RedMagick 5th

Xiaomi Redmi 5 Plus 開封 レビュー ベンチマーク・MIUI9 標準的な18:9ディスプレイなRedmi機

今回はXiaomi Redmi 5 Plusの中身をみていきましょう。

レビュー機はグローバル版でGoogle Playストアあり、中身もMIUI9なので日本語表示可。Xiaomi機でもまったく改造する必要もなく拍子抜けしますが、誰でも使えるようになって便利。

この記事は複数のページに別れています

Xiaomi Redmi 5 Plus アプリ・機能

MIUI9になってからは初期設定の初期段階から日本語を選択できるようになって、日本人でもますます便利になってきています。

でも、最近はXiaomiのハイスペックスマホでは対応バンドが多くなってきていますが、XiaomiミッドレンジなXiaomi Redmi 5 Plusなどのスマホは対応バンドは以前のままで日本でもギリギリ使えるようなので、あまり期待はできません。(あと、技適が無いので使えないことになっているのでご注意ください。)

MIUI(XiaomiのOS)も素のAndroidとひと味違ってなかなか馴染みやすいUI(ユーザーインターフェース)になっているのでいじくるのも楽しいです。

2台目スマホとして、ガジェヲタさんのオモチャとしてならば良さそうですね。

初期設定

ホーム画面

デフォルト アプリ

「ツール」はXiaomiのアプリ群でMicrosoftフォルダにエクセルなどのツールもデフォルトでインストールされてました。

BAND

Xiaomi Redmi 5 Plus Global版ですが、対応しているBANDは通常通り少なめで日本でもギリギリ使えるかなぁ、といったところ。

  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
  • 4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
    TDD-LTE B38/B40

設定

MIUI9では端末情報が一番上にきて、ちょっと並びと内容が素のAndroidと違います。

端末情報

GlobalのMIUI9はどうやらデフォルトで日本語にできるようですね。端末情報にCPUとかカメラ・バッテリーなどのアイコンが並んでたのですがなくなってしまったようで少し残念。

Xiaomi Mi MIX 2 端末情報MIUI8.5

MIUI8.5

Xiaomi Mi MIX 2のMIUI8.5の端末情報↑

MIUI9になってアイコンなしの普通の表示になりました。↓

MIUIフォーラム

まさか!日本語のフォーラムできた?・・・とおもいきや最初だけ日本語でフォーラムは英語でした。当たり前ですね。

Xiaomi Redmi 5 Plus ベンチマークテスト

スナドラ625のSocが同じLenovo S5とXiaomi Mi Max 2とスペックを見てみましょう。Lenovo S5はアスペクト比18:9ディスプレイの最新ミッドレンジモデル。

Xiaomi Mi Max 2はちょい古いモデルだけど今も愛用していて大画面でなかなか使えるスマホです。

最近の最新スマホはみんな18:9ディスプレイかノッチに変わってきているので、最新か旧型かはひと目で分かるようになりましたね。

画像Xiaomi Redmi 5 Plus Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアLenovo S5 Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアXiaomi Mi Max 2 Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コア
機種名Xiaomi Redmi 5 PlusLenovo S5Xiaomi Mi Max 2
メーカーXiaomi832LENOVO926Xiaomi666
キャリアSIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
OSAndroid 7,MIUI9Android 8Android 7,MIUI8
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コア
メモリ3/4GB3/4GB4GB
ストレージ32/64GB32/64GB64/128GB
ディスプレイ5.99インチ(18:9)5.7インチ(18:9)6.44インチ
解像度2160x10802160x1080フルHD(1920x1080)
画素密度403ppi424ppi342ppi
フロント カメラ500万画素1600万画素 F値2.2500万画素
リア カメラ1200万画素デュアルカメラ
1300万画素
1300万画素 F値2.2
1200万画素
BluetoothV4.2V4.2V4.2
WiFia/b/g/na/b/g/na/b/g/n/ac
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
DSDS(同時待受)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),900(8),CDMA2000(BC0)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),1900(2),850(5),900(8),1900+(39),2000(34)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41),1800(3),850(5-26)2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)
実測値Antutu:78233
Geekbench:Single 872 / Multi 4310
RAM:5444.80
Memory:Read 167.52/Write 72.48

Antutu:63540
Geekbench:Single 870 / Multi 4202
RAM:5443.17
Memory:Read 221.99/Write 148.76

レビュー
評価

★評価

★評価

★評価

評価

評価3.7:1人

Feel 表示
Wish
5
15
8
 
1
 
31
63
37

AnTuTu

Antutuのバージョンが上がって旧バージョンと比べてスコアが約12000プラスになっています。Xiaomi Redmi 5 Plusは約77000台でAntutu旧バージョンでは65000台になるかと思います。

Geekbench

GeekBenchは以前と変わらずのスコアで同じCPU積んでいるXiaomi Mi Max 2と同じようなスコアになっていますね。

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

ストレージがちょい遅めかも。

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Xiaomi Redmi 5 Plus 日本での価格調査

合計:89 件  Amazon:88件 ヤフオク:1件
ショップイメージ商品名価格
ポイント
送料

Amazon.co.jp
Xiaomi Redmi note 8pro RAM 6GB + ROM 128GB(microSD対応最大256GBまで) 6.53インチ Helio G90T MIUI10 水滴型ノッチ 6400万画素カメラ 4500mAh大容量バッテリー搭載 18W Quick Charge 4+急速給電 simフリースマートフォン本体 (グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) (Ocean Blue/オーシャンブルー)Xiaomi Redmi note 8pro RAM 6GB + ROM 128GB(microSD対応最大256GBまで) 6.53インチ Helio G90T MIUI10 水滴型ノッチ 6400万画素カメラ 4500mAh大容量バッテリー搭載 18W Quick Charge 4+急速給電 simフリースマートフォン本体 (グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) (Ocean Blue/オーシャンブルー)24,677円
¥24,677~¥33,862
送料無料

vvjpt16977
B1767 Dscacc 2.5D フル強化ガラス 200 個 (Xiaomi 8/ミックス 2 s/A2/mi8 SE redmi 5 プラス )B1767 Dscacc 2.5D フル強化ガラス 200 個 (Xiaomi 8/ミックス 2 s/A2/mi8 SE redmi 5 プラス )
08月03日23時28分 終了
あと10時間32分
25,980円


Amazon.co.jp
Xiaomi Redmi note 8pro RAM 6GB + ROM 64GB (microSD対応最大256GBまで) 6.53インチ Helio G90T MIUI10 水滴型ノッチ 6400万画素カメラ 4500mAh大容量バッテリー搭載 18W Quick Charge 4+急速給電 SIMフリー スマートフォン本体 (グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) Forest Green/フォレストグリーンXiaomi Redmi note 8pro RAM 6GB + ROM 64GB (microSD対応最大256GBまで) 6.53インチ Helio G90T MIUI10 水滴型ノッチ 6400万画素カメラ 4500mAh大容量バッテリー搭載 18W Quick Charge 4+急速給電 SIMフリー スマートフォン本体 (グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) Forest Green/フォレストグリーン26,970円

送料無料

Amazon.co.jp
Xiaomi Redmi Note 7 4GB/64GB 48MPカメラ Global ver. SIMフリー Blue/ブルーXiaomi Redmi Note 7 4GB/64GB 48MPカメラ Global ver. SIMフリー Blue/ブルー27,215円

送料無料

Amazon.co.jp
Xiaomi Poco F2 Pro 5G対応 グローバル版 (6GB+128GB) 6.67 inch/Dual SIM / 64+5+13+2MP Quad Camera/Motorized pop-up 20 MP Selfie Camera/Google play/日本語対応/SIMフリー (Phantom White/ファントムホワイト)Xiaomi Poco F2 Pro 5G対応 グローバル版 (6GB+128GB) 6.67 inch/Dual SIM / 64+5+13+2MP Quad Camera/Motorized pop-up 20 MP Selfie Camera/Google play/日本語対応/SIMフリー (Phantom White/ファントムホワイト)44,827円
¥44,827~¥62,122
送料無料

Amazon.co.jp
Xiaomi Mi 9 RAM 6GB/8GB ROM 64GB/128GB (Black ブラック) Snapdragon 855 MIUI10 6.39インチAMOLEDディスプレイ 4800万画素三眼カメラ搭載 スマートフォン 本体(グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応)Xiaomi Mi 9 RAM 6GB/8GB ROM 64GB/128GB (Black ブラック) Snapdragon 855 MIUI10 6.39インチAMOLEDディスプレイ 4800万画素三眼カメラ搭載 スマートフォン 本体(グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応)53,800円
¥53,800~¥74,998
送料無料
型違いなど類似商品が表示されている場合がありますのでご注意ください。

Xiaomi Redmi 5 Plus 使ってみた感想

Redmiもアスペクト比18:9ディスプレイ搭載機を出してきて、スマホのディスプレイが18:9が当たり前になってきているようです。

外観はディスプレイ以外はほとんど旧Redmiシリーズと変わりなく、裏面デザインも旧型と一緒で、縦に伸びたくらい。

ディスプレイが縦長になったことで上下のベゼルが狭くなり、ディスプレイ下のタッチ式のホームボタン・戻るなどはディスプレイ内で表示されるようになり、タッチボタンがなくなりました。

MIUIはバージョン9になって日本語選択可能、グローバル版はPlayストアが最初から入っているので素人でもすぐに使えるようになってきました。ガジェヲタさんには改造しがいがないのでつまらなくなったのかもしれません。

あと、MIUIは無料のテーマがたくさんあるので頻繁に模様替えして遊びたい方にもむいてそう。

左右のベゼル全体で3.5mmでそれほど幅はありませんが、ベゼルが白いので手で掴んだときに誤って指がディスプレイにふれることはなく、誤動作しにくいと感じます。

他のミッドレンジ中華スマホと比べてそれほど特徴や差はなく、やはりRedmiシリーズの量産タイプミッドレンジモデルという印象を受ける。

標準的なミッドレンジスマホですが、普段スマホとして使う分には十分過ぎるほどのスペックで安定のRedmiスマホ。

Xiaomi Redmi 5 Plus 本体

Xiaomi Redmi 5 Plus

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. 匿名 より:

    au通話はできますか? ハードはWCDMA2000対応になっているようですが、ROMのせいで不可?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。