SIMフリーハイスペック中華スマホ Xiaomi Mi6 レビュー ベンチマーク・デュアルカメラ性能+Xiaomi.eu ROM焼き

ちょっと遅くなりましたが、BanggoodからXiaomi Mi6が来たのでレビューします。こちらはハイスペックXiaomiスマホとしては完璧なスペックなのですが・・・アレに真似しすぎていて個性が無いというかなんというか、Mi MIXのように個性的なスマホを出してほしかったのですが、まぁ、でも使ってみてかなり使いやすいのでヨシとしましょう。

Xiaomi Mi6 Snapdragon 835 2.5GHz 8コア
Xiaomi Mi6

Xiaomi Mi6 スペック

Mi6のスペックと一緒に、マネマネ3兄弟(一つはオリジナルです。スンマセン)とも言われそうな(汗)Xiaomi Mi6・iPhone7 Plus・OnePlus5のスペックをみてみましょう。もちろんiPhone7 Plusがこの形の元祖なので↓真ん中が元の形です。

Mi6は5.15インチとこの中では一番小さく、現在標準的な5.5インチのスマホよりも小さいディスプレイ採用しています。

Socはスナドラ835でAntutu17万台後半、iPhone7 Plusは18万台前半なので数千くらいしか違いは無く、2017年春現在では最高峰のCPU。

こんだけ速いとWindows10でもかなり使えそうですが・・・Intelが特許を持っているので残念ながらWindows10のARM版は出ない?のかもしれませんね。そうこうしている間に、もしかしたらAndroidがパソコンに対応しちゃったりして(汗)パソコンの世界もmacOS:弱・Windows:中・Android:強の時代が来てもおかしくはないのかもしれません。

話しは戻りまして、IP67防水以外のスペックを見る限りではあまり違いは無さそうで、あとはAndroidが好きかiOSが好きかの違いと、価格面での違いで真ん中のスマホが少なくとも倍くらいは高いです。

画像Xiaomi Mi6 Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアスキスキスキiphone7 plus A10OnePlus 5 Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コア文鎮スキタレ
機種名Xiaomi Mi6iphone7 plusOnePlus 5
メーカーXiaomi619Apple689OnePlus688
キャリアSIMフリー
ドコモ
au
Softbank
SIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値
最安値
最安値
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4.4:2人

低信頼 評価4.1:2人

Wish
33
191
32
31
6
1
27
158
41
OSAndroid 7,MIUI8iOS 10Android 7,Oxygen
SocブランドQualcommAppleQualcomm
SocSnapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアA10Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コア
メモリ4/6GB3GB6/8GB
ストレージ64/128GB32/128GB/256GB64/128GB
ディスプレイ5.15インチ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D2.5D,ゴリラガラス5
パネルTFTTFT有機EL
画素密度428ppi401ppi401ppi
バッテリー3350mAh2900mAh3300mAh
フロント カメラ800万画素700万画素1600万画素
リア カメラデュアルカメラ
1200+1200万画素
デュアルカメラ
1200+1200万画素
デュアルカメラ
2000+1600万画素
重量168g188g153g
サイズ 縦x横x奥行145.17x70.497x7.45mm158.2x77.9x7.3mm152.7x74.7x7.2mm
SD---
BluetoothV5V4.2V5
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
防水機能IP67水中浸漬に対する保護
防塵性能IP67耐塵形
充電USB Type-CLightningUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)NanoSIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26),1700(4-9)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),1900(2),2600(7),900(8),700(28),800(19-20),1800(3),850(5-26)
実測値Antutu:176113
Geekbench:Single 1928 / Multi 6359
RAM:7023.93
Memory:Read 466.76/Write 221.47
Antutu:182202
Geekbench:Single 1960 / Multi 6731
RAM:7000.10
Memory:Read 476.11/Write 213.21
備考・特徴TD-SCDMA: B34/39
TD-LTE: B38/B39/B40/B41
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
CDMA: CDMA EVDO:BC0
TD-SCDMA: TD-SCDMA B34/B39
TDD/TD-LTE: TD-LTE B38/B39/B40/41
レビュー

その他のXiaomi機はこちら「中華スマホXiaomi機種 スペック一覧」をご覧ください。

Xiaomi Mi6 カラー

4GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
6GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)
6GB/128GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
CMCC(China Mobile)VERSION 香港 6GB/128GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Xiaomi Mi6 開封の儀

Banggoodの梱包

今回はいつものEMS(国際スピード郵便)ではなく、佐川急便が配達してくれました。

 Banggood 梱包

発送メールを見てみるとSAGAWA Direct Mailとありました。↓有料で2.43ドル取られてます。佐川の追跡に緑枠のオーダー番号を入れてみましたが、やはり違いますね(汗)

Banggood Sagawa direct mail

裏はこんな感じ↓、ちょっと潰れた段ボール箱に黄色いテープぐるぐる巻でした。

Banggood 梱包 裏

Banggoodの発送方法のページを見てみるとSAGAWA Direct Mailではなく、Japan Direct Mailというのがあったので、多分?コレがSAGAWA Direct Mailなのかもしれません。

Shipping methods

Banggood  Japan Direct Mail

5~8日と書いてありますが、実際には10日かかって届きました。

もしかしたらEMSより安心かもしれませんね。

中を開けてみると↓ライトロンに包まれていて、エアチューブはエアが全て抜かれた状態で入ってまして・・・意味ない(汗)多分ですが梱包する人が上司に『エアチューブで梱包するように』言われて、段ボール箱に入らないので仕方なくエアチューブを潰して入れて梱包したのでしょう。

Banngood 梱包

どちらにしても中身は非常にキレイな状態で届きました。↓Banggoodのシールも付いてます。

Xiaomi Mi6 化粧箱 Banggoodシール

化粧箱の状態

化粧箱は真ん中に「MI」のオレンジ色の文字のいつものヤツで、シンプルでステキです。

開封

早速あけてみましょう。

Xiaomi Mi6 開封

ツヤツヤな左右曲面ガラスの裏面↓

Xiaomi Mi6 開封 裏

表面はどのスマホも似たり寄ったりで、下のホームボタンはタッチ式です。

Xiaomi Mi6 開封 表

付属品

今回は専用のソフトケース付き。

Xiaomi Mi6 開封 付属品

USBアダプタ

5V3Aの急速充電可能なアダプタ。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 USBアダプタ

ソフトケース

半透明な黒い専用ソフトケースが付属されていました。やはり裏面が曲面ガラスなのでスベるんですよねぇ。Mi5もそうでした。なので今回はソフトケース付けて滑って事故らないように、ということでしょう。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース

裏面のシールが貼ったままソフトケースを装着してみました。こうするとiPhone7 Plusに見える気がしないでもない。

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース 装着

あと、ガラスってホコリを吸い寄せるので、撮影時にホコリが写っちゃって辛い。↓

Xiaomi Mi6 開封 付属品 ソフトケース 装着 リアカメラ

Xiaomi Mi6 外観チェック 特徴・機能説明

起動

Xiaomi機の起動時は他メーカーのスマホと違って「MI」アイコン表示のみのシンプルなスタートです。

表面

Xiaomi Mi6 表 斜め右

2.5D曲面ガラスでプラパッキンなし!ツヤツヤしていてステキです。その他はベーシックなスマホの形で、ホームボタンはもう無いほうが良さそうな気がする。

Xiaomi Mi6 表 斜め左

ベゼル幅

Xiaomi Mi6 ベゼル 角

表面と側面の間にプラスチックのパッキンが無いところが良いですね。これはMi5から同じで、側面フレームをディスプレイ面とガラスの裏面でサンドした構造になっています。

  • 上:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約14.2mm=約15mm
  • 左右:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約2.2mm=約3mm
  • 下:側面金属約0.8mm+黒ベゼル約15mm=約15.8mm

ベゼルも2mm以上あります。標準より少し狭いくらいですね。

Xiaomi Mi6 ベゼル 横

側面上に赤外線ビーム付き↓でディスプレイ面は2.5D曲面ガラスで普通の中華スマホ。

Xiaomi Mi6 ベゼル 上

側面もツヤツヤしているのでソフトケース装着しなければすごく高級感はある。

Xiaomi Mi6 ベゼル 上 角

裏面

Xiaomi Mi6 裏面 横

旧機種のMi5から構造はあまり変わってなく、裏面は左右が曲面のガラスボディになっています。なので超滑りやすく、スベスベしたテーブルに直置きすると勝手に滑り落ちる危険性があるので、今回のMi6はソフトケース付属しているようです。

Xiaomi Mi6 裏面 斜め

ソフトケース付けない状態だと↓非常に美しい背面ですが、見るのは良いけどこのまま使うと指紋垢だらけでベタベタになって見苦しい見た目になってしまいます。なので普段使う場合はソフトケースに入れて使うしかなさそう。

裏面のMiアイコンの下に色々と書いてあるのが目立つ。Mi Max 2も同じように書いてありますが、こちらは黒パネルの上にシルバーで書いてあるので目立つ。

Xiaomi Mi6 裏面 MI

鏡面仕上げになっていて全部写り込んでしまうので、素人撮影じゃうまく撮れませんでした。スンマセン。

ライトアップ

Xiaomi Mi6 ライトアップ 上ななめ

専用ソフトケースを付けなければ見た目ステキです。ただし指紋油を拭くウェス必須。

塗装ではなく、ガラスのツヤなのでずっとキレイな状態でいられそうです。

Xiaomi Mi6 ライトアップ斜め下裏

側面

側面上にはアンテナラインがなく、側面左右の上のほうにプラで区切られている。↓ボリュームボタンの上あたり。

Xiaomi Mi6 側面右 ボタン

丸みを帯びたブラックのツヤ仕上がりで全身ツヤブラックなので高級感があります。電源・ボリュームボタンもツヤがあって丸みを帯びていてステキな仕上がり。

上にはアンテナラインの区切りなし↓で側面左右上のほうにアンテナラインの区切りがある。赤外線ビームも健在。

Xiaomi Mi6 側面上 赤外線

USB Type-Cポートの回りにプラでコーティングされていてプラグを刺しやすいようになっている。

Xiaomi Mi6 側面下

下には左右にアンテナラインがある。↑

デュアルカメラ

デュアルカメラでクアッドコプター撮影しましたけど、かなりキレイな画像が撮れました。次回のレビューで詳しくみていきます。今ウチにある他のデュアルカメラ搭載のスマホの中で一番良い画像が撮れます。

ただ、クアッドコプターなどの小さい被写体だと・・・背景にピントが合う場合が多いようで、被写体をタップして指定しないといけない場合が多かった。人物が被写体の場合は問題はなさそう。

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ

こちらから見て左側のレンズは広角レンズかな?右よりちょっと大きめなレンズ。↓

Xiaomi Mi6 デュアルカメラ ズーム

SIMスロット・MicroSD

Xiaomi Mi6 側面左 SIMスロット

側面のSIMスロットの部分もキレイに仕上がっている。

Xiaomi Mi6 SIMスロット 出す

SIMスロットはNanoSIM2枚でDSDS(3G+LTE同時待ち受け)可能。

MicroSDカードは使えません。

Xiaomi Mi6 SIMスロット 出す NanoSIM2枚

Xiaomi Mi6 使ってみた感想

特に文句はなく、完璧なハイスペックXiaomiスマホですが、マネしているというのが引っかかる。

裏面が曲面ガラスでステキな見た目だけど、専用ソフトケース装着すると普通の小さめなスマホに変身する・・・ただ、普段使いにはソフトケースあったほうが良いですね。

裏面のデュアルカメラの背景ぼかしもHuawei機のハイスペックスマホP9などと同等にキレイに撮れてコンデジ要らないくらいなレベルのカメラ性能。

中身はまだチェックしてませんが、2017年春で10本の指に入るハイスペックなスマホですね。

ディスプレイが5.15インチなので通常の5.5インチスマホよりも少し小さいので、小さめが好きな方にはもってこいで、大きめなスマホが好きな方にはちょっと物足りないかもしれません。どちらにしても夏服のポケットには入れやすいので夏のみMi6を使うのも有りかもしれません。

コメントを残す