Ulefone Tiger レビュー 裏フタ取れるけど硬い

Ulefone Metalに引き続きUlefone TigerがBanggoodからやってきたのでレビューします。

こちらのUlefone Tigerは裏フタが取れるタイプでZTE Nubia Z7 Maxのように裏フタが取りやすいかと思いきや・・・取りにくい!20分ほど苦戦してやっと取れました。爪だと傷つけると思ったのでオープナーで開けてもなかなか取れず、最終的に左人差し指の爪を入れて右親指でフタをぐいっと上に力を入れて開けました。

裏フタ開けるだけで傷つけてしまうのは勘弁してほしかったのでチョコチョコと傷つけないように開けようとしたのですが、イラッと来たのでぐいっと持ち上げたらパカっと開きました。

ZTE Nubia Z7 Maxのほうがストレスなく裏フタ開けられる構造でステキです。

ZTEのミドルレンジな日本では販売されていないZTE Nubia Z7 MaxがBanggoodから届いたのでレビューします。 こちら10日前くらいに届いたのですがブラックフライデーとかの準備に追われてレビューが遅れてしまいました。スンマセンm(_ _)m

Ulefone Tigerのほうも一回開けてしまえば次からはコツが分かっているのですんなり開けられるけど開けにくいのは勘弁です。

裏フタの見た目は横ヘアラインでギラギラ王子のXiaomi Mi5s Plusの真似したでしょ。そっくり過ぎです。

最近レビューをサボっていたせいかレビューしていないガジェットが溜まりにたまって「行列のできるラーメン屋さん」状態でガジェットが出番待ちです(汗) その中で来た順ではなく、なるべく早くレビューをお届けしたほうが喜ばれると思われるガジェットを優先してレビューしていきます。

img_20161022_160231

これXiaomi Mi5s Plus↑の真似だと思う・・・真似し真似されマネマネ大合戦の様相を呈してきました。

Ulefone Tiger スペックと価格比較

Ulefone TigerはBanggoodで100ドル切る価格なのに悪くは無いスペックで見た目も良いのでプレゼントとか、とりあえずしばらく使うなどによさそうです。

価格を比べる場合は以下のスペック表の【価格表示】の「表示」をクリックしてください。

画像Ulefone Tiger MTK6737 1.3GHz 4コア
機種名Ulefone Tiger
メーカーulefone443
価格調査価格調査Amazon Ulefone TigerYahoo!ショッピング Ulefone Tiger楽天市場 Ulefone Tiger
OSAndroid 6
SocブランドMediaTek
SocMTK6737 1.3GHz 4コア
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度HD(1280x720)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFT
画素密度267ppi
バッテリー4200mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ800万画素
重量155g
サイズ 縦x横x奥行155.8x77.8x9.4mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFib/g/n
生体認証指紋
充電MicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3)
動画https://youtu.be/gqtmc8CHR4Y
実測値Antutu:30612
Geekbench:Single 565 / Multi 1501
RAM:3609.44
Memory:Read 154.89/Write 39.33

Wish
5
7
3

CPUはMediaTekのMTK6737 1.3GHz 4コアなのでミッドレンジ中華スマホに多く使われているもの、Antutu3万ほどなので速度はあまり気にしない方向けですね。

メモリ2GB・ストレージ16GBもかなりもの足りない容量です。ストレージはMicroSD刺せるので増やせるけどメモリは3G位欲しい所。

Banggood送料無料で買い方

海外通販されたことが無い方はこちらを参考にしてください。

Banggoodが新たなスポンサーになりました。ただ、自分はスポンサーでもダメなものはダメでガンガンダメ出ししちゃって嫌われるタイプなので悪しからずよろしくお願い致します(汗)m(_ _)m

Banggood 不良品を交換してもらった方法

返品送料も無料で交換してくれました!不良品・返品の場合はお客が送料を負担するのが当たり前な海外通販では非常識的な行為です(汗)

兄弟サイトでレビューしたクアッドコプターKai Deng K70Fがビス欠品・ディスプレイ充電できない・飛ばないと・・・三重苦だったのでBanggoodに交換依頼してみました。 まだ解決したわけではないのですが、その経過をお伝えします。
Banggoodちゃんもなかなかやりやす♪スポンサーだからひいき目で見ているという点は否めませんが(汗)不良品の返品送料を負担してくれれてさらに違う商品と交換してくれるのは、中国系のネットショップではありえない神対応です。

Ulefone Tiger カラー

お色は3色でレビューするのはゴールデンになります。

Banggood

2GB/16GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

Ulefone Tiger 開封の儀

Banggoodの梱包

ちょい心配なビニール袋にプチプチのみのスマホ化粧箱ダイレクトインでEMS(国際スピード郵便)で届きました。できればダンボール箱がもっと安心。

img_20161202_154718

化粧箱の状態

化粧箱はいつもより汚くなってる。

中国から来るのでけっこうなホコリというか砂です。

中国は大陸で砂漠地帯もあるのでどこ行っても砂ぼこりがスゴイので商品とか商品の化粧箱は砂ぼこりが付着している場合が多いです。

北京や上海なんて1週間居たら砂まみれになるし喉は痛くなって咳止め・のど飴・喉スプレー・風邪薬必須、日本の空気を吸い慣れている方はマスク必須です。(日本で普段マスクしている方は防毒マスク必須 汗)

img_20161202_154858

ちょっと酷い化粧箱です。もう少しキレイに扱ってもらうことを今後期待しましょう。

開封

表面、ホワイトで曲面ガラスです。

裏面はやっぱりギラギラ横ヘアライン。もう見慣れて派手とは思わなくなってしまった。

img_20161202_154951

付属品

付属品はシンプルにUSBアダプタ(日本では使えないCタイプのコンセントプラグで変換アダプタ必須)・MicroUSBケーブル・取説のみ。

img_20161202_155019

USBアダプタは5V1.5Aなので変換アダプタ導入するより急速充電のUSBアダプタを別途購入したほうが良いと思います。

img_20161202_155026

Ulefone Tiger 外観・特徴・機能説明

表面

ディスプレイ面は2.5D曲面ガラスで5.5インチHD(1280x720)で普段使いには良いのですが、映画とか見る時はちょっと解像度が足りないかもしれません。

img_20161214_142202

ディスプレイ面と側面のエッジ部分にプラパッキンはしっかりありまして、このプラパッキンと側面の裏フタの間に爪を入れて裏フタを取ってMicroSIMやMicroSDを刺すようになっています。

保護シートは最初から貼ってあるので取らないでおきました。

Ulefone Powerはこれよりちょっと大味でやはりミッドレンジモデルの中華スマホだなぁと思ってましたが最近のUlefone MetalやUlefone Tigerを見ると2段階くらいは完成度があがって、中華スマホはもう完成度で比べることはデキなくなりそうです。完成度は最初から高いのは当たり前になってきました。

ベゼル幅

  • 上:プラパッキン1.5mm+白ベゼル約13.5mm+表示されない部分約0.5mm=15.5mm
  • 左右:プラパッキン1.5mm+白ベゼル約1mm+表示されない部分約1mm=4.5mm
  • 下:プラパッキン1.5mm+白ベゼル約15.5mm+表示されない部分約1mm=18mm

裏面

img_20161214_142457

裏面がXiaomi Mi5s Plusにそっくりで横ヘアラインのメタリック仕上げになってますが、こちらのUlefone Tigerは叩いた感じが多分フェイクなメタルでプラスチック製のようです。

このゴールデンな裏フタがパカっとまるごと外れます。

安いわりには良い見た目なんじゃないでしょうか、ギラギラ横ヘアライン塗装も良いですね。

最近は裏のリアカメラの下あたりに指紋認証つけてるスマホが多いですね。たしかにスマホを持った時に人差し指が指紋認証にあるあたりになるので丁度認証しやすいということでしょう。

自分はあまり指紋認証使ってないので電源ボタンでも裏面でもホームボタンでも気になりません。ロックはあまりしませんが出かけるときにはロックしてXiaomi Mi Band2で解除するようにしています。

これ、スマホを近づけると自動でロック解除するようにできるんです。Smart Lockについては後ほど書いてみます。

img_20161214_142743

側面

右側面に上がボリューム・下が電源ボタン、上にイヤホンジャックとMicroUSBがあります。上にMicroUSBがあるのは裏フタが開くタイプだからですね。

下からフタを持ち上げるのでMicroUSBポートが下にあるのは不都合です。

裏フタ:SIMスロット・MicroSD

裏フタはコツが分からないと簡単に取れないようになっていました。もしUlefone Tigerを検討中の人はこちらの図を参考にしてください。

img_20161214_145043

裏フタの取り方は以下の切り欠きがある部分と白いプラパッキンの間のスキマ(スキマほぼないけど汗)に爪を強引に入れて引っぺがすようにしてフタを持ち上げます。

まぁ、面倒です・・・汗

img_20161214_142618

裏フタは取りにくいけど、MicroSIM2枚とMicroSDが別個に3枚同時に刺せるのはうれしい仕様ですね。

img_20161214_144722

ZTE Nubia Z7 Maxと同じように、こちらもバッテリーが簡単に取り外せないようになっていました。

バッテリーは4200mAhあって、普通の3000mAhよりも大容量でSonyのリチウムイオン電池です。気軽には交換できそうもありませんが、ビスを取ればバッテリーがお姿をみせそうな予感です。

裏フタを外すとなんだかメカメカしていてフタしなくても良い雰囲気です。これがメタルだったらかっこよかったかも。

裏フタが傷だらけになったらこのまま使ってもよさそう。

img_20161214_144917

なんとなくロボットのような見た目。

Ulefone Tiger 使ってみた感想・まとめ

100ドル切る価格なのに普通に使えて見た目も完成度高くスマホにこだわらない方にはもってこいですね。

素に近いAndroidなのですぐに日本語にできてすぐに使い始められる。

裏フタを外すタイプが好きな方には候補として上げていただきたいのですがフタが取りにくいです。

それと、他のスマホより少しバッテリー容量が多い4200mAhリチウムイオンバッテリーなので電源のない場所に長く居る方向けです。

img_20161214_142730

Ulefone Tiger アプリ・機能

続いてUlefone Tigerの中身 Androidを見ていきましょう。

内部といっても素のAndroidに近くアプリも必要最低限だし特に特徴なし。裏をかえせば普通のAndroidなので日本語にすぐできて誰でもすぐに使い始められるというのが特徴でしょう。

何しろコスパが高く100ドル切って普通に使えるAndroid中華スマホなのが嬉しい。普通100ドル切ると3G回線しか使えなかったりCPUがメチャクチャ遅くギリギリスマホとして使えるものが多いので、このUlefone Tigerはコスパ高いです。

img_20161214_142457

初期設定

最初に電源ボタンを押して起動したらこの画面になるので日本語を選択すれば表示が日本語になりますので説明する必要は無さそうです。

screenshot_20160125-230603

ホーム画面

アプリは必要最低限でめちゃくちゃ少ないです。24個しかありませんでした。

PlayストアやGmail・マップが最初から入っているのですぐに使い始められますね。

設定

ほぼデフォルトのAndroidの設定で見た目だけ少し変えたようです。

SmartWakeが追加された機能のようなので見てみましょう。

SmartWake

ディスプレイでジェスチャーするとカメラ起動したり設定を起動したりがデキちゃう機能。

ダブルクリックでディスプレイ点灯させるのが地味に便利です。

端末情報

screenshot_20161216-052850

特にこれといった機能もないのとアプリも最低限しかはいってなく少ないので、あとはPlayストアからアプリをダウンロードして自分なりにカスタマイズして使い始めるのが良いでしょう。

Ulefone Tiger ベンチマークテスト

AnTuTu

特にスマホにこだわりがなく、コスパ重視な方はAntutu3万台でも普通に使えると思います。

100ドル切る中華スマホなのでこの数字はかなり高いほうと言えそうです。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_20161214-160019

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 Android Play Store Apple AppStore Android Play Store Apple AppStore いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果で...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Apple AppStore Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

adups入ってる

最近噂になった個人情報をサーバーに送信するツールです。

最近なにやら中華スマホにバックドアが仕掛けられている、というニュースがちらほら流れているのでウチの子供たち(中華スマホ・中華タブレット)は大丈夫かしら?という疑問がフツフツと湧いてきたのでちょっと調べてみました。

こちらもAVGでスキャンしたらワイヤレスアップデートの中に入っていました。

日本のAndroidスマホも多数入っていますので心配でしたらAVGなどのセキュリティアプリをインストールしてスキャンしましょう。

もし上記のようにcom.adups.fotaが入っていて心配だったら「無効にする」でワイヤレスアップデートを使わないようにしましょう。

ただ、ワイヤレスアップデート停止しちゃうとアップデートできないので不便だなぁ・・・

ここまで騒がれてAdups社が悪さするとは思えませんが、心配でしたらadbでパッケージを調べてツールを停止する手もありますがAndroid6だとパッケージを停止する権限が厳しくなっているのでadbだと簡単に停止・削除できませんでした。

こうなってくるとやはりroot取りしないといけなくなってしまって、そうするとセキュリティ的に弱くなるので本末転倒でやはりワイヤレスアップデートを停止したほうが一番手っ取り早そうです。

Ulefone Tiger 使ってみた感想・まとめ

お色のゴールデンは裏面が横ヘアラインでギラギラしています。

バッテリーが4200mAhあって普通のスマホ(3000mAh程度)より少し容量が多いのも嬉しいところ。

中身のAndroid6は素の状態に近いので最初の初期設定で日本語表示に変えればあとはすべて日本語で操作できるのも良いところで、Androidに詳しく無い方でも使い始められそうです。

コスパを重視していてスマホは使えればこだわりが無い方に向いています。安いのにAntutu3万台だったら普通に使えるでしょう。

裏フタ取れてSIM2枚とMicroSDを同時に使いたい方(SIM2枚は日本で同時待受はできません。2G+4G)

Ulefone Tiger

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Ulefone Tigerをadbでパッケージを調べたリストを載せておきます。

shell@rlk6737m_65_c_m0:/ $ pm list packages -s
pm list packages -s
package:com.android.fmradio
package:com.mediatek.gba
package:com.mediatek.ims
package:com.mediatek.ppl
package:com.xcheng.autocallrecord
package:com.android.providers.telephony
package:com.adups.fota.sysoper
package:com.google.android.googlequicksearchbox
package:com.mediatek.camera
package:com.android.providers.calendar
package:egistec.ets.mptool
package:com.android.providers.media
package:com.google.android.onetimeinitializer
package:com.mediatek.fwk.plugin
package:com.xc.pocketantitouch
package:com.android.wallpapercropper
package:com.mediatek.schpwronoff
package:com.mediatek.videoplayer
package:com.android.documentsui
package:com.android.galaxy4
package:com.android.externalstorage
package:com.xchengtech.hall
package:com.mediatek.ygps
package:com.android.htmlviewer
package:com.reacheng.imeimodify
package:com.android.mms.service
package:com.android.providers.downloads
package:com.fw.upgrade
package:com.adups.fota
package:com.mediatek.engineermode
package:com.xcheng.midtest
package:com.mediatek.omacp
package:com.android.browser
package:com.android.providers.applications
package:com.google.android.configupdater
package:com.android.soundrecorder
package:com.mediatek.wfo.impl
package:com.android.defcontainer
package:com.android.providers.downloads.ui
package:com.android.vending
package:com.android.pacprocessor
package:com.android.certinstaller
package:com.android.carrierconfig
package:com.google.android.marvin.talkback
package:android
package:com.android.contacts
package:com.dolfa.fpcamera
package:com.android.mms
package:com.android.stk
package:com.android.launcher3
package:com.android.backupconfirm
package:com.mediatek.security
package:com.mediatek.bluetooth.dtt
package:com.android.statementservice
package:com.mediatek.voiceextension
package:com.google.android.gm
package:com.android.wallpaper.holospiral
package:com.android.calendar
package:com.android.phasebeam
package:com.mediatek.providers.drm
package:com.google.android.setupwizard
package:com.android.providers.settings
package:com.mediatek.miravision.ui
package:com.android.sharedstoragebackup
package:com.mediatek.batterywarning
package:com.android.printspooler
package:com.mediatek.datatransfer
package:com.android.dreams.basic
package:com.agingtest.activity
package:com.android.inputdevices
package:com.mediatek
package:com.example
package:com.google.android.apps.cloudprint
package:com.android.musicfx
package:com.google.android.apps.maps
package:com.google.android.webview
package:com.android.server.telecom
package:com.google.android.syncadapters.contacts
package:com.android.keychain
package:com.android.dialer
package:com.android.gallery3d
package:com.google.android.gms
package:com.google.android.gsf
package:com.google.android.tts
package:com.mediatek.hetcomm
package:com.android.calllogbackup
package:com.google.android.partnersetup
package:com.android.packageinstaller
package:com.android.proxyhandler
package:com.android.inputmethod.latin
package:com.google.android.feedback
package:com.google.android.syncadapters.calendar
package:com.android.managedprovisioning
package:com.mediatek.calendarimporter
package:com.mediatek.atci.service
package:com.android.dreams.phototable
package:com.dolfa.applock
package:com.mediatek.thermalmanager
package:com.android.noisefield
package:com.google.android.gsf.login
package:com.mtk.telephony
package:com.mediatek.voicecommand
package:com.android.wallpaper.livepicker
package:com.google.android.backuptransport
package:com.android.settings
package:com.dolfa.lauchapp
package:com.fw.upgrade.sysoper
package:com.chinapalms.smartwake
package:com.mediatek.lbs.em2.ui
package:com.android.wallpaper
package:com.android.vpndialogs
package:com.mediatek.systemupdate.sysoper
package:com.android.music
package:com.android.phone
package:com.android.shell
package:com.android.providers.userdictionary
package:com.android.location.fused
package:com.android.deskclock
package:com.android.systemui
package:com.android.bluetoothmidiservice
package:com.mediatek.systemupdate
package:com.mediatek.filemanager
package:com.mediatek.mtklogger
package:com.android.bluetooth
package:com.android.providers.contacts
package:com.android.captiveportallogin
package:com.mediatek.dataprotection

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。