを装着しない場合はこれがちょっと目立つかな。

OPPO R9 表 右下 ズーム

ディスプレイ保護フィルムも最初から付いていてガラスの保護フィルムかな、指の滑りも良いけど厚みがあるので目立つ場合がある。

ベゼル幅

左右のベゼルは細く狭小ベゼルと言える部類の細さですね。

  • 上下:側面金属約0.5mm+プラパッキン約0.5mm+白ベゼル約13mm+表示されない部分約0.5mm=14.5mm
  • 左右:側面金属約0.5mm+プラパッキン約0.5mm+白ベゼル約1mm+表示されない部分約0.5mm=2.5mm

裏面

R9裏面のアンテナラインはDラインではなく直線になっています。リアカメラの部分のみラインが下に回り込んでいてフラッシュも下に付いているのでその辺がiPhone6S Plusと違うところ。

少しカメラが出っ張っているところもiPhone6S Plusと同じですね。

OPPO R9 裏 カメラズーム

お色のローズゴールドは光の当たり方によってゴールドに見えたりピンクに見えたりしてステキです。

写真がうまくとれずにゴールドっぽい色味になってしまってすみません。

側面の下にイヤホンジャック・マイク・スピーカーがあって、真ん中にMicroUSBポート

OPPO R9 裏 下 MicroUSB

実際のローズゴールドなお色は以下↓のようなお色です。光の反射具合によっては上のようなお色にも見える。

OPPO R9 裏 色味が人間の見た目

側面

側面・裏面一体型になっていて全体的な完成度も高い。

OPPO R9 側面 電源ボタン SIMスロット

ディスプレイ面と側面のエッジ部は側面のツヤアリ面取り加工の上に白いプラスチックが上に飛び出てる形で、中華タブレットと似たような仕上がりでじっくり見るとそれほど良くは無い構造。ただ中華タブレットよりも高級感があって完成度もかなり高い。

SIMスロット・MicroSD

NanoSIMのブランクカードが装着されていました。

OPPO R9 SIMスロット

SIMはNanoSIM2枚刺しで1枚はMicroSDと兼用な仕様。

OPPO R9 SIMスロット ブランクSIM付き

OPPO R9 使ってみた感想・まとめ

中国でものすごい勢いで売れているというOppo R9、現在は後継機のR9SやR9 Plusが出ています。

実際に手に取って触った感じはやはり普通のミッドレンジ中華スマホといった感じで確かにColorOSは使いやすく魅力的なOS(次回検証します)ですがハードウェアとして見た場合にはそれほどの魅力は感じられませんでした。Xiaomi機やOnePlus(Oppoの小会社ですが)・Huaweiのほうが魅力あるスマホ出していると感じた。

というより持った感じや使った感じがiPhone6S Plusと同じ感覚におちいって錯覚するほど。

ミッドレンジスマホなのに400ドル弱という価格で、下手すると他の中華スマホの倍くらいの値段なのでちょっと日本から海外通販するには宣伝されてもいないし認知度が低すぎて400ドルの魅力は無く買いづらい機種かな。

ということでこの値段で売れるのはOppoの戦略勝ちと言えるでしょう。Xiaomiのように低価格・高機能・高品質だと台頭は速いけど沈むのも目に見えている(そろそろ路線変更してきてるか)、Oppoの場合は地道に実店舗を増やしてブランド化することができて価格が高くても認知度が高いので買ってくれるようになって、この先1,2年くらい中国大陸ではOppoの支配が続きそうですね。

続く、

icon

Oppo R9 ROSE GOLD(ローズゴールド)

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. yoshi より:

    お世話になります。
    これ欲しい。国内で購入できるのかな?

  2. yoshi より:

    お世話になります。
    ほんとすか?お問い合わせからメール入れときますので金額教えて頂けますか?
    宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。