AQUOS R ロボクル なめらか倍速表示 + AQUOS EVER 外観・ベンチマーク レビュー

仕事の関係で定期的に日本で売っているスマホがやってくるのでレビューしてみます。

今回はシャープのAQUOSでロボクルという機能がついたスマホスタンドとセットのAQUOS Rと、 AQUOS EVER SH-02Jをレビューします。

AQUOS EVERのほうは2016年冬モデルでAQUOS Rは2017年夏モデル。両方共ちょっと古いモデルで筐体も古く魅力に欠けるデザインですが、シャープ独自の人工知能・・・エモパー搭載なのでエモパー好きな方にはシャープスマホは手放せない存在なのかもしれません。

なめらか倍速表示 ベンチマークなどの2ページ目はこちら

AQUOS R・AQUOS EVERの両機を軽くみていきましょう。

AQUOS Rはロボクル付き

AQUOS Rはロボクルというスマホスタンド付きで、Google Homeのように天気予報や寝る時間・・・など、エモパーのように話しかける機能があります。

シャープ スマートフォン・携帯電話 AQUOS 公式サイト。クルっと回って、いろいろな情報をお知らせしてくれる充電台「ロボクル」をご紹介します。

詳しくは、サイトや動画あがあるので御覧ください。

AQUOS R AQUOS Everスペック

筐体はほぼ同じでAQUOS Rのほうがディスプレイサイズ5.3インチとAQUOS EVERよりも0.3インチ大きめのスマホ。両方ともいまとなっては小さいディスプレイサイズですね。

AQUOS Rのほうは2017夏当時はハイスペックモデルでスナドラ835搭載です。

画像AQUOS R  Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアAQUOS EVER SH-02J Snapdragon 430 MSM8937 1.4GHz 8コア
機種名AQUOS R  SH-03J SHV39AQUOS EVER SH-02J
メーカーシャープ971シャープ972
キャリアドコモ
au
ドコモ
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

Wish
 
1
 
1
1
 
OSAndroid 7Android 6
SocブランドQualcommQualcomm
SocSnapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアSnapdragon 430 MSM8937 1.4GHz 8コア
メモリ4GB2GB
ストレージ64GB16GB
ディスプレイ5.3インチ5インチ
解像度WQHD(2560x1440)HD(1280x720)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFTTFT
画素密度554ppi294ppi
バッテリー3160mAh2700mAh
フロント カメラ1630万画素500万画素
リア カメラ2260万画素1310万画素
重量169g138g
サイズ 縦x横x奥行153x74x8.8mm143x71x8.3mm
SDMicroSD(最大256GB)
BluetoothV5.0V4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/acb/g/n
生体認証指紋指紋
防水機能IPX5/8相当IPX5/8相当
防塵性能IP5X相当IP5X相当
充電USB Type-CMicroUSB
SIMNanoSIMNanoSIM
実測値Antutu:191660
Geekbench:Single 1806 / Multi 6182
RAM:6504.83
Memory:Read 440.61/Write 210.06
SD:Read 325.06 / Write 212.33
Antutu:54068
Geekbench:Single 637 / Multi 2643
RAM:2761.09
Memory:Read 101.09/Write 38.86
備考・特徴温度センサー
レビュー

AQUOS R 開封

化粧箱

AQUOS Rの箱はロボクルが入っているので通常のスマホの箱よりかなり大きい。

AQUOS R 化粧品 AQUOS R 化粧品 縦

開封

スマホスタンドのロボクルがかなり大きい。

AQUOS R 化粧品 開封

ロボクル スマホスタンド

USB端子はUSB Type-Cで差し込み部分が上下に少し動くようになっているのでスマホを差し込みやすい。

人間に反応してスタンドが回転したりスマホのディスプレイを表示させます。

ロボクルにスマホを立ててみました。みたところちょっと不格好な普通のスマホスタンドですね。充電できるところも嬉しい。

AQUOS R ロボクル

AQUOS R 外観

ドコモ SH-03J

ドコモのAQUOS Rも外見は同じなのでauのロボクルに立ててみました。当然充電もロボクルもできますね。ブラックよりパープルのほうが見た目はいいかも。

au SHV39

こちらはauのSHV39のほうのAQUOS R

ズーム

AQUOS Rはタッチ式のホームボタンがある。

AQUOS R 下 AQUOS R イヤホンジャック

すみません、AQUOS Rはあまり画像撮らなかったのでここまで、代わりにAQUOS EVERを画像多めにアップしておきます。両方とも外観はデザインが同じで違いはディプレイサイズとホームボタンがあるかないかくらいの差しかありません。中身はハイスペックとミッドレンジモデルと違いがあります。

AQUOS EVER

続いて、2016年の古いモデルのAQUOS EVERもちょっと見ていきましょう。

表面

見た目的な特徴はなし。物理ホームボタンは無くディプレイ内に表示されています。

裏面

側面と裏面一体型の全体的にのっぺりとした高級感がない見た目。

AQUOS EVER 裏 下

カメラもギリギリ使えるくらいの性能しかないのでこの頃(2016年)はまだそれほどスマホのカメラを

AQUOS EVER 裏 斜め

ズーム

側面

AQUOS EVER 裏 下2 AQUOS EVER 横

SIMスロット

IPX5/8防水スマホなのでSIM/MicroSDスロットの蓋も防水仕様になっていました。

AQUOS EVER・AQUOS R サイズ感

AQUOS R(左)のほうが大きめのスマホになっています。

AQUOS EVER と R

AQUOS R(下)のほうは中古スマホで裏面が傷多数で見苦しくてすみません↓

AQUOS EVER と R 重ね

AQUOS EVERは指紋認証が電源ボタンではなく、側面の凹んだところが指紋認証になっていました。

AQUOS EVER と R 重ね2

次ページでベンチマークなどみていきます。

コメントを残す