Lenovo Pad Pro2021 薄い!大画面高詳細スナドラ870ハイスペックタブレット レビュー・Lenovo Pad 11と比較

中華タブレット

Lenovo Pad 11は2021年3月にレビューしました。

高品質な中華タブレットはXiaomi・Huaweiとありますが、HuaweiはPlayストアがなくなってしまって使いにくい、XiaomiはMi Pad 4から3年ほど経ちますが新機種が出ていない・・・

ということで3番目の候補としてLenovoから使える11インチタブレットのLenovo Pad 11がやってきたのでレビューしていきます。

素直に最高機能のApple iPadやGalaxy Tab買えば良い話ですが、中華パットのほうが安いし手軽に扱えるのが良いところ。

映画・ドラマ・TVなど動画視聴する場合は安い中華パッドのほうが使いやすい場合が多いですね。

iPadやGalaxy Tab S7のようにペンが使えてPCのようになるタブレットはかなり使い道がありそうですが、

自分としては結局ペンは使わないとGalaxy Note 10+を使って分かったので、それほどペンは重要ではないし。Netflix・TverなどのTVを見るのがメインなのでそれほどのスペックは必要無いので中華タブレットがぴったりでした。

Lenovo Pad 11は3万円ほで買えるのでGalaxy Tabよりかなり気軽に手に入れられます。

Lenovo Pad 11 スペック

LenovoPad 11は通常タブレットのディスプレイサイズが10インチなのに対して11インチと少し大きめ。10インチのタブレットに慣れていると1インチでもかなり大きく感じました。

LenovoPad 11

海外通販BanggoodからやってきたLenovo Pad 11

兄貴分のLenovo XiaoXin Pad Proのほうが400ドル(約46000円)ほどで買えてスナドラ730Gなので、こちらのほうがよさそうです。

Lenovo Pad 11は3万円ほどでBanggoodで販売されています。

LenovoタブレットはAndroidでPlayストアも最初から入っているので、日本でもすぐに使いはじめられます。

画像Lenovo Pad 11 Snapdragon 662Lenovo XiaoXin Pad Pro Snapdragon 730G
機種名Lenovo Pad 11Lenovo XiaoXin Pad Pro
メーカーLENOVO2008LENOVO1920
価格調査価格調査Amazon Lenovo Pad 11Yahoo!ショッピング Lenovo Pad 11楽天市場 Lenovo Pad 11価格調査Amazon Lenovo XiaoXin Pad ProYahoo!ショッピング Lenovo XiaoXin Pad Pro楽天市場 Lenovo XiaoXin Pad Pro
OSAndroid 10Android 10
SocブランドQualcommQualcomm
SocSnapdragon 662Snapdragon 730G
メモリ6GB6GB
ストレージ128GB128GB
ディスプレイ11インチ11.5インチ
解像度2000x1200WQXGA(2560x1600)
パネルTFTTFT
画素密度212ppi263ppi
バッテリー7700mAh8600mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素
重量490g485g
サイズ 縦x横x奥行258.4x163x7.5mm264.28x171.4x5.8mm
SDMicroSD(最大不明)MicroSD(最大不明)
BluetoothV5.0V5.0
GPS
WiFib/g/n/acb/g/n/ac
充電USB Type-CUSB Type-C
実測値Antutu:188177
Geekbench:Single 315 / Multi 1372


Wish
 
5
5
 
4
2

映画・ドラマなどの動画視聴がメインの場合はLenovo Pad 11でも十分に使えます。

Lenovo Pad 11 開封

化粧箱

箱は完全に中国仕様でLenovo Pad 11は日本では未発売の機種?でしょうか。(仕様がちょっと違う?4GB/64GBのLenovo Tab P11が日本で40,800(Wifi)~43,800円(4G)で販売されています。)

Lenovo Pad 11

特徴はドルビーAtmos 4スピーカーのステレオでQualcommスナドラ662搭載機、TV視聴がはかどるタブレット。

Lenovo Pad 11

箱いっぱいにタブレットが入っていて、初見はかなり大きく感じました。

Lenovo Pad 11

開封

裏面はモヘア塗装とシルバーメタルのツートンカラー

Lenovo Pad 11

タブレット本体の下の小箱、左側はSIMスロットピン、取説など。

Lenovo Pad 11

右側はUSB-AのUSBアダプターとUSBケーブル。

Lenovo Pad 11

Lenovo Pad 11 外観チェック

起動

起動して初期設定しているとアップデートがありましたのでまずはアップデートしちゃいます。

Lenovo Pad 11

ディスプレイ面

日本語表示可能でPlayストアがあるので日本のアプリもすべてインストールできまして、自分がいつも使っているアプリはすべて使うことができました。

ディスプレイの四隅は丸くなっているタイプで、11インチで少し上に長くなっています。

Lenovo Pad 11

ディスプレイ面と裏面がサンドになっていて、黒いプラスチックパッキンがはさみこんである。

Lenovo Pad 11

黒いプラパッキンがあるのはスマホとしてはちょっと見た目が悪いかもしれませんが、タブレットとしては全く気になりません。

Lenovo Pad 11

フロントカメラはタブレットを横にした状態で上に配置されていて、SkypeやZoomをやる場合に使えます。

Lenovo Pad 11

裏面 上はモケット塗装・下はシルバーメタル

Lenovoタブレットの裏面特徴として上のほうはモケット塗装、下のほうは濃いグレーのメタルになっています。

裏面 上は起毛塗装・下はシルバーメタル

左上のほうにLENOVOのマーク。裏面はあまり見る機会がありませんが、モケット塗装の部分は持ち歩くときにつかみやすくて良い感じです。

裏面を全面モケット塗装にしたら・・・ちょっと安っぽくなっちゃうからちょっとだけにしたようですね。

裏面 上は起毛塗装・下はシルバーメタル

下のほうはDolby Atmosのアイコンが刻印されている。

裏面 上は起毛塗装・下はシルバーメタル

上下(横置きの状態)

このLenovo Pad 11は別売りのキーボードも装着できるようですが、キーボードはBanggoodでは?販売されていないようでした。そのうちに出るのかな?

LenovoPad 11

上部右側(裏面から見て)には独立しているプラス・マイナスのボリュームボタン

Lenovo Pad 11

上部には2つの丸い穴があいているのはスピーカーの空気抜き?かな、左側(裏面からみて)にはMicroSDのスロットがあります。

Lenovo Pad 11

下部はキーボードの4つの端子と装着する時にはめ込む穴が左右にある。

Lenovo Pad 11

左右(横置きの状態)

左右側面はスピーカーが2つずつあって、実際に映画をみるとなかなか良い音がでます。これだったら別途スピーカーを用意する必要なくタブレットだけで気軽に個人的に映画視聴できます。

LenovoPad 11

右側にはUSB Type-Cポート、USB2.0で急速充電も可能でした。

Lenovo Pad 11

左側面上のほうに電源ボタンがあります。

Lenovo Pad 11

セキュリティは指紋認証はなしで顔認証かパターン・PIN・パスワードでロックします。家で使いTV視聴の場合はセキュリティは特に必要なさそう。

リアカメラ ちょっと出っ張ってる

リアカメラは、必要なさそうですが一応ついていてLEDフラッシュもあり。

Lenovo Pad 11

出っ張っているのでテーブルに置いた時にカメラレンズがあたりますが、カタカタしなかった。

MicroSDカードのみ

Lenovo Pad 11はSIMはさせないタイプ、スロットはMicroSDがさせます。

Lenovo Pad 11

MicroSDカード1枚しか入らないタイプのスロットでした。

Lenovo Pad 11

他の機種ではSIMカードもさせるようになるスロットです。

10インチ Huawei MatePad・Xiaomi Mi Pad 4+とサイズ感比較

10インチのPlayストア無しHuawei MatePadとPlayストアあるXiaomi Mi Pad 4+とサイズ感を比較してみましょう。

Lenovo Pad 11

Huawei MatePadとXiaomi Mi Pad 4+は以下のページでレビューしてあります。

Huawei MatePad レビュー Playストアなし・野良アプリはChrome以外使える
新型のHuaweiタブレットHuawei MatePad BAH3-W09がBanggoodからやってきたのでレビューしていきます。 こちらは日本では発売されていないメモリ4GB/ストレージ64GBの中国版になります。日本でも販売されてい...
最新Xiaomi Pad 5 + キーボード Mi Pad 2・3・4 Plus レビュー・カスタムROM
安くてハイスペックで人気なXiaomiの新タブレットXiaomi Pad 5を紹介します。Pad 5専用のキーボード兼カバーもやってきたので合体させて試した様子なども一緒にご覧ください。ハイスペックな中華タブレットのライバル機とし...

中華タブレット 3機種 スペック

Xiaomi Mi Pad 4+のみ4G通信可能です。

AntutuはHuawei MatePadが27万台で高め、Lenovo Pad 11は18万台と低めですが、NetflixとかAmazon プライムビデオとかの映画やドラマ視聴だとCPUの速度はあまり気になりません。

Lenovo Pad 11はGPUのスコアが低いので重いゲームはできそうにないですね。重いゲームメインでタブレットを使いたいときは、やはりGalaxy Tabあたりが良いのでしょうか?

画像Lenovo Pad 11 Snapdragon 662Huawei MatePad BAH3-W09 Kirin 810 2.27GHz 8コアXiaomi Mi Pad 4 Plus Snapdragon 660
機種名Lenovo Pad 11Huawei MatePad BAH3-W09Xiaomi Mi Pad 4 Plus
メーカーLENOVO2008Huawei1427Xiaomi1139
価格調査価格調査Amazon Lenovo Pad 11Yahoo!ショッピング Lenovo Pad 11楽天市場 Lenovo Pad 11価格調査Amazon Huawei MatePad BAH3-W09Yahoo!ショッピング Huawei MatePad BAH3-W09楽天市場 Huawei MatePad BAH3-W09価格調査Amazon Xiaomi Mi Pad 4 PlusYahoo!ショッピング Xiaomi Mi Pad 4 Plus楽天市場 Xiaomi Mi Pad 4 Plus
OSAndroid 10Android 10Android 8,MIUI9
SocブランドQualcommHisiliconQualcomm
SocSnapdragon 662Kirin 810 2.27GHz 8コアSnapdragon 660
メモリ6GB4/6GB4GB
ストレージ128GB64/128GB64/128GB
ディスプレイ11インチ10.4インチ10.1インチ
解像度2000x12002000x1200フルHD(1920x1080)
パネルTFTTFTTFT
画素密度212ppi224ppi218ppi
バッテリー7700mAh7250mAh8620mAh
フロント カメラ800万画素800万画素500万画素 F値2.0
リア カメラ1300万画素800万画素1300万画素 F値2.0
重量490g450g485g
サイズ 縦x横x奥行258.4x163x7.5mm245.2x154.96x7.35mm245.6x149.2x8mm
SDMicroSD(最大不明)MicroSD(最大512GB)MicroSD(最大256GB)
BluetoothV5.0V5.1V5.0
GPS
WiFib/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証顔認証
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
-
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
-
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1800+(3),850(5),2600(7),900(8),TD2000(34),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41),2000(34),1900+(39),2300(40),2500(41)
実測値Antutu:188177
Geekbench:Single 315 / Multi 1372


Antutu:275290
Geekbench:Single 592 / Multi 1843
RAM:23342.65
Memory:Read 246.01
SD:Read 242.34
3DMark:OpenGL 2812 , Vulkan 2605
Antutu:145240
Geekbench:Single 1644 / Multi 5952
RAM:7091.79
Memory:Read 202.12/Write 211.68

備考・特徴PlayストアなしWifi/LTE
レビュー
評価

評価4:1人

Wish
 
5
5
2
5
2
8
29
9

重量

重さは10インチのHuawei MatePadが最軽量で、続いてLenovo Pad 11が490gと11インチとしては軽いほうでした。

Xiaomi Mi Pad 4+は3年ほど前で4G使える機種なので少し重めでした。裏面・側面がすべて金属筐体だからかもしれません。

  • Huawei MatePad:445g
  • Xiaomi Mi Pad 4+:488g
  • Lenovo Pad 11:490g

持った感じだとXiaomi Mi Pad 4+がずっしりしていて重いと感じる。Lenovo Pad 11のほうはサイズが少し大きめなので重いとは感じません。

タブレットの幅

幅はあまり変わらず150~160mmくらいあり、片手で手を広げて親指と中指あたりで掴むにはどの機種もちょっとつかみにくいサイズ。

Lenovo Pad 11

Xiaomi Mi Pad 4+が一番幅瀬間で約149mmくらい

Lenovo Pad 11

幅の実測値は以下のようになっています。

  • Huawei MatePad:155mm
  • Xiaomi Mi Pad 4+:149mm
  • Lenovo Pad 11:163mm

幅はそれほど変わりは無いようで、左右の端を指で掴んだらギリギリ片手でつかめるくらいの幅、手が小さい方はつかめないと思います。

長さ

長さもそれほど変わりありませんでした。11インチと1インチ大きめのLenovo Pad 11は少しだけ長いけどそれほど変わりなし。

Lenovo Pad 11 計ってみると、240mm後半~260mm台でした。

Lenovo Pad 11

ディスプレイは10数ミリ長めなようで、それほど変わりは無いのですが、映画を見る場合にはやっぱり画面が大きいと感じます。

  • Huawei MatePad:247mm
  • Xiaomi Mi Pad 4+:246mm
  • Lenovo Pad 11:263mm

タブレット3台の個人的な実際の使い方

最近はスマホよりもタブレットを使う機会が増えて現在は3台のタブレットを使っています。

個人的な使い方をちょっと紹介していきます。

Lenovo Pad 11

いつもはテレワークの背景として自作した壁に設置しています。上のほうは磁石で下はUSB Type-Cが刺さるように3Dプリンターでパーツを作りました。

普段は↓玄関や3Dプリンターの監視カメラやセサミ(ドア開閉)アプリを表示させています。

監視カメラはアプリのみ対応でWebブラウザでは対応していない場合がほとんどなのでPCでは表示できない・・・・PCでAndroidアプリが使えるBlueStacksがありますが、Xiaomi Homeの監視カメラは落ちるので使えなかった。

なのでスマホやタブレットで監視するしか無い。カメラが複数あるとその分だけタブレットが必要なので、現在は3台設置しています。

Lenovo Pad 11

Lenovo Pad 11は縦に長いので多く表示してくれるのも良いところ。ただ、メルカリなど一部のアプリでは左右に余白ができてしまって使いにくい。(後ほど詳しく説明します。)

Lenovo Pad 11

タブレットは画面が大きいので家にこもる場合はスマホよりも使い勝手がよいですね。

Lenovo Pad 11

余談ですが、充電はSUAOKIのポータブルバッテリーで、ポータブルバッテリーはソーラー発電でまかなっています。

タブレット3枚でしたらソーラー発電のみの電力でまかなうことができます。(1週間ほど雨が続くとポータブルバッテリーが空になるのでACアダプターで充電が必要)

Lenovo Pad 11

Lenovo Pad 11 外観 まとめ

Lenovo Pad 11を3月から1ヶ月ほど使ってみて、10インチよりも少し大きめのタブレットなので、映画・ドラマを視聴するのに適していました。

サウンドと大きめディスプレイの2つの特徴で動画視聴がはかどります。

  • 左右2つずつの4スピーカーでけっこう迫力のあるサウンド
  • 11インチの大きめのディスプレイ

地デジのTVなしで15年ほど過ごしてきたウチは、主にNetflix・Amazon Primeビデオ・Tverをタブレットで視聴していまして、このLenovo Pad 11は最適でした。

LenovoPad 11

Lenovo Pad 11

続いてLenovo Pad 11のアプリやベンチマークを簡単にみていきましょう。

Lenovo Pad 11 アプリ・機能

初期設定は通常のAndroidスマホ・タブレットの設定と同様に、ほぼGoogle純正の設定で日本語を選ぶとその後はずっと日本語表示で、Googleアカウントを作るかログインするかして進めていきます。

ホーム画面

画面が11インチと大きめなので、ホーム画面に並べられるアプリも多い。特に一番下のドックには最大8個もアプリが並べられる。

デフォルトのホーム画面↓にアプリは少しだけあった。

デフォルトではGoogle関連のアプリとMicrosoftのOfficeやOnenote、Lenovonoアプリ少々が入っている。

ヒント

Lenovoのヒントアプリを起動すると以下のように、Lenovoタブレットの基本機能や効率性向上の説明があります。

カメラの美肌補正や画面分割モードのタブレットの基本的な機能の説明のみ。

左側の画面

左側の画面は最初は↓左側のような英語のニュースになっていましたが、途中から日本のGoogleニュースに変わっていました。(いつ変わったのだろうか?)

日本のニュースは左右の余白ができてしまっていて、指をのばさないと上下に動かせずスクロールしにくい。

AIエクスペリエンスセンター

Lenovo Pad 11

美肌・背景ぼかし、近づいたら自動点灯の3項目あります。

カメラの美肌・背景ぼかしは最近のスマホ・タブレットには普通に入っているので珍しくはないですね。

カメラはスマホほど高機能ではないのであまり期待しないほうが良さそうです・・・

下の画像はポートレートモードで「ポートレート背景のプライバシー保護」をオンにして撮影した画像、背景は少しボケていますがそれほどきれいに撮れてないですね。

Lenovo Pad 11

作業モード

Lenovo Pad 11には「作業モード」というパソコンのタスクバーのようになるモードがあります。

作業モードにすると最近は表示されないようになった戻る・ホーム・マルチタスクボタンが表示されたり、起動しているアプリ一覧がディスプレイ下部に表示されるようになります。

設定 > 作業モードを見てみると↓作業モードのオンオフ・キーボードの入力方法を選択できるようになっています。

右側の歯車アイコンをタップすると、キーボードを接続すると自動的に作業モードになるように設定可能。

Lenovo Pad 11 作業モード

専用キーボードを合体した時に作業モードにすると便利に使えそうです。

スマートナビゲーション

Lenovoタブレット独自機能のような設定 > スマートナビゲーションをみていきましょう。

スマートナビゲーションをオンにすると

Lenovo Pad 11

ランチャー項目は6項目で変更不可のようです。

  • 画面レコーダー
  • スクリーンショット
  • 美肌
  • 背景ぼかし
  • ペン:Bamboo Paper
  • Workモード(作業モード)オン・オフ

LENOVOペン

4096筆圧感知のLenovo Active Pen 2/Lenovo Precision Penなどが8~9千円ほどで販売されていますが使えるか?はわかりませんでした。

Bluetoothで接続するペンだったらどれも使えるのでしょうか?

他のAndroidタブレットとホーム画面比較

うちにある10インチタブレットのXiaomi Mi Pad 4+とHuawei MatePadと、Lenovo Pad 11のホーム画面に並べられるアプリの個数を数えてみました。

新しいタブレットのほうが横に多く並べられて、縦が少なくなる傾向のようです。

Lenovo Pad 11

Lenovo Pad 11

Huawei MatePad

Huawei MatePad

Xiaomi Mi Pad 4+

Xiaomi Mi Pad 4+

  • Lenovo Pad 11:縦4個、横4個・ドック8個
  • Huawei MatePad:縦5個、横6個・ドック7個
  • Xiaomi Mi Pad 4+:縦6個、横4個・ドック6個

縦には減っていきますが、ドックの数が増えていく。以前は設定で変えられたような。

メルカリ アプリで左右に余白ができる

スクロールするときにかなり使いづらい仕様のメルカリアプリで、左右に灰色の余白ができてしまって指を少し伸ばさないとスワイプできない・・・

Lenovo Pad 11 メルカリ

アプリの表示幅が固定になっているからのようですが、Xiaomi Mi Pad 4+では正常に表示されています。

いまのところ他のアプリで左右に余白ができるアプリは確認できていません。

Lenovo Pad 11 ベンチマークテスト

AnTuTu

スナドラ662のAntutuスコアはあまり高くなく18万台。いろいろやりたい場合はちょっと物足りないかもしれません。

ただ、スコアが低いけど動画を見る分にはもたつきはありませんでした。

Geekbench

こちらもスコアが低く、ミッドレンジのちょっと下くらいのスコアです。

3DMark

スナドラ662はGPU性能が低いようでスコアが良くない。

WILD LIFE STRESS TESTをダウンロードしてテストしてみましたが、カクカクして使えない。

3Dバリバリのゲームではまったく使えなさそう。

CPU-Zのスペック詳細

Lenovo Pad 11 使ってみた感想

1ヶ月ほどLenovo Pad 11を使っていますが、4スピーカーである程度迫力のあるサウンドで、11インチと少し大きめのディスプレイでNetflixやアマゾン プライムビデオ、Youtube、Tverの視聴にピッタリのタブレットです。

タブレットは個人的な動画視聴にピッタリですね。特に一人暮らしの場合はTVの代わりにタブレットがあればTVは必要なさそう。(ゲームをやる方はTV必要かも)

最近は家族でTVを見るというよりも個人でTVを見る方がほとんど?(ウチはTVがないのでそれぞれタブレットやスマホで動画を見ます。)だと思いますが、家族でTVを見る場合はやはり大きい画面のほうが見やすい気がします。

価格安めで高品質なLENOVO タブレットをぜひチェックしてみてくださいね。

LenovoPad 11

Lenovo Pad 11

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました