マキタ互換 18V コードレス ディスクグラインダー レビュー

マキタ互換18Vインパクトレンチに続いて同じマキタ互換18Vのディスクグラインダーがやってきたので紹介します。

ディスクグラインダー・丸ノコ・インパクトドライバーの3つの電動工具があればたいていのDIYができそうで、今回はその一つのコードレス ディスクグラインダー。

自分の場合もたまぁ~にですが、アルミ棒を切断したり面取りしたりDIYでコードがあるディスクグラインダーを使っていたので、

今回のマキタ互換ディスクグラインダーはコードが無くバッテリー式なので力不足かと思いましたが、コード式と同等の十分なパワーで金属の切断や錆取り・面取り・バリ取りなどの作業にコードレスでストレス無く使えます。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

マキタ互換 18V ディスク グラインダー

いつのまにかディスクグラインダーもコードが無いバッテリー式の時代になっていたんですね。

ディスクグラインダーの選び方

自分は建築現場の人間ではないので、グラインダーはほとんど使いませんが、たまに2年に1回くらいDIYでアルミの棒やバリなどの面取り、ボルトの切断で使いたいなぁと思う時がある程度。

グラインダーは建築現場の方の間ではグラインダーとかサンダーとかも呼ばれています。

DIYでもあまり使わないのでなくてもいいのですがあれば便利でコードレスなところがさらに便利。

マキタ互換グラインダーは5千円台で買えますが、別途マキタ互換18Vバッテリーと充電器が必要なので合計で1万円ほどでコードレスなディスクグラインダーが手に入ります。

グラインダーの種類は2種類 ディスク砥石のサイズで選ぶ

ここでグラインダーを選ぶ前に2種類のサイズがあることを確認しておきましょう。

以下のようにサイズの違いによって使い道も異なる場合もありますので注意しましょう。

  • 100mm:直径100mm・105mmのディスク砥石に適用
  • 125mm:直径100mm・105mm・125mmのディスク砥石に適用

100mmのサイズは主に金属やコンクリートなどの切断や面取りなどに、125mmサイズは切断の他に平らな部分や凸凹した部分の面に対してヤスリを掛けたり削ったりする役割にも使えます。

小さいサイズも使える125mmサイズのほうが良さそうですが、大きくなる分だけ重量と大きさが違うのでDIY用途ですとやはり100mmサイズのほうがよさそう。

コードレスかコード式どっち?

コード式とコードレスのディスクグラインダー両方使ってみたところではパワーは大差なく同等に感じました。

DIYで使うのならばコードレスのほうが取り回しに便利ですね、しょっちゅう使う鉄骨屋さんなどの本職の方ならばやはりコード式をメインに、サブでコードレス グラインダーを持っていると良さそうです。

マキタ互換・純正 コードレス ディスクグラインダー 6選

マキタ互換のコードレス ディスクグラインダーは海外通販Banggoodで5千円~6千円台で販売されているので4種ピックアップしました。

アマゾンでも同じようなグラインダーが同等の価格で販売されています。

一方でマキタ純正のグラインダーは1万7千円~2万2千円ほどまでと3倍ほどの価格で販売されています。

マキタ純正はイナズマアイコンで、マキタ互換はおすすめ順に4機種紹介します。

マキタ ディスクグラインダ18V 125mmスライドスイッチ

マキタ ディスクグラインダ18V 125mmスライドスイッチ
マキタ(Makita)GA504DZN
22,000円前後
回転数 8500rpm
ディスクサイズ 125mm
サイズ 362x140x145
重量 2.5Kg

マキタ純正 125mmのディスクグラインダー

マキタ ディスクグラインダ18V 100mm スライドスイッチ型

マキタ ディスクグラインダ18V 100mm スライドスイッチ型
マキタ(Makita)GA404DZN
約17,000円前後
回転数 8500rpm
ディスクサイズ 100mm
サイズ 362x117x140mm
重量 2.3Kg

マキタ純正 100mmのディスクグラインダー

100/125 ミリメートルブラシレス電動アングルグラインダー

100/125 ミリメートルブラシレス電動アングルグラインダー
5,800円前後
回転数 11000rpm
ディスクサイズ 100mm,125mm
サイズ 300x100x65mm
重量 -

ブラックでトリガー式のディスクグラインダー ディスク砥石は100mmと125mmの2サイズあり

18Vマキタバッテリーに適合した125mmブラシレスコードレスアングルグラインダ

18Vマキタバッテリーに適合した125mmブラシレスコードレスアングルグラインダ
6,500円前後
回転数 10000rpm
ディスクサイズ 125mm
サイズ -
重量 -

ディスプレイ付きの125mmのマキタ互換 ディスクグラインダー

VIOLEWORKSマキタ18Vバッテリー用125mmグラインダー

VIOLEWORKSマキタ18Vバッテリー用125mmグラインダー
VIOLEWORKS
6,500円前後
回転数 11000rpm
ディスクサイズ 125mm
サイズ -
重量 -

125mmのマキタ互換 ディスクグラインダー

マキタ互換 18V ディスク グラインダー

マキタ互換 18V ディスク グラインダー
5,500円前後
回転数 11000rpm
ディスクサイズ 100mm,125mm
サイズ -
重量 -

ブルー・オレンジのカラーを選べるディスクグラインダー ディスク砥石は100mmと125mmの2サイズあり

マキタ互換のディスクグラインダーは青いのが汎用ボディでいくつかのメーカーから出ているようで、ブラックカラーは日本ではあまり販売されていないようです。

いずれにせよディスクグラインダーはディスクサイズが100mmか125mmの2種類から選ぶだけなのであまり種類がありませんでした。

マキタ互換 18V コードレス ディスクグラインダー レビュー

今回は汎用的な5千円台のマキタ互換18Vバッテリーで動くコードレス 100mmディスクグラインダーがBanggoodからやってきました。

梱包

今回は100mmのマキタ互換 18Vバッテリーで使うディスクグラインダーがやってきました。

Banggoodからは箱が潰れた状態でやってきましたが、中身は無事でした。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

付属品

付属品は以下の3つ、ハンドルは両手でグラインダーを持つ時に使い、砥石ガードは火花などが体に当たらないようにするガード。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

グラインダー用レンチはディスク砥石を装着・交換する時に使います。

ボディが長い

本体はかなり長く、先程のインパクトレンチよりも長い、コレに600gのバッテリーを装着するとかなり重くなるので片手で持つには男性の腕力が必要な電子工具。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

砥石カバーとハンドルをつける

カバーが無くてもディスク砥石を取り付けられますが、使っていると火の粉や鉄の破片が体や顔に当たって危険なのでカバーはつけましょう。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

まずは砥石ガードをつけてガードが取れないようにプラスドライバーで締めます。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

ハンドル

ハンドルは右でも左でもつけられるので、左利きな方でも問題なく使える。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

これでバッテリーと砥石をつければ使える。けどこの時はまだバッテリーが来てなかった・・・

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

ディスク砥石

グラインダーはあっても円盤状のディスク砥石がないと切ったり削ったりはできません。

今回のマキタ互換 18V コードレス グラインダーは100mmの砥石が装着できますが、買ったのは鉄から塩ビやタイルまで切れるという万能刃でよく見たら直径105mm、でも問題無く装着できました。

コンクリートに使うときは違うタイプのディスク砥石が必要です。

5枚入なので相当長い期間使えそう。というより使い切れなさそう。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

ディスク砥石をつける

付属のグラインダー用レンチでナットを外してディスク砥石を装着します。白いプラスチックのワッシャは、ディスク砥石の内径が22mmなど広い場合に装着します。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

今回は内径15mmだったので補助ワッシャは必要ありませんでした。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

ナットをボルトに手で回していれて、以下のボタンを押しながらレンチで締めます。

マキタ互換ディスクグラインダー

ディスク砥石をうまく装着できました。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

今の所使わないのでディスク砥石はつけたままにしておきます。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

スイッチ

スイッチは上下にスライドするタイプで上げるとスイッチオン、そのままロックされてディスクが回りっぱなしになります。止める時は下にスライドする。

マキタ互換ディスクグラインダー

バッテリーをつけると重い!

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

長すぎてもう少し短くならんかったのかなぁ?と思う。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

バッテリーを装着すると両手だったらなんとかなりますが、片手で長時間作業するにはかなりの腕力が必要ですね。

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

収納

グラインダーの持ちてが長すぎてインパクトレンチと一緒に入れると飛び出る↓ので斜めに一個一個入れるしかない。

マキタ互換ディスクグラインダー

斜めに入れたらちゃんと収まった。

マキタ互換ディスクグラインダー

下駄箱の下に工具入れに入れておきます。

工具入れ

マキタ互換ディスクグラインダー まとめ

DIYではあまり使う機会がないディスクグラインダーですが、本職の方もけっこうマキタ互換のディスクグラインダーを使っている方も多いようですね。

105mmディスク砥石のコード式とコードレスを両方使いましたが、パワーはほぼ一緒でDIYではコードレスでも問題無く使えます。

コンクリートや石などにはやはりコード式のほうが電源の心配なく長く使えそうですが、ちょっと使う程度であればコードレスで十分に感じました。

ディスク砥石サイズで決める

通常は100mmサイズがほとんどのようで、DIYでしたら100mmサイズでも十分でしょう。

  • 100mm対応グラインダー:直径100mm・105mmのディスク 標準サイズ
  • 125mm対応グラインダー:直径100mm・105mm・125mmのディスク 大きめサイズ

マキタ互換・純正ディスクグラインダー 6選 比較

画像 マキタ互換 18V ディスク グラインダー 1 VIOLEWORKSマキタ18Vバッテリー用125mmグラインダー 2 18Vマキタバッテリーに適合した125mmブラシレスコードレスアングルグラインダ 3 100/125 ミリメートルブラシレス電動アングルグラインダー 4 マキタ ディスクグラインダ18V 100mm スライドスイッチ型 マキタ ディスクグラインダ18V 125mmスライドスイッチ
商品名 マキタ互換 18V ディスク グラインダー VIOLEWORKSマキタ18Vバッテリー用125mmグラインダー 18Vマキタバッテリーに適合した125mmブラシレスコードレスアングルグラインダ 100/125 ミリメートルブラシレス電動アングルグラインダー マキタ ディスクグラインダ18V 100mm スライドスイッチ型 マキタ ディスクグラインダ18V 125mmスライドスイッチ
特徴 ブルー・オレンジのカラーを選べるディスクグラインダー ディスク砥石は100mmと125mmの2サイズあり 125mmのマキタ互換 ディスクグラインダー ディスプレイ付きの125mmのマキタ互換 ディスクグラインダー ブラックでトリガー式のディスクグラインダー ディスク砥石は100mmと125mmの2サイズあり マキタ純正 100mmのディスクグラインダー マキタ純正 125mmのディスクグラインダー
メーカー VIOLEWORKS マキタ(Makita) マキタ(Makita)
価格 5,500円前後 6,500円前後 6,500円前後 5,800円前後 約17,000円前後 22,000円前後
回転数 11000rpm 11000rpm 10000rpm 11000rpm 8500rpm 8500rpm
ディスクサイズ 100mm,125mm 125mm 125mm 100mm,125mm 100mm 125mm
サイズ - - - 300x100x65mm 362x117x140mm 362x140x145
重量 - - - - 2.3Kg 2.5Kg

マキタ互換 18V コードレス グラインダー

マキタ互換 18V ディスク グラインダー

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。