Xiaomi Redmi 5 Plus レビューMIUI9

Xiaomiのミッドレンジスマホシリーズの新しいRedmi 5 PlusがBanggoodからやってきたのでレビューします。

Xiaomi Redmi 5とXiaomi Redmi 5 Plusがあって、今回はディスプレイサイズが5.99インチの少し大きめディスプレイなXiaomi Redmi 5 Plusをレビューします。

筐体の素材・作りは基本的に以前のRedmiとまったく変わりなく、以前レビューしたXiaomi Redmi Note 4Xとデザインは少し違うものの、ほぼ同じ見た目でディスプレイサイズや中身が変わっていました。

Xiaomi Redmi 5 Plus 本体

Xiaomi Redmi 5 Plus

Xiaomi Redmi 5 Plus 商品画像

Xiaomi Redmi 5 Plus スペック

Xiaomi RedmiはディスプレイサイズでノーマルRedmiかRedmi Noteかわけるようになっていたと思うのですが、最近は違ってきているようでRedmi PlusとRedmi Noteはディスプレイサイズは同じでRedmi Noteのほうが若干スペックが高いスマホに変わってきています。

Redmi 5を5.7インチ標準ディスプレイと比べるとRedmi Note・Redmi Plusは5.99インチで少し大きめのディスプレイという位置づけなのか?似通ったスマホになってきている。

画像Xiaomi Redmi 5 Snapdragon 450 1.8GHz 8コアXiaomi Redmi 5 Plus Snapdragon 625Xiaomi Redmi Note 5 Pro Snapdragon 636
機種名Xiaomi Redmi 5Xiaomi Redmi 5 PlusXiaomi Redmi Note 5 Pro
メーカーXiaomi831Xiaomi832Xiaomi903
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Redmi 5Yahoo!ショッピング Xiaomi Redmi 5楽天市場 Xiaomi Redmi 5価格調査Amazon Xiaomi Redmi 5 PlusYahoo!ショッピング Xiaomi Redmi 5 Plus楽天市場 Xiaomi Redmi 5 Plus価格調査Amazon Xiaomi Redmi Note 5 ProYahoo!ショッピング Xiaomi Redmi Note 5 Pro楽天市場 Xiaomi Redmi Note 5 Pro
OSAndroid 7,MIUI9Android 7,MIUI9Android 7,MIUI9
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 450 1.8GHz 8コアSnapdragon 625Snapdragon 636
メモリ3GB3/4GB6GB
ストレージ32GB32/64GB64GB
ディスプレイ5.7インチ(18:9)5.99インチ(18:9)5.99インチ(18:9)
解像度1440x7202160x10802160x1080
スクリーン2.5D2.5D2.5D
パネルTFTTFTTFT
画素密度282ppi403ppi403ppi
バッテリー3300mAh4000mAh3900mAh
フロント カメラ500万画素500万画素2000 SONY IMX376万画素
リア カメラ1200万画素1200万画素デュアルカメラ
1200+500万画素
重量157g180g181g
サイズ 縦x横x奥行151.8x72.8x7.7mm158.5x75.45x8.05mm158.6x75.4x8.05mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.2V5.0
GPS
WiFib/g/na/b/g/na/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
充電MicroUSBMicroUSBMicroUSB
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),900(8),1900+(39),2000(34),CDMA2000(BC0)2100(1),1900(2),850(5),900(8),CDMA2000(BC0)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41),1800(3),850(5-26)2100(1),1800(3),850(5-26)
実測値Antutu:78233
Geekbench:Single 872 / Multi 4310
RAM:5444.80
Memory:Read 167.52/Write 72.48

備考・特徴2G: GSM B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA B1/B2/B5/B8
4G: FDD-LTE B1/B3/B5, TDD-LTE B40/B41
レビュー
評価

評価3.4:1人

評価3.7:1人

Wish
7
5
1
5
15
8
 
4
1
画像Xiaomi Redmi Note 5 Snapdragon 636
機種名Xiaomi Redmi Note 5
メーカーXiaomi928
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Redmi Note 5Yahoo!ショッピング Xiaomi Redmi Note 5楽天市場 Xiaomi Redmi Note 5
OSAndroid 7,MIUI9
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 636
メモリ3/4GB
ストレージ32/64GB
ディスプレイ5.99インチ(18:9)
解像度2160x1080
スクリーン2.5D
パネルTFT
画素密度403ppi
バッテリー4000mAh
フロント カメラ1300万画素
リア カメラデュアルカメラ
1200+500万画素
重量181g
サイズ 縦x横x奥行158.6x75.4x8.1mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV5.0
GPS
WiFia/b/g/n/ac
生体認証指紋
充電MicroUSB
SIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1800+(3),1700(4),850(5),2600(7),900(8),800DD(20),TD2600(38),TD2300(40)
Wish
3
5
2

その他のXiaomi機はこちら「Xiaomi スペック一覧」をご覧ください。

Xiaomi Redmi 5 Plusの主な特徴をみていきましょう。

バッテリー

バッテリーは4000mAhと標準的なスマホのバッテリー容量3000mAhよりも少し大きめです。

Xiaomi Redmi 5 Plus バッテリー

アスペクト比18:9ディスプレイ

最近流行りのアスペクト比18:9のディスプレイ搭載スマホ

Xiaomi Redmi 5 Plus 角ラウンド

MIUI 9

グローバル版のMIUI9はPlayストアありで日本語表示も可能になっています。なのでグローバル版を手に入れるとすぐに使えて手っ取り早い。

コスパ重視のガジェヲタさんは安ければ中国版を買ってROM焼きしてもよさそう。

Xiaomi Redmi 5 Plus MIUI9

アスペクト比18:9ディスプレイ

以前のRedmiとの大きな違いのアスペクト比18:9ディスプレイ、その他はほぼ同じようなスペックになっています。

Xiaomi Redmi 5 Plus 18:9

裏面中心に集まっている

カメラや指紋認証が中心に集まっていて、「MI」ロゴも中心に、実際にはMiの下にゴチャゴチャとごみ箱アイコンなどがプリントされています。

Xiaomi Redmi 5 Plus デザイン

耐衝撃

不意の落下でディプレイが割れないように角の部分が補強された構造になっているようです。

Xiaomi Redmi 5 Plus 角補強

Xiaomi Redmi 5 Plus カラー

Banggood

4GB/64GB
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Banggood

香港 3GB/32GB
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)

Banggood

3GB/32GB
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)
ROSE GOLD(ローズゴールド)  ROSE GOLD(ローズゴールド)
LIGHT BLUE(ライトブルー)  LIGHT BLUE(ライトブルー)
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Xiaomi Redmi 5 Plus 開封の儀

梱包

Banggoodのいつもどおり神梱包のエアチューブでやってきましたが、今回はエアが半分ほど潰れた状態でした・・・

Xiaomi Redmi 5 Plus エアチューブ

化粧箱

ビニールコーティングで封印されていました。

Xiaomi Redmi 5 Plus 化粧箱 ビニールコーティング

化粧箱のフタ全体が赤いデザインに変わっています。以前は全体白にMIロゴのみだったので変わってきた。

側面に「Global Version」と書いてありました。これはROM焼き必要なしなほぼなにもしなくてもそのまま使えるバージョンではないですか!

Xiaomi Redmi 5 Plus 化粧箱 グローバル

縦長5.99インチディプレイ・フロント12000万画素カメラ・・4000mAhバッテリー・スナドラ625の4つの特徴。

Xiaomi Redmi 5 Plus 化粧箱 裏 ズーム

開封

開けてみます。

Xiaomi Redmi 5 Plus 化粧箱 開ける

専用保護ケース付きです。

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケースあり

裏を見ると・・・はい、おなじみのRedmiのデザインでちょい縦長になったところが変更点。

Xiaomi Redmi 5 Plus 開封 裏

付属品

付属品はUSBアダプタがCタイプコンセントプラグに変わっています。これはグローバルバージョンで、ヨーロッパは主にCタイプコンセントが多いので、グローバルバージョンといえばヨーロッパに輸出用ってことのようです。

Xiaomi Redmi 5 Plus 付属品

Cタイプコンセントアダプタでも変換アダプタかませば使えます。USBは5V2A出力。

Xiaomi Redmi 5 Plus USBアダプタ

保護ケース装着

付属の保護ケースを装着してみました。通常は常にこの透明ケースを装着した状態で使うと思います。特に目立たないので外観を損なうことがなくていいですね。

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケース 表

保護ケースの左側面に「DESIGNED BY MI」と書いてありました。↓見にくいですが、

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケース 表ズーム

透明ケースなので裏面もカバーがあってもあまり気にならない。ただケースが無いほうがよりステキな見た目になりますが、そこはガマンでケースをつけて使えば長持ちしそう。

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケース 裏

底はMicroUSB・スピーカー・マイクの部分に穴がくり抜かれています。

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケース 側面

右側面の電源・音量ボタンは出っ張りになっていて穴はあいていない。

Xiaomi Redmi 5 Plus 保護ケース 側面2

Xiaomi Redmi 5 Plus 外観チェック

起動

電源ボタン長押しで起動してみましょう。

Xiaomi Redmi 5 Plus 起動 MI

しばらくするとMIUI 9の稲妻アイコンが表示されて初期設定に入ります。

Xiaomi Redmi 5 Plus 起動 MIUI9

表面

ディプレイが縦長で四隅の角がかなりラウンドしている、最近のスマホの見た目になっています。

以前のRedmiでしたら、ディプレイ下にタッチでLEDで光るホームボタン・戻るボタン・マルチタスクボタンがありましたが、今回はさすがに縦長ディプレイなのでホームボタンなどはディプレイ内部に表示されるようになりました。

ベゼル幅

ベゼルは左右にくっきりと目立ちますが細め。ディプレイの外側に黒い表示されない部分もあってベゼルでは隠れていません。

Xiaomi Redmi 5 Plus ベゼル

  • 上:側面金属+プラパッキン約1.5mm+白ベゼル約9.5mm+表示されない部分約0.5mm=約11.5mm
  • 左右:側面金属+プラパッキン約1.5mm+白ベゼル約1.5mm+表示されない部分約0.5mm=約3.5mm
  • 下:側面金属+プラパッキン約1.5mm+白ベゼル約7.5mm+表示されない部分約0.5mm=約9.5mm

ディプレイ周りの黒い表示されない部分はベゼルが白いスマホだと目立ちますね。

Xiaomi Redmi 5 Plus ディスプレイラウンド

プラパッキンも健在で保護ケースを付けない状態では目立ちますが、ケースを付けると隠れる。

Xiaomi Redmi 5 Plus プラパッキン

裏面

裏面はRedmiの伝統的な構造で側面との境の角に溝があるデザイン、他のRedmiは角がラウンドしていて側面との境界が曖昧なデザインが多め。

どのRedmiか忘れましたがこの境界に溝があるデザインも以前レビューしたような?

Xiaomi Redmi 5 Plus 裏 斜め

Xiaomi Redmiを過去に使ったことがある方はもうすでに見慣れていますね。裏・側面は素材・デザインともにほぼ変わりありません。

Xiaomi Redmi 5 Plus 裏 斜め2

お色のゴールドは上下が少し濃いゴールドで金属に見せる塗装されたプラスチック、真ん中の広い部分もプラ?かな?

四隅は丸みがあって、落下したときにディプレイが割れにくい耐衝撃になっているようです。

Xiaomi Redmi 5 Plus 裏面角

Miロゴの下にCEとかゴミ箱アイコンがでかでかと印字されているのがちょっと残念。

Xiaomi Redmi 5 Plus 裏面 マーク

カメラ

フロントにLEDライト付きで自撮りする時に光をあてて撮影することができます。↓こちらの画像では右の赤丸の部分がライト。

Xiaomi Redmi 5 Plus LEDライト

側面

赤外線ビームはまだ健在で、Mi リモートアプリでTVとかエアコン・扇風機などを操作できるようになりますが、世界で流通していない日本の家電や古い機器はリストにない場合が多いので使えない場合もあります。

Mi リモートアプリは学習リモコンみたいにカスタムで登録できないのが残念なところ。LeTVのリモコンアプリはリストにない機器はカスタムでボタンを登録できる。

Xiaomi Redmi 5 Plus 側面赤外線

右側面にある電源・ボリュームボタンも旧Redmiの機種と変わらずツヤアリ面とり仕上げになっています。

Xiaomi Redmi 5 Plus 側面ボタン

イヤホンジャックもちゃんとあります。

Xiaomi Redmi 5 Plus 側面上

SIMスロット・MicroSD

SIMスロットは裏から見て右側面にあります。

Xiaomi Redmi 5 Plus SIM

NanoSIM2枚で1枚はMicroSDと兼用になっている。

Xiaomi Redmi 5 Plus SIMスロット

Xiaomi Redmi 5 Plus 使ってみた感想

デザインは伝統的なRedmiを受け継いだ、というよりほぼ変わらないデザインになっていまして、新鮮味がないのですが安価で縦長大画面、普段使いには十分なスピードのスマホに仕上がっていますのであまり文句のないミッドレンジスマホ。

ノーマルなRedmi 5・Redmi 5 Plus、Redmi Note 5・Redmi Note 5 Proの4機種がRedmiシリーズでアスペクト比18:9ディスプレイです。

Redmi 5 Plusはスナドラ625搭載機で速さはAntutu7万台、もう少し速いのが欲しい場合はスナドラ636搭載でAntutu11万台のRedmi Note 5・5 Proを選ぶと良いでしょう。ただし、価格が200ドル前半から後半になりますのでコスパ重視で普段使いの使用用途では100ドル後半のRedmi 5 Plusのほうが良いでしょう。

サブ機としても改造機としても十分なスペックで遊びがいがあるXiaomi機になっています。

Xiaomi Redmi 5 Plus アプリ・機能

今回はXiaomi Redmi 5 Plusの中身をみていきましょう。

レビュー機はグローバル版でGoogle Playストアあり、中身もMIUI9なので日本語表示可。Xiaomi機でもまったく改造する必要もなく拍子抜けしますが、誰でも使えるようになって便利。

MIUI9になってからは初期設定の初期段階から日本語を選択できるようになって、日本人でもますます便利になってきています。

でも、最近はXiaomiのハイスペックスマホでは対応バンドが多くなってきていますが、XiaomiミッドレンジなXiaomi Redmi 5 Plusなどのスマホは対応バンドは以前のままで日本でもギリギリ使えるようなので、あまり期待はできません。(あと、技適が無いので使えないことになっているのでご注意ください。)

MIUI(XiaomiのOS)も素のAndroidとひと味違ってなかなか馴染みやすいUI(ユーザーインターフェース)になっているのでいじくるのも楽しいです。

2台目スマホとして、ガジェヲタさんのオモチャとしてならば良さそうですね。

初期設定

ホーム画面

デフォルト アプリ

「ツール」はXiaomiのアプリ群でMicrosoftフォルダにエクセルなどのツールもデフォルトでインストールされてました。

BAND

Xiaomi Redmi 5 Plus Global版ですが、対応しているBANDは通常通り少なめで日本でもギリギリ使えるかなぁ、といったところ。

  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
  • 4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
    TDD-LTE B38/B40

設定

MIUI9では端末情報が一番上にきて、ちょっと並びと内容が素のAndroidと違います。

端末情報

GlobalのMIUI9はどうやらデフォルトで日本語にできるようですね。端末情報にCPUとかカメラ・バッテリーなどのアイコンが並んでたのですがなくなってしまったようで少し残念。

Xiaomi Mi MIX 2 端末情報MIUI8.5

MIUI8.5

Xiaomi Mi MIX 2のMIUI8.5の端末情報↑

MIUI9になってアイコンなしの普通の表示になりました。↓

MIUIフォーラム

まさか!日本語のフォーラムできた?・・・とおもいきや最初だけ日本語でフォーラムは英語でした。当たり前ですね。

Xiaomi Redmi 5 Plus ベンチマークテスト

スナドラ625のSocが同じLenovo S5とXiaomi Mi Max 2とスペックを見てみましょう。Lenovo S5はアスペクト比18:9ディスプレイの最新ミッドレンジモデル。

Xiaomi Mi Max 2はちょい古いモデルだけど今も愛用していて大画面でなかなか使えるスマホです。

最近の最新スマホはみんな18:9ディスプレイかノッチに変わってきているので、最新か旧型かはひと目で分かるようになりましたね。

画像Xiaomi Redmi 5 Plus Snapdragon 625Lenovo S5 Snapdragon 625Xiaomi Mi Max 2 Snapdragon 625
機種名Xiaomi Redmi 5 PlusLenovo S5Xiaomi Mi Max 2
メーカーXiaomi832LENOVO926Xiaomi666
OSAndroid 7,MIUI9Android 8Android 7,MIUI8
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 625Snapdragon 625Snapdragon 625
メモリ3/4GB3/4GB4GB
ストレージ32/64GB32/64GB64/128GB
ディスプレイ5.99インチ(18:9)5.7インチ(18:9)6.44インチ
解像度2160x10802160x1080フルHD(1920x1080)
画素密度403ppi424ppi342ppi
フロント カメラ500万画素1600万画素 F値2.2500万画素
リア カメラ1200万画素デュアルカメラ
1300万画素
1300万画素 F値2.2
1200万画素
BluetoothV4.2V4.2V4.2
WiFia/b/g/na/b/g/na/b/g/n/ac
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
DSDS(同時待受)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),900(8),CDMA2000(BC0)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),1900(2),850(5),900(8),1900+(39),2000(34)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41),1800(3),850(5-26)2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)
実測値Antutu:78233
Geekbench:Single 872 / Multi 4310
RAM:5444.80
Memory:Read 167.52/Write 72.48

Antutu:63540
Geekbench:Single 870 / Multi 4202
RAM:5443.17
Memory:Read 221.99/Write 148.76

レビュー
評価

評価3.7:1人

Wish
5
15
8
 
1
 
31
63
37

AnTuTu

Antutuのバージョンが上がって旧バージョンと比べてスコアが約12000プラスになっています。Xiaomi Redmi 5 Plusは約77000台でAntutu旧バージョンでは65000台になるかと思います。

Geekbench

GeekBenchは以前と変わらずのスコアで同じCPU積んでいるXiaomi Mi Max 2と同じようなスコアになっていますね。

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

ストレージがちょい遅めかも。

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 Android Play Store Apple AppStore Android Play Store Apple AppStore いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果で...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Apple AppStore Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Xiaomi Redmi 5 Plus 日本での価格調査

合計:317 件  Amazon:306件 Yahoo!ショッピング:11件
ショップ商品名
イメージ
価格
ポイント
送料

カプリウォッチ CAPRI WATCH 5606 41 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9 S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
カプリウォッチ CAPRI WATCH 5606 41 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9  S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
16,357円
163P
送料無料

カプリウォッチ CAPRI WATCH 5606 43 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9 S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
カプリウォッチ CAPRI WATCH 5606 43 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9  S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
16,357円
163P
送料無料

カプリウォッチ CAPRI WATCH 5607 00 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9 S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
カプリウォッチ CAPRI WATCH 5607 00 CAPRIWATCH スマホホルダー Apple iPhone XR XS XS Max Samsung Galaxy S10 S10plus S9  S9plus S8 S8plus プレゼント 贈り
16,357円
163P
送料無料

iPhone Android ユニバーサル 手帳型レザーケース 本革 GRAMAS UNIVERSAL CASE Shrunken-calf for アイフォン アンドロイド グラマス シュランケンカーフ
iPhone Android ユニバーサル 手帳型レザーケース 本革 GRAMAS UNIVERSAL CASE Shrunken-calf for アイフォン アンドロイド グラマス シュランケンカーフ
19,000円
190P
設定なし

iPhone Android ユニバーサル 手帳型レザーケース 本革 GRAMAS UNIVERSAL CASE Museum-calf for アイフォン アンドロイド グラマス ミュージアムカーフ
iPhone Android ユニバーサル 手帳型レザーケース 本革 GRAMAS UNIVERSAL CASE Museum-calf for アイフォン アンドロイド グラマス ミュージアムカーフ
20,000円
200P
設定なし

その他シリーズ OPPO Reno5A Libero 5G Google Pixel5 Pixel4a 5G ケース カバー 手帳 手帳型 馬 本革 コードバン ピクセル OPPO A73 Reno3A Redmi Note 9T
その他シリーズ OPPO Reno5A Libero 5G Google Pixel5 Pixel4a 5G ケース カバー 手帳 手帳型 馬 本革 コードバン ピクセル OPPO A73 Reno3A Redmi Note 9T
21,780円
217P
送料無料

OPPO A54 5G OPG02 Reno5 A A73 本革 ケース 手帳型 カバー LGV33 KYV44 KYV42 Note9T Note10pro スマホケース 手帳型ケース 手帳 コードバン ハンドあり
OPPO A54 5G OPG02 Reno5 A A73 本革 ケース 手帳型 カバー LGV33 KYV44 KYV42 Note9T Note10pro スマホケース 手帳型ケース 手帳 コードバン ハンドあり
22,320円
223P
送料無料

Kingston GO! Plus Works for Xiaomi Redmi 5 64GB MicroSDXC Canvas Card Verif
Kingston GO! Plus Works for Xiaomi Redmi 5 64GB MicroSDXC Canvas Card Verif
23,400円
234P
設定なし

Amplim 64GB 128GB MicroSD MicroSDXC メモリーカードプラスアダプター - Micro SD SDXC Class 10 Extreme Pro UHS-I U3 A1 V30 超高速100MB/
Amplim 64GB 128GB MicroSD MicroSDXC メモリーカードプラスアダプター - Micro SD SDXC Class 10 Extreme Pro UHS-I U3 A1 V30 超高速100MB/
24,555円
245P
設定なし

Amplim 64GB 128GB MicroSD MicroSDXC メモリーカードプラスアダプター - Micro SD SDXC Class 10 Extreme Pro UHS-I U3 A1 V30 超高速100MB/
Amplim 64GB 128GB MicroSD MicroSDXC メモリーカードプラスアダプター - Micro SD SDXC Class 10 Extreme Pro UHS-I U3 A1 V30 超高速100MB/
24,556円
245P
送料無料

特別価格Kingston GO! Plus Works for 512GB Xiaomi Redmi Note 3 Standard Edition Micr好評販売中
特別価格Kingston GO! Plus Works for 512GB Xiaomi Redmi Note 3 Standard Edition Micr好評販売中
46,600円
466P
設定なし
型違いなど類似商品が表示されている場合がありますのでご注意ください。
楽天ウェブサービスセンター Web Services by Yahoo! JAPAN 

Xiaomi Redmi 5 Plus 使ってみた感想

Redmiもアスペクト比18:9ディスプレイ搭載機を出してきて、スマホのディスプレイが18:9が当たり前になってきているようです。

外観はディスプレイ以外はほとんど旧Redmiシリーズと変わりなく、裏面デザインも旧型と一緒で、縦に伸びたくらい。

ディスプレイが縦長になったことで上下のベゼルが狭くなり、ディスプレイ下のタッチ式のホームボタン・戻るなどはディスプレイ内で表示されるようになり、タッチボタンがなくなりました。

MIUIはバージョン9になって日本語選択可能、グローバル版はPlayストアが最初から入っているので素人でもすぐに使えるようになってきました。ガジェヲタさんには改造しがいがないのでつまらなくなったのかもしれません。

あと、MIUIは無料のテーマがたくさんあるので頻繁に模様替えして遊びたい方にもむいてそう。

左右のベゼル全体で3.5mmでそれほど幅はありませんが、ベゼルが白いので手で掴んだときに誤って指がディスプレイにふれることはなく、誤動作しにくいと感じます。

他のミッドレンジ中華スマホと比べてそれほど特徴や差はなく、やはりRedmiシリーズの量産タイプミッドレンジモデルという印象を受ける。

標準的なミッドレンジスマホですが、普段スマホとして使う分には十分過ぎるほどのスペックで安定のRedmiスマホ。

Xiaomi Redmi 5 Plus 本体

Xiaomi Redmi 5 Plus

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. 匿名 より:

    au通話はできますか? ハードはWCDMA2000対応になっているようですが、ROMのせいで不可?

    • GO より:

      お返事遅くなりましてすみません。
      auは契約していないので正確なことはわかりません。
      https://mymobile-wifi.com/category/xiaomi
      こちらのガジェットフリークのサイトでau検証している記事がありますのでチェックしてみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。