【GearBest】Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller 開封の儀 レビュー

Xiaomiから新しいタイプのスマホ装着型VRメガネXiaomi VR 3D Glasses with Remote ControllerがGearBestからやってきたのでレビューします。

スマホは標準的なサイズの5.5インチスマホの大きさを装着するようにできていますが、ウチにあるXiaomi Mi MIX2も装着できるかやってみます。

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller

Xiaomi VR 3D Glasses 装着

Xiaomi VR 3D Glasses 開封の儀

梱包

ビニールに包んだのみでした。

Xiaomi VR 3D Glasses  梱包

化粧箱

Xiaomi VR 3D Glasses  化粧箱 正面 Xiaomi VR 3D Glasses  化粧箱 斜め上Xiaomi VR 3D Glasses  化粧箱 裏

開封

これ?なにかに似てるゾ・・・スターウォーズのストームトルーパーだ!

Xiaomi VR 3D Glasses  開封 斜め

さすがXiaomiでカッコいいデザイン。

Xiaomi VR 3D Glasses  開封 横

上部のダイヤルで目の焦点をあわせる。

Xiaomi VR 3D Glasses ダイヤル

前から見るとこんな感じ。↓

Xiaomi VR 3D Glasses  開封 前

顔に当たる部分はフリースで中にスポンジが入っているので長時間装着しても痛くはならない。

Xiaomi VR 3D Glasses  開封 後ろ

レンズの真ん中にセンサーがあって、ちゃんと装着してないと表示されないようになっている。

Xiaomi VR 3D Glasses  センサー

裏のボタンを押すとベルトで頭のサイズに合うところに調節できる。

Xiaomi VR 3D Glasses  ボタン

付属品

付属品はコントローラーと取説のみ。

Xiaomi VR 3D Glasses  セット

リモコンには単4電池が2本装着されていて、青いシートを引っ張って取ると使えるようになる。

Xiaomi VR 3D Glasses  リモコン

操作は基本的にリモコンで操作します。このリモコン↓左側にクリックボタンとタッチで上下左右のコントローラーとプレイ・ストップボタンがある使いやすいリモコン。

Xiaomi VR 3D Glasses リモコン操作

もしリモコンが使えない場合は本体の右上にも一つ決定ボタンがある。

取説

取説見るまでもないガジェットで中国語なのでますます必要ないかな。

Xiaomi VR 3D Glasses スマホを装着

スマホを装着してみます。こちらのXiaomi VRメガネはUSB Type-Cで接続して使う。

それと157x78mmサイズのスマホがギリギリ装着できます。Xiaomiスマホでなくても良さそうですが、オススメはXiaomi 5とか最近出た5S・5S Plusがオススメのようです。

Xiaomi VR 3D Glasses  スマホ装着

とりあえずウチにあるXiaomi Mi MIX2があるので装着してみます。

Xiaomi VR 3D Glasses 装着 Xiaomi機

装着口

表のフタを外すとスマホを装着する凹みがでてきます。

Xiaomi VR 3D Glasses スマホ装着 1

左側にUSB Type-Cプラグがニョキッと出ているのでスマホのポートにはめこんで右側のフックでロックする。

USB Type-Cプラグは角度を変えられるのでスマホを斜めにしてプラグを押し込む。外す時は下の青いマークの右側にあるボタンを押すとパチっとプラグが外れる。

若干余裕があるかたちでちゃんと装着できました。

Xiaomi VR 3D Glasses  スマホ装着 Mi MIX2

この状態で専用アプリを入れないとこんな↓表示になって小米VRが必要と言われる。

Xiaomi VR 3D Glasses  装着

装着はできましたが、どのVRアプリでも良いわけではなく、Xiaomi VRアプリでないと動作しないようです。

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller アプリ

Xiaomi VR 3D Glassesは小米VRアプリが必要ですが、どこにあるか分からずハマりました。

QRコードでは専用アプリにたどり着けない

Xiaomi VR 3D Glasses 取説

QRコードをスキャンしても対応スマホなどの紹介ページに飛ぶだけで・・・アプリがダウンロードできない。

スマホの画像をタップすると小米商城のサイトに飛ぶだけ・・・

Cardboardや小米VR Playでは操作できない

小米VRに似た小米VR Playというのがあるけどこれは違います・・・紛らわしい。

当然ですがCardboardも使用不可。

探すとかならず小米VR Playが出て来るのですが?このアプリ何に使うのだろうか?

小米VR インストール

ブラウザで検索したら出てきたけどなんて検索したのか忘れた。

Mi Appサイトのこちら↑からダウンロード可能。野良アプリなのでご注意ください。

結局上画像右の赤枠の小米VRアプリで使えるようになります。

小米VR 初期設定

VRメガネ(スマホ)とリモコンをBluetooth接続で繋げます。

小米VR 起動

VRメガネ装着してない状態でスマホのみの画面↓動画やゲームをダウンロードできる。

設定も全部中国語なのでいまいちハッキリとは理解できない。

インストールはVRメガネから外した状態でダウンロード

VRメガネを装着した状態ではゲームはインストールできないようで、外した状態で小米VRアプリを操作して好きなゲームをダウンロードする。有料のゲームもあるけど全部中国語でした。

Xiaomi VR 3D Glasses 使ってみる

こちらが小米VRのフロント画面の動画、動画やゲームを選んで使う。こちらの動画↓は設定で録画を押して撮影しました。

設定はリモコンのプレイかストップボタンを長押すると設定画面になる。設定画面はスクリーンショット撮れなかったです。

自分の撮影した360度動画を見る

360度動画をスマホのDCIMやPicturesフォルダにアップして小米Playアプリを起動後右下の「我的」タブを押して「本地視○」の部分をタップすると↓自分の360動画が出てくる。

Xiaomi VR 3D Glasses 自分の360度動画

360度動画のアプリで編集後ダウンロードしたもの(赤枠の動画)がうまく表示できた。未編集の丸が左右にできている動画(緑枠)はやはり使えない動画です。

VRメガネで見るとかなり画像が粗くなるのが気になる。もっと高解像度で表示できるようになれば本格的に使用できそう。

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller 使ってみた感想

専用アプリ小米VRを使ってVRゲームや360度動画を視聴できる。基本的にゲームも動画も専用のものをダウンロードして使う。

予めダウンロードしておかないとゲームはできない。動画はリアルタイムの場合は遅延が生じて実質使えない。

全部中国語なので日本人にはちょっとつらいかも。

画素数が足りないようでまだまだ映像の粗さが目立つのでもう少し高解像度にならないと実用的ではなさそう。

VRは可能性ありますが、まだまだこれからの分野だと感じました。

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller

Xiaomi VR 3D Glasses with Remote Controller

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Xiaomi VR 3D Glasses 装着2

スポンサーリンク

コメントを残す