SHUWEI 40cmRGBバックライト付きモニターライト & 自動調光機能付きモニターライト レビュー

パソコン・周辺機器

どんどん進化しているモニターライトですが、今回は40cmとコンパクトで自動調光機能付きのモニターライトがやってきたので紹介します。

このモニターライトはコンパクトで40cmと幅が短いので大型ディスプレイを使っている場合は物足りないかもしれませんが、モバイルモニターなど、15インチ前後のモニターを使っている場合にはコンパクトで便利です。

この記事は複数のページに別れています

そして、設置方法も他のモニターライトとちょっと違うので、曲面ディスプレイなど、ディスプレイによっては設置しやすいモニターライトになっています。

Quntis モニターライト

Quntis モニターライト スペック

通常のモニターライトは55~65cmと幅が広く大画面のモニターに向いていますが、Quntisモニターライトは40cmなので15インチ~24.5インチ(幅約40cm)くらいのモニター上部に設置すると合います。

Quntis モニターライト 40cm

Quntis モニターライト  40cm
Quntis

4,500円前後(クーポン適用)

自動調光機能付きの今パンクとなモニターライト

自然光に近いRa95高演色のLEDライト

LEDライトはRa95高演色で太陽光に近い目に優しい光です。

モニターライトは目に直接光があたらない

モニターライト全般に言えますが、LEDの光はキーボードやデスクの書類などの手元を照らしてくれるライトで他のLEDライトのように光が目にあたらないようにできているので、目が疲れにくい。

自動調光機能

Quntisモニターライトの最大の特徴、自動調光機能付き。

自動調光はオン・オフも可能で、センサーで自動で光の強さを調光してくれるのが嬉しい。

無段階調光・3段階調色

調光は無段階、調色は電球・昼光・昼白色の3段階。

Quntis モニターライト レビュー

ここからはQuntis モニターライト実機をみていきましょう。

このモニターライトはちょっと特殊な設置が可能なので、主に設置方法を紹介していきます。

開封

アマゾンからやってきてきれいな化粧箱にはいっています。

中は発泡スチロール切り抜き製品が入っているので傷つきにくい。

内容物↓、メッシュのUSB-Cケーブルも付いている。

特殊なのはブロックが2個と六角レンチも付いていました。

光センサーと自動調光ボタン

自動調光機能付きで自動調光をオン・オフボタンもあります。

自動調光をオンにすると↓ボタン下のLEDランプが青く光る。あとは光センサーで部屋が暗くなってきたらLEDライトが光る。

モニターライトの留め金

↓左側のおもり部分は金属製ですが、右半分の留め金部分はプラスチック製で安っぽいのでモニターライトに高級感を求める場合はオススメできません。

USB Type-C接続

プラスチック製留め金にライトバーをちょっと無理矢理にガコッとはめこみ、ライトバーは5度ほど傾きを変えられる。

傾きはあまり変えられないので、LEDの光が直接目にあたってしまう場合は引っ掛ける部分で上げたり下げたりして工夫する。

モニターに引っ掛ける構造が特殊

通常のモニターライトと違って、モニター裏のおもりで引っ掛ける方法の他にモニター上部に挟み込みやすいように2種類のブロックがあります。

ブロック無し↓で通常のモバイルモニターと同様に重りで支えることも可能。

2種類のブロック

モニターの厚みによってブロックを変えたり外したりすることで、モニターライトがより安定して設置可能。

幅が狭いブロックをはめて一般的な液晶モニターの上に設置する。

厚いブロックをはめてモバイルモニターなど厚みが薄いモニターに設置できる。

モニターに触れる部分はゴムが付いているので傷つきにくい。

2種類のブロックや重りでほとんどのモニターに設置可能

モニター上部の厚みが25mm以上ある場合はブロックなしで、それ以下の場合は2種類のブロックのどちらかをはめて挟み込めばモニターライトをうまく設置できます。

ブロックなしで実寸25.9mmほど↓で、それ以上厚みがあるモニターだと斜めにして重りを傾けて設置する。

モバイルモニターなど厚みが5mm前後のモニターの場合は大きいブロックをはめてモニターライトを設置すると安定感がありガッチリと固定できます。

曲面ディスプレイに設置する

最近までモバイルモニター6枚を設置して作業していましたが、31.5インチの4K曲面ディスプレイが4万円切りで発売されたので導入してみました。(モバイルモニター4枚よりかなり使いやすいです♪後ほどレビューしますね。)

こちらのモニターライトは他のモニターライト(だいたい8mm)よりも前の引掛け部分が10mmと長いので安定して設置できました。

棚にも設置可能

テレワークの壁用に自作のカベを作って棚もあるのでモニターライトを設置してみました。↓

置くだけですが、おもりがあるので安定感があり落下することはなさそうです。

カベでちょっとした作業にもモニターライトがあると嬉しい。

調色で暖色にすると仕事以外にもお酒飲むときなどに使えるLEDライトになります。

自動調光機能付きQuntis モニターライト まとめ

コンパクトな自動調光機能付きなモニターライトで、自動調光はオン・オフ可能なので、通常のように手動でLEDライトを付けて調光・調色することも可能です。

設置方法がちょっと特殊で、おもりの他に2種類のブロックでモニターの厚みによって調整できるようになっているので、より安定した設置が可能。

ただ、LEDライトバー部分の留め金がプラスチックで安っぽいところが良くない点。

Quntis モニターライト

その他のモニターライトも多数レビューしていますので、こちらをご覧ください。

この記事は複数のページに別れています

コメント