Mini PC NVISEN MU05 中華Mini PCおすすめ11選 レビュー

パソコン・周辺機器

NVISEN MU01をレビュー(次のページ)していますが、最新のハイスペックモデルMU05が599.99ドルでIntel Core i7 1165G7搭載機が予約販売されているので紹介します。

最大の特徴はThunderbolt4のUSB Type-Cポートが搭載されていることで、8KまでのUSBディスプレイやUSB PD充電などにも使えそうです。

この記事は複数のページに別れています

最新Mini PCのクーポン適用方法と、Banggoodで販売されているCore i5以上のMini PCのおすすめを紹介します。

安価なMini PCが欲しい方は、こちらのBMAX B3 Plusが200ドル前後でWindows11Proインストール済で動作が軽い、USB Type-C給電も可能でサブ機やファイルサーバーとしてかなり使えます。ぜひチェックしてみてくださいね。

最新Mini PC NVISEN MU05 をクーポン適用させて安く買おう!

NVISEN MU05 599.99ドル キャンペーンページ

クーポンコードをゲット!

キャンペーンページの以下の200ドルOFFのCopy to Useボタンを押してクーポンコードをゲットしてください。

NVISEN MU05 をカートに入れる

コチラを押して商品ページに飛ぶと以下のように予約注文で最速で3/9発送なので急ぎでほしい方はご注意ください。

よければ予約注文ボタンを押してNVISEN MU05 をカートに入れます。

クーポンを適用させる

クーポンの適用場所はカートの画面の次のオーダー画面↓に移動します。

オーダー画面に移動するにはカート画面でProceed to Checkoutを押すとオーダー画面になります。

クーポンは「Ciscounts」の項目のCouponsで先ほどコピーしたクーポンコードを貼り付けて右側のApplyボタンを押したら適用されます。

クーポン適用すると日本円で約70576円になりました。

NVISEN MU05の特徴

大きな特徴は以下の3点、Windows11をとりあえず使いたい方によさそうですね。

  • Intel Core i7 1165G7:第11世代プロセッサ
  • Thunderbolt4:USB Type-C接続 8K映像出力・転送速度最大40Gbps
  • Windows11Pro搭載

予約販売中なので到着は3月下旬頃になることにご注意ください。

中華Mini PC おすすめ 11選

小さくてコンパクトでハイスペックCPUを積んで、さらに安い中華のMini PCを紹介します。

中華Mini PCはたいていWindows10 Proがインストールされていて、Adminユーザーが最初から設定されているのがほとんど、最初の設定せずにいきなりログインできてしまうので、気持ち悪い方はIDを作り直すか初期状態に戻す(戻せる?)ほうが良いのかもしれません。

Mini PCの弱点はグラフィックカードが貧弱な点で、ビジネスや普通の使用には問題なく使えますが、3Dゲームや映像制作には向かないのでご注意ください(今回紹介するMini PCはグラフィックカードを増設できないコンパクトタイプのみ)。

Windows11にアップグレードできる機種や最初からWindows11がインストールされている機種もあります(アップグレードできない機種もあるので注意してください)ので、Windows11を使いたい目的でMini PCを導入するのも楽しいですね。

NVISEN 5機種

スペック表↓の左3つが小さいタイプで右側は幅が22cmほどあって大きめ、最新Mini PCのMU05はThunderbolt4ポート(USB Type-C)搭載なので転送速度は最大40Gbpsで8Kディスプレイ接続可能になっています。

古いMini PC NVISEN MU01は次のページでレビューしていますので、NVISEN機を買う前の参考にしてくださると嬉しいです。

右側2機種の幅22cmある大きめのMini PCはNVIDIA GTX 1650グラフィックボード搭載機で、GTX 1650はそれほど速いグラフィックカードではないのですが、ちょっとした映像処理くらいならできそう。

実際に自分も無音NVIDIA GTX 1650グラフィックボード使ってまして、3DMarkのTime Spyは3499でGoodでしたので、ちょっとした映像処理は処理時間はかかるので本格的まではいかないもののある程度はできるのではないでしょうか。

Tbao 4機種

TBAOのMini PCで注目はUSB PD給電のTBOOK MN45で65W出力のUSB PDとケーブル同梱されている。

ACアダプターが嫌いでどうしてもUSB PD給電でMini PCを動かしたい方はTbao TBOOK MN45か、ASUS PN51-S1もUSB PD給電可能のようです。

あと、TBOOK MN45はDisplayPort Over USB Type-Cポート搭載という珍しい仕様でUSB Type-C⇔DisplayPort変換するケーブルでUSB Type-Cポートで映像出力、もしくはUSBディスプレイでも使える機種もあります。

TRIGKEY

あまり目立った特徴がないTRIGKEYですが、Windows11にアップグレードできることと安価なところが特徴なのかな?Speed S3はRyzen3やメモリが少ないバージョンもあり

その他の中華Mini PCはMinisforumというメーカーもありますが、ストレージがなかったりと評判がよくないのでおすすめできません。

この記事は複数のページに別れています

コメント