Lenovo Pad 11 タブレット レビュー11インチで4スピーカーDolby Atmos・TV視聴に最適+Lenovo TAB3

続いてLenovo Pad 11のアプリやベンチマークを簡単にみていきましょう。

この記事は複数のページに別れています

Lenovo Pad 11 アプリ・機能

初期設定は通常のAndroidスマホ・タブレットの設定と同様に、ほぼGoogle純正の設定で日本語を選ぶとその後はずっと日本語表示で、Googleアカウントを作るかログインするかして進めていきます。

ホーム画面

画面が11インチと大きめなので、ホーム画面に並べられるアプリも多い。特に一番下のドックには最大8個もアプリが並べられる。

デフォルトのホーム画面↓にアプリは少しだけあった。

デフォルトではGoogle関連のアプリとMicrosoftのOfficeやOnenote、Lenovonoアプリ少々が入っている。

ヒント

Lenovoのヒントアプリを起動すると以下のように、Lenovoタブレットの基本機能や効率性向上の説明があります。

カメラの美肌補正や画面分割モードのタブレットの基本的な機能の説明のみ。

左側の画面

左側の画面は最初は↓左側のような英語のニュースになっていましたが、途中から日本のGoogleニュースに変わっていました。(いつ変わったのだろうか?)

日本のニュースは左右の余白ができてしまっていて、指をのばさないと上下に動かせずスクロールしにくい。

AIエクスペリエンスセンター

Lenovo Pad 11

美肌・背景ぼかし、近づいたら自動点灯の3項目あります。

カメラの美肌・背景ぼかしは最近のスマホ・タブレットには普通に入っているので珍しくはないですね。

カメラはスマホほど高機能ではないのであまり期待しないほうが良さそうです・・・

下の画像はポートレートモードで「ポートレート背景のプライバシー保護」をオンにして撮影した画像、背景は少しボケていますがそれほどきれいに撮れてないですね。

Lenovo Pad 11

作業モード

Lenovo Pad 11には「作業モード」というパソコンのタスクバーのようになるモードがあります。

作業モードにすると最近は表示されないようになった戻る・ホーム・マルチタスクボタンが表示されたり、起動しているアプリ一覧がディスプレイ下部に表示されるようになります。

設定 > 作業モードを見てみると↓作業モードのオンオフ・キーボードの入力方法を選択できるようになっています。

右側の歯車アイコンをタップすると、キーボードを接続すると自動的に作業モードになるように設定可能。

Lenovo Pad 11 作業モード

専用キーボードを合体した時に作業モードにすると便利に使えそうです。

スマートナビゲーション

Lenovoタブレット独自機能のような設定 > スマートナビゲーションをみていきましょう。

スマートナビゲーションをオンにすると

Lenovo Pad 11

ランチャー項目は6項目で変更不可のようです。

  • 画面レコーダー
  • スクリーンショット
  • 美肌
  • 背景ぼかし
  • ペン:Bamboo Paper
  • Workモード(作業モード)オン・オフ

LENOVOペン

4096筆圧感知のLenovo Active Pen 2/Lenovo Precision Penなどが8~9千円ほどで販売されていますが使えるか?はわかりませんでした。

Bluetoothで接続するペンだったらどれも使えるのでしょうか?

他のAndroidタブレットとホーム画面比較

うちにある10インチタブレットのXiaomi Mi Pad 4+とHuawei MatePadと、Lenovo Pad 11のホーム画面に並べられるアプリの個数を数えてみました。

新しいタブレットのほうが横に多く並べられて、縦が少なくなる傾向のようです。

Lenovo Pad 11

Lenovo Pad 11

Huawei MatePad

Huawei MatePad

Xiaomi Mi Pad 4+

Xiaomi Mi Pad 4+

  • Lenovo Pad 11:縦4個、横4個・ドック8個
  • Huawei MatePad:縦5個、横6個・ドック7個
  • Xiaomi Mi Pad 4+:縦6個、横4個・ドック6個

縦には減っていきますが、ドックの数が増えていく。以前は設定で変えられたような。

メルカリ アプリで左右に余白ができる

スクロールするときにかなり使いづらい仕様のメルカリアプリで、左右に灰色の余白ができてしまって指を少し伸ばさないとスワイプできない・・・

Lenovo Pad 11 メルカリ

アプリの表示幅が固定になっているからのようですが、Xiaomi Mi Pad 4+では正常に表示されています。

いまのところ他のアプリで左右に余白ができるアプリは確認できていません。

Lenovo Pad 11 ベンチマークテスト

AnTuTu

スナドラ662のAntutuスコアはあまり高くなく18万台。いろいろやりたい場合はちょっと物足りないかもしれません。

ただ、スコアが低いけど動画を見る分にはもたつきはありませんでした。

Geekbench

こちらもスコアが低く、ミッドレンジのちょっと下くらいのスコアです。

3DMark

スナドラ662はGPU性能が低いようでスコアが良くない。

WILD LIFE STRESS TESTをダウンロードしてテストしてみましたが、カクカクして使えない。

3Dバリバリのゲームではまったく使えなさそう。

CPU-Zのスペック詳細

Lenovo Pad 11 使ってみた感想

1ヶ月ほどLenovo Pad 11を使っていますが、4スピーカーである程度迫力のあるサウンドで、11インチと少し大きめのディスプレイでNetflixやアマゾン プライムビデオ、Youtube、Tverの視聴にピッタリのタブレットです。

タブレットは個人的な動画視聴にピッタリですね。特に一人暮らしの場合はTVの代わりにタブレットがあればTVは必要なさそう。(ゲームをやる方はTV必要かも)

最近は家族でTVを見るというよりも個人でTVを見る方がほとんど?(ウチはTVがないのでそれぞれタブレットやスマホで動画を見ます。)だと思いますが、家族でTVを見る場合はやはり大きい画面のほうが見やすい気がします。

価格安めで高品質なLENOVO タブレットをぜひチェックしてみてくださいね。

LenovoPad 11

Lenovo Pad 11

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。