【Xiaomiスマホ】日本BAND全対応化♪プラスエリア化など、結果:完全対応不可

Xiaomi機やスマホをDiagドライバーなしでも日本の全キャリア、Docomo・Softbank・auに対応する方法を、いつもご指導いただいているN様に教えていただいたので、とりあえずXiaomi Mi Max 2で作業してみました。

以下、文鎮化する可能性もありますので自己責任!でお願い致します。

ただし、Mi Max 2で電子レンジに入れたプラスエリア実験したら圏外になったので(汗)うまく出来ていないかもしれず、もし以下の操作をしてうまくいった場合はコメント入れていただけると助かります。(電子レンジは窓の近くで実験しないとダメみたいで、後ほど再度実験してみます。)

多くの方のお役に立つように個々の環境でどのような結果になったか、このページを参考にしてプラスエリア化などをした場合はぜひ動作結果をコメントください!

今回はXiaomi Mi Max 2でやりますが、どのXiaomi機でも同じようです。ちなみにN様はXiaomi Mi6で作業されてUQmobile・au・Wimax+で動作確認されてますので多分どのBANDでも対応可能になる、日本の3つのキャリア全部が対応可能になる最強スマホになりそうです♪

ただ、この作業をしても実際に対応しているのか検証しないとなんとも言えないので、もし作業をして『au対応したヨ』とか『Softbank対応したヨ』という方はコメントからご報告いただきたいのです。ご協力いただけると喜びますm(_ _)m

では作業していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




BAND操作作業前の作業

前提として以下の作業をしておいてくださいね。それぞれリンク貼っておきましたので、初めてのXiaomi機の方や改造したことのない方は以下の項目をやってきてください。

Mi Unlockは数日かかると思いますのでUnlockできたら、またこのページをご覧ください。

そして、root取りしないとこの操作は完了しませんのでSuperSUは必須になります。

ここまでは作業しておきましょう。以下はここから先を書いていきます。

DFS ダウンロード・インストール

ダウンロード・解凍

以下のページにアクセスしてDFSをダウンロードします。

Setup DFS 17.06.14.00.zip

今回は、Setup DFS 17.06.14.00.zipをダウンロードしました。

ダウンロードしたらWinRARなどの解凍ソフトで解凍する。

Setup DFS 17.06.14.00.zip 解凍

Setup DFS Evolution 17.06.14.00.exeが出てきますのでダブルクリックしてインストール開始。

インストール

注意点は以下2つUser Nameは必須(ニックネームなど適当でOK)、とDFS本体はデスクトップにショートカットが作られるけど、スタートメニューには登録されないので本体のある場所までのパスは覚えておいたほうが良さそう。

C:\Program Files (x86)\Telecom Logic\DFS\17.06.14.00

パス(DFSをインストールする場所)は指定できますが、デフォルトでは↑こちらにインストールされました。

デフォルトではショートカットがデスクトップに作られる。

DFS ショートカット

アップデート

起動したらアップデートきてるのでやってみた。コレはあまりやる必要はないかもしれませんが一応アップデートしました。

DFS アップデート

アップデートするとツールが2つになりまして、古い方のフォルダは要らないので捨ててもかまいません。↓

DFS 2つ DFS 2つ フォルダも

ではショートカットをダブルクリックして起動してみましょう。

DFS アカウント取得

まずはDFSのアカウントを取得する必要があります。

Register Account

DFS アカウント取得

Register Accountを押すとブラウザが起動して登録ページが表示されるはずですが、問題アリ。

SSL証明書が無い警告

以下のように警告が表示されて先に進めません・・・これは多分ですが、SSL証明書というHTTPSの暗号化通信に必要な第三者認証の証明書を取得していないサイトだとこのように表示されますので、特にヤバイサイトとは言えないと思います。

が、・・・自己責任でお願いしますね(汗)

SSL証明書が無い警告 DFS

ブラウザは自分の場合はMicrosoft Edgeが起動したので上記のような表示になって、「このWebページの閲覧を続ける(推奨されません)」を押すと通常のページが表示されます。↓

ここでアカウント登録しましょう。

メルアドは後ほどアクティベーションする時に必要なので、適当なメルアドではなく受信できるメルアドでないと都合が悪いです。心配で用心深い方はGmailかなにか捨てメルアド取得しても良いかもしれませんね。

DFS アカウント登録

ユーザ登録すると以下のようなアカウントページが表示されます。

DFS アカウントログイン

まだアクティベーションしてないので、メールのURLをクリックしてアクティベーションすれば完了。

迷惑メールを見てください

メールが来ないなぁ、と思っていたら迷惑メールのフォルダに入っていました。

迷惑メール

このURLの部分↑をクリックすると「不審なリンク」↓と表示されます。良ければ「続行」ボタンを押せばアクティベーション完了。

迷惑メール 警告

かなり怪しいのですが、SSL証明書取ってないだけだったら問題ないと思います。

DFS ログイン

DFSを起動して、DFSアカウントを以下の赤枠にメルアドとパスワード入れて「Login」ボタンを押します。

DFS ログイン

以下のような表示がでますが問題ありません。

DFS ログイン 成功

ログインできたら、右下のほうにある「QTool」を押してQTool起動します。

ここからはQToolでBAND操作しますが、この状態でXiaomi Mi Max 2を接続します。

Xiaomi機とパソコンを接続

Xiaomi Mi Max 2の場合だとUSB Type-Cケーブルでパソコンと接続して、パソコン側でコマンドプロンプトを起動後以下のコマンドを打ちます。

adb shell
su

su入力してエンターキー押すとMi Max 2側で以下のようにウィンドウが表示されるので「許可」ボタンを押す。

Mi Max 2 Xiaomi.eu ROM SuperSU root許可

続いて、

setprop sys.usb.config diag,adb

を入力してみましょう。

コマンドプロンプト SU

この状態でQToolを操作します。

QToolでDIAGドライバーがあるか確認

QToolを起動するとこのようなウィンドウが表示されますので、

DFS QTool

DIAGドライバー対応してるか確認

以下のようにViewからPort Managerを選択します。↓

QTool View Port Manager

Xiaomi Mi Max 2の場合だと、Qualcomm HS-USB Android DiIAG 901D と表示されます!

コレが表示されたらほぼ成功♪

QTool View Port Manager Qualcomm HS-USB

この時、デバイスマネージャーを開いて「ポート(COMとLPT)」を見るとQualcomm HS-USB Android DiIAG 901Dと表示されているはずです。

(最後についている(COM8)の番号↓はパソコン側で勝手に決める番号なので気にしなくてOK)

デバイスマネージャー

この表示が無い場合は、手順が間違っているので、このページの最初のほうからやり直してみましょう。

ここまで来たらあとはXiaomi機のBAND設定するのみ♪

QTool ProgramingでBAND操作

今度はToolsにあるProgramingを選択します。

QTool Programing

Xiaomi機と接続

以下のように↓Qualcomm HS-USB Android DiIAG 901Dを選んで、左側にあるコンセントが外れているようなアイコンをクリックして、コンセントが接続されているアイコンにします。

QTool Programing Qualcomm HS-USB Android DiIAG 901D

Readを押してXiaomi機の情報を読む

次に真ん中下あたりにある「Read」↓ボタンを押すと、今まで無かったESNやMEID・IMEIなどの部分に、なにやら文字列が表示されます。

Xiaomi機の情報を読む Read

BCC RFでCDMA・WCDMA・WLANのBAND設定書き込む

はい、ここで最終的な目的のBANDを設定して書き込んでみましょう。

BCC RFを押す

そうすると、CDMAやらのリストがずらずらと左のほうに表示されます。↑また「Read」ボタンを押してみましょう。

BCC RF Read

Desableになっている部分を使用するBANDをEnableに変えていきます。

以下、3GのCDMA/WCDMAで日本の3キャリア全て対応するように設定する場合は以下のよういします。

  • CDMA BC0:A-system / B-system
  • WCDMA:1(2100),2(1900),5(850),6(800),8(900),9(1700),11(1500)
  • WLAN:JPN 2400 / 5000

下の画像は日本で使用するBANDのEnableの部分のみ表示してあります。実際にはもっと長く、GSMなどもありますので、2G対応している海外行く方はGSMも設定したほうが良さそうです。

BCC-RF-BAND

このようにしてみました。

BANDはドコモ・ソフトバンク・auと対応している周波数が違いますのでこちらの表を参考にご自分の契約しているキャリアのBANDを設定してくださいね。

スマホヲタク仲間のSEさんがau SIMを使ったXiaomi Mi5の動作検証をしてくれました。次の記事で書きますが、その前に、

必要最低限のBANDのみ選択したほうが不具合が起きないようなので、お使いのSIMがドコモだったらドコモの対応BANDのみEnableにしておきましょう。

WLANは2400と5000はEnableにしておきましょう。

BCC RFでCDMA・WCDMA・WLANのBAND設定書き込む Write

最後に忘れずにWriteボタンを押してXiaomi機に設定を書き込みます。↑

BCC LETでLTEのBAND設定書き込む

次にLETのBANDも設定します。

同様に下のほうにある「BCC LTE」をクリックして、Readボタンを押す。設定後はWriteボタンを押してXiaomi機に書き込んで完了。

BCC LETでLTEのBAND設定書き込む

Trueにしたのは以下、

BCC-LTE BAND

  • LTE:1(2100),3(1800),8(900),11(1500),18(800),19(800),21(1500),26(850),28(700),41(2500)

これで日本の全てのBANDに対応すると思いますが、間違っていたらご指摘いただけると助かります。

こちらも必要最低限いしたほうが良さそう。Softbankを使いの場合はドコモとauの対応BANDは必要ないのでSoftbankのみのBANDを有効にしたほうが良さそう。

最後にWriteボタンを押せば作業完了!

終わったら、コンセントアイコンをクリックして、コンセントが切断された状態のアイコンにして、Xiaomi機をパソコンから切断して再起動後、実験してみましょう。

BANDが対応したか未検証

一応作業は完了しましたが、実際にBANDが対応したか未検証なので、もし上記のように設定してプラスエリアが繋がった!などのご報告をいただけると、他の方の参考にもなって非常に喜びます。以下↓コメント欄に書き込んでくださいね。

後ほどXiaomi Mi6もやってみますが、すでにN様が成功されてますので上記のように作業すれば同様にできると思います。

N様がXiaomi Mi6で検証した結果は、DOCOMO系(MVNO)とUQMobleで動作確認、au系ではWiMax+のCA(キャリアアグリゲーション)もつかむことが出来たとのことです!

結局root取りすればどの中華スマホも、というより全てのAndroidスマホでQToolがあればBAND操作できる?かもしれません。

DIAGドライバーが全てのスマホで対応していればの話ですけど、QualcommのSOCだったらいけるのだろうか?どなたか教えてください。

間違いがあれば訂正しますので、ご指摘いただけると助かります。

続き、

注記

中華スマホで日本国内のSIMを使うと技適違反の可能性があります。
当サイトは技適違反を助長するものではありません。
海外で使うことを前提にしています。お約束として中華スマホで日本SIM・Wifi・Bluetoothを使う場合はテストに留めて常用はしないでくださいね。

Network Signal Guru 検証アプリ

Network Signal Guruというアプリを教えていただいたのでこれから検証してみます。

Network Signal Guru
Network Signal Guru
Price: Free+

Wifi 5G

とりあえず、不具合発生してます。Wifiの5Gがつながらないようです(汗)WLAN JPN(5000 MHz)だけだとダメみたいです。どうにかWifiに5Gが表示されるように検証してみます。

  • WLAN US(5000 MHz)
  • WLAN EUR(5000 MHz)
  • WLAN FR(5000 MHz)
  • WLAN SPN(5000 MHz)
  • WLAN JPN(5000 MHz)

これ全部EnableにしたらWifi 5Gつながりました。↓上記5項目のうちどれが対応しているか不明。中国のWifiルーターだからかもしれません。日本で販売されているWifiルーターだとWLAN JPNのみで接続可能かもしれません。

これから自分のWifiルーターがどのWLAN5000MHzに対応しているか調査します。

Wifi 5Gつながる

結果、どうやらWLAN US(5000 MHz)をEnableにするとウチのXiaomi WifiとASUS RT AC51Uは5G認識されました。

GearBestからMU-MIMOで最大速度2600MbpでるXiaomi Mi R3P Wifiルーター Proが来たのでレビューします。...
このWifiルーター、以前のNEC AtermWR8165Nよりもぜんぜん多機能でお値段同じくらい。

モノは上記2つのWifiルーターです。両方ともGearBestから来たので日本で買ったものではありません。なのでBuffaloとかNECなどのWifiルーターとは違うかもしれません。

続きは以下のページで書きました。

NVRAM配布サイトもリンクしました。もし、戻せなくなって不具合ある方は下の続きページもご覧ください。

Xiaomi機のBAND変更はみなさんだいぶ関心があるようで、詳しい方がコメントからアドバイスいただけて助かります。 前回の記事みていただ...

やはり全BAND対応化は無理っぽいです。機種によってもROMによっても違うようで研究が必要みたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. Seiji より:

    お疲れ様です!
    MiMax2はSoCがSD625で、今回のDFSがきちんと対応していたようですね。
    今後新しく登場するSDになにか対策などが施されたりしなければ、ツールの対応で色々できると思います。
    さらにXiaomi端末はLTEのデータ(NV等)を可能な限り搭載してくれているので、安心していろんなゴニョゴニョができますね。
    あ!まだあのテストをしてないので、やってみます。
    その前に電源コード抜かないとですね(汗)間違ってスタートボタン押してもいいように(笑)

    • GO GO より:

      Seiji様
      ありがとうございます。お陰様でMi Max2もうまくいきました♪
      今度はMi6帰ってきたのでやってみます。
      root取ればOnePlus3Tとかも出来るのかしら?調べてできるようだったらやってみますね。
      あと、電子レンジはご指導通り窓のほうに移動して再度チャレンジしてみます。電源入れっぱなしでスイッチ押したらエライコッチャになりますので(汗)一応外します。

  2. Xiaomi より:

    電子レンジではなくNetwork Signal Guruで検証するのが確実だと思いますよ
    あと、一見Bandが追加できたように見えても実際には通信ができないことが多いようです…

    続報待ってます!

    • GO GO より:

      Xiaomi様
      アハっ!Network Signal Guru試してみます♪
      有力情報ありがとうございます。

  3. Seiji より:

    Xiaomi様からご指摘があったので、早速使ってみました。
    Network Signal Guru
    結果としては、
    DTI SIM WCDMA B5 850
    DTI SIM LTE B1 2100
    DTI SIM LTE B3 1800 CA
    UQMobile MultiSIM B41 TDD 2500 CA
    にて接続しました。
    写メの上げ方がわかりませんm(_ _)m

    残るCDMA BC0 (A/B)も続けて確認したいと思います。

    • GO GO より:

      Seiji様
      ありがとうございます。
      Xiaomi Mi6の結果は明日か明後日あたり記事にまとめて画像もアップさせていただきます。
      ご協力ありがとうございますm(_ _)m

  4. 匿名 より:

    mi5で試しました、Network Signal Guruでのバンドは増えていましたが、lteの最初から対応の1バンドは掴みますがそのほかのlteバンドは無理でした。

    • GO GO より:

      ありがとうございます。
      やっぱり完全には対応しないようですね(汗)
      もう少し調べてみます。

  5. あーたん より:

    mi5で公開してある通り試しましたがlteband19を始め電波掴みませんでした。やっぱりrfnvファイルが必要なのか?Network Signal Gurをつかい確認しました

    • GO GO より:

      あーたん様
      ありがとうございます。
      Enableになっていても対応してないBANDががありそうで、もう少し研究が必要そうですね。

  6. 匿名 より:

    root取得は、Network Signal Gurを使うために必要なだけで、
    バンド書き換えには関係無いと思います。
    以前から他のサイトで取り上げている方法と変わり無いようで、
    完全には書き換え出来ないようです。

    • GO GO より:

      いえ、rootは必要です。
      コマンドプロンプトでadb shellしてsuする必要があるので必要でした。
      その後、QToolでBAND設定できるようになります。
      そうですね。書換できないBANDがあるようです。

  7. 日々精進 より:

    DFS 17.07.12.00でMi5書き換えをやってみました、結果はNetwork Signal Gurではwcdmaは
    BAND追加できず、掴めるものがLTEは B01のみとなってしまいました、
    VOLTEが表示されているときに電話を掛けると、ネットワークエラーで繋がらなくなります、
    電話が繋がらなくて困るので、今は、[3G優先]で一時しのぎをしています。
    それと、当方英語が不確かなので、よろしければ確認をしていただきたいのですが
    Goさんの、QToolのlogを一度確認していたでけませんか?
    QToolでreadではBANDは増えていますが、Network Signal では増えていません、
    ???な状況です。
    QToolはデモだけしてるのでは??と疑いたくなります。

    • GO GO より:

      日々精進様
      テストしていただきありがとうございますm(_ _)m
      スミマセン、いつもは暇なのですが(汗)こういう時に限って本業のほうが忙しくなってしまったのでBAND検証はできずにいます。後ほど検証してご報告します。

      電話がつながらない場合は、試しにSIMの場所を変更してみてください。
      Mi Max2はなぜかSIM2のNanoSIMに刺すと音声電話が使えませんでした(汗)SIM1に刺すと音声電話可能。これはBAND書換前からの症状でした。

      はい、自分もMi Max2のNetwork Signal Guruで見たところ・・・プラスエリアのBAND6が!表示されません!どういうことだろう?
      もう少し調べていくしかなさそうです。
      日本BAND全対応化の道は険しそう(汗)

  8. 日々精進 より:

    >> VOLTEが表示されているときに電話を掛けると、ネットワークエラーで繋がらなくなります、
    この件に関しては、公式ROMにはVOLTEのon offがありますが、xiaomi.euにはありません。
    xiaomi.euのフォーラム??でVOLTEでは、受けれない、繋がらないとあるので
    もうしばらくアップデートを待ちます。VOLTEのバグみたいに書かれていますが、
    Mi5のVOLTE情報お持ちであればお教えください。

    DFS toolに関しては光明??が見えてきています、試して問題なければご報告します。

    • GO GO より:

      日々精進様
      VOLTEそういうことですね。
      VOLTEの情報は特にありません。お役に立てずすみません。
      おぉ!うまく行きそうですか?

  9. 日々精進 より:

    こちらに書いてみました、確認はできています、

    • GO GO より:

      日々精進様
      ありがとうございます!!m(_ _)m
      さすがです!
      後ほどご指導とおりに検証してみます。

  10. 日々精進 より:

    >後ほどご指導とおりに~
    やめてください、私自身がいつも教えて頂いているのに、、(>_<)
    それと、書き込んでいるときにQToolのlogを見てください、
    エラーがあると当然どこかに問題が出ていますので、

    QToolの詳しいマニュアルでもあればよいですね~

  11. ぴくる より:

    こちらのサイトを確認しながら私もやってみました。
    元々有効になっていたバンドはそのままに、に3キャリア全てで有効にしました。
    sim1 iijmio sim2 ymobile で動作確認しました。
    VOLTEは、ymobileでは動作してます。(当然でしょうか?)
    iijmioでは、LTE band1と3で動作していることは確認しました。

    • GO GO より:

      ぴくる様
      検証ありがとうございました!!
      とりあえずは対応できているようですね♪
      対応してないBANDなどありましたら教えていただけると助かります。
      自分もBAND6(ドコモ プラスエリア)がやはり有効になってないようなので検証中です。
      後ほどまとめて記事でご報告します。

  12. 匿名 より:

    管理人さんはmi6での日本バンド全対応化は成功したのでしょうか?

  13. 日々精進 より:

    二台のMi5(共にドコモsim2枚刺し)の1台がBand6つかみ通話可能になりましたが、もう一台は、掴みませんでした。??
    ただ、共に、Network Signal GuruではBand6 Ok
    Network Signal Guruでは通話、通信可能の判断はできないですね。
    出張から帰り次第に
    二台を比べて探求します、
    通話可能の方はグローバルRom、、
    だめは、xiaomi.eu

    • GO GO より:

      日々精進様
      検証ありがとうございます。
      自分のMi6・Mi Max2はBand6はつかめないようです(泣)
      こちら↓で書いてみました。
      https://bey.jp/?p=52453
      両方ともXiaomi.euなのでそれが影響しているようですね。

  14. ぴくる より:

    GO様
    MAX2はどうやらEDLが出来ません。
    分解してテストポイントのショートが必要なようです。

    fastbootでのフラッシュでは元に戻りませんでした
    困りました。。。

    • GO GO より:

      ぴくる様
      マジですか!困りました・・・汗
      SIM1は自分のMi Max2もつながりません。コレってXiaomi.eu ROMの影響かと思いましたが、
      正規ROM焼き直すしかないのかなぁ、

      • ぴくる より:

        GO様
        DFSの書き込みの時に中央あたりにstandardとあります。そこをSIM0、SIM1に変更して同じように書き込むとSIM1 SIM2ともに3Gでは通信しました。
        EDLによるフラッシュじゃないとどうやらここの領域は書き換わらないみたいです。
        NVが書き込まれている領域はDFSで見られますし、Backupもとれました、、、する前にbackupしとけばよかったです。
        NVをファイルとして取り出しできるのでどなたかUPしていただけたら戻せるのですが、、、、泣きそうです

        • GO GO より:

          ぴくる様
          自分は今、Mi6とMi Max2でXiaomi.eu ROMに書き換えてしまいましたが持ってます。
          自分のバックアップでよければお渡しできますが、もうちょい詳しく教えていただければ、バックアップ取ってアップします。

          • ぴくる より:

            GO様
            どの様に、バックアップをとられてるか解りませんが、block毎なら以下の情報から
            /dev/block/mmcblk0p55
            /dev/block/mmcblk0p41
            /dev/block/mmcblk0p42
            とおもわれるのですが、、、
            EFSのバックアップツールが有るみたいで、これからチャレンジされる方はESFのバックアップは必ずしてください!
            oxygen:/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name # ll
            total 0
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 DDR -> /dev/block/mmcblk0p17
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 aboot -> /dev/block/mmcblk0p38
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 abootbak -> /dev/block/mmcblk0p39
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 apdp -> /dev/block/mmcblk0p13
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 bk1 -> /dev/block/mmcblk0p1
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 bk2 -> /dev/block/mmcblk0p9
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk3 -> /dev/block/mmcblk0p10
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk4 -> /dev/block/mmcblk0p12
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk5 -> /dev/block/mmcblk0p50
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk6 -> /dev/block/mmcblk0p51
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bk7 -> /dev/block/mmcblk0p52
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 bluetooth -> /dev/block/mmcblk0p47lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 boot -> /dev/block/mmcblk0p59
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cache -> /dev/block/mmcblk0p63
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib -> /dev/block/mmcblk0p30
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib64 -> /dev/block/mmcblk0p32
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlib64bak -> /dev/block/mmcblk0p33
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cmnlibbak -> /dev/block/mmcblk0p31lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 config -> /dev/block/mmcblk0p6
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 cust -> /dev/block/mmcblk0p64
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devcfg -> /dev/block/mmcblk0p20
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devcfgbak -> /dev/block/mmcblk0p21lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 devinfo -> /dev/block/mmcblk0p45
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 dip -> /dev/block/mmcblk0p48
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 dpo -> /dev/block/mmcblk0p3
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 dsp -> /dev/block/mmcblk0p54
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 frp -> /dev/block/mmcblk0p19
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 fsc -> /dev/block/mmcblk0p2
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 fsg -> /dev/block/mmcblk0p40
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 hyp -> /dev/block/mmcblk0p28
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 hypbak -> /dev/block/mmcblk0p29
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keymaster -> /dev/block/mmcblk0p34lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keymasterbak -> /dev/block/mmcblk0p35
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 keystore -> /dev/block/mmcblk0p18
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 limits -> /dev/block/mmcblk0p7
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 lksecapp -> /dev/block/mmcblk0p22
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 lksecappbak -> /dev/block/mmcblk0p23
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 logdump -> /dev/block/mmcblk0p61
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 logo -> /dev/block/mmcblk0p53
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mcfg -> /dev/block/mmcblk0p44
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mdtp -> /dev/block/mmcblk0p57
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 misc -> /dev/block/mmcblk0p43
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modem -> /dev/block/mmcblk0p55
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modemst1 -> /dev/block/mmcblk0p41
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 modemst2 -> /dev/block/mmcblk0p42
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 mota -> /dev/block/mmcblk0p15
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 msadp -> /dev/block/mmcblk0p14
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 oem -> /dev/block/mmcblk0p62
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 oops -> /dev/block/mmcblk0p46
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 persist -> /dev/block/mmcblk0p58
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 recovery -> /dev/block/mmcblk0p60
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 rpm -> /dev/block/mmcblk0p26
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 rpmbak -> /dev/block/mmcblk0p27
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sbl1 -> /dev/block/mmcblk0p24
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sbl1bak -> /dev/block/mmcblk0p25
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sdi -> /dev/block/mmcblk0p11
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 sec -> /dev/block/mmcblk0p4
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 splash -> /dev/block/mmcblk0p56
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 ssd -> /dev/block/mmcblk0p5
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 sti -> /dev/block/mmcblk0p49
            lrwxrwxrwx 1 root root 20 1970-02-10 10:35 switch -> /dev/block/mmcblk0p8
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 syscfg -> /dev/block/mmcblk0p16
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 system -> /dev/block/mmcblk0p65
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 tz -> /dev/block/mmcblk0p36
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 tzbak -> /dev/block/mmcblk0p37
            lrwxrwxrwx 1 root root 21 1970-02-10 10:35 userdata -> /dev/block/mmcblk0p66
            oxygen:/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name #

          • ぴくる より:

            GO様
            連投失礼します
            あと、EFS内のnv → item_files → rfnv
            こちらのデータがなんとなく壊れてしまったのではと思ってます。DFS等で取り出してzipなどで頂けたら感謝感激です

  15. 日々精進 より:

    >出張から帰り次第に
    >二台を比べて探求します、
    >通話可能の方はグローバルRom、、
    >だめは、xiaomi.eu

    通話可能の方はグローバルRom 32Gモデル
    だめは、xiaomi.eu  64Gモデル
    それと、色々と漁っていると、ROM書き換えても設定はのこると書かれている方がいます、、
    となるとROMは関係ない????
    logから解明していかなければならないでしょうが情報がない。
    Mi5通話まで検証した人どれぐらいいるのでしょう??

    • GO GO より:

      日々精進様
      D様も他の方もROM書き換えても戻らない(汗)ようなので、
      ROMは関係ないところで書き換えてるようですね。何処だろう?
      ブートローダー?は関係ないですよね。

    • 日々精進 より:

      先ほど失敗をしてしまいました。
      #*#*4636*#*# で設定に入り、
      SIM1の優先ネットワーク設定を、LTE/TD-SCDMW/UMTSから、JAPAN BAND??
      LTE/WCDMAに変更、再起動、SIM認識せず、一度出して挿入、で認識、NETWAORK無しになり、
      設定を戻そうにも、今度は元に戻してもUNKOWNで、
      再起動その他繰り返しても変わらず、TWRPよりバックアップデータでリストア
      SIMの認識、その他元に戻り使用可能に。以前したBAND追加は反映されたままでした、
      多分、
      Qtoolのlogで
      DM NVI READ ~~ <> DM BAD SPC MODE、、の対応が先かな、
      どなたか教えてください、Beヨンドさん、お助を~~。

      • ぴくる より:

        日々精進様
        おそらく、LTE/TD-SCDMW/UMTSのままでないといけないかと思います。
        LTE/WCDMAだと、対応バンドがすくなすぎてNETWAORK無しになるのではないでしょうか?
        私は3Gしか現在電波を掴みませんがLTE/WCDMAですと同様になります。
        UMTSは、選択として必要と思われます

        最終的にはRFNVの移植がいると思われます。多分、、

        http://doroid.org/2016/11/10/moto-g4-play-add-lte-band-19/

        • 日々精進 より:

          ぴくるさん、ありがとうございます、昨日も色々Qtoolでやってみましたが、結果だめでした。
          もうわけわからない状態で、一旦置こうと思った次第です。
          おっしゃる様にRFNVの移植が一番の近道なのではと、、、
          因みにヤフオクでfomaプラスエリア対応済みで出ているが
          fomaプラスエリアで確認を取ってなければ、できてるの?と思ってきます。
          知人が買ってるので、検証に山に行こうかと言っていますので同行できたらして、
          私の物と比較してみます。

          • GO GO より:

            日々精進様
            こちらでNVRAMファイル配布しているようですので、コレを使って直せませんか?
            https://bey.jp/?p=52453#i
            自分はまだ検証してないので理解してませんが(汗)よかったら試してみてください。

  16. ぴくる より:

    GO様
    皆様

    何度も何度もすみません。
    取りあえず初期化できました。
    modemst1(EFS) modemst2(EFS2)に情報が書き込まれていると言うことだそうです。
    EFS関係をDDによるバックアップから
    adb shell mkdir -p /sdcard/backup
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/DDR of=/sdcard/backup/DDR.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/fsc of=/sdcard/backup/fsc.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/fsg of=/sdcard/backup/fsg.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modem of=/sdcard/backup/modem.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst1 of=/sdcard/backup/modemst1.img”
    adb shell su -c “dd if=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst2 of=/sdcard/backup/modemst2.img”

    どうやら、modem領域からmodemst1 modemst2が出来ていると考えてDDで初期化
    (fastboot eraseはwrite protectedで無理でした)
    adb shell
    su
    dd if=/dev/zero of=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst1
    dd if=/dev/zero of=/dev/block/platform/soc/7824900.sdhci/by-name/modemst2

    これで直ったので、今後はどんどん変更してみることが出来ます。
    お騒がせしました

    • GO GO より:

      ぴくる様
      ご指導ありがとうございます!!m(_ _)m
      足りない情報提供で申し訳ございませんでした。
      自分もこれから精査してまとめて記事にしてみます。
      無事解決されたようで良かったです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。