【ファンレス グラフィック ボード】新Palit GeForce GTX1650 KalmX 無音でマルチモニタ化 レビュー

動作音なしで自作PCをマルチモニター化したい方向けのファンレス グラフィック ボードGTX1050 Tiの新しいバージョンのPalit GeForce GTX1650 KalmXがやってきたのでレビューします。

旧型のPalit GeForce GTX1050 Ti KalmXとの差はあまりなく、GTX1650との性能差は1.5倍程度でそれほどの高速化ではありませんが、なによりもファンが無くヒートシンクのみのファンレスで無音なところが気に入っているので買ってみました。(見た目、特にヒートシンクも引き続きなかなか良い完成度ですよ♪)

Palit GeForce GTX1650 KalmXの外観は基盤サイズがちょい小型化で↓Palit GeForce GTX1050 Ti KalmXとほぼ一緒。ポートがDIV-D端子がDisplayPortに変更になって、DisplayPortが2基になったことくらい。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

使用用途としては、PCゲームというよりGTX1650なのでエントリーモデルで、ポートが3つあるのでマルチモニター化するときに役に立つグラフィックボードです。

もちろんPCゲームの黒い砂漠を試してみましたが、普通に使う(FullDH画質の標準設定)分には問題なくプレイできます。エントリーモデルなのでもっと重量級のゲームは厳しいのかもしれません。

あと、ビデオのエンコードするときにも威力を発揮してくれました。6画面のマルチモニターでビデオをエンコードしようとすると旧GTX1050 Tiでは重くてフリーズしてしまっていましたが、今回導入したPalit GeForce GTX1050 Ti KalmXでは普通にエンコードできました♪

ファンレス グラフィック ボードを買ったところ

まだPalit GeForce GTX1650 KalmXは2月下旬ごろ出たばかりですが、
ドスパラのサイトを何気なくみてみると↓税抜で18173円で売ってたので飛びつきました♪

Palit GeForce GTX1650 KalmX

前回もPalit GeForce GTX1050 Ti KalmXはドスパラで買ったのでPalit製品はドスパラでしか買えない?のかもしれませんね。

(PalitのGeForce GTX Kalm Xシリーズは他には売ってないので、ドスパラのWeb限定モデルっぽいです。)

グラフィックボードの使用用途は?

グラフィックボードの使用用途としてはPCゲーム用としてが多いとは思いますが、自分の使い方としてはゲームはほぼやらずに、普段作業する自作PCをマルチモニター化するための目的で導入しています。

それと、たまにビデオもエンコードするので、オンボードGPUよりもエンコードスピードも速くなります。

  • PCゲーム
  • 自作PCのマルチモニター化
  • ビデオエンコード

PCゲーム

PCゲームは黒い砂漠くらいしかやらないので、このPalit GeForce GTX1650 KalmXがどのくらいの性能を発揮するのか、後ほど3D Mark Time Spyでテストしてありますが、

黒い砂漠をプレイしだすと↓温度が65度まで上昇しました!

Palit GeForce GTX1650 KalmX

普段の温度は35度ほどなので、やはり美麗なPCゲームをプレイするとGPUに負荷がかかっているようですね。

マルチモニター化

今回グラフィックボード導入の目的は↓モバイルモニター6台のうち3台をHDMI接続して表示させるためです。

結果的にGTX1650 KalmXでは2台しか接続できませんでした・・・モバイルモニターのWIMAXIT 4KモニターがGTX1650 KalmXとHDMI接続すると何故か?表示が薄くなるので、仕方なくWIMAXIT 4KモニターはオンボードHDMIに接続しました。

GTX1650 KalmX

WIMAXIT 4Kモバイルモニターはこちら↓でレビューしました。

外出先でも4Kできれいな映像がみたいという方向けに、海外通販BanggoodからWIMAXIT 15.6インチ 4Kモバイルモニターがやってきたのでレビューしていきます。 中華な4Kモバイルモニターはどのくらいの実力があるのか、検証していますので参考にしてくださると嬉しいです。

ビデオエンコード作業も速い

たまに使うPowerDirectorで動画の出力ではモバイルモニター6画面の状態で、旧型のGTX1050 Tiのビデオカードで出力すると、PowerDirectorがフリーズしてしまいます・・・

Palit GeForce GTX1650 KalmXで同じようにPowerDirectorの動画出力したところフリーズせずにスイスイと出力してくれました!この違いは嬉しいところ。

速いグラフィックボードだとエンコードも速く終わって時短になりますね♪

GeForce GTX1650 KalmX 開封

それでは、Palit GeForce GTX1650 KalmXを簡単にみていきましょう。

ドスパラから来たダンボール箱の中は精密機器なのでエアクッションで厳重に梱包されていました。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

中を開けるといきなり取説が登場。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

取説↓というよりドライバーのURLが各国語で書いてありました。日本語でもあります。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

本体はくり抜いたスポンジの中に入っていました。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

GeForce GTX1650 KalmX 本体登場

本体は↓こんな感じでヒートシンクが素敵なグラフィックボードです。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

裏側の基盤は旧型のGTX1050 Ti KalmXと比べてちょっとサイズが小さくなりました。

GeForce GTX1650 KalmX

基盤の真ん中あたりに抵抗が密集していて都市のように見えるのは自分だけだろうか。↓

GeForce GTX1650 KalmX

DisplayPort2つとHDMIポート↓合計3台のディスプレイをつなげられる。

GeForce GTX1650 KalmX 本体登場

今回はDisplayPortは使わないのでDisplayPort→HDMIに変換するコネクタを2個買ってモバイルモニターとHDMI接続します。

GTX1650 KalmX

グラフィックボードをPCケース無しのマザーボードに設置

最近マザーボードをATXに変えて、PCケースをやめてデスク裏にマザーボードを設置したので、ちょっとした問題がありました。

静かでとても気にいっていた自作PCが3年経って少しずつ壊れてきました・・・マザーボードが調子悪くなったというかIntel 7260 Wifiカードが調子悪くて、ネットがブツブツと切断されるようになったのでマザーボードとWifiカードを変えてみました。 これを機にPCケースなしでパソコンをまるごと机の裏にくっ...

マザボを机の裏にひっくり返して固定してあるので、PCI explessを挿すと宙ぶらりんになります。そのために3Dプリンターでブラケットを作成して落ちないように固定していきます。

ブラケット制作

ブラケットを取り外して以下↓のようなパーツ(赤枠部分)を3Dプリンターで出力して固定しました。

GTX1650 KalmX

これで結構落ちずに固定されます。ただ、PCI express x1のUSBカードやWifiカードはフックが無いのでたまにブラケットの反対側が下にずり落ちるときがあります。(今後の課題)

ブラケットの3Dデータ↓はこちらで公開しました。マザーボードをデスク裏などに吊り下げる場合でGeForce GTX1650 KalmXやGTX1050・Wifiカードなどブラケット部分を固定するためのパーツを3Dプリンターで出力する場合にお使いください。(ほぼ需要はないとは思いますが)

3D design 'PCIカード固定 PCケース無し化用' created by Bey.jp with Tinkercad.

PCケースなし化で問題発生 フックが無い!

旧GTX1050 Tiはフック↓があったのですが・・・

旧型のPalit GeForce GTX1050 Ti KalmX

新型GTX1650はフックがない!↓基盤を小型化するためなのか?小さくなった分フックがなくなったのは誤算。裏返して宙ぶらりんで設置するのにはこれは困ったぞ。

GeForce GTX1650 KalmX

この↓白い部分のフックに引っ掛けてグラフィックボードが落下しないようにするしかなさそう。

GTX1650 KalmX

結局↓以下のようにフックに引っ掛けてヒートシンクを支える台のようなパーツを3Dプリンターで作って支えました。

GeForce GTX1650 KalmX

パーツはこちら↓で公開してあります。完成度がかなり低いのですが・・・同じようにしている方がいらっしゃいましたらご活用くださいませ。

3D design 'GeForce GTX1650 KalmX' created by Bey.jp with Tinkercad.

完成した3Dデータ↑は、採寸が下手+想像力不足↓なので、何度も失敗してやっとまともに使えるものができました。

GTX1650 KalmX

これで無事設置できたので一安心。

起動してモニタがちゃんと映るかやってみたところ、ディスプレイが点いたり消えたり、ドライバーが無いと無理っぽいです。

GeForce GTX1650 KalmX ドライバー&ツール

ドライバーが無いとうまく動かないので、以下のURLからドライバーやツールをダウンロードしてインストールしていきます。

Palit Microsystems Ltd. is well-known for manufacturing stable, excellent, and innovative graphics accelerators. As one of the top PC components manufacturers, ...

このような画面になるので、VGA DriverとThunderMasterをインストールしてみます。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

VGA Driverは必須で先ほども書きましたが、ドライバーを入れてない状態でWindows10を起動するとチカチカとモニターが点いたり消えたりを繰り返しました。

ツールのThunderMaster↓は特に必須では無いのですが、せっかくなのでインストールしてみました。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

通常はGPUの温度が37度↑ほどで、起動時は20度ほど、ゲーム(黒い砂漠)を少しやると65度まで温度が上がりました!

ゲームをGPUの負荷はほぼ変わらず、GPUのメモリ使用量もほぼ変わらず。

Palit GeForce GTX1650・GTX1050 Ti KalmX比較

新旧のPalit GeForce GTX Kalm Xの2機種を比べてみましょう。旧型GTX1050 Ti KalmXのレビューは以下↓

ヒートシンクのみでファンレスな無音のビデオカードでGTX1050Tiなブツを発見したので即座に購入したのが届きましたのでレビューしてみます。 まぁ、GTX1080の時代にいまさらGTX1050の導入なので、本格的にPCゲームやりたい方にはあまり参考にならないかもしれませんが、冷却ファンが無いグラフィックカー...

仕様

新旧の仕様を比較すると以下のようになっていました。接続はDIV-DからDisplayPortに変わって、対応解像度が少し上がった程度。GPU速度は1.5倍ほど速くなりました。

Palit GeForce GTX1650 KalmX GTX1050 Ti KalmX
メモリ量 4G 4096MB
メモリ インターフェイス幅 128bit 128bit
メモリ種類 GDDR5 GDDR5
グラフィッククロック 1485MHz 1290MHz
ブーストクロック (MHz) 1665 MHz 1392MHz
メモリ速度 8 Gbps 7000MHz
CUDAコア 896 768
メモリ帯域幅 (GB/秒) 128 112
Microsoft DirectX 12 API with feature level 12_1 12
OpenGL 4.6 4.5
バスタイプ PCI-E 3.0 x 16 PCI-E 3.0 x 16
HDMI・DVI-D HDMI 2.0b HDMI 2.0b・Dual-Link DVI-D
DisplayPort DP1.4a x 2 DP
最大デジタル解像度
最大VGA解像度
7680x4320@60Hz 4096x2160
2048x1536
2 Slot 2 Slot
Board Size 178 x 138 x 38mm 182mm x 142mm
グラフィックス カード電力 (W) 75 W 75W
推奨システム電力 300 W 300 W
アクセサリー Manual Manual

あと、物理的にPCI explessを2枚分の幅があるのでこのグラフィックボードを挿すとPCI expless x1が一つ挿せなくなります。

画像で比較

画像を適当に撮ってしまったので、このヒートシンクの美しさを表現できなくてすみません。

両方ともほぼ一緒のヒートシンクでした。右がPalit GeForce GTX1650 KalmX

GTX1650 KalmX

基盤がだいぶ変わっていてPalit GeForce GTX1650 KalmXのほうがコンパクトになっています。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

新しいほうのGTX1650 KalmX(上)↓はDIV-DからDisplayPort2ポートに変わった。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

旧GTX1050 Ti KalmXは3年ほど使ったのでヒートシンクや各部が薄汚れてしまっています。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

見た目はほぼ変わりないのでベンチマークでもみていきましょう。

3D Mark Time Spy ベンチマークテスト

試したのは3D Markの無料版 Basic Editionで、STEAMからインストールするしかなくなったようですのでSTEAMをまずはインストールします。

Benchmark your PC, tablet and smartphone with 3DMark, The Gamer's Benchmark. Free download, start benchmarking today.

こちら↓のSTEAMのページでデモをダウンロードしました。

3DMark is for gamers, overclockers and system builders who want to get more out of their hardware. With its wide range of benchmark tests, 3DMark has everything...

Palit GeForce GTX1650 KalmX

ベンチマーク計測は同じマザボで6枚ディスプレイで同じ環境で実行しました。

Palit GeForce GTX1050 Ti KalmX ベンチマーク

旧型はスコア2400台、これでもまだまだ十分に使えます。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

Palit GeForce GTX1650 KalmX ベンチマーク

新型はスコア3400台と1.5倍弱のスピードアップ!

Palit GeForce GTX1650 KalmX

HDMI3枚とUSB-C 3枚で6画面マルチモニター化成功

今回の目的のDisplayPort2つのポートを変換してHDMIにして、HDMI3つをモバイルモニターに接続したら一応表示できましたが、WIMAXIT 4KモバイルモニターがDisplayPortで変換したHDMIに挿すと点滅を繰り返し、HDMIに挿すと表示が薄い。

なのでWIMAXIT 4KモバイルモニターはオンボードHDMIに刺しまして、Palit GeForce GTX1650 KalmXはモニタ2枚のみHDMI接続している状況です。

下画像↓の上3枚はUSB-C接続、下3枚がHDMI接続になります。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

お遊びで自作PCをPalit GeForce GTX1650 KalmX挿してモバイルモニター6枚にしてみました。

メリット

  • 唯一な無音 GTX1650 ファンレス グラフィックボード
  • 1.5倍スピードアップ
  • DisplayPort 2ポートになってDIV-Dは廃止
  • 6画面構成でPowerDirectorのビデオエンコード出力でもフリーズせずに出力できた。(旧型GTX1050 Tiはフリーズする)

これでしばらくは古いマザボとこのグラフィックボードを使って仕事ができそうです♪

デメリット

  • PCI expless 2枚分の幅があるのでPCI expless x1を1枚分使用不可になる
  • PCI expless x16のフックがなくなったので宙ぶらりんにする場合は工夫が必要
  • HDMIと相性の悪い(WIMAXITモバイルモニターが悪いと思う)は表示が薄くなる

自作PCのモバイルモニター6画面化は別の記事で書いていきます。

GeForce GTX1650 KalmXは出たばかりということもあってか、だいぶ品切れの期間が長いようで、自分は奇跡的に買えたのでラッキーですが欲しい方は定期的にチェックしておくと良いかと思います。

Palit GeForce GTX1650 KalmX

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。