RedMagick 5th

【激安Core i5ノートパソコン】6万円台~おすすめランキング9選・CHWUI AeroBook Plus レビュー

CHWUI(ツーウェイ)からCore i5/i7で15.6インチ4KディスプレイのハイスペックWindowsノートパソコンがやってきたのでレビューしていきます。

以前はAeroBook Pro 15.6という名称でしたがAeroBook Plusに製品名が変更になりました。

この記事は複数のページに別れています

やってきたのはCPUがIntel Core i5のメモリ8GB・ストレージ256GBバージョンです。

Core i5搭載なのでやはり空冷ファン装備されていまして重い作業をするとファンが周り出して静かな部屋だとファン音がする!・・・それでも重い作業以外はファンはまわらないので、許容範囲かな?しばらく使ってみてご報告します。

(今までほぼ無音の環境で作業していたので、AeroBook Plusとポータブルバッテリーのファン音がスゴく気になっています。けど、ずっとハイスペックなノートパソコンを使っている方でしたら問題ないくらいのファン音かもしれません。)

CHUWI AeroBook Plus

CHUWI AeroBook Plus

CHUWI公式 AeroBook Plusのページ

それではスペックから順にみていきましょう。

CHUWI AeroBook Plusの特徴・スペック

CHUWI AeroBook Plus

特徴は以下のようになっています。普通のノートパソコンですが、15.6インチの大きめの画面に4K画質というところが最大の特徴で、このサイズで4K画質は動画がかなりきれいに再生されます♪

ただ、ネットにWifi5(IEEE802.11ac)で接続してYoutubeで4K動画を見ると時々ダウンロードスピードが間に合わずに途中で一瞬止まったりもしますので、ネットの4K動画を見る場合は有線LAN(AeroBook PlusはLANポート非搭載)が一番ですが、Wifi6(IEEE802.11ax)だと快適に見れるのかもしれません。

AeroBook Plusの主な特徴
  • CPU:Intel Core i5 6287U / Core i7 6567U(2016年頃のCPU)
  • ディスプレイ:Size:15.6インチ、画質:4K(3840x2160)
  • ボディ:フルメタル
  • キーボード・パッド:フルサイズ+大型タッチパッド
  • メモリ・ストレージ:Core i5 8GB/SSD256GB・Core i7 16GB/SSD512GB
  • バッテリー:大容量 約8時間使用可能
  • 映像出力:USB Type-C映像出力可能

CPUが少し古い代わりに価格を抑えてあるのが最大の特徴。

CHUWI AeroBook Pro 15.6

CHUWI AeroBook Plus スペック

スペックは4K画質以外は標準的なCore i5/i7のPCですが、価格が約61000円ほどなのでこのスペックにしては激安の部類に入ると思います。

CHUWIの最近のラップトップはメタル筐体になっているので存在感も抜群でこれ以上ない完成度のノートPCに仕上がっています。

画像CHUWI AeroBook Plus Core i5 6287U / Core i7 6567U
機種名CHUWI AeroBook Plus
メーカーChuwi1392
キャリアWi-Fiモデル
価格調査価格調査Amazon CHUWI AeroBook PlusYahoo!ショッピング CHUWI AeroBook Plus楽天市場 CHUWI AeroBook Plus
OSWindows10
SocブランドIntel
SocCore i5 6287U / Core i7 6567U
メモリ8/16GB
ストレージ256/512GB
ディスプレイ15.6インチ(16:9)
解像度4K(3840x2160)
パネルTFT
画素密度282ppi
バッテリー4900mAh
フロント カメラ-
リア カメラ-
重量1700g
サイズ 縦x横x奥行362x242.1x15.9mm
SDMicroSD(最大不明)
BluetoothV4.2
WiFia/b/g/n/ac
充電DCプラグ,USB Type-C
接続USB Type-C,標準USB3.0x2,HDMI出力
備考・特徴PCI-e M.2 SSD拡張 x2
フルメタル
評価

★評価

Feel 表示
Wish
3
4
1

CHUWI AeroBook Plus 開封

今回やってきたCHUWI AeroBook Plusはサンプル品なので、CHUWI AeroBook Pro 15.6と刻印されているバージョンで、実際に販売されているものとは少し違いますのでご了承くださいませ。

開封

CHUWI AeroBook Plusはヤマト宅急便でやってきて、ダンボール箱の中に紙の緩衝材で梱包してあっていつもながら丁寧な梱包でした。

化粧箱はおなじみのCHUWIの刻印がある箱です。↓(プロトタイプなのでAeroBook Plusのプリントはありませんでした。)

CHUWI AeroBook Plus

箱を開けると↓本体のノートパソコンがスポンジで包み込まれています。長いダンボール箱はACアダプターが入っている。

CHUWI AeroBook Plus

スポンジのサイドから不織物で包まれた本体登場。

CHUWI AeroBook Plus

全てメタルなCHUWI AeroBook Plus登場です。↓

CHUWI AeroBook Plus

筐体はメタルでシンプルなデザイン。最近までは真ん中にCHUWIでしたが、今回は右下にCHUWIの刻印になりました。

CHUWI AeroBook Plus

15.6インチディスプレイなので想像よりも大きめでフルサイズキーボードで右側には矢印キーやテンキーも配置されています。

シェルを開けるとこんな感じ↓大画面でトラックパッドも巨大なので操作しやすい。

CHUWI AeroBook Plus

裏面はゴム足が付いていて、M.2SSDスロットのフタがあるのでコチラからストレージを増設できるようになっています。

CHUWI AeroBook Plus

プロトタイプなので↓AeroBook Pro 15.6の刻印になっていました。

CHUWI AeroBook Plus

ACアダプター付属

付属品はACアダプターで19V3.42Aで充電します。

CHUWI AeroBook Plus

ACアダプターで充電しても良いのですが、USB-Cポートからも充電可能でした!後ほど説明していきます。

キーボード

キーボードもフルサイズでパンタグラフのキースイッチ。メカニカルキーボードには負けますが、パンタグラフのキーもなかなか打ちやすいので外出先では活躍します。

英語キーボードで右側にはテンキー、下右あたりに矢印キーが4つあって、さらにFキーもありますので、キーに困ることはないでしょう。

CHUWI AeroBook Plus

[Fn] + [F9]ボタンでキーボードのバックライトが2段階に調節できます。

CHUWI AeroBook Plus

[Fn] + [F9]ボタンを押すたびにバックライト弱・バックライト強・バックライトオフになります。

かなり大きめのトラックパッド↓でWindowsのゼスチャーも可能。

CHUWI AeroBook Plus

音が良い!

ビックリしたのは予想以上にスピーカーの音が良かったです。

CHUWI AeroBook Plus

15.6インチと大型のディスプレイで、キーボードのほうにも余裕があるせいか、キーボードの左右にドット穴があいていて、ここから良い音が出ます♪

これは動画鑑賞にもってこいのノートパソコンです。

ポート

ポートは左右にありまして、それぞれ以下のようになっています。

右側のポート
  • イヤホンジャック
  • 標準USB(USB3.0)
  • MicroSDカードスロット

CHUWI AeroBook Plus

左側のポート
  • DCプラグ(充電ポート)
  • 標準USB(USB3.0)
  • HDMI(標準サイズ)
  • USB Type-C(USB PDアダプターを使えばココから充電可能)

左右に標準USBポートがあって、HDMI出力も装備されています。一番良かったのはADアダプター以外にもUSB-Cポートからも充電が出来たのは素敵すぎ!

シェルが180度開かないのが残念

ちょっと残念だったのはこのラップトップはシェルが180度オープンしないところ↓このように130度くらいしか開きませんでした。

CHUWI AeroBook Plus

ヒンジ部分はあまり開かない↓ベーシックな構造のヒンジでした。

CHUWI AeroBook Plus

できれば360度開いてタブレットとしても使いたかったところ。

音が気になる空冷ファン

これはハイパワーなCPUを積んているので仕方がないことだとおもいますが、4K動画や重い作業をしている時は時々ファンが周りだして↓騒音を出します・・・

CHUWI AeroBook Plus

裏面のスリットを見てみると空冷ファン↓が少し見えます。このスリットから熱い空気を排出しているようですね。

CHUWI AeroBook Plus

熱を冷やすためにマシンを壊さないように空冷ファンが回りますのである程度は、ノートパソコンの場合は我慢しないといけないですね。

女性が持つと大きさが分かる

デスクワークに最適な15.6インチのラップトップですが、

CHUWI AeroBook Plus

持ち歩くのはちょっとキツそうなので↓近くの会社などにはいいかもしれませんが、1700gあるので遠くの出張にはちょっとつらいかもしれません。

CHUWI AeroBook Plus

CHUWI AeroBook PlusはUSB-Cでも充電可能!

最高に嬉しかったのは、AeroBook PlusはACアダプターが付属されていますが、左側面のUSB-Cポートからでも充電可能。

ノートパソコンは19V3Aで充電できるようになっているので、USB-Cで充電する場合は大電圧が流れるUSB PDアダプターが必要です。

コチラ↓の標準USBポートのQC3.0などのUSBアダプターでは充電できません。

CHUWI AeroBook Plus

プラグタイプがUSB Type-CポートのUSB PDアダプターで充電可能!

ウチには65Wまで出力できるXiaomi GaN USBアダプタと30WのUSB PDアダプターがありまして、試したところどちらもAeroBook Plusに充電可能でした♪

CHUWI AeroBook Plus

ACアダプターを持ち歩くよりもノートパソコンが対応しているならば、最近出ているコンパクトなGaN(窒化ガリウム)のUSB PDアダプターを持ち歩いたほうがコンパクトで軽量ですね。

CHUWI AeroBook Plus

AeroBook Plusに搭載されているバッテリーは4900mAhで最大8時間使用可能。

CHUWI AeroBook Plus

USB PD2.0充電で1時間で60%まで充電できるようです。

CHUWI AeroBook Plus

CHUWI AeroBook Plus

CHUWI公式 AeroBook Plusのページ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。