【5.5インチ SIMフリー 中華スマホ】Vernee Apollo Lite 開封 レビュー 激安なのに速いミッドレンジスマホ

スポンサーリンク

200ドル切る値段なのにMediaTek Helio X20を搭載していてミッドレンジスマホで最高峰レベルで速い中華スマホなVernee Apollo LiteがGearBestから来たのでレビューします。

結論から先に言いますと【コスパ重視】+【スピードもそこそこ速くないと不満】な方はこちらのスマホを選ぶと幸せでしょう。

12/20現在GearBestで180ドル弱なのでこの価格が高いと思う方はCPUスピードをもう少し妥協しましょう。180ドルで納得できればミッドレンジでCPUが一番速い部類のスマホなのでVernee Apollo Liteを、もしくはXiaomi Redmi Proを、この2択ですね。

迷った場合は以下のスピードテストをしたベンチマーク一覧表を見てください。

スマホ・タブレット ベンチマークテスト 一覧
AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 ブランド 型番 計測OS AnTuTu G...

ライトに使うにはAntutu3万以上あれば普通に使えます。Antutu6万以上だと結構使う方用、Antutu10万以上はほとんど変わらない、変わると感じられる方はどういうアプリ使ってるか教えてください。

なので普通に使うならば200ドル以下のVernee Apollo Lite、Xiaomi Redmi Proがオススメですね。ただXiaomi機は日本語化などしないといけないので多少知識必要ですし改造が面倒ですヨ

よって余計な手間暇かけずにすぐに使うにはVernee Apollo Lite 一択になってきます。実際に触ってみてコレだったらデザインもOnePlus3に似てるのでカッコいいし(汗)全部入りなので困ることはないでしょう。

それでは見ていきましょう。

Vernee Apollo Lite スペックと価格比較

MediaTek Helio X20でメモリ4GB・ストレージ32GB、2.5D曲面ガラス・ゴリラガラス3でフルHD(1920×1080)、リアカメラがSAMSUNG 1600万画素なところも特徴。この価格でかなりハイスペックと言えます。

200ドル切る値段でこれだけ高スペックなのは数えるほどしかない。

画像Vernee Apollo Lite MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
機種名Vernee Apollo Lite
メーカーVernee374
キャリアSIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価のみ 工事中!

Wish
4
16
6
OSAndroid 6
SocブランドMediaTek
SocMTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
メモリ4GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFT
画素密度401ppi
バッテリー3180mAh
フロント カメラSAMSUNG 500万画素
リア カメラSAMSUNG 1600万画素
重量178g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFia/b/g/n
生体認証指紋
充電USB Type-C
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
800(19,20),1800(3),2100(1),2600(7)
動画https://youtu.be/QDrb2YT_8ow

その他のVernee機はこちら「中華スマホVernee機種 スペック一覧」をご覧ください。

デザイン・質感はこちらの動画を見ても分かりやすいでしょう。

Vernee Apollo Lite カラー

4GB/32GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
Silver(シルバー)  Silver(シルバー)
SILVER(シルバー)  SILVER(シルバー)
ガラス保護フィルム付き 4GB/32GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)

Vernee Apollo Lite 開封の儀

GearBestの梱包

img_20161209_105531

香港倉庫から来たのでこの通り・・・化粧箱にダイレクトにビニール袋の上はDHLのビニール袋のみ・・・

img_20161209_105622

化粧箱の状態

思ったよりはダメージ受けておらず、一安心といったところ。やはりDHLだと安心ですが、もう少しマシな梱包をして欲しいところです香港倉庫さん、深セン倉庫を見習った方がいいと思う。

開封

パカっと、上下が丸いデザインです。

裏面は濃いムラサキなお色でなかなか渋いです。

img_20161209_105756

付属品

付属品も必要最低限のUSBアダプタ(Cタイプコンセントプラグ)・USB-Cケーブル・中国語取説・SIMピンのみ。

img_20161209_105822

USBアダプタは日本のAタイプコンセントに変換するプラグがあれば使えます。5V2A出力なので急速充電にも使えそう。

img_20161209_105825

Vernee Apollo Lite 外観チェック 特徴・機能説明

それでは、Applo Liteの外観をじっくりと見ていきましょう。

見た目は最近よくある形の裏面が少しラウンドしていてリアカメラの下に指紋認証があるデザインです。他の中華スマホも似たようなデザインのがたくさんありますね。

中身のほうも普通のAndroidなので日本人にもすぐ日本語表示にできて使い始められます。

起動

電源ボタンを押して起動してみます。起動はいつも短いので画像はうまく撮れなくてピンぼけしてスミマセン。

img_20161214_145343

Apollo LITEはVerneeのアイコンだけ表示されて起動しました。

表面

上と下が弓なり弧を描くようなデザインで、ホームボタンがないので上下同じ幅です。弓なりでなければ他の5.5インチのスマホとサイズも見た目もほぼ変わりないですね。

img_20161215_145408

4G+にも対応していて外出中でもハイスピード通信が期待できそうです。

Apollo LiteのディスプレイはシャープのIGZOを採用していますね。あと2.5D曲面ガラス+ゴリラガラス3で完璧仕様です。

ディスプレイは見た感じだと特にキレイとは思えず普通ですね。

よく見たら保護シートが貼ってあった状態でカメラ写りが少し悪いようです。保護シートはキレイに貼れているのではがさずにおきます。

img_20161215_145355

はい、おなじみの側面とディスプレイ面の角にはちゃんとプラパッキンが挟んであります。これがなければもう少しステキな見た目になるんですけどね。

img_20161215_145401

拡大してみると保護シートも目立って4重構造のような段々に見える・・・

img_20161215_145912

ベゼル幅

上下は少し弓なりになっているので真ん中の一番幅広い部分を計測しました。

  • 上下:側面金属約1mm+黒ベゼル約14.5mm=15.5mm
  • 左右:側面金属約1mm+黒ベゼル約mm=3.5mm

裏面

側面と裏面は一体型で角は真ん中だけツヤあり面取り仕上げ、上下はツヤなし面取り仕上げです。

このダークパープルというんですか?ブラックですが紫色が入っていてなかなか渋いお色。

img_20161215_145444

こちらも上下はプラスチック製のようで真ん中が金属ですね。最近よくある構造で目立ちすぎず良い構造だと思う。

img_20161215_150038

このリアカメラの出っ張りもOnePlus3にそっくりで真似したのかな。

img_20161215_145427

光の強弱によってパープルが目立ったりブラックのようになったりしてこのお色は男性に向いてそう。

img_20161214_150743_01

上下のパーツの区切りの溝はツヤありの仕上げでキレイ。

側面

最近のミッドレンジ中華スマホはUSB Type-Cが多いです。MicroUSBよりも充電が速くてプラグをどちらからでもさせるので便利ですね。MicroUSBケーブルを使っていた場合はMicroUSB↔USB Type-C変換アダプタを導入しないといけないかも、という罠もありますが、来年は完全にUSB Type-C主流になってくるでしょう。

img_20161215_150110

こちらのApollo LiteもUSBアダプタのコンセントプラグがCタイプなのは勘弁してほしい。日本向けではなく欧米向けの商品なので仕方がないですね。

側面上下のパーツはプラ製なので拡大してよく見ると安っぽい気がします。肉眼でみると全く安っぽくは見えません。実際安いのでそのへんはあまり気にしないで汗

img_20161215_150030

SIMスロットが2つ、なかなか無いタイプです。

img_20161215_145933

MicroSIMスロット2枚・MicroSD

SIMスロットは珍しく2枚別々のスロットになっていますが・・・1枚はMicroSDと兼用なのが全く意味がない(泣)

img_20161215_145640

1枚は長いトレイでMicroSDとMicroSIMを同時に装着できるようにしてほしかった。3枚同時にさせないと有効活用できないでしょ。

黒いのはプラスチックのブランクカードで最初から入ってた。

バッテリー

バッテリーは標準的な容量の3000mAhよりほんの少し多い、Android6はバッテリー管理もしっかりしてきているので無駄な消費が減ってシステム的にもバッテリーの減りを抑えているので3180mAhあればハードに使っても10時間くらいは持ちそうです。

加えてQualcommのQuick Chargeに対抗してか?MediatekのPump Expressに対応しているのでバッテリーチャージも速いようですよ。

ただ、この手のバッテリー充電時間が速くなるというのは実際にテストした経験から言うと、QuickCharge3.0は急速充電対応とかのスマホやUSBケーブル・USBアダプタを組み合わせて充電しても大差はなく、はほとんど変わりないといったところ。

バッテリーや電源管理の専門家が厳密に測れば変わりはあると思いますが、普通の人が普通にスマホの充電をするにはあまり差は感じられないと思います。

目安として0%の状態から充電して1時間で70%以上充電完了していれば、そのUSBケーブル・USBアダプタ・スマホ本体の組み合わせは合格だと思います。

なのでこちらのPump Expressも過度の期待はせずに普通に急速充電できれば上々でしょう。

Vernee Apollo Lite 日本での価格調査

日本でも売ってますね・・・ただ値段が倍近くします汗、海外輸入自分でするのが面倒な方向けですね。田舎住みでDHL追加料金30ドル払ってもGearBestで買えばかなり安いです。

DHLだと2日程度(都会だと1日かからない場合もある)で着きますし海外通販も日本で買うのと変わりないのですが、あとは慣れでしょう。

合計:5 件   Amazon:5件 

Vernee Apollo Lite 使ってみた感想

ミッドレンジスマホでオススメの中華スマホを選べ、と言われたらApollo Liteをオススメします。理由は180ドル前後の激安なのに全部入り・スピード速い・メモリも4GBあるので普段使いなら全く問題なく使うことができます。

もしApollo Liteではスピードがものたりないという方は300ドルくらい出してハイスペック中華スマホを導入しましょう。

2015年までは携帯キャリアで7万円くらいで売ってたミッドレンジスマホに近いかそれ以上のスペックのものだと思います。なので相当おトクに買うことができます。この1年で価格破壊というかスマホ流通の流れが全く変わってしまった気がします。携帯キャリアでスマホが売れなくなったのもその兆候でしょう。

どんな人に向いてるか

コスパ重視でしかもスピードもある程度速くないとダメという・・・かなりワガママな方

普通のAndroid機なのでスマホに詳しく無い方にも向いています。

カメラの画素数(1600万画素)を気にされる方でコスパも重視している方

次回はAndroidシステムを見ていきます。


Vernee Apollo Lite

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. jboy より:

    そうなんだよね~
    せっかくSIMスロット2つあるのにSIMx2とMicroSD
    をさせないのは残念なポイントですよね

    • GO より:

      jboy様
      はい、そうなんですよ(汗)
      ほとんどのスマホがこの仕様でこまりますね。
      DSDS+MicroSD同時に使用できれば最高なんですが。来年あたりはそうなりますかね?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。