CUBOT X20 Pro 外観チェック・カメラ性能 レビュー

CUBOT X20 Pro スマホ 改造・調査

GearBestからiPhone11 Proやボトムズの目にそっくりな激安ミッドレンジスマホCUBOT X20 Proがやってきたのでレビューします。

1万円台で買えてiPhone 11 Proにちょっと似ているリアカメラの3眼配置なので、瞬間的に見ればiPhone 11 Proに見えないこともないミッドレンジスマホをチェックしていきます。

CUBOT-X20-Pro

CUBOT X20 Pro

3眼 トリプルカメラが酷似?してない

どこらへんがiPhone11 Proやボトムズに似ているかというと、リアカメラのレンズ(眼)の部分が酷似?していないみたいですね・・・↓

まぁ、真似たことは確かなようですが全くの別物でした。価格もiPhone 11 Proが106800円からで、CUBOT X20 Proのほうは16000円前後で、価格が10倍近く違うので同じスマホというジャンルでも使い道が全く違ってきます。

ihpne 11 Pro CUBOT X20 Pro
iPhone 11 Pro CUBOT X20 Pro

そして、ボトムズとは↓こういうロボットのアニメ、バンダイの数十年前からあるアニメです。

この目の部分がiPhone 11 Proに似ているという噂がありますが、iPhone 11 Proをデザインした時にボトムズの眼を参考にしたということは全くないようです・・・

装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ

装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ

ということで、iPhone11 Proとは裏面がちょっとだけ似ているCUBOT X20 Proを見ていきましょう。

CUBOT X20 Pro 動画・スペック

まずは動画を2本チェックしてみてください。

動画

こちらはプロモーション動画であまり参考にならないのかもしれません。

こちら↓のほうは実機の開封動画です。このビデオを見ればほとんどどんなスマホか分かりますね、レビューいらなさそう・・・Antutu175000くらいのようですが、実際に計測すると18万超えました。

実際に見てみると、ケースに入っている状態で厚みがあるのが少し気になりました。

CUBOT X20 Pro 特徴・スペック

ひとまずはCUBOT X20 Proの特徴をみましょう。

アスペクト比 19:9

他の最近のスマホと同じようにアスペクト比が19:9とかなり縦に長いスマホです。縦に156.6mmとながい。最近のスマホはほとんど150~160mm台になってきましたね。

横には74.3mmと幅が狭いので手の小さな方にもつかみやすい。

下画像ではベゼルはほとんど無いように見えますが、実際にはベゼルは左右上2mm下5mmほどあります。

CUBOT X20 Pro

トリプルカメラ メインはSony IMX214レンズ

こちらもあまり珍しくはなくなってきた、リアカメラがトリプルレンズ仕様

CUBOT X20 Pro

メインはSONY IMX214 1200万画素のレンズ。

CUBOT X20 Pro

ワイドカメラは125度の800万画素レンズ。広角な画像が撮れるのは楽しいですね。

CUBOT X20 Pro

そして、被写体深度を計測して周囲の「ぼかし」を作る時に使う深度レンズはSony IMX350の2000万画素レンズ。

画像はなかなか良い写真がとれますが、Galaxy note 10 Plusに慣れてしまったせいか、全体的に暗めの画像になりました。次回掲載していきます。

顔認証

ええと、こちらのスマホは指紋認証がありません!ご注意ください。その代わりと言ってはなんですが、顔認証はあります。

顔認証はかなり素早くロック解除できます。素早くというよりも一瞬で解除可能なので、指紋認証いらないかな?

CUBOT X20 Pro

4000mAhバッテリー

バッテリーはかなり長持ちそうです。あまりアプリを入れてないだけかもしれませんが、数日完全放置していてもあまり減らなかった。

CUBOT X20 Pro

以上、CUBOT X20 Proの主な特徴

スペック表

細かいスペックは以下のとおり、SocはMediaTek Helio P23でAntutu18万台となかなか速いので普通に使う分にはもたつきは無いです。メモリ4GBストレージ64GBで、ディスプレイ解像度が2340×1080と1万円台にしてが頑張っています。

その他はトリプルカメラ、4000mAhバッテリーが特徴。残念ながら対応BANDは少なめなので日本ではドコモくらいしか使えなさそうです。

CUBOT X20 Pro 開封

実は11月下旬頃にすでにやってきてましたが・・・忙しさにかまけてしばらく放置していましたm(_ _)m なので、今回は2回以上に分けて真面目にレビューしていきます。

GearBestの梱包

GearBestもビニール袋の中に安心のエアチューブ梱包です。↓これだと輸送中に壊れる確率がかなり減って安心ですね。

CUBOT X20 Pro

エアチューブの中はご丁寧にまたビニール袋に入っていました。

CUBOT X20 Pro

開封

化粧箱の裏面にアイコン付きで特徴が印字してありました。

CUBOT X20 Pro

箱を開けると裏返しで入っていて3眼カメラが目立つようになっています。

CUBOT X20 Pro

付属品

CタイプのUSBアダプタとUSB Type-Cケーブルが入っていました。

CUBOT X20 Pro

取説などは英語・中国語です。

CUBOT X20 Pro

付属のケースは装着済で箱の中に入っていました。↓ケースを外すとケースは透明ではなく、少し茶色みがかった半透明。

ケースを装着するとかなり分厚い雰囲気になりまして、実測10mmの厚みになりました。

CUBOT X20 Pro

ケースを外すとスマホ本体の裏面は濃いブルーのようなミラー仕上げで「Undetachable Battery(取り外し不可なバッテリー)」と書いてあります。

CUBOT X20 Pro

最近のスマホはほとんどがバッテリーを外せない仕様なので、バッテリーがヘタってもハンダ付けしてあるので交換不可?ということなのか、とれとも裏ブタを開けてはいけないということなのかは不明。

3眼 トリプルカメラ のスマホ

最近はトリプルカメラの中華スマホだらけ、4眼・5眼もあるので、比較できる対象はたくさんあるのですが、CUBOT X20 Proを含む最近出た機種3つだけ挙げてみました。巨人XiaomiとHuaweiにCUBOTが挟まれている状態です。

CUBOT X20 Pro 続きます

次回は撮影した画像やカメラ・ベンチマークをみていきます。

CUBOT X20 Pro

最後に電源をつけたまま20日ほど放置していまいたが、バッテリーは8%残っていました。このスマホ、バッテリー食いのGalaxy note 10 Plusよりバッテリー持ちはなかなかよろしいんではないか、と個人的に感じました。緊急用のサブスマホに良いのかもしれません。

CUBOT-X20-Pro

CUBOT X20 Pro

CUBOT X20 Pro 外観チェック

今回はCUBOT X20 Proの外観を軽くチェックしていきます。

結論から言いますと、ケースを付けた状態でも外した状態でも厚みが目立っていて、エントリーモデルっぽい見た目になっているのが少し残念。

見た目はちょっと分厚いのですが、Antutu18万あるのでエントリーモデルとは違ってちゃんと使えるスマホに仕上がっています。

それではCUBOT X20 Proの外観など見ていきましょう。

起動

CUBOTのスマホはほぼ素のAndroidに近いので、手元に届いたらすぐに使い始められます。

起動すると、最初に言語を選択する画面になるので日本語を選択すればあとは適当にWifi接続後にGoogleアカウントを取得するか、すでにある場合はログインして次へを押していくと初期設定完了します。

CUBOT X20 Pro

デフォルトで入っているアプリはGoogle製アプリとCubotのFMラジオやSim Toolkitなどの必要最低限のアプリのみ。

CUBOT X20 Pro

表面

CUBOT X20 Pro

ケースを取った状態↓でこの厚み、ディスプレイ面は厚めの保護シートが貼ってあります。

CUBOT X20 Pro

保護ケースを装着すると以下のような感じになります。

CUBOT X20 Pro

ノッチ

フロントカメラはノッチになっています。保護シートが少しずれて貼り付けられているのが気になる。

CUBOT X20 Pro

ノッチの右上あたりに通知LEDランプが光ります。最近少なくなったので通知ランプは珍しいですね。↓

CUBOT X20 Pro

裏面

裏面は少し青味がかった濃いグレーで鏡面仕上げ。うまく写真を撮れませんでした。

CUBOT X20 Pro

このまま使えば指紋べたべたになりそうだけど、見た目はいい感じです。

CUBOT X20 Pro CUBOT X20 Pro

側面

側面は濃いめのシルバーでケースなしで使うとなかなかかっこいいのではないでしょうか。

CUBOT X20 Pro

角もピカピカにツヤがでていて素敵です。

CUBOT X20 Pro

こうやってみるとあまり厚みは感じないですね。

CUBOT X20 Pro

リアカメラ

問題?の3眼リアカメラをみていきましょう。

CUBOT X20 Pro

結構な出っ張り↓ですが、ケースを装着するとカメラ部分は飛び出しませんでした。

CUBOT X20 Pro

4つ目にようですが、一つはLEDライトになっています。

CUBOT X20 Pro

SIMスロット・MicroSD

NanoSIM2枚でMicroSDが1スロット兼用になっている。

CUBOT X20 Pro CUBOT X20 Pro

CUBOT X20 Pro ベンチマークテスト

AnTuTu

Antutuはそれほど速くはないですが、普通にスマホを使う分には問題なく動くと思います。

2回目やったら18万代切ってしまいました。

Geekbench

3DMark

3Dゲームは3DMark計測している様子を見る限りでは、ギリギリできそうな気がしました。でもAntutuテスト時は秦の皇帝部分の3D映像がカクついていたので??やはり重いゲームは無理っぽいです。

CUBOT X20 Pro

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

CUBOT X20 Pro

CPU-Zのスペック詳細

CUBOT X20 Pro カメラ

写真・ぼかし・夜景

ノーマルの写真、夜景モード、ぼかしモードがありました。

美肌・FaceCute

女性や子供にうれしい自撮りや友達と撮る美肌やFaceCuteもありました。

写真

写真の出来は悪くはないのですが、あまり良いとは言えず少し暗い画像になりました。

CUBOT X20 Pro

白い部分が少し黄色味がかったような画像になります。肉眼で見たまんま撮れるので悪くはないのですが、もう少し明るく撮れてくれるとうれしかった。

CUBOT X20 Pro

CUBOT X20 Pro 使ってみた感想

裏面のトリプルカメラがiPhone11 Proに少しだけ似ているという部分以外には、いたって普通のミッドレンジ中華スマホです。

ケースも保護シートも最初から貼ってあるので、ほかに買う必要なくすぐに使い始められます。

カメラ性能は可もなく不可もなく普通のミッドレンジスマホの性能でそれほど良い映りではありませんでした。

SocはHelio P23で実測Antutu18万前後と普段用スマホとしては十分に使えそう。

あまり特徴は見当たりませんでしたが、2代目のスマホとしてや家族に使ってもらうスマホとしては十分な性能で、120ドル切りで日本円にすると約13000円ほどなので年末の里帰りのプレゼントに祖父母にプレゼントするのもありかもしれません。

CUBOT-X20-Pro

CUBOT X20 Pro

コメント