【海水防水・外音取込】防水ウォークマン NW-WS625 開封の儀 レビュー

運動時に必ず装着して使っている防水ウォークマン、まだまだ普通に使えますが外音取り込みができる新型の防水ウォークマンNW-WS625が気になったのと、発売から半年ほど経ったのでそろそろ値段もこなれてきたので買ってみました。旧型と比較しつつみていきましょう。

旧型の防水ウォークマンNWZ-WS613は以下でレビューしました。まだまだコチラ↓の防水ウォークマンでも十分すぎるほど使えますが、周囲の音が聞こえないのが危険な場合もあって不満な点。

こちら↓もどうぞ、ランニング用の安いBluetoothイヤホン10選・レビューです。 憧れの防水ウォークマン買っちゃいました! 毎週日曜の夕方に通っているプールでももしかしたら防水ウォークマン使えるかな?と思い密かに今週持って行って何食わぬ顔で泳いでみます。もしかしたらプールの人に禁止令がだされるかも...
ジョジョの奇妙な冒険に20数年ハマってます はい、ワタクシ、小学生のころから少年ジャンプのファンでありまして、ドラゴンボールなどは小学4年生に1話から読んでました。(その前は「Dr.スランプ アラレちゃん」という鳥山明先生のギャグマンガが大ヒットしてました) 中学生になると「ジョジョの奇妙な冒険」がジャン...

指輪型リモコンはほぼ変わっていませんで、防水ウォークマン本体と充電器がコンパクトになって本体は海水にも対応したブツです。

防水ウォークマン NW-WS625 開封の儀

梱包

今回はカメラのキタムラから買いました。日本の製品で日本の販売店から買ったので完全完璧に届けてくれた。

防水ウォークマン NW-WS625  梱包

化粧箱

化粧箱はかなりシンプルに生まれ変わってます。スマホの化粧箱にしては簡易すぎるけど、まるでスマホの化粧箱のよう。

旧型の化粧箱と比べると↓こんな感じで大きさも厚みも全く違う。旧型の防水ウォークマンNWZ-WS613は店頭ディスプレイ用になっているので中身が見える化粧箱でした。

開封

シンプル過ぎ!本体・全部のパーツが黒い不織布(ふしょくふ)の簡易ケースに入っているだけ。これで十分な気がしました。

中身はこんな感じ↓相変わらず「紙」が多い。

防水ウォークマン NW-WS625  化粧箱 セット2

今回は充電器とケーブルが分離できて、ケーブルがMicroUSBなので他のケーブルでも使いまわせてますます便利になった。

防水ウォークマン NW-WS625  化粧箱 セット

イヤーピースは防水用と普段使う用が4サイズずつはいっています。

防水ウォークマン NW-WS625 イヤーピース

防水イヤーピース↑は音が出る穴の部分がメッシュになっていて水が侵入しにくい構造になっている。その分 音が大幅に悪くなって・・・水中で使うとさらに音が悪くなる。あと、水が少し入ると聞こえなくなってしまう。

プールでは禁止されてしまったので試してないが、このNW-WS625は海水も対応なので今年の夏に海行ったら海水で使って試してみます。でもあまり良い音では無いので海行ってまで音楽聞く気分になれないのかもしれない。

トレーニングでの水泳で許可されたジムで使う分には音楽聞きながら運動できるのでかなり良さそうですね。自分としては陸上でトレッキング・ロングスケートボードで使います。

取説

取説は紙で入っていましたが以下のURLでPDF版もオンラインで取得できます。

https://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/pdf/46889420M-JP.pdf

防水ウォークマン NW-WS625 外観

主に使うのは本体と指輪型リモコン。これだけで音楽が聞けるのは嬉しい。Bluetoothでスマホに接続しても聞けますが、運動時はスマホをいちいち取り出してゴニョゴニョするのが面倒すぎるのでウォークマン機能があるとかなり便利。

防水ウォークマン NW-WS625  ハウジング 裏

質感が少し変わっていてチューブがしっとりとした感触、寒いときにチューブが硬くならない素材を採用したみたい。

防水ウォークマン NW-WS625 技適マーク

左側「L」の内側に技適マークあり。日本で使用可能ですヨ。

本体ボタン

ハウジング部分が小さくなって、各種ボタンも小さめに出っ張りが多めになって旧型のボタン配置と変わっているので慣れが必要。

防水ウォークマン NW-WS625  ハウジング

新たに加わった銀色のボタンで外音取込・遮断を押すごとに変更できる。MODEでBluetoothモード・ウォークマンモードに切り替えるのは旧型と同じ。

その他のボタンは普通のオーディオプレーヤーと同様にボリューム・再生/ストップ・先送り・前送りのボタンと電源ボタン。

指輪型リモコン

この防水ウォークマンを買う理由はスマホが無くてもイヤホンだけで音楽が聞ける唯一?のブツですが、指輪型リモコンが付いているのも唯一の特徴。これが非常に便利過ぎてコレが無いとトレーニングできないくらい便利。別売りでも指輪型リモコン単体で売ってくれたらスマホ用に買いたい。

自分は右利きなので左の人差し指にはめて親指で操作できる。グローブ装着してもその上からはめられるので親指一本を動かすだけで操作可能。次の曲とか次のフォルダ、音量調整時に耳近くまで手を持っていかなくていいのがものすごく便利。

さらに新型のNW-WS625ではフォルダごとのシャッフルができるようになって、フォルダ間の移動は先送り・前送りのボタンをダブルクリックすれば移動できるので、指輪型リモコンだけでかなりの操作ができるようになった。

旧型では指輪型リモコンでフォルダの移動はできなかったのでコレもすごく嬉しい点。

防水ウォークマン NW-WS625  指輪型リモコン

ただ、水泳には使えないのでご注意ください↑。でも一応防水になっているようですヨ。旧型の防水ウォークマンの指輪型リモコンとほぼ一緒ですが、旧型には指輪型リモコンも『防水になりますが電池のフタを開けたら保証外』みたいなことを書いてあったと思った。

防水ウォークマン NW-WS625 旧型と比較

旧型の防水ウォークマン NWZ-WS613と比べてみましょう。

ハウジングがかなり小さくなって、チューブも少し短めになった。

防水ウォークマン NW-WS625 NWZ-WS613と比較

充電器

充電器は半分サイズのコンパクトに、充電しない方の右側のハウジングは充電器に装着せず、さらにケーブルはMicroUSB接続になってよりコンパクトに便利になった。

防水ウォークマン NW-WS625 NWZ-WS613と比較 充電器

ホントはイヤホン本体にMicroUSBを直接させればよかったのですが、今回も充電器が必要でかなりコンパクトになったとは言えやはりモバイル性に欠けるのかもしれません。

この↓金色の金属の接続部分が擦れて反応が悪くなることがあるんです。

防水ウォークマン NW-WS625 NWZ-WS613と比較 充電器2

なので、接点復活剤↓を点けて、だましだまし充電した経験あり(汗)

こちら↓もどうぞ、ランニング用の安いBluetoothイヤホン10選・レビューです。 Bluetooth防水ウォークマンの充電ができない 現在メインでの使用というか、無線ヘッドフォンはコレしか持ってないBluetoothの防水ウォークマンですが、充電やパソコンとのデータ通信で使用する接点が擦れて接点不...

旧型の充電器にもスカスカですが装着できました↓。

防水ウォークマン NW-WS625 NWZ-WS613と比較 充電器3

指輪型リモコン

指輪型リモコンは新旧まったく、多分ほぼ一緒。

そして、旧型のNWZ-WS613のほうは海外仕様だったので技適が無い仕様でした。

ハウジング

ハウジングを比べると新型のほうがちょっと角ばった形で、NFCが左側。旧型は右側にNFCがありました。

ボタンのほうも新型のほうが小さめに出っ張り多め。

旧型からの違い

音は特に進化してないようで、サイズがコンパクトになったのと、外音取込機能・充電器がコンパクト+MicroUSBケーブルになったことくらい。あと旧型はブラック仕様でメモリが4GBしかなかったけど新型は16GBになった。

防水ウォークマン NW-WS625 NWZ-WS613と比較 新旧

ウォークマンとして聞く分にはあまり大差はなさそうで、外音が聞こえないと危ない場合は新型のほうがよさそう。

防水ウォークマン NW-WS625 価格調査

合計:270 件   楽天:66件 Amazon:10件 Yahoo!ショッピング:180件 ヤフオク:14件 
ショップ イメージ 商品名 価格
ポイント
送料

Amazon.co.jp
SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブラック NWD-W253/B SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブラック NWD-W253/B 10,265円

送料無料

ys家電japan
SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブルー NWD-W263/L SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブルー NWD-W263/L 12,800円


Amazon.co.jp
SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブルー NWD-W263/L SONY ウォークマン Wシリーズ 4GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ブルー NWD-W263/L 12,800円

送料無料

誠実オンラインショップ★丁寧対応★送料無料★誠実対応【古物商許可証:第542631708500号】
SONY ウォークマン Wシリーズ 8GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ホワイト NW-W274S/W SONY ウォークマン Wシリーズ 8GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ホワイト NW-W274S/W 13,980円


Amazon.co.jp
SONY ウォークマン Wシリーズ 8GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ホワイト NW-W274S/W SONY ウォークマン Wシリーズ 8GB ヘッドホン一体型 防水タイプ ホワイト NW-W274S/W 13,980円

送料無料

beautiful days
ソニー ウォークマン Wシリーズ <メモリータイプ> ヘッドホン一体型 4GB ブラック NW-W273S/B ソニー ウォークマン Wシリーズ <メモリータイプ> ヘッドホン一体型 4GB ブラック NW-W273S/B 14,500円


BFACE
USBケーブルfor Sony Walkman nw-ws625 USBケーブルfor Sony Walkman nw-ws625 16,756円


一商事
ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS615 : 16GB スポーツ用 防水/Bluetooth対応 リングタイプリモコン付属 ブルー NW-WS615 L ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS615 : 16GB スポーツ用 防水/Bluetooth対応 リングタイプリモコン付属 ブルー NW-WS615 L 17,200円


RainySHOP
Sony NW-WS413 NW-WS414 NW-WS623 NW-WS625 NWZ-WS613 NWZ-WS615用調整バンド Sony NW-WS413 NW-WS414 NW-WS623 NW-WS625 NWZ-WS613 NWZ-WS615用調整バンド 17,961円

こちらの価格表は自動更新になっております。
型違いなど類似商品が表示されている場合がありますのでご注意ください。

防水ウォークマン NW-WS625 使ってみた感想

本体イヤホンが小さめになって、充電器もコンパクトになった正統進化、ただ音は特に変わりがなく、外音取込以外は音楽プレーヤーとして追加された特徴はなさそう。

外音取込機能ですが大音量でEDMなどの音途切れのない音楽を聞いていると、やはり外の音は聞き取りづらく、というより音にかき消されて聞こえなくなってしまう。逆にクラッシックなどの静かな音楽だとナイロンジャケットの擦れるシャカシャカ音まで聞こえてくるのでランニングなどの人通りのある場所では音楽のボリュームを下げるか派手な音楽を控えると危険性は減るのかもしれません。でも運動時は勢いのある曲聞くと思うのであまり役に立たないのかどうなのか。

次期バージョンでは充電器なしでハウジングに直接USB Type-C充電、音声リモコン、心拍・GPS計測でAIを使ってシーンにあった音楽自動再生(メモリに合う音楽が無い場合はスマホのネットを使って合う音楽をオススメするとか)希望です。SONYさんよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS625 : 16GB スポーツ用 Bluetooth対応 防水/海水/防塵/耐寒熱性能搭載 外音取込み機能搭載 リングタイプリモコン付属 ブラック NW-WS625 B

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS625 : 16GB スポーツ用 Bluetooth対応 防水/海水/防塵/耐寒熱性能搭載 外音取込み機能搭載 リングタイプリモコン付属 ブラック NW-WS625 B

最近は、ランニング用の安いBluetoothイヤホン10選・レビューも書きました。BTイヤホンも検討中の場合は参考にしてくださると喜びます。↓

ランニングやトレーニング時に使う安く音質も良くハードに使える左右のハウジングがワイヤーやチューブでつながっている首掛け式Bluetoothイヤホンで1・2年使って買い換えることを前提にした3000円前後のBluetoothイヤホンを調査してみました。 3000円前後だと中華イヤホンが主流になりますが侮るなか...

旧型防水ウォークマン NWZ-WS613 お別れ画像

最後に旧型のお別れ画像をアップしておきます。

旧型防水ウォークマン NWZ-WS613 お別れ画像

2017年前期?くらいにリコールで新品と交換してくれたので充電器やパーツが2セット分ある。

旧型防水ウォークマン NWZ-WS613 お別れ画像2 旧型防水ウォークマン NWZ-WS613 お別れ画像3

コメントを残す