【GearBest】CUBOT X20 Pro 外観チェック・ベンチマーク・カメラ性能 レビュー

スポンサーリンク

今回はCUBOT X20 Proの外観を軽くチェックしていきます。

結論から言いますと、ケースを付けた状態でも外した状態でも厚みが目立っていて、エントリーモデルっぽい見た目になっているのが少し残念。

この記事は複数のページに別れています

見た目はちょっと分厚いのですが、Antutu18万あるのでエントリーモデルとは違ってちゃんと使えるスマホに仕上がっています。

それではCUBOT X20 Proの外観など見ていきましょう。

CUBOT X20 Pro 外観チェック

起動

CUBOTのスマホはほぼ素のAndroidに近いので、手元に届いたらすぐに使い始められます。

起動すると、最初に言語を選択する画面になるので日本語を選択すればあとは適当にWifi接続後にGoogleアカウントを取得するか、すでにある場合はログインして次へを押していくと初期設定完了します。

CUBOT X20 Pro

デフォルトで入っているアプリはGoogle製アプリとCubotのFMラジオやSim Toolkitなどの必要最低限のアプリのみ。

CUBOT X20 Pro

表面

CUBOT X20 Pro

ケースを取った状態↓でこの厚み、ディスプレイ面は厚めの保護シートが貼ってあります。

CUBOT X20 Pro

保護ケースを装着すると以下のような感じになります。

CUBOT X20 Pro

ノッチ

フロントカメラはノッチになっています。保護シートが少しずれて貼り付けられているのが気になる。

CUBOT X20 Pro

ノッチの右上あたりに通知LEDランプが光ります。最近少なくなったので通知ランプは珍しいですね。↓

CUBOT X20 Pro

裏面

裏面は少し青味がかった濃いグレーで鏡面仕上げ。うまく写真を撮れませんでした。

CUBOT X20 Pro

このまま使えば指紋べたべたになりそうだけど、見た目はいい感じです。

CUBOT X20 Pro CUBOT X20 Pro

側面

側面は濃いめのシルバーでケースなしで使うとなかなかかっこいいのではないでしょうか。

CUBOT X20 Pro

角もピカピカにツヤがでていて素敵です。

CUBOT X20 Pro

こうやってみるとあまり厚みは感じないですね。

CUBOT X20 Pro

リアカメラ

問題?の3眼リアカメラをみていきましょう。

CUBOT X20 Pro

結構な出っ張り↓ですが、ケースを装着するとカメラ部分は飛び出しませんでした。

CUBOT X20 Pro

4つ目にようですが、一つはLEDライトになっています。

CUBOT X20 Pro

SIMスロット・MicroSD

NanoSIM2枚でMicroSDが1スロット兼用になっている。

CUBOT X20 Pro CUBOT X20 Pro

CUBOT X20 Pro ベンチマークテスト

AnTuTu

Antutuはそれほど速くはないですが、普通にスマホを使う分には問題なく動くと思います。

2回目やったら18万代切ってしまいました。

Geekbench

3DMark

3Dゲームは3DMark計測している様子を見る限りでは、ギリギリできそうな気がしました。でもAntutuテスト時は秦の皇帝部分の3D映像がカクついていたので??やはり重いゲームは無理っぽいです。

CUBOT X20 Pro

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

CUBOT X20 Pro

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

CUBOT X20 Pro カメラ

写真・ぼかし・夜景

ノーマルの写真、夜景モード、ぼかしモードがありました。

美肌・FaceCute

女性や子供にうれしい自撮りや友達と撮る美肌やFaceCuteもありました。

写真

写真の出来は悪くはないのですが、あまり良いとは言えず少し暗い画像になりました。

CUBOT X20 Pro

白い部分が少し黄色味がかったような画像になります。肉眼で見たまんま撮れるので悪くはないのですが、もう少し明るく撮れてくれるとうれしかった。

CUBOT X20 Pro

CUBOT X20 Pro 使ってみた感想

裏面のトリプルカメラがiPhone11 Proに少しだけ似ているという部分以外には、いたって普通のミッドレンジ中華スマホです。

ケースも保護シートも最初から貼ってあるので、ほかに買う必要なくすぐに使い始められます。

カメラ性能は可もなく不可もなく普通のミッドレンジスマホの性能でそれほど良い映りではありませんでした。

SocはHelio P23で実測Antutu18万前後と普段用スマホとしては十分に使えそう。

あまり特徴は見当たりませんでしたが、2代目のスマホとしてや家族に使ってもらうスマホとしては十分な性能で、120ドル切りで日本円にすると約13000円ほどなので年末の里帰りのプレゼントに祖父母にプレゼントするのもありかもしれません。

CUBOT-X20-Pro

CUBOT P30

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。