テレワーク用 モニターライト おすすめランキング7選 レビュー デスクの邪魔にならない!

引き続きPCディスプレイの上部のベゼルに設置するので邪魔にならず置き場所にも困らないモニターライトを紹介します。

前回はXiaomiのモニターライトをレビューしましたが、今回のは中華の無名に近いBaseusというブランドのモニターライトです。

この記事は複数のページに別れています

XiaomiとBaseusのモニターライトの違いは、Xiaomiのほうはディスプレイ上に挟み込む専用ですが、Baseusモニターライトは重り部分が360度回転する仕様なので棚に置いたりデスクに置いたりと置き場所がディスプレイ上でなくても設置できて便利です。

そしてスイッチはLEDバーの右側にあります。

自分の場合は秘密基地の棚の上に設置みました。↓(夜に部屋の電気を点けなくても、コレだけで十分な明るさで満足しています。)

モニターライト

選び方は明るさ重視の場合はXiaomiモニターライト、モニター上以外の棚などに置きたい場合はBaseusモニターライトを選ぶと良さそうです。

Baseus Ledデスクランプ
Baseus モニターライト

従来のデスクライトはディスプレイが置いてあるデスクを想定しておらず、ディスプレイの脇に別途デスクライトを設置する必要がありますが、モニターライトならばディスプレイの上に置くだけなので、場所も取らずにデスクの上を占領せずに邪魔せず設置できるという利点があります。

モニターライトはキーボードやマウスなどデスクの上を最適な光で照らしてくれて、なおかつディスプレイを照らさないので光が反射せずにPC作業に没頭できます。

PC作業をされる方にはピッタリなライトなんです。

スポンサーリンク

Baseus モニターライト 開封

海外通販Banggoodからやってきたモニターライトなので、化粧箱に多少のダメージはありました。

Baseus モニターライト

最近は中華スマホ・タブレット・ラップトップなどの精密機器はエアチューブで梱包されていますので、精密機器に限っては化粧箱にダメージは無い場合が多いです。

Baseus モニターライト

開封

中身にはダメージは無かった。

Baseus モニターライト

可動部のヒンジが2箇所あって、重り部分は360度回転するので、ディスプレイ上に設置する以外にもアイデア次第でどこにでも設置できそう。

ライト部分もヒンジで目に直接光があたらないように角度を調節できる。

Baseus モニターライト

アームの上の部分に電源のUSB Type-Cポートがある。ACアダプターではなくUSBで電源を取れるので外出先で使う場合はモバイルバッテリーで使えて便利ですね。

Baseus モニターライト

Xiaomiモニターライト同様に作りは安っぽくなく、しっかりした作りなので長く使えそうです。

Baseus モニターライト

2つのヒンジがあって、↑右側が重りを回転して調節するヒンジ、左側はライトの角度を調節するヒンジ。

ヒンジは金属でできていてちょい高級感あり。

設置するディスプレイに触れる部分はゴムが張り付いていて傷つける心配はない。

LEDライトは無段階調光・3段階調色

ライトのパワーボタンは右側面にあって、長押しで点灯します。その他以下のように操作可能。

  • 点灯・消灯:ボタン長押し
  • 調光:時計回りで強く・反時計周りで弱く
  • 調色:ボタンを押すごとに変色

寒色系の色はデスクワークに最適。

Baseus モニターライト

暖色系の色に変更するとムーディーな雰囲気になる。

Baseus モニターライト

付属品

付属品は長めのUSB Type-Cケーブルと取説・カード・シール、取説は中国語でした。

シールは中国で流行ってる?どこかで見たようなキャラクターの子供が喜びそうなシール。

Baseus モニターライト

Baseus モニターライト 設置してみる

開封したところでモニターライトの使い方を見ていきましょう。

ディスプレイ上に設置

まずはモニターライト本来の使い方のディスプレイ上に設置してみます。

モニターライトなので↓当然ですが普通に設置できました。

Baseus モニターライト

モニターがたくさんある場合はそれぞれのモニターの上に設置すると良いと思いますが、このモニターライトはモニターを照らすのではなく、

モニターの下に置いてあるキーボードやマウス・メモ・スマホなどを照らすものなので、1つのデスクに1個だけモニターライトがあれば良いと思います。

2つ↓モニターライトを左右に設置しても明るすぎて無意味でした。1個で十分です。

Baseus モニターライト

厚み3~46mmのディスプレイに設置可能

重りが360度回転するので、ほぼすべての液晶モニターに設置可能です。

厚みがないモバイルモニターも↓このように重り(文字が書いてある部分)を閉じれば最小で3mmほどの厚みに挟める。

Baseus モニターライト

Xiaomiモニターライトに比べて重りが自由自在に回転するので、どこにでも置けて便利。

厚み5mmほどのモバイルモニター↓にも設置可能。

Baseus モニターライト

一般的に普及している厚み15mmほどの液晶モニター↓にも設置可能。

Baseus モニターライト

通常の使い方である液晶モニター↓に設置するとこのようになります。

Baseus モニターライト

液晶モニター以外にブラウン管ディスプレイには?上に置くだけでも可能ですが不安定かもしれません。

ディスプレイに限らず上部が46mmまでで、後ろ側の面がたいらで高さ60mmほどある物であればどこにでも設置可能。

棚に設置

自分の場合はモニター上にXiaomiモニターライトを設置しましたので、秘密基地の壁の棚にBaseus モニターライトを設置してみました。↓

Baseus モニターライト

棚の前の部分の立ち上がりが18mmほどしかないので、挟み込むことはできませんでしたので、モニターライト重り部分を開いて棚に置くようにして設置しました。

重り部分はかなり重く、ライト部分は軽いので、棚から落下することはまずないでしょう。

Baseus モニターライト

夜、モニターライト点けてみる

下画像左側がBaseus モニターライト、右側のモバイルモニター上に設置したXiaomiモニターライト。

部屋の電気を点けなくてもこれだけでかなり明るくなりました♪

Baseus モニターライト

両方とも最大まで明るくするとXiaomiモニターライトのほうが少し明るくなるかなぁ、と感じました。

Baseus モニターライト

それでもBaseus モニターライトもかなり明るくなって満足するレベル。↑

BaseusとXiaomi モニターライト 比較

前回レビューしたXiaomiモニターライトと比較してみましょう。

上がBaseusモニターライト↓下がXiaomiモニターライトで、画像だと見た感じはXiaomiのほうがライトバーの部分が若干細くスマートに見えますが、実際は全く同じ23mmほどの直径の円でした。

Baseus モニターライト

Xiaomiのほう(下側)はLEDバーと重り部分が強力な磁石でくっついているだけなので、分離可能。

Baseusモニターライトは重りとは分離できない。

Baseus モニターライト

幅はBaseus モニターライトのほうが右側にコントローラーがある分だけ若干長めだけど明るさはXiaomiモニターライトのほうが明るく感じた。

Baseus モニターライトはLEDの部分が乳白色のパネルで、Xiaomiモニターライトは半透明のパネルなので、Xiaomiモニターライトのほうが明るく感じるのかもしれません。

Baseus モニターライト まとめ

今までのデスクライトは土台部分を机に置いたり、机の天板にクリップで挟み込んで設置していて、アームが短くディスプレイの上までライト部分を持っていくのに苦労しました。

特に、上下にディスプレイを2枚設置する場合はデスクライトのアームが届かず斜めから光を当てたりして・・・PC作業以外の書いたり本を読んだりするのがデスクライトなので、PC作業には不向きでした。

それに比べてモニターライトの登場でアームが必要なく、コンパクトにディスプレイの上に設置できるのでディスプレイが何台あっても設置可能で非常に便利。

モニターライト メリット

  • デスクトップのスペースを占領せずに設置可能
  • ディスプレイに上に置くだけなのでシンプルなパーツ構成でどこも邪魔しない
  • ディスプレイを照らさずデスクトップを最適に照らしてくれて眼が疲れない
  • USB電源なので外出先にも持っていける
  • 他のデスクライトに比べて安価・高性能

モニターライト デメリット

  • 乗せるだけなので不安定な場所には設置不可
  • 厚み3~46mmのディスプレイ以外には設置は難しい(Baseusモニターライトの場合)
  • ディスプレイ以外の場所に設置する場合はXiaomiモニターライトは難しく、Baseusモニターライトでは可能な場合がある。

パソコンの作業がメインのお仕事の場合はぜひモニターライトを1台使ってみてください。作業がはかどりますヨ♪

Baseus Ledデスクランプ
Baseus モニターライト

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。