Xiaomi Mi6 デュアルカメラ性能+Xiaomi.eu ROM焼き レビュー

ちょっと遅くなりましたが、BanggoodからXiaomi Mi6が来たのでレビューします。こちらはハイスペックXiaomiスマホとしては完璧なスペックなのですが・・・アレに真似しすぎていて個性が無いというかなんというか、Mi MIXのように個性的なスマホを出してほしかったのですが、まぁ、でも使ってみてかなり使いやすいのでヨシとしましょう。

Xiaomi Mi6 Snapdragon 835 2.5GHz 8コア
Xiaomi Mi6

目次

Xiaomi Mi6 スペック

Mi6のスペックと一緒に、マネマネ3兄弟(一つはオリジナルです。スンマセン)とも言われそうな(汗)Xiaomi Mi6・iPhone7 Plus・OnePlus5のスペックをみてみましょう。もちろんiPhone7 Plusがこの形の元祖なので↓真ん中が元の形です。

Mi6は5.15インチとこの中では一番小さく、現在標準的な5.5インチのスマホよりも小さいディスプレイ採用しています。

Socはスナドラ835でAntutu17万台後半、iPhone7 Plusは18万台前半なので数千くらいしか違いは無く、2017年春現在では最高峰のCPU。

こんだけ速いとWindows10でもかなり使えそうですが・・・Intelが特許を持っているので残念ながらWindows10のARM版は出ない?のかもしれませんね。そうこうしている間に、もしかしたらAndroidがパソコンに対応しちゃったりして(汗)パソコンの世界もmacOS:弱・Windows:中・Android:強の時代が来てもおかしくはないのかもしれません。

話しは戻りまして、IP67防水以外のスペックを見る限りではあまり違いは無さそうで、あとはAndroidが好きかiOSが好きかの違いと、価格面での違いで真ん中のスマホが少なくとも倍くらいは高いです。

画像Xiaomi Mi6 Snapdragon 835iphone7 plus A10OnePlus 5 Snapdragon 835
機種名Xiaomi Mi6iphone7 plusOnePlus 5
メーカーXiaomi619Apple689OnePlus688
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Mi6Yahoo!ショッピング Xiaomi Mi6楽天市場 Xiaomi Mi6価格調査Amazon iphone7 plusYahoo!ショッピング iphone7 plus楽天市場 iphone7 plus価格調査Amazon OnePlus 5Yahoo!ショッピング OnePlus 5楽天市場 OnePlus 5
OSAndroid 7,MIUI8iOS 10Android 7,Oxygen
SocブランドQualcommAppleQualcomm
SocSnapdragon 835A10Snapdragon 835
メモリ4/6GB3GB6/8GB
ストレージ64/128GB32/128GB/256GB64/128GB
ディスプレイ5.15インチ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D2.5D,ゴリラガラス5
パネルTFTTFT有機EL
画素密度428ppi401ppi401ppi
バッテリー3350mAh2900mAh3300mAh
フロント カメラ800万画素700万画素1600万画素
リア カメラデュアルカメラ
1200+1200万画素
デュアルカメラ
1200+1200万画素
デュアルカメラ
2000+1600万画素
重量168g188g153g
サイズ 縦x横x奥行145.17x70.497x7.45mm158.2x77.9x7.3mm152.7x74.7x7.2mm
BluetoothV5V4.2V5
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
防水機能IP67水中浸漬に対する保護
防塵性能IP67耐塵形
充電USB Type-CLightningUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)NanoSIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26),1700(4-9)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),1900(2),2600(7),900(8),700(28),800(19-20),1800(3),850(5-26)
実測値Antutu:176113
Geekbench:Single 1928 / Multi 6359
RAM:7023.93
Memory:Read 466.76/Write 221.47

Antutu:182202
Geekbench:Single 1960 / Multi 6731
RAM:7000.10
Memory:Read 476.11/Write 213.21

備考・特徴TD-SCDMA: B34/39
TD-LTE: B38/B39/B40/B41
CDMA: CDMA EVDO:BC0
TD-SCDMA: TD-SCDMA B34/B39
TDD/TD-LTE: TD-LTE B38/B39/B40/41
レビュー
評価

評価4.4:2人

評価4.1:2人

Wish
33
192
32
33
7
1
28
161
44

その他のXiaomi機はこちら「中華スマホXiaomi機種 スペック一覧」をご覧ください。

Xiaomi Mi6 カラー

Banggood

4GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Banggood

6GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)

Banggood

6GB/128GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Banggood

CMCC(China Mobile)VERSION 香港 6GB/128GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Xiaomi Mi6 開封の儀

Banggoodの梱包

今回はいつものEMS(国際スピード郵便)ではなく、佐川急便が配達してくれました。

 Banggood 梱包

発送メールを見てみるとSAGAWA Direct Mailとありました。↓有料で2.43ドル取られてます。佐川の追跡に緑枠のオーダー番号を入れてみましたが、やはり違いますね(汗)

Banggood Sagawa direct mail

裏はこんな感じ↓、ちょっと潰れた段ボール箱に黄色いテープぐるぐる巻でした。

Banggood 梱包 裏

Banggoodの発送方法のページを見てみるとSAGAWA Direct Mailではなく、Japan Direct Mailというのがあったので、多分?コレがSAGAWA Direct Mailなのかもしれません。

Shipping methods

Banggood  Japan Direct Mail

5~8日と書いてありますが、実際には10日かかって届きました。

もしかしたらEMSより安心かもしれませんね。

中を開けてみると↓ライトロンに包まれていて、エアチューブはエアが全て抜かれた状態で入ってまして・・・意味ない(汗)多分ですが梱包する人が上司に『エアチューブで梱包するように』言われて、段ボール箱に入らないので仕方なくエアチューブを潰して入れて梱包したのでしょう。

Banngood 梱包

どちらにしても中身は非常にキレイな状態で届きました。↓Banggoodのシールも付いてます。

Xiaomi Mi6 化粧箱 Banggoodシール

化粧箱の状態

化粧箱は真ん中に「MI」のオレンジ色の文字のいつものヤツで、シンプルでステキです。

開封

早速あけてみましょう。

Xiaomi Mi6 開封

ツヤツヤな左右曲面ガラスの裏面↓

Xiaomi Mi6 開封 裏

表面はどのスマホも似たり寄ったりで、下のホームボタンはタッチ式です。

Xiaomi Mi6 開封 表

付属品

今回は専用のソフトケース付き。

Xiaomi Mi6 開封 付属品

USBアダプタ

5V3Aの急速充電可能なアダプタ。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 USBアダプタ

ソフトケース

半透明な黒い専用ソフトケースが付属されていました。やはり裏面が曲面ガラスなのでスベるんですよねぇ。Mi5もそうでした。なので今回はソフトケース付けて滑って事故らないように、ということでしょう。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース

裏面のシールが貼ったままソフトケースを装着してみました。こうするとiPhone7 Plusに見える気がしないでもない。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース 装着

あと、ガラスってホコリを吸い寄せるので、撮影時にホコリが写っちゃって辛い。↓

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース 装着 リアカメラ

Xiaomi Mi6 外観チェック 特徴・機能説明

起動

Xiaomi機の起動時は他メーカーのスマホと違って「MI」アイコン表示のみのシンプルなスタートです。

表面

Xiaomi Mi6 表 斜め右

2.5D曲面ガラスでプラパッキンなし!ツヤツヤしていてステキです。その他はベーシックなスマホの形で、ホームボタンはもう無いほうが良さそうな気がする。

Xiaomi Mi6 表 斜め左

ベゼル幅

Xiaomi Mi6 ベゼル 角

表面と側面の間にプラスチックのパッキンが無いところが良いですね。これはMi5から同じで、側面フレームをディスプレイ面とガラスの裏面でサンドした構造になっています。

  • 上:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約14.2mm=約15mm
  • 左右:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約2.2mm=約3mm
  • 下:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約15mm=約15.8mm

ベゼルも2mm以上あります。標準より少し狭いくらいですね。

Xiaomi Mi6 ベゼル 横

側面上に赤外線ビーム付き↓でディスプレイ面は2.5D曲面ガラスで普通の中華スマホ。

Xiaomi Mi6 ベゼル 上

側面もツヤツヤしているのでソフトケース装着しなければすごく高級感はある。

Xiaomi Mi6 ベゼル 上 角

裏面

Xiaomi Mi6 裏面 横

旧機種のMi5から構造はあまり変わってなく、裏面は左右が曲面のガラスボディになっています。なので超滑りやすく、スベスベしたテーブルに直置きすると勝手に滑り落ちる危険性があるので、今回のMi6はソフトケース付属しているようです。

Xiaomi Mi6 裏面 斜め

ソフトケース付けない状態だと↓非常に美しい背面ですが、見るのは良いけどこのまま使うと指紋垢だらけでベタベタになって見苦しい見た目になってしまいます。なので普段使う場合はソフトケースに入れて使うしかなさそう。

裏面のMiアイコンの下に色々と書いてあるのが目立つ。Mi Max 2も同じように書いてありますが、こちらは黒パネルの上にシルバーで書いてあるので目立つ。

Xiaomi Mi6 裏面 MI

鏡面仕上げになっていて全部写り込んでしまうので、素人撮影じゃうまく撮れませんでした。スンマセン。

ライトアップ

Xiaomi Mi6 ライトアップ 上ななめ

専用ソフトケースを付けなければ見た目ステキです。ただし指紋油を拭くウェス必須。

塗装ではなく、ガラスのツヤなのでずっとキレイな状態でいられそうです。

Xiaomi Mi6 ライトアップ斜め下裏

側面

側面上にはアンテナラインがなく、側面左右の上のほうにプラで区切られている。↓ボリュームボタンの上あたり。

Xiaomi Mi6 側面右 ボタン

丸みを帯びたブラックのツヤ仕上がりで全身ツヤブラックなので高級感があります。電源・ボリュームボタンもツヤがあって丸みを帯びていてステキな仕上がり。

上にはアンテナラインの区切りなし↓で側面左右上のほうにアンテナラインの区切りがある。赤外線ビームも健在。

Xiaomi Mi6 側面上 赤外線

USB Type-Cポートの回りにプラでコーティングされていてプラグを刺しやすいようになっている。

Xiaomi Mi6 側面下

下には左右にアンテナラインがある。↑

デュアルカメラ

デュアルカメラでクアッドコプター撮影しましたけど、かなりキレイな画像が撮れました。次回のレビューで詳しくみていきます。今ウチにある他のデュアルカメラ搭載のスマホの中で一番良い画像が撮れます。

ただ、クアッドコプターなどの小さい被写体だと・・・背景にピントが合う場合が多いようで、被写体をタップして指定しないといけない場合が多かった。人物が被写体の場合は問題はなさそう。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ

こちらから見て左側のレンズは広角レンズかな?右よりちょっと大きめなレンズ。↓

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ ズーム

SIMスロット・MicroSD

Xiaomi Mi6 側面左 SIMスロット

側面のSIMスロットの部分もキレイに仕上がっている。

Xiaomi Mi6 SIMスロット 出す

SIMスロットはNanoSIM2枚でDSDS(3G+LTE同時待ち受け)可能。

MicroSDカードは使えません。

Xiaomi Mi6 SIMスロット 出す NanoSIM2枚

Xiaomi Mi6 使ってみた感想

特に文句はなく、完璧なハイスペックXiaomiスマホですが、マネしているというのが引っかかる。

裏面が曲面ガラスでステキな見た目だけど、専用ソフトケース装着すると普通の小さめなスマホに変身する・・・ただ、普段使いにはソフトケースあったほうが良いですね。

裏面のデュアルカメラの背景ぼかしもHuawei機のハイスペックスマホP9などと同等にキレイに撮れてコンデジ要らないくらいなレベルのカメラ性能。

中身はまだチェックしてませんが、2017年春で10本の指に入るハイスペックなスマホですね。

ディスプレイが5.15インチなので通常の5.5インチスマホよりも少し小さいので、小さめが好きな方にはもってこいで、大きめなスマホが好きな方にはちょっと物足りないかもしれません。どちらにしても夏服のポケットには入れやすいので夏のみMi6を使うのも有りかもしれません。

Xiaomi Mi6 アプリ・機能

2017春現在のXiaomiフラッグシップスマホのXiaomi Mi6の内部とリアのデュアルカメラ性能を見るためにクアッドコプターの撮影をしてみました。

Mi6の見た目はありきたりな形ですけど、中身は全く文句の付けようがないスペックなので5.15インチの小さめなハイスペックスマホを希望の方は選択枠に入れると面白いと思います。

ただ、中華スマホ使った事無い方は、いきなりXiaomi機を使うと辛いかもしれません。というのもOSはAndroidベースのMIUI OSというAndroidをかなりカスタマイズされたOSになりますので、そのままでは日本語表示できなかったり、Playストアが無い(今の中国版以外のバージョンはほとんどPlayストアあるようです。)場合もあって苦労します。

スマホに詳しい方で初めて中華スマホでXiaomi機は良いかもしれませんが、スマホに詳しくない方はXiaomi機に手を出すと辛すぎることになるのでやめておきましょう。

ということで日本人が使うには少し敷居が高いかもしれないXiaomiのハイスペックスマホMi6の中身やデュアルカメラをみていきましょう。

ホーム画面

Mi6もPlayストアはあるものの日本語表示にはできないので、またXiaomi.eu ROMでも焼いてみようと思います。それまで英語表示のままですがスクリーンショットなど撮りましたのでご覧ください。

ホーム画面右側のAntutuより下は自分でインストールしたアプリです。

Feiyu ONアプリは3軸ジンバルです。手ブレしない動画撮りましたので後日紹介していきます。

設定

端末情報

多分ショップROMだと思います、使った所不具合は特にありませんでしたが英語表示なので使いづらい場面もあって、やはり日本語表示のほうが使いやすい。

アップデートもあったのでやってみました。↓なにか変わった?か・な?分かりませんでした。

Xiaomi Mi6 ベンチマークテスト

AnTuTu

Antutu176113!速い!ここまで速いとAndroidではオーバースペックな気がしますね。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

メモリの速度が少し遅いかなぁ、

xiaomi Mi6 A1 Sd Bench

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 Android Play Store Apple AppStore Android Play Store Apple AppStore いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果で...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Apple AppStore Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Mi6 デュアルカメラ性能

Mi6のリア デュアルカメラ性能を他スマホのカメラと比較してみました。

被写体として、カワイイ女性などいれば良いのですが・・・あいにく居ません(泣)のでクワッドコプターのDOBBY君に被写体となってもらいました。↓

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie

デュアルカメラ 中華スマホ3機種スペック

今回はこの3機種で撮り比べしています。カメラ撮影は素人なので、あまりうまく撮れていませんので悪しからずご了承くださいませ。

画像Xiaomi Mi6 Snapdragon 835Huawei Honor 6X Kirin 655 2.1GHz 8コアLENOVO phab2 Plus MTK8783 1.3GHz 4コア
機種名Xiaomi Mi6Huawei Honor 6XLENOVO phab2 Plus
メーカーXiaomi619Huawei626LENOVO671
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Mi6Yahoo!ショッピング Xiaomi Mi6楽天市場 Xiaomi Mi6価格調査Amazon Huawei Honor 6XYahoo!ショッピング Huawei Honor 6X楽天市場 Huawei Honor 6X価格調査Amazon LENOVO phab2 PlusYahoo!ショッピング LENOVO phab2 Plus楽天市場 LENOVO phab2 Plus
OSAndroid 7,MIUI8Android 6Android 6
SocブランドQualcommHisiliconMediaTek
SocSnapdragon 835Kirin 655 2.1GHz 8コアMTK8783 1.3GHz 4コア
メモリ4/6GB3GB3GB
ストレージ64/128GB32GB32GB
ディスプレイ5.15インチ5.5インチ6.4インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D2.5D
パネルTFTTFTTFT
画素密度428ppi401ppi344ppi
バッテリー3350mAh3340mAh4050mAh
フロント カメラ800万画素800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
1200+1200万画素
デュアルカメラ
1200+200万画素
デュアルカメラ
1300+1300万画素
重量168g162g218g
サイズ 縦x横x奥行145.17x70.497x7.45mm150.9x76.2x8.2mm173.89x88.49x9.6mm
SDMicroSD(最大256GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV5V4.1V4.0
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/acb/g/na/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
充電USB Type-CMicroUSBMicroUSB
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),2600(7),1800(3)
動画https://youtu.be/u8vI5JKRrOM
実測値Antutu:176113
Geekbench:Single 1928 / Multi 6359
RAM:7023.93
Memory:Read 466.76/Write 221.47

Antutu:38590
Geekbench:Single 622 / Multi 2559
RAM:3785.61
Memory:Read 62.92/Write 80.00

備考・特徴TD-SCDMA: B34/39
TD-LTE: B38/B39/B40/B41
TD-LTE B38/B39/B40/B41
レビュー
評価

評価4.4:2人

Wish
33
192
32
5
3
2
13
7
8

Huawei honor X6 デュアルカメラ撮影

クリックすると3264x2448の画像で5MBほどある画像なのでデータ通信の場合はご注意ください。

1枚目、白飛びというのでしょうか?背景ボケしてますが本体もうまく撮影できませんでした(汗)

Huawei honor 6X デュアルカメラ撮影1

こちらのほうがまだましに↓撮れたかな。他の画像はいくつか撮りましたが背景にピントが合ってしまっていまして被写体にピントが合わなかった。どのスマホのデュアルカメラも同じですけど、距離が近い方にピントがあってほしかった。

Huawei honor 6X デュアルカメラ撮影2

Lenovo Phab2 Plus デュアルカメラ撮影

いや・・・これデュアルカメラ撮影で撮った画像ですヨ、↓「DualCamera」のフォルダーにも入ってましたし(汗)

以下画像をクリックするとこちらも無加工な元画像で4160x3120ピクセルの5MBほどあるのでご注意ください。

LENOVO phab2 Plus デュアルカメラ撮影

被写体が小さすぎて背景ボケしないのかもしれませんね。

LENOVO phab2 Plus デュアルカメラ撮影2

以前も↓デュアルカメラで撮影してますが、あまり背景ボケはしない?のかもしれません。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影

こちらも4000x3000の1MB~5MBの容量がある画像です。ご注意ください。

Mi6のほうはなかなかステキな画像が何枚か撮れました。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影1

やはり小さいと撮影が難しい・・・クアッドコプターなので多少揺れるし、撮影するほうも揺れて画面をタップしてもずれるし、修行が必要です(汗)

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影2

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影3

以下↓ピンぼけ画像で、プロペラの回転している部分の下の草にピントが合っている面白い状態の画像が撮れた。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 プロペラ透ける

クアッドコプターを上のほうに上げすぎると↓背景ピンぼけ画像にはならないみたい。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 遠いと無理

SHOT ON MI 6 Mi DUAL CAMERA を消す

デフォルトで撮影した画像の左下に「SHOT ON MI 6 Mi DUAL CAMERA 」が表示されてしまうので消す設定をします。

このようにして撮影した画像に文字が表示されないようにしましょう。ちなみに撮影日付を付けたい場合は「Time stamp」を選択すると年月日時が表示された画像になります。

再度Mi6でクアッドコプター撮影

別の日に裏山の頂上でクワッドコプター撮影してみました。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上 上に2 Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上 上に Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上 2 Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上

被写体が遠すぎてかどうか分かりませんが、背景ボケしない場合もありました。↓

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上 背景ボケしない

DOBBY君の右半分がボケちゃってます。↓ホントにレンズで背景ぼかししているわけではなく、プログラム的に背景ぼかししているので間違える場合もあるヨ、ということですね。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ撮影 裏山頂上 半分背景ボケ

もっとカメラの撮影がウマイ方がMi6を使ったら、気軽にステキな写真が取れるスマホです。

Xiaomi Mi6 使ってみた感想・まとめ

2017年春の世界最高峰10本の指に入るスマホ、5.15インチと少し小さめのディスプレイでSocにスナドラ835積んでいるのでディスプレイが小さい分よりサクサク動くようで、Antutu176000台行きました。

背面のデュアルカメラもかなり撮りやすく、2016年冬のデュアルカメラを搭載したXiaomiスマホよりも少し進化しているのかもしれません。カメラ素人ながら、大分撮りやすくステキな画像が撮れるようになったと感じました。

クアッドコプターを撮影したので、小さくてピンぼけしたり、背景にピントがあう場合が多々ありましたが、デュアルカメラの性能を発揮するのは人物撮りがメインだと思うので、背景ぼかしで人物を撮ったら真価を発揮しそう。

スマホとしての性能は全く文句はありませんが、OSがMIUIなので日本人が快適に使えるとは言い難いので本格的に使うにはROM焼きするか、日本語表示できるようにする必要がありそう。ただ、最近のショップROMはPlayストアが最初から入っているので英語が出来る方はそのままの状態ですぐに使っても問題ないと思います。

後日、Xiaomi Mi6と3軸ジンバルを使用して、動画を撮ったので紹介します。3軸ジンバルスゴイですね♪これで素人でもスマホで映画撮影デキちゃうレベルにブレずに撮れます。

あと、Mi6をアンロックしてカスタムロムも焼いちゃいます。

Xiaomi ROM焼き情報

いつも情報いただいているD様からROM焼きしてXiaomi Mi MIXのAndroidバージョンを【7】にアップグレードしたとご連絡いいただいたのでお知らせします。

こちら1週間くらい前にご連絡いただきまして、自分もMi Max2とMi Pad3をアップグレードしようとして、その後お知らせしようと思いましたが・・・まだやってないので、まずはファイルのある場所などをみていきましょう。

Xiaomi機はAndroidベースのMIUI(Xiaomi ユーザーインターフェース)になっていて、MIUI ROMではいままでAndroid6を改造してMIUI8になっていました。ただ正規ROMではなく、androidfilehost.comからダウンロードするXiaomi.eu ROMなのでご注意ください。

最初に書いておきますが、ROM焼きは危険で最悪スマホが文鎮化する恐れがありますので、くれぐれも自己責任で、もし文鎮化したとしても『Beヨンドのせいで・・・』とかに文句を言うのはやめてくだせぇ(汗)

あとROM焼き成功しても、ダウンロードしたROMにマルウェア仕掛けられている可能性もありますのでROM焼きしたらまずはアンチウィルスアプリなどでチェックしましょう。

MIUI 正規ROM

Xiaomi機であればmiui.comのサイトに正規ROMがあって、機種ごとにダウンロードできるようになっています。

MIUI 正規ROM ダウンロード場所

ダウンロードはこちらのページからできます。↑

miui-rom

Xiaomi機↑はほとんどあって、ライバルの他社スマホのMIUI ROMもあってかなり太っ腹というか、自分たちの利益度外視してお客の利益を優先する考えなところが素晴らしい。

Sony Ericssonもあります↓。

miui-sony

ただ、他社スマホのMIUI ROMは開発ストップ?しているようで、最新機種はなく、2、3年前の機種から更新されていないのかもしれません。↑

まぁ、日本人だとXiaomi機以外の普通のAndroid機にわざわざMIUI ROMを焼くのはちょっと考えづらいのですが、よほどの玄人か変態さん(汗)はお遊びでMIUI ROM焼くのかもしれませんね。

MIUI ROMの種類

Mi MIXのMIUI ROMページをみてみましょう。

Global と China ROMがあります。

そして、それぞれにStable ROMとDeveloper ROMがありまして、通常は安定しているStable ROMを使うのが一般的でしょう。

あと、China ROMはGoogle Playストアが入っていないので、日本人や外国人(中国以外)の場合はGlobal ROMを選択するのが普通です。

mi-mix-rom

正規ROMの焼き方は↓こちらでMi Pad 2のROM焼きですがどの機種もほぼおなじなので参考にしてくださいね。

ANDROID File Host

もうおなじみの方もいらっしゃると思いますが、以下のサイトでROMやら野良アプリやら何やらをダウンロードできます。

こちらでMIUI ROMをダウンロードしてきましょう。

Mi Max2、Mi MIX、Mi Pad2のROMがありました。Mi6はまだ無いようです。

androidfilehost.com

D様はこちら↑のMi MIXのROMをダウンロードしてアップグレードしたようです。

自分もMi Max2とMi Pad3のROMをダウンロードしてやってみます。

Xiaomi Mi MIX ROM焼き成功

前回のご報告で日本語に対応しているMIUI ROMを入れて、今回のアップグレードでAndroid7になったようで、もうROM焼きさえできれば日本人でもMIUI使いやすくなってきましたね。

Mi MIXも無事ROM焼き成功したようです。↓

カスタムROM焼いてみます

近日中にROM焼きして次回ご報告しますが、以前に星連さんがカスタムROM焼きやってレポートしてくれたので↓この通りにやれば問題なくROM焼きできそう。

星連です。今回Xiaomi Mi5S を入手しましたのでまずは使用にあたり下準備として カスタムROM化 プラスエリア化 ついでにDSDSの検証 を行いたいと思います。

Mi Max 2、Mi Pad 3、Mi6(まだ来てない)とカスタムROM焼きしてみますので少々お待ちあれ!

Mi6:MIUI完全体Xiaomi.eu ROMへの道のり

直近でXiaomi.eu ROM焼きするの3回目なのでいい加減慣れてきてしまって、あまり役に立たないかもしれませんが、Mi6を持っている方にもしかしたらお役に立てたら嬉しいのでメモ程度に書いておきます。

Mi6をお持ちな方は日本語表示にするのにMorelocale2を使って日本語表示させるか、Xiaomi.eu ROMを焼くか(他にもROMあります。)の2つくらいしか選択枠無いしXiaomi.eu ROMは日本語表示もかなり完璧なので焼いたら普通にAndroid機として使えるレベルなので、ちょっと危険ですが焼いてみてくださいね。

今回もMi Unlockを軽く説明で、ROMダウンロードから本格的に説明していきます。

  1. パソコンにADB必要
  2. Developerになる
  3. Mi Unlock status (Mi アカウントとMi6を紐付け)
  4. Mi Unlock
  5. Xiaomi.eu ROM・TWRPダウンロード
  6. TWRPインストール・起動
  7. TWRPでストレージ消去
  8. TWRPでROM焼き

今回は2番からざっと説明していきます。もう何度もやっているのでだいたい同じなので、他の機種で見た方でMi6を新たにROM焼きする方はTWRP・ROMダウンロードあたりからご覧ください。

Developerになる

Settings > About Phone の「MIUI version」を連打してデベロッパーになります。

デベロッパーになったら、Settings > Addtional settings > Developer options に行って「USB debugging」をオンにする。

Mi Unlock status(Mi アカウントとMi6を紐付け)

Settings > Additional settings > Developer options > Mi Unlock status

こちらで設定します。Miアカウントが必要ですので、もしアカウントない場合はその場で作る必要があります。

現在では日本の電話番号でもSMSが使えればアカウント作成できると思います。今回はメルアドで作成したMiアカウントでログインして設定しました。

Mi Unlock

Mi Unlockダウンロード

こちらでMi Unlockをダウンロードしてきます。

Mi Unlock ダウンロード

Unlock申請してない場合はこちら↓を参考に申請してください。

以前はSMSが来なくてアンロック申請できませんでしたが、今やってみるとSMSが飛んできて申請できたので、手順などメモしておきます。

ダウンロード後、展開したら以下のようなファイル群になる、miflash_unlock.exeが本体。

miflash_unlock-en-2.2.406.5.zip

Current account is not bound to this deviceと出る

上の「Mi Unlock status(Mi アカウントとMi6を紐付け)」に戻って設定しましょう。

Mi6 Mi Unlock 72時間待ち

binding time is too short,Less than 72 hours

72時間後にアンロック作業しましょう。

Mi6 Mi Unlock 72時間待ち

アンロック成功

Mi6 Mi Unlock

アンロックはMIUIが初期化されてしまうので、やるまえにバックアップを取っておきましょう。

Mi6 Mi Unlock 成功

アンロックできないと先に進めませんのでご注意ください。どうしてもアンロック出来ない場合は正規ROM焼きするという手もあります。

Xiaomi.eu ROMとTWRPダウンロード

MIUI Weekly ROM Releases

Status: RELEASED - REUPLOADED 17/06/17 MI3WMI4W, MiNote 7.6.14 RELEASED DOWNLOAD WEEKLY DOWNLOAD STABLES Installation: Xiaomi devices: Install TWRP via...

Mi6は「sagit」でした。意味は何だろう?分かりません。

Mi6 sagit

DOWNLOAD WEEKLY

今回はダウンロード ウィークリーの「xiaomi.eu_multi_MI6_7.6.15_v8-7.1.zip」をダウンロードしてみました。

Mi6 sagit ダウンロード

TWRP Recovery Zip

TWRPはsagitの文字が含まれている「TWRP_sagit.zip」をダウンロードしました。

Mi6 sagit TWRP

Mi6にXiaomi.eu ROMをコピーはまだ早い

ここで以下のようにMi6のストレージにROMをコピーしますが、これだと役に立ちませんでした。

Mi6 ストレージ コピー

いつものように↑このようにコピーしても無駄でした(汗)

TWRP起動

以下、画像があまりキレイではありません。ご了承くださいませm(_ _)m

FASTBOOT起動

Mi6を再起動して「MI」アイコンが表示された時に【ボリューム 下】+【電源ボタン】長押しでFastbootが起動する。

Xiaomi Mi6 ROM焼き FASTBOOT

USB Type-Cケーブルでパソコンと繋いでおきます。

TWRP_sagit.zipを解凍してコマンドプロンプト起動

twrp.imgのフォルダ内の空白部分を[Shift]キーを押したまま右クリックして「コマンドウィンドウをここで開く」を選択します。

Mi6 Shift押しながら右クリック

以下のようにコマンドプロンプトが起動しました。

Mi6 コマンドプロンプト起動した

twrp.imgを書き込む

コマンドプロンプトが開いたら以下の2行を打ちます。1行ずつコピペして改行すれば実行される。

fastboot flash recovery twrp.img
fastboot boot twrp.img

Mi6 コマンドプロンプト FASTBOOTコマンド

そうするとMi6のほうでTWRPが起動します。

TWRPでWipe

以下左画像のようにTWRPが起動しました。いままでのヤツとちょっと画面が違いますね。でも内容はだいたい同じなので気にせず進みましょう。

暗号化されてるヨ

と思って・・・試しにInstallをタップしてのぞいてみると、なにコレおかしい。↓右

暗号化されていてこのままだとROMインストールできないので、色々と調べるとWipeでフォーマットしちゃえば良いらしい。

まだパソコンとつながっていたのでMi6をのぞいてみると、やっぱ暗号化されてるワ。

Mi6 ストレージ 暗号化

では、ここからは一応うまく行ったやり方で、ちゃんとしたやり方では無いかもしれませんが参考程度にみてくださいね。(おかしくなっても自己責任で(汗))

バックアップできない

暗号化されていて書き込みもできないのでバックアップは不可でした。

TWRP 起動 暗号化されてる バックアップ不可

WipeでAdvanced Wipe

一応、Wipeしてみましたが、こちら多分やっても意味ないかなぁと思った。

設定

ROM焼きの流れとは関係ありませんが、ホーム画面の右上の歯車アイコンをタップすると設定がありましたので、参考として載せておきます。

WipeでFormat Data

再びWipeに戻って今度は「Format Data」でMi6のストレージフォーマットしちゃいます。

OSの入っているパーティションを全部フォーマットしちゃったみたい。

MTP Enabledと書いてあるのでパソコンにつなげてダウンロードしたXiaomi.eu ROMをもう一度コピーしましょう。

ROMをMi6 Internal Storageにコピーする

Mi6のストレージを見るとフォーマットしちゃったので当然ですが空っぽ、今度はコピーできそうなのでXiaomi.eu ROMをコピーします。

Mi6 TWRP 空っぽ

はい、普通にコピーできました。↓

Mi6 TWRP 空っぽ コピーする

あとはインストールするだけですね。

Xiaomi.eu ROMインストール

TWRPでInstallに移動して、先ほどコピーしたROMをタップして、次の画面の下のほうにある「Swipe to Install」のバーを右にスワイプすればインストール開始。

Successfulが出たら成功!再起動して初期設定へ、

Xiaomi.eu MIUI起動!

初期設定

初期設定は全部スクリーンショットせずに要所要所のみ撮りました。

特に参考になるものはなく(汗)通常のAndroidの初期設定と変わるのはMiアカウントのログインの部分のみでした。

あと、最初の言語選択で日本語にできました!スクリーンショット撮るの忘れた。

ホーム画面

ホーム画面も完全に日本語表示!素敵すぎ♪

通知パネル

通知パネルも日本語表示になったヨ。

設定

設定もほぼ全て下の階層まで日本語表示になりました。

端末情報

コレで無事にMi6のXiaomi.eu ROM焼き完了しました♪

5.15インチとちょっと小さめなスマホなので、夏に向けて本格的に使おうと考えてます。

Xiaomi Mi6 Snapdragon 835 2.5GHz 8コア
Xiaomi Mi6

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。