LeTV LeEco Le Pro3 Elite・ Le Max 2 X829・Le 2 Pro 3機種 recovery・比較 レビュー

このページではLeTV LeEcoスマートフォンの3機種、LeTV LeEco Le Pro3 Elite ・LeTV LeEco Le Max 2 X829 ・LeTV Leeco Le 2 Proをまとめました。

また、LeEcoスマホ recoveryやFASTBOOT MODEも操作してみましたので参考にしてくださると喜びます。

目次

2018年のLeEcoの話

今日は最近なにかとウワサのLeTVスマホを調査してみました。

ウワサというのも・・・悪いウワサで近々LeTVが潰れてしまうんではないかという噂。

LeTVはもともと中国のTV配信の会社で楽視(LeTV)の会員向けにスマホを提供していたのが始まりでGearBest・Banggoodなどの海外通販にも流れてきました。

7月末、中国のLeEcoが米国のテレビメーカーVizioを買収することを発表した。買収金額は20億ドル。LeEcoという企業名を初めて聞いたとしても不思議ではない。しかし、動画配信から始まり、テレビ、スマホ、電気自動車にまで進出しようとしている勢いがある新興の中国企業なのだ。

2016年ごろにLeEcoというブランドでアメリカ進出、中国大陸では家電や家具などの幅広い商品を展開、それと電気自動車にも進出して・・・その頃から『この会社ヤバイ』と噂されていました。

電気自動車、スマートフォン、スマートTVなどを開発する、中国の野心的なテック系企業のLeEcoに関する良いニュースと悪いニュースが両方報じられた。 同社のCEOでビリオネアのYuenting Jiaが、同社の早すぎる国際展開を戒めるために企業内部に送った手紙がリークしたことで、LeEcoが新たに6億ドルを調達..

そして、2017年末頃のニュースでは巨額赤字で借金返せないんじゃないかという噂。

キャッシュフローに苦しむ LeEco(楽視)に、北京四環路にある本社ビル売却の噂が出ている。予定売却価格は14億人民元(約240億円)だと現地メディアが報じた。 複数の不動産会社が、LeEco のビルが売りに出されていると認めている。このビルは総床面積が2万平米で、14億人民元の値段がつけられている。LeEco はこれ...
問題山積みのテクノロジー多国籍企業、LeEcoのファウンダーがさらに新たな頭痛を抱えることとなった。LeEcoグループの負債の処理に関連して中国証券監督管理委員会〔CSRC〕はファウンダーのJia Yueting〔賈躍亭〕に対し12月31日までに帰国するよう命じた。同委員会は月曜日、異例の公開状を発表し、LeEco..

そういうわけで、現在のところまだ潰れてはいないのでLeTVスマホは買えますが、今後はアップデートはあまり期待できそうにもありませんので注意が必要です。

中華スマホ LeTVの特徴

LeTVはなんといっても旧型のハイスペックなSocを搭載していて激安価格で販売されているので、【ハイスペックスマホが欲しく激安価格でないとダメ】という贅沢すぎる方にうけているスマホで、メタルで高品質で見た目も良いのも人気の一つ。

ただ最近のトレンドであるアスペクト比18:9ディスプレイのスマホを出していないので、大画面でも小さな筐体が欲しい方は買え控える人もでてきそうです。

  • 高品質
  • 旧型Soc搭載ハイスペックモデルで格安スマホ
  • アスペクト比18:9ディスプレイモデルはまだ出ていない

このような特徴になっています。LeTVスマホの狙い目は旧型Socハイスペックスマホです。

ハイスペック LeEcoスマホ

はい、LeTVの狙い目スマホはこちらの5機種(2018/3)、特に2つ前のSocであるQualcomm Snapdragon 820のほうが売れ筋、というのも100数十ドルの投げ売り状態で販売されているのでミッドレンジスマホ買うよりこっちのほうがかなりお得なんです。

旧型Soc Qualcommスナドラ821

1つ旧型のSocですが、ほとんどの人がこのCPUで満足いくと思います。Antutu16万台で、今出回っている新型Socのスナドラ835はAntutu18万台なので、体感的にはほぼ変わらず速さは十分すぎるほど。

それなのに200ドル前後から販売されていて激安なのです。

画像LeEco Le Pro 3 X720 Snapdragon 821LeTV Leeco Le Pro 3 X727 Snapdragon 821
機種名LeEco Le Pro 3 X720LeTV Leeco Le Pro 3 X727
メーカーLeTV453LeTV749
OSAndroid 6,EUIAndroid 7,EUI
SocブランドQualcommQualcomm
SocSnapdragon 821Snapdragon 821
メモリ4GB4GB
ストレージ32/64GB64GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
画素密度401ppi401ppi
バッテリー4070mAh4070mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラ1600万画素1600万画素
重量175g175g
サイズ 縦x横x奥行151.4x73.9x7.5mm151.4x73.9x7.5mm
BluetoothV4.2V4.2
NFC
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
評価

★評価

★評価

Feel 表示
Wish
9
22
1
10
11
6
カラー・バージョン表示

旧型Soc Qualcomm スナドラ820

こちらはスナドラ821よりもさらに安く販売されていて100ドル後半、下手すると150ドル切る場合もあってハイスペックスマホでこの価格はどのメーカーでも無い激安すぎる価格。

ハイスペックスマホ+激安価格を希望する場合はこの3つのスマホをオススメします。

画像LeTV LeEco Le Max 2 X820 X821 Snapdragon 820,,Snapdragon 821LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI Edition Snapdragon 820LeTV LeEco Le Max 2 X829 Snapdragon 820
機種名LeTV LeEco Le Max 2 X820 X821LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI EditionLeTV LeEco Le Max 2 X829
メーカーLeTV613LeTV615LeTV570
OSAndroid 6,EUIAndroid 6,EUIAndroid 6,EUI
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 820

Snapdragon 821
Snapdragon 820Snapdragon 820
メモリ6GB4GB4/6GB
ストレージ64GB32/64GB64/128GB
ディスプレイ5.7インチ5.5インチ5.7インチ
解像度WQHD(2560x1440)フルHD(1920x1080)WQHD(2560x1440)
画素密度515ppi401ppi515ppi
バッテリー3100mAh4070mAh3100mAh
フロント カメラ800万画素800万画素800万画素
リア カメラ2100万画素1600万画素2100万画素
重量185g173.9g185g
サイズ 縦x横x奥行156.8x77.6x7.99mm151.4x73.9x7.5mm156.8x77.6x7.99mm
BluetoothV4.2V4.2V4.2
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
実測値Antutu:151489
Geekbench:Single 1763 / Multi 4148
RAM:15079.69
Memory:Read 399.81/Write 181.83

Antutu:145412
Geekbench:Single 1799 / Multi 4317
RAM:15654.17
Memory:Read 463.69/Write 169.52

レビュー
評価

★評価

★評価

★評価

評価

評価4.1:1人

Feel 表示
Wish
2
10
9
16
57
15
25
118
46
カラー・バージョン表示

ミッドレンジLeTVスマホ

最近はLeEcoではなく、LeReeというブランド?でLeTVスマホをだしているので?LeEcoから切り離して別会社でスマホを提供するようになるのか、どうなのか?という動きになっています。

その新ブランドLeReeのLetv LeRee Le 3はミッドレンジスマホですが、130ドル前後の激安価格のスマホです。

ミッドレンジスマホなので、それほどの速さはでませんが、普通に使えて100数十ドルで買える高品質なスマホと考えれば激安でしょう。

画像Letv LeRee Le 3 Snapdragon 652LeEco Coolpad Cool1 Snapdragon 652LeTV LeEco Le S3 X626 MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コアLeTV Leeco Le Pro 3 AI X651 X650 MTK6797X Helio X27 2.6GHz 10コア,MT6797D Helio X23 2.3GHz 10コア
機種名Letv LeRee Le 3LeEco Coolpad Cool1LeTV LeEco Le S3 X626LeTV Leeco Le Pro 3 AI X651 X650
メーカーLeTV856LeTV806LeTV726LeTV620
OSAndroid 6Android 7,EUIAndroid 6Android 6,EUI
SocブランドQualcommQualcommMediaTekMediaTek
SocSnapdragon 652Snapdragon 652MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コアMTK6797X Helio X27 2.6GHz 10コア
MT6797D Helio X23 2.3GHz 10コア
メモリ3GB3/4GB4GB4GB
ストレージ32GB32GB32/64GB32/64GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
画素密度403ppi403ppi401ppi403ppi
バッテリー4000mAh4000mAh3000mAh4000mAh
フロント カメラ800万画素800万画素800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
Sony IMX258 1300万画素
1300万画素 F値2.2
デュアルカメラ
1300+1300万画素
1600万画素デュアルカメラ
1300+1300万画素
重量173g173g156g168g
サイズ 縦x横x奥行74.8x152x8.2mm152x74.8x8.2mm151.1x74.2x7.5mm152.4x75.1x7.5mm
BluetoothV4.2V4.1V4.2V4.2
NFC
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
評価

★評価

★評価

★評価

★評価

評価

評価4.1:1人

Feel 表示
Wish
2
15
4
3
13
6
13
10
6
13
12
2
カラー・バージョン表示
※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

LeEcoハイスペックスマホを選べばメインのスマホとしても十分に使える格安スマホですが、難点は今後のEUI(LeEcoのOS)アップデートが期待できないところ。

今ウチにあるのはLeEco Le Max 2 X829のスナドラ820のモデルですが、バージョンはAndroid6.0.1でEUI 5.8.016Stableになっています。今まで数度アップデートがありましたが今後、LeEcoが無くなったらこのままアップデート降りてこないかと思います。

激安メリットとアップデート無しのデメリットを考慮しつつLeEcoスマホを導入ご検討ください。

LeEco Le Pro3 Elite レビュー

BanggoodからLeTV LeEco Le Pro3 Eliteが来たのでレビューします。こちらは5.5インチでスナドラ820な激安だけどハイスペックな中華スマホ。

200ドル前半かつハイスペックなのでコスパ重視でスマホ一台でなんでもこなしたい方に向きそうです。

筐体はおなじみな形なので、新しもの好きな方にはあまり向かないかもしれません。

本当はLe Pro3 AI DualというリアカメラがLeEcoでは初デュアルレンズのスマホをレビューしたかったのですが、生産中止?もしくはまだ出てないようで?まだ手にいれてません。↓

LeEco機も次期バージョンはアンテナラインが上下に移動して、やはりiPhone7のような形状のアンテナラインになって、スマホもみんな同じデザインでつまらなくなってきた。

LeTV Leeco Le Pro 3 AI Dual MTK6797X Helio X27 2.6GHz 10コア

LeTV Leeco Le Pro 3 AI Dual

こちら↓200ドル前半とコスパが高いうえに、LeEco機はたいてい透明なソフトケース付きなので他に買うとしたら保護シートかな。ソフトケースはリアカメラの出っ張りが0.5mmほど出るようなので(汗)硬いテーブルにガンガン置くとリアカメラ周りが傷つくかもしれません。

もうさ、日本で販売されている高級な7万以上のスマホとは違って、中華スマホって激安なので1年に1回程度、下手すると半年に1回買い換えるくらいの価格帯なので、ディスプレイの保護シートってあまり必要無さそうな気がします。

あと、2.5D曲面ディスプレイに保護シートつけると端がなんかみっともなくないですか?スマホって5年くらい前と違って価格が下がってきているので、あまり価値が無いガジェットになってきた気がする。

banggood LeEco Le Pro3 Elite Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GOLD(ゴールド)

LeEco Le Pro3 Elite

では見ていきましょう。

LeEco Le Pro3 Elite スペック

このあいだレビューしたLeEco Le Max 2 X829と比べてみると、X829のほうが5.7インチと少し大きく解像度もWQHD(2560x1440)なのでX829のほうがスペックが上かなぁ、といったところ。

画像LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI Edition Snapdragon 820LeTV LeEco Le Max 2 X829 Snapdragon 820
機種名LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI EditionLeTV LeEco Le Max 2 X829
メーカーLeTV615LeTV570
価格調査価格調査Amazon LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI EditionYahoo!ショッピング LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI Edition楽天市場 LeEco Le Pro3 Elite X722 + AI Edition価格調査Amazon LeTV LeEco Le Max 2 X829Yahoo!ショッピング LeTV LeEco Le Max 2 X829楽天市場 LeTV LeEco Le Max 2 X829
OSAndroid 6,EUIAndroid 6,EUI
SocブランドQualcommQualcomm
SocSnapdragon 820Snapdragon 820
メモリ4GB4/6GB
ストレージ32/64GB64/128GB
ディスプレイ5.5インチ5.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)WQHD(2560x1440)
スクリーン2.5D
パネルTFTTFT
画素密度401ppi515ppi
バッテリー4070mAh3100mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラ1600万画素2100万画素
重量173.9g185g
サイズ 縦x横x奥行151.4x73.9x7.5mm156.8x77.6x7.99mm
BluetoothV4.2V4.2
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26),1700(4-9)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1900(2),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3),850(5-26)2100(1),1900(2),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26),700(17-12)
実測値Antutu:151489
Geekbench:Single 1763 / Multi 4148
RAM:15079.69
Memory:Read 399.81/Write 181.83

Antutu:145412
Geekbench:Single 1799 / Multi 4317
RAM:15654.17
Memory:Read 463.69/Write 169.52

備考・特徴CDMA BC0/BC1
TD-SCDMA B34/39 EVDO BC0/BC1
TD-LTE B38/B39/B40/B41
レビュー
評価

★評価

★評価

評価

評価4.1:1人

Feel 表示
Wish
16
57
15
25
118
46

その他のLeEco機はこちら「中華スマホLeEco機種 スペック一覧」をご覧ください。

LeEco Le Pro3 Elite カラー

Banggood

4GB/32GB
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)

Banggood

6GB/64GB
SILVER(シルバー)  SILVER(シルバー)

Banggood

香港 4GB/32GB
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

LeEco Le Pro3 Elite 開封

梱包

Banggoodの有料発送方法はEMS(国際スピード郵便)で郵便局が届けてくれます。送料無料だと到着まで2週間前後の国際小包でこれも郵便局が届けてくれます。

EMS Banggood梱包

最近の梱包はエアチューブに入っているのでものすごく安心!化粧箱もキレイな状態で届くのでBanngoodの買い物は安心できる。

いやコレ、実は自分がエアチューブ梱包が良いですよと提案したんですヨ。自慢しちゃった(汗)安心な梱包方法ですよね♪

提案したらすぐに対応してくる「打てば響く」とはこの事ですね。素早い対応でスゴイ会社です。

EMS Banggood梱包 エアチューブ

化粧箱

LeEco Le Pro3 Elite 化粧箱

はい、化粧箱はこの通り完璧な状態でした。封印テープも切れてなかった。

開封

開けてみます。ソフトケースがすでに装着されていました。

LeEco Le Pro3 Elite  開封

定番な見た目ですね。↓

LeEco Le Pro3 Elite  開封 本体表

はい、こちらも定番で自分はLeEco機何回か見てきたので特に目新しさを感じませんでした(汗)

LeEco Le Pro3 Elite  開封 本体裏

付属品

取説にプリントされているカラーのLeEcoアイコンがまた未来感があって素敵です。

LeEco Le Pro3 Elite  開封 付属品

USBアダプタは3.6-8V3Aなので急速充電可能ですね。

LeEco Le Pro3 Elite  開封 付属品 USBアダプタ

LeEco Le Pro3 Elite 外観チェック 特徴・機能説明

起動

起動してみましょう。EUI(LeEcoのユーザーインターフェース)のアイコンが表示されて起動。初期時は初期設定になります。

表面

LeEco基本的ないくつかアプリとGoogleアプリのみしか入ってません。

ベゼル幅

LeEco Le Max 2 X829と比べてベゼル幅が若干違いました。5.5インチとX829は5.7インチなので違いがあるようです。

  • 上:側面金属約0.5約mm+ベゼル約11.5mm+表示されない部分約2mm=約14mm
  • 左右:側面金属約0.5mm+表示されない部分約2mm=約2.5mm
  • 下:側面金属約0.5約mm+ベゼル約13mm+表示されない部分約3mm=約16.5mm

裏面

LeEco Le Pro3 Elite  裏 斜め

裏面下の方にLeEcoアイコンの刻印があってその他は特になにも書いてないのがシンプル。

LeEco Le Pro3 Elite  裏ななめ下

ゴールドでメタルな仕上がりなので光の加減によってかなり見た目が変わる。

リアカメラは出っ張りがあります。ソフトケース装着しても0.5mmほど出っ張ってるのでラフに扱うとレンズ周りが傷つくでしょう。 LeEco Le Pro3 Elite  リアカメラ

LeEco Le Pro3 Elite  リアカメラ ズーム

側面

ディスプレイ黒枠

ディスプレイの回りに表示されない部分の幅が広いのもLeEco機の特徴です。

以下↓のように黒っぽい壁紙だと、あまり目立ちませんが・・・

LeEco Le Pro3 Elite 表示されない部分

壁紙を明るめに変更すると、ディスプレイ周りの黒枠が目立つ。↓

LeEco Le Pro3 Elite 表示されない部分 壁紙変える 斜め LeEco Le Pro3 Elite 表示されない部分 壁紙変える

タッチ式ホームボタン

ホームボタンはタッチ式で以下のように↓LeEcoのアイコンがホームボタンになっています。LEDの光り方も擦れた文字・かすれた文字のように表示されるのもカッコいい。

LeEco Le Pro3 Elite  ホームボタン

ただし、マルチタスクボタンと戻るボタンの左右入れ替え変更不可。

ズーム

赤外線ビームも健在で、赤外線リモコン使っている機器を操作可能。LeEco機のLe Remote Controlアプリは持っている機器がリストに無くても、カスタムで学習させることが出来る点でも使いやすい。

LeEco Le Pro3 Elite  表 上

2.5D曲面ガラスで全体的に金金しているので、ちょっと気になることもある(汗)薄いゴールドなのであまりギラギラしていないから慣れれば気にならないでしょう。

側面上下はツヤアリ面取り仕上げでゴールドがキラキラ光って高級感アップ。

ボタンルイ↓もツヤあり面取りしてある。

LeEco Le Pro3 Elite  側面ボタン

ソフトケース装着

通常使う時はソフトケース装着すると思います。透明なのでそれほど目立つことはないので違和感はあまりなさそう。

LeEco Le Pro3 Elite  ソフトケース 裏下 LeEco Le Pro3 Elite  ソフトケース 裏斜め

SIMスロット

LeEco Le Pro3 EliteのSIMスロットはNanoSIM2枚刺しで、MicroSDは装着できませんのでご注意ください。

LeEco Le Pro3 Elite  SIMスロット

LeEco Le Pro3 Elite  SIMスロット NanoSIM

LeEco Le Pro3 Elite 筐体 まとめ

筐体は相変わらず他のLeEco機で同じ形なので、過去にLeEco機所有していた方は目新しさを感じないと思います。

筐体自体はかなり高級感があって作りも完璧なので、LeEco機所有したことがなくコスパ重視でハイスペックスマホが欲しいという、かなりワガママな方(汗)に向いています。

Socの速さもAntutu15万台なのでハイスペックなスマホでないとダメな方でも満足行くスピードではないでしょうか。

LeEco Le Pro3 Elite アプリ・機能

LeEco機は専用のEUIというAndroidを改造したユーザーインターフェースを採用していますので、ちょっと使い勝手が違いますが、日本語にできますしちょっとした使い勝手の違いなので慣れれば違和感なくなるでしょう。

Androidに慣れていなければ違和感は感じないと思います。

初期設定

初期設定で日本ではLeEcoのアカウントは取れません!が(汗)一応LeEco関連の初期設定を載せておきます。

その他はAndroidの初期設定と同じでしたので割愛します。

ホーム画面・マルチタスク

ホーム画面↓右画像は1画面のみ、マルチタスクボタンはホームボタンの左側の「□」アイコンをタッチすると表示される。↓中画像。

マルチタスクはアプリ一覧だけではなく、トグルとMusicの再生ボタンや照度調整バーもある。マルチタスクにトグルなどが表示される代わりに通知パネルは通知のみしか表示されない↓右画像。

設定

端末情報

LeEco Le Pro3 Elite ベンチマークテスト

AnTuTu

スナドラ835のAntutu18万台までは行かないものの、Antutu15万も出るのでスナドラ820で十分するぎるスピード。

スナドラ835でないとダメな理由は普通の人にはまずみあたらない。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

LeEco Le Pro3 Elite A1 SD Bench

CPU-Zのスペック詳細

LeEco Le Pro3 Elite 使ってみた感想

LeEco機ならではのスナドラ820のハイスペック中華スマホなのに200ドル台という激安な価格が最大の魅力。

激安ですが筐体はメタルで高級感があり一切の妥協はなく完璧に仕上がっています。これは筐体のデザインが他のLeEco機とほぼ同じなので激安販売できるからだと思います。

なので、過去にLeEco機持っていた方は同じ筐体なので魅力が半減する可能性大。

中華スマホ初めてな方は最初の1台として、強くオススメします。その後味をしめたら(汗)Xiaomi機やOnePlus機に手を出したほうがよさそう。

スマホに慣れている方ならば初中華スマホはなんでも良いのですが、LeEco Le Pro3 Eliteはハイスペックなのに激安という点で初としてオススメできる最大の理由。

注意点としてはLeEco機全般ですが、MicroSDは使えない!のでストレージたくさん使う方はご注意ください。

あと、保護ケース付きで、保護シートはありません。

banggood LeEco Le Pro3 Elite Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GOLD(ゴールド)

LeEco Le Pro3 Elite

LeTV LeEco Le Max 2 X829と比較

スナドラ820搭載なハイスペック中華スマホなのに、新品で200ドル台と激安なLeEco Le Pro3 Eliteのベンチマークと、この間レビューした5.7インチなこれまたスナドラ820機なLe Max 2 X829と比較してみます。

外観はほとんど同じなんですけど、ちょっとだけ違いました。

サイズの違い

サイズ的にはLeEco Le Max 2 X829が5.7インチと少しだけ大きく、LeEco Le Pro3 Eliteのほうは5.5インチで標準サイズ。

LeEco Le Pro3 Elite LeTV LeEco Le Max 2 X829と比較 裏1

裏面の細かい仕様

ほかは、フラッシュライトが1灯と2灯の違いと、下のほうのLeEcoのアイコンの下に文字がゴチャゴチャ書いてあるのがLeEco Le Max 2 X829(右)で何も書いてないのがLeEco Le Pro3 Elite(左)になています。

あと、スゴく細かいけど、カメラ上にアンテナラインの縦棒がLeEco Le Pro3 Eliteのみ入っていました。(上の画像のほうが見やすいかも。↑)

LeEco Le Pro3 Elite LeTV LeEco Le Max 2 X829と比較 裏2

ディスプレイ面の違い

はい、ぱっと見ほぼ同じでした。(画像が暗く写ってしまいました(汗)ご了承くださいませ。)

LeEco Le Pro3 Elite LeTV LeEco Le Max 2 X829と比較 表

ディスプレイ下のホームボタンのみアイコンが違っていました。

LeEco Le Pro3 Elite(左)はLeEcoのアイコン、Le Max 2 X829(右)は丸いアイコン

LeEco Le Pro3 Elite LeTV LeEco Le Max 2 X829と比較 表 ホームボタン

以上、劇的な変わりはなくほぼ同じデザインの筐体で、2016年春ごろレビューしたLeEco Le 2 Proとも筐体はほぼ変わっていません。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 レビュー

BanggoodからLeTVの最新スマホLeEco Le Max 2 X829が届きました(2017/4)のでレビューします。

こちらはスナドラ820のハイスペック中華スマホで現在は200ドル円台とかなり価格破壊な中華スマホです。

日本で200ドル円台ほどで買えるスマホっていったらちょっと古い富士通 Arrows M02とかFREETELのSAMURAI MIYABIあたりでしょうか?Antutu21000~25000台で・・・こちらのLeEco Le Max 2 X829が14万台なので単純計算で5,6倍も速さが違います。

中華スマホはデメリットもありますが、価格・スペック・完成度が日本で販売されているスマホよりもかなり上を行っています。まだ中華スマホを試してない方はこのLeEco Le Max 2 X829を試してみると『この価格でこのスペックかぁ!』とスマホへの価格イメージが崩壊・再構築されて、もう日本でスマホ買えない体になりますのでご注意ください(汗)

banggood LeTV LeEco Le Max 2 X829 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GRAY(グレイ)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 GRAY

紹介するお色はグレーで実際に見てみると光の加減でパープルがかった色に見える時もあって、撮影した画像はパープルというより薄ピンクっぽく写ってしまいました。ベースの色はグレーなので実際に買ってみたら少し色が違っている印象を受けるかもしれませんので以下の撮影した画像の色とは違うかもしれません。予めご了承くださいませ。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 スペック

LeEco Le Max 2 X829は以前レビューしたLeEco Le 2 Proと筐体は全く一緒で、ディスプレイを0.2インチだけ大きくした5.7インチがLeEcoの「Maxモデル(一番大きいモデル)」Le Maxになるようです。

最近発売されているLeEcoのスマホは全部同じ形で生産コストを下げているようです。標準的な形のスマホ+高級感があって万人受けするスマホの形で目新しさはないもののとっつきやすい形で好印象。

LeEco Le Max 2 X829とは別の LeEco Le Max 2もありまして、スペックも多分全く一緒でややこしいのですが LeEco Le Max 2 X829のほうは3GとLTEの対応BANDが追加されているようなのでどちらがオススメかと言われれば当然 LeEco Le Max 2 X829でしょう。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 スペック

スペックを比べてみてくださいね。

画像LeTV LeEco Le Max 2 X829 Snapdragon 820 LeEco Le Max 2 Snapdragon 820LeEco Le 2 Pro MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
機種名LeTV LeEco Le Max 2 X829 LeEco Le Max 2LeEco Le 2 Pro
メーカーLeTV570LeTV298LeTV280
価格調査価格調査Amazon LeTV LeEco Le Max 2 X829Yahoo!ショッピング LeTV LeEco Le Max 2 X829楽天市場 LeTV LeEco Le Max 2 X829価格調査Amazon  LeEco Le Max 2Yahoo!ショッピング  LeEco Le Max 2楽天市場  LeEco Le Max 2価格調査Amazon LeEco Le 2 ProYahoo!ショッピング LeEco Le 2 Pro楽天市場 LeEco Le 2 Pro
OSAndroid 6,EUIAndroid 6,EUIAndroid 6,EUI
SocブランドQualcommQualcommMediaTek
SocSnapdragon 820Snapdragon 820MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
メモリ4/6GB4/6GB4GB
ストレージ64/128GB32/64GB/128GB32GB
ディスプレイ5.7インチ5.7インチ5.5インチ
解像度WQHD(2560x1440)WQHD(2560x1440)フルHD(1920x1080)
パネルTFTTFTTFT
画素密度515ppi515ppi401ppi
バッテリー3100mAh3100mAh3000mAh
フロント カメラ800万画素800万画素800万画素
リア カメラ2100万画素2100万画素2100万画素
重量185g185g185g
サイズ 縦x横x奥行156.8x77.6x7.99mm156.8x77.6x8mm151.1x74.2x7.5mm
BluetoothV4.2V4.2V4.2
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26),1700(4-9)2100(1),900(8),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1900(2),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26),700(17-12)2100(1),2600(7),1800(3)2100(1),2600(7),1800(3)
実測値Antutu:145412
Geekbench:Single 1799 / Multi 4317
RAM:15654.17
Memory:Read 463.69/Write 169.52

Antutu:94380
Geekbench:Single 1485 / Multi 5000
RAM:3091.12
Memory:Read 136.96/Write 85.32

評価

★評価

★評価

★評価

評価

評価4.1:1人

評価4.5:1人

評価3.6:1人

Feel 表示
Wish
25
118
46
4
20
12
17
66
24

その他のLeTV LeEco機はこちら「中華スマホHOMTOM機種 スペック一覧」をご覧ください。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 カラー

Banggood

4GB/64GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)

Banggood

香港 6GB/128GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 開封

ではワクワクしながら開けてみましょう。

Banggoodの梱包

LeTV LeEco Le Max 2 X829 梱包 EMS

今回もエアチューブ梱包で安心!これで海外からはるばる海を超えてやってきても安心です♪

ただエアチューブなのは良いのですが・・・この通りちゃんとフタが閉じられていませんでした(泣)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 梱包 エアチューブ

こうだったら↓完璧なのになぁ・・・さらにテープで留めてあればもっと良かった(もう一歩)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 梱包 エアチューブ 正しい梱包

化粧箱

ちょっとした凹み指紋跡などはあります。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 化粧箱 表

中華な製品は7年ほどで大発展を遂げてすでに製品自体はすごく良いのであとはショップがサービス面の商品を大切に取り扱うことができるようになれば最強になりそうです。

日本の通販のように商品の化粧箱も商品として扱えるようになれるか、海外ネットショップの今後のサービスの一つとなれば嬉しいですね。(化粧箱好きなもので)

開封

LeTV LeEco Le Max 2 X829 化粧箱 開封

見た目はやはりLeEco Le 2 Proとまったく変わりない筐体のようで、特に目新しさはありませんでした。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 化粧箱 裏

色がグレーですが実際の見た目はヒカリのあたり具合によっては少しパープルがかった色に見えます。

付属品

スマホを使うのに必要なものが全てそろっています。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 化粧箱 下に付属品

付属品はUSBアダプタ3.8V~8V/3Aになっていて急速充電可能なタイプ、USBケーブルもしっかりとしたケーブルでUSBアダプタでセットで使うと急速充電できそう。

取説のカラフルなLeEcoのアイコンが素敵です。

LeEco機はイヤホンジャックは無いのでUSB Type-Cのイヤホンジャック変換アダプタとイヤホンが付属。

iPhone7と同様にイヤホンジャックなく、CDLA(Continual Digital Lossless Audio)技術でイヤホン以外はデジタル転送でサウンドの劣化が少なく再生できるようです。

LeTV LeEco Le Max 2 X829に限らず、最近のLeEco機は全てUSB Type-Cからイヤホンジャック変換アダプタを通してイヤホンにつなぐCDLA方式です。

LeTV LeEco Le Max 2 X829  CDLA

付属の保護ケース装着してみた

専用の保護ケースも付いていて、ディスプレイ面にも最初から保護シートが貼ってあります。保護シートは安っぽい気泡がすぐ入るものではなくガラス(多分)の保護シートなのでそのまま使っていても違和感がありません。

インカメラ周りとセンサーの穴に保護シートの切り欠きがあるのでそれが微妙に左上にズレているのが少し気になりますがよく見ないと分からないのでたいていの方は気にならないでしょう。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 保護ケース装着 表

裏も表も完全に保護されているので追加でケースを買う必要ない。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 保護ケース装着 裏

リアカメラの出っ張りは保護ケースを装着しても少しだけ出っ張っています(汗)そのあたりもLeEco Le 2 Proと同じ仕様でした。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 外観チェック

起動

起動時にはLeEcoのアイコン、続いてLeEcoのシステムEUIのアイコンが表示されて初期設定に突入します。

初期設定は後日レビューしますが、日本はLeEcoの対象国では無いようで・・・LeEcoユーザー登録はどうやってもできませんでした(汗)なのでLeEcoユーザーは取得せずにPlayストアに使うGmailだけ使って初期設定完了させます。(内部レビューの時に詳しく説明します。)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 ロック画面

ロック画面のこの壁紙が宇宙のような画像でステキです。

表面

薄いグレーにほんのすこしパープルがかかったような、マジマジと見るとパープルではなく薄いグレーだけのような、微妙な色合いです。

ベゼル幅

LeEco機全て同じですが、ディスプレイの端っこ四方は表示されない黒い部分が2.5mmほどあるのでそれほど未来感は感じられませんが実用的といったところでしょう。

  • 上:側面金属約0.5約mm+ベゼル約11.5mm+表示されない部分約2.5mm=14.5mm
  • 左右:側面金属約0.5mm+表示されない部分約2mm=2.5mm
  • 下:側面金属約0.5約mm+ベゼル約12.5mm+表示されない部分約2.5mm=15.5mm

裏面

裏面を撮影すると実際の見た目よりピンク色がかった見た目になりました。実際はもう少しグレーっぽい色になります。撮影が下手でスンマセンご了承くださいませ。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829 裏面ななめ

背景がブラウンぽいグレーだからこうなったのか、LeTV LeEco Le Max 2 X829のほうがパープル入っているからピンクっぽい色になったのか分かりません。

色調整してみました↓がちょっとまだパープル入っているみたいです。たしかに光の加減でパープルっぽい色になるのでこの画像のような色かもう少しグレーっぽい色になると思います。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 肉眼の色

色が微妙すぎるので人によって感じ方が違うかもしれません。以下の↓ようにシルバーにも見えるし(もうちょい濃いかな?)・・・光のあたり具合によって違ってきますのでなんとも言えません。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 グレー

2016年後半からのLeEco機は全てこの形のようです。カメラが出てるところがマイナスポイントですが完成度は非常に高く文句の付けようがないですし、メタルで質感が高いので所有する喜びも実感できます。

リアカメラは出ていて専用保護ケース付けてもカメラがちょっと出ているのがマイナスポイント

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829 裏面 上

LeEcoの未来的なアイコンが光に反射してキラリと光る。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829 裏面 下

側面

側面は8mm弱あって持つと「ぼってり」していて繊細な印象はうけない。

側面上下の角はツヤあり面取り仕上げでメタルでキラキラしているので高級感がある。

SIMスロット

NanoSIM2枚さしでMicroSDは使えない。MicroSDは最近のLeEco機は全て使えない仕様のようです。なので大容量のストレージが必要な場合は6GB/128GBのほうがよさそう。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  SIMスロット 出すIMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  SIMスロット 取り出す

ズーム

裏面上下のパーツはプラで金属枠にはめ込む構造になっていて精密に仕上がっています。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  ツヤアリ面取り加工

隙間がどこにも無いので簡単には殻割りできず、ボンドでくっついているようなのでディスプレイ割れたりしたら自分では修理できなさそう。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  ツヤアリ面取り加工 右下 IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  ツヤアリ側面金属

全体的にかなり精密に仕上がっていてルーペで拡大してみても特にアラはみつからなかった。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  裏面 カメラ

Huawei機と同じように精密にできてはいるのですが、ディスプレイの隅の黒枠の表示されない部分の幅が2.5mm↓あって暗い壁紙以外は目立って見える。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  表示されない部分

ディスプレイの保護シートはかなり分厚く硬いのと気泡がまったく無く付いていたので最初は保護シート付いているのを気が付かなかったくらい。

端のほうやフロントカメラ周りを見ると保護シート貼ってあるのが分かります。

IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829  保護シート

LeTV LeEco Le Max 2 X829 ズーム

LeTV LeEco Le Max 2 X829 アプリ・機能

ちょっと間が空いてしまいましたが LeEco Le Max 2 X829 の内部をみていきましょう。

こちらは素のAndroidではなく、AndroidベースのEUI(LeEcoのユーザーインターフェース)でOSを改造したものですのでAndroidはAndroidなのですが使い勝手が少しちがいます。

ただ日本語表示は普通のAndroidと同じように簡単にできて普通のAndroidと同じようにちゃんと表示されますのでご安心あれ、

(AndroidベースのOSでしたらPlayストアからインストールした日本語表示するアプリは全て日本語表示にできます。XiaomiのMIUIなどは設定などシステムの表示が日本語表示しない部分がありますが、Xiaomi・Meizu・Oppo・LeEcoなどの中華スマホでも日本語のアプリは問題なく使えます。)

初期設定

LeEco機は初期設定が一番つまずきます・・・日本に居るとLeEcoユーザーを取得することができないようなのでスキップしてLeEcoユーザーを取得するのは諦めましょう。

以下、途中でGoogleアカウント取得画面や指紋認証の設定画面などがありますが省略しました。(Googleアカウントは取得するかログインしないとPlayストア使えないのでどちらかの設定はしましょう。)

日本からLeEco ユーザー登録できない

GmailでLeEcoのアカウント作成するとなぜか先に進まずアイコンがクルクル回った状態でフリーズ状態になる。

電話番号での登録は日本の+81は無いので登録できず。

メルアドでもなぜか登録できない・・・なのでスキップしましょう。

LeEcoユーザー登録スキップして初期設定完了させる

下画面左のようになったら「Skip」を押して先にすすみます。

サイズを決められる

表示するフォントサイズや画面に表示するアイコンの大きさも変えられます。

これで初期設定完了。LeEcoユーザーを取得しようとせずにスキップすればすぐに初期設定は完了します。

ホーム画面

ホーム画面左側に「LeView」という画面が表示されます。こちらはEUIの機能のようでLeTV関連のオススメ動画を表示する機能。

LeView

LeViewは日本に居る場合はYoutubeにリンクされているようです。これが香港とか中国に居る場合は表示が違ってきそう。

LeTVアプリ  IMG_2017041aLeTV LeEco Le Max 2 X829 LeViewアプリ

System Tools

よくあるツール群でLeEcoオリジナルなものではなさそう。

LeTV LeEco Le Max 2 X829  System Tools

ホーム画面 長押しして設定

日本に居る場合はLeViewは必要ないと思いますので消してみましょう。

ホーム画面の空いているところを長押ししてスワイプしてLeViewの画面に移動すると上のほうに目のアイコンがありますのでタップしてグレー表示にする。

アイコンがグレー表示になったらLeViewが表示さずにホーム画面のみになりました。

LeTV LIVEアプリ

前回LeEco機をレビューした時はLeTVの動画関連アプリは一切入ってなく驚きましたが今回はしっかり入ってました。前回のLeEco Le 2 Proレビューは以下

LeTV Liveアプリなるものが入っていてまずはアップデートが必要なのでしてみました。

LeTV LeEco Le Max 2 X829  LeTV Update

無料のものもありますが有料視聴な動画が半分以上ありました。

動画はほぼ英語か中国語のものばかりで日本人には実用的なアプリでは無さそうです。

My LeEco

こちらは日本に居るとLeEcoユーザー取得できませんでしたので海外行かないと使い道がなさそうです。

LeTV LeEco Le Max 2 X829  My LeEco

設定

設定は素のAndroidとほぼおなじ感じなので特に説明する必要はなさそう。ちょっと英語表示な部分もあるかな?

端末情報

通知パネル

通知パネルは文字通り「通知」のみ表示されるようになっています。通知は通知パネルの下のほうにある「Management」を押すと設定可能です。

マルチタスク ボタン

LeEco機のOS EUIの一番の特徴がこのマルチタスクボタンにトグルなどの機能が集まっている点です。

マルチタスク表示のほかにトグル・バックライト調整・プレイボタンが表示されます。一番上のトグルはツールになっていて下のほうにあるトグルは普通は通知パネルにあるトグル。

なれれば機能が集まっているので便利に使えそうです。

LeTV LeEco Le Max 2 X829 ベンチマークテスト

AnTuTu

200ドル切るのにAntutu14万台はスゴイ!コスパ重視+高スペック必要というワガママな(汗)方にはオススメ

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

LeTV LeEco Le Max 2 X829  A1 SD Bench

CPU-Zのスペック詳細

LeTV LeEco Le Max 2 X829 使ってみた感想

全部入り

ハイスペックスマホだし2万円ちょいだし、ホントこのスマホで90%以上の人が問題なく満足して使えると思います。

専用保護ケース付いてるし保護シート装着済で別途なにも買い足さなくても完全ガード出来るのも良いところだが保護ケースを装着してもリアカメラがちょっと出っ張るところがよくない。

ストレージ選択枠は64GBか128GBの2種類で、MicroSDが刺せないので大容量のストレージが必要な方には向かないかもしれません。まぁ、スマホでストレージ128GBの容量で足りないという方はあまり聞いたことが無いのでほとんどの方は128GBあれば問題なさそうです。

写真をたくさん撮る場合はOneDriveやGoogleフォトにクラウドで自動で上げておいてマメに削除するしかなさそうです。それでも128GB使いきるには1年くらい放置できそう。

ホームボタン・戻るボタン・マルチタスクボタンがディスプレイ内ではなく、タッチボタンになっていて普段はLEDが光ってなく見えない状態で付近をタップするとLEDが光ます。あと左がマルチタスクボタン、右:戻るボタンで固定になっているのでこの辺も好みが分かれそうなところ。

AntutuはBanggood商品ページには136000ほどでしたが実際に計測すると145000行きました。嬉しい誤算。ここまで速いと人間のほうが使いこなせない気がしないでもないけど気分的には速いほうがイイですね。

内部はベースがAndroidをカスタムしたEUIなので若干の操作違いがありますがPlayストアも最初から入っていて日本語表示もちゃんとされるし日本人でも問題ないでしょう。

ただ、初期設定のLeEcoユーザー登録の部分で日本で登録すると引っかかるので中国・台湾・香港・USA・インド行く機会のある方はその時にLeEcoユーザー取得するか、それ以外の方はLeEcoユーザースキップして初期設定完了させるしか無さそうです。次回じっくりみていきます。

使ってみた感想

200ドル切る価格で安くてスナドラ820搭載な高スペックモデルなのと日本語表示の部分はだいたい素のAndroidと同様なので中華スマホ初の方でもオススメできる機種です。

ただ、上記で説明したとおり通常は通知パネルで表示されるトグルなどがマルチタスクボタンの表示に移動しているのでAndroidとは違う部分も少しあります。それが受け入れられればコスパ面で間違いなく買いな中華スマホです。

それに保護シートは最初から貼ってあるし専用ケースも付属されているので他に買うモノがないのもコスパ高くて素晴らしすぎる。

デメリットといえば、過去にLeEco機持っていた方・持っている方は形がまったく同じなので面白みが無いところでしょうか。(LeEcoコレクターの場合は別ですけど)

あとはLeEco社は最近クルマにも手をだしていてその関係でトラブっていて、もしかしたら潰れる可能性もありそう・・・家電などいろんな部門に一気に手を伸ばしすぎな気がしますがどうなるんでしょうか?激安で良いスマホ出しているだけに心配なところです。

banggood LeTV LeEco Le Max 2 X829 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GRAY(グレイ)

LeTV LeEco Le Max 2 X829 GRAY

LeTV Leeco Le 2 Pro レビュー

このメーカーが1,2年後のスマホ戦争に勝ち残り世界を牛耳るかもしれない、という噂のLeTVのスマホが来ましたのでレビューしてみます。(2016/6)

こちらもXiaomi,MEIZUと同様に時代の最先端を行っているメーカーですね。

仕上がりは安い中華スマホとは別物です。この辺りの中国メーカーが2016年のガジェット製造の最先端を走っているようです。

今回来たLeTV Leeco Le 2 Proも品質は完璧で初期のキズや不出来はまったく無く、完全に管理された工場で生産された機体だと思います。(文句のつけようがない)

ただし、1万円台の激安中華スマホとは違って2万円台後半になりますのでそれなりの品質なのは当たり前かもしれません。

世界のスマホと比べたら3万円を切る品質でコレはすごいと感じました。日本のスマホで言うと7,8万円のスマホと同等のスペック・完成度です。

LeTV Leeco Le 2 Pro スペック

2万円台後半でこのスペックは素晴らしいと思います。

画像LeEco Le 2 Pro MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
機種名LeEco Le 2 Pro
メーカーLeTV280
価格調査価格調査Amazon LeEco Le 2 ProYahoo!ショッピング LeEco Le 2 Pro楽天市場 LeEco Le 2 Pro
OSAndroid 6,EUI
SocブランドMediaTek
SocMTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
メモリ4GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度401ppi
バッテリー3000mAh
フロント カメラ800万画素
リア カメラ2100万画素
重量185g
サイズ 縦x横x奥行151.1x74.2x7.5mm
BluetoothV4.2
GPS
WiFia/b/g/n/ac
生体認証指紋
充電USB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),1800(3)
実測値Antutu:94380
Geekbench:Single 1485 / Multi 5000
RAM:3091.12
Memory:Read 136.96/Write 85.32

評価

★評価

評価

評価3.6:1人

Feel 表示
Wish
17
66
24

不満なところはストレージ32GBでMicroSDカードが刺せないところです。

写真をガンガン撮ったり本やマンガをガンガン入れると容量足りなくなりそう。

LeTV Leeco Le 2 Pro カラー

お色はシルバーとローズゴールドがありますが、シルバーはずっと売り切れになっています。

GearBest

4GB/32GB
ROSE GOLD(ローズゴールド)  ROSE GOLD(ローズゴールド)
SILVER(シルバー)  SILVER(シルバー)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)

ローズゴールドは嫌味なゴールドではなく、控えめに高級感があるお色なのでなかなか気に入りました。

LeTV Leeco Le 2 Pro 開封の儀

GearBest 箱の状態

今回はプチプチ袋に入ってますので梱包も良いと言えそうです。

LeTV Leeco Le 2 Pro 化粧箱の状態

ポコッとなった部分もあって白い化粧箱なので汚れてる部分が目立ちます。

IMG_20160610_103601

日本だと『箱汚れ品』で安く販売されそうな化粧箱の状態です(汗)海を渡れば常識がまるっきり違うということで中身が無事なら気にしない方でないとキツそうです。

DSC_0491

テープでちゃんと封印されているので開けてはいないようです。

このLeTVのアイコンがまた未来的で好感もてます。

LeTV Leeco Le 2 Pro 開封

では開けてみます!

ローズゴールド、なかなか良いお色です。

DSC_0501

最初から透明ケースが付いてます。

DSC_0504

付属品はUSBアダプター・ケーブル・取説など・SIMピンのみでシンプルですね。

DSC_0782

早速起動してみます。

透明ケースは装着されていた

最初から透明ケースが装着されていた状態で化粧箱に入っていました。

IMEIなどが書いてあるシールは透明シールでくっついていて簡単に剥がれました。

LeTV Leeco Le 2 Pro USBアダプター

アダプターは普通のよりデカく長く感じまして、出力が3.6-8V/3A出るようです。

急速充電用のアダプターのようですね。

ケーブルは標準USB-USB3.1Type-C接続です。

LeTV Leeco Le 2 Pro 外観チェック

ローズゴールドはとても素敵なお色で女性はもちろん男性がもっても違和感が無いお色だと思います。

表面

表面のエッジ処理

DSC_0744

エッジの部分は細い線1本分ほどの溝があって非常に高精度に処理されています。

Xperia Zシリーズのようなパッキンが少し立ち上がっているようなのはまったくなく、溝はあるものの表面と側面の間には触ってみたところ出っ張りはありませんでした。

DSC_0743

このエッジ処理がXiaomi Mi5の仕上がりも上々でしたがこちらのLeeco Le 2 Proの処理も高精度に仕上がっていて製造工場の技術力の高さがうかがえる。

DSC_0740

見た感じで測れませんがエッジ部分は0.2mm、溝は0.1mmくらいの感じです。

DSC_0739

ベゼル幅
  • 上:突起約0.3mm+ピンクの部分約12mm+表示されない部分約2.5mm=14.8mm
  • 左右:突起約0.3mm+表示されない部分約2.5mm=2.8mm
  • 下:突起約0.3mm+ピンクの部分約13mm+表示されない部分約2.5mm=15.8mm

裏面

DSC_0717

このカメラの出っ張りだけが気に入らない。透明ケースを付けてもカメラが0.5mmほど出っ張る。こちらも測れませんが全体で1.5mmほど出っ張ってる気がします。

微妙な光の反射によってお色が変化して見ていて惚れ惚れします♪

側面

一番の驚くべき点としてはイヤフォン端子が無い!というところです。

おそらくBluetooth接続のヘッドホンでの接続を想定してイヤフォン端子を省略したのだと思います。次期iPhoneもそのような噂がありますね。

コノ機体を購入検討している方はイヤホン端子が無いことにご注意ください。

(上側面の黒丸は赤外線ビームです。イヤフォン端子ではありません。)

激安中華スマホだと側面と表面のガラスの境目など隙間がある場合がありますが、このスマホは隙間はまったくなく完成度激高です。

特に表のガラス面のエッジから側面にかけて黒い部分とローズゴールドの金属の部分がピッタリ隙間なく合わさっていて工業製品的にものすごい高い技術力です。

この完成度・精密性は日本のスマホの完成度を超えたと言っても良いかもしれません。

これで2万円台後半・・・世界のスマホ業界を牛耳るかもしれないというのも納得で恐るべし、

DSC_0719

充電・通信はUSB3.1の両面どっちからでも刺せるType-C接続

DSC_0718

少しワンパターンになって見慣れましたがエッジの部分はツヤ有りの面取りになっていて光の反射でキラリと光ります。

SIMスロット

DSC_0750

NanoSIM2枚装着できます。

残念ながら3G+4G同時待ち受けはできないようでした。

もう一つ残念なところはMicroSDカードは装着できません。

LeTV Leeco Le 2 Pro ベンチマークテスト

AnTuTu

なかなか良い速さなんじゃないでしょうか、このくらいなら問題なくサクサク動きますね。

Geekbench3

ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench3 価格(約)
Link 商品ページ レビュー カテゴリ
価格調査
Xiaomi Xiaomi Mi5 32GB MIUI7.2 Android6 115219 1910 4610 50,000円
LeTV Leeco Le 2 Pro Android6 94380 1485 5000 28,000円
Sony Xperia Z5 Android6 80154 1346

4582

60,000円
Sony Xperia Z5 Premium Android6 76504 - - 78,000円
Samsung Galaxy A8 Android5.1 68309 - - 60,000円
富士通 Arrows NX F-02H Android5.1 65884 - - 70,000円

ベンチマーク順にちょっと価格を比べただけでもコスパ激高!

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

Screenshot_20160610-123035

Storage RAM Internal
memory
SD card
MB/s Read Write Read Write
Xiaomi Mi5 12924.84 338.57 49.02 - -
AQUOS Crystal 305SH 7670.75 123.87 19.60 444.41 62.29
Xperia Z3 6536.43 219.02 80.03 - -
LG L22 6433.03 135.98 65.21 - -
GALAXY S5 SCL23 6149.33 220.43 75.19 203.19 74.71
Xperia Z5 compact 4994.77 251.02 88.95 - -
Xperia Z5 4833.93 239.88 96.84 - -
Xperia C5 Ultra 4469.35 113.23 7.17 74.61 21.93
ARROWS NX F-02G 4256.92 114.77 40.78 - -
Xiaomi Mi4S 4125.61 191.51 117.96 143.61 89.06
MEIZU M3 note 3974.31 192.23 73.92 115.76 73.92
LeTV Leeco Le 2 Pro 3091.12 136.96 85.32 - -
UMI Touch 2986.63 151.50 76.89 86.23 77.67
AQUOS ZETA SH-01G 2408.62 138.95 70.73 94.35 48.77

ストレージの速さは遅いほうと言える。

CPU-Zのスペック詳細

日本人でもすぐに使えるほぼAndroidスマホ

Android6の上にEUI(LeTVのユーザーインターフェース)が乗ってますがPlayストアは最初からあってすぐに日本語で使える機種です。

日本人でも特に改造して使わなければ使い始められない、ということもなくほぼ難なく使い始められます。

ただし、XiaomiのMIUIと同じようにLanguageで日本語にしても【設定】の画面で一部英語表示になっています。

それと専用アプリが3,4個ありますがそれは英語表記です。

このLeTV Leeco Le 2 Proでは最初からつまずいて苦労することはないでしょう。

EUIの世界 LeEco Le 2 Pro 機能 レビュー

初LeTVのスマホを使い出して数日、今回はLeTVのUI(ユーザーインターフェース)であるEUIを見ていきます。

といってもEUIはほとんどAndroidと変わりなく、SettingsとMy LeEcoなどちょっとしたアプリのみAndroidとあまり変わりないといっても過言ではないでしょう。

DSC_0976

LeTVだから映画アプリあるかなと思ってたけど・・・

LeTVのスマホなので当然「乐视视频」のアプリはあると思いきや、ないんですよねぇ、

WS000011

こちらのサイトのLeEco Le 2 Proのスマホなんですが、アプリすらも入ってない。

日本の携帯キャリアのスマホのようにいろんなアプリがぐちゃぐちゃ入ってないのは非常に助かりますが、自社の動画アプリ一個くらいは入れても良かったのではないでしょうか?

もしかしたらグローバル版はアプリ入れるの控えているのかもしれません。

ほとんどの映画は香港・中国大陸以外では著作権の関係で「乐视视频」見られないようになっていますので。

乐视视频移动客户端支持android,ios,windows phone。汇集海量电影、电视、动漫、综艺正版视频,同时包括各种体育赛事直播。更多精彩内容,尽在乐视视频移动客户端。

アプリが欲しい場合はこちらからダウンロードできるようですが日本にいる場合は特に使わなそうというより使えないアプリなので入れておく必要はないでしょう。

LeTV LeEco Le 2 Pro ホーム画面

ホーム画面はシンプルでアプリも必要最低限でGoogleアプリは一通りはいってました。

通知パネル・・・何もないぃ

通知パネルは通知だけに特化していて、あれ?トグルとか他の設定は?と思っていたが、

下に書いたが「メニューボタン」で設定するようになっていた。

上画像のManagemantを押すと右のように「音と通知」設定の飛ぶ。

LeTVのスマホはメニューボタンにトグルがある

LeTVの特徴として通知パネルではなく、その役割をメニューボタンで操作するようになっています。

DSC_0738

メニューボタンで操作

メニューボタンは上画像の左側のボタン

この部分はAndroidとは全く違って特徴と言えるでしょう。

通知パネルをスワイプしてトグルとか画面照度をいじるのが嫌いな方はこれは嬉しい機能じゃないでしょうか。

トグルの設定・並び替え

設定 > Control Center

こちらで並べ替えたり表示させたいトグルを設定できる。

Screenshot_20160617-142009

DSC_0991

下からスワイプすると

下からスワイプで通常のAndroidはGoogle検索がでてきますがこちらはちょっと違います。

さすが映画配給会社で映画や音楽のリストが出てきて、コレか!と思って映画をちょっと見てみようとしましたが・・・押せない。

音楽の場合は押せてMusicアプリが起動する。で、プレイボタンを押すと再生されて音もでる。

映画はチラシのみ表示のようですね。

LeTV LeEco Le 2 Pro 設定

通常のAndroidとは違って日本語にしても英語表示の部分があります。

Language and locationで設定を日本語にしました。

半分ほどは日本語になっているでしょうか。

Dual SIM and cellular networks

こちらの設定もAndroidとほぼ同じかな。

Data enabledオン、Cellular dataとCallsを設定して、SIM1,2に行ってAPN設定をすればネットにつながります。

Wallpapers & Themes

LeTV LeEco Le 2 Proもテーマをダウンロードして変更できますが、Xiaomi機のようにテーマのコミュニティがあってたくさんの数のテーマや壁紙はありません。

Themes

LeTV LeEco Le 2 Proの場合のみだと思いますが9個のテーマをダウンロードできるようです。

あまり良いのはありませんね。デフォルトのまま使ってみます。

System wallpapers

こちらで壁紙を変更できます。

Screenshot_20160617-141952

Oher wallpaper appsを選ぶとWallpaperアプリが起動します。

Factory data reset

Screenshot_20160616-121121

端末をリセットするときに使う画面ですが、「Format virtual SD card」というのがちょっと興味あってオンにしましたが、戻るとオフになってしまう。

よくは分かりませんでしたが、Androidのマルチユーザーの場合に使う機能のようです。

仮想パーテーションを切ってそれぞれのパーテーション内にユーザーを置くらしい。

このLeTV LeEco Le 2 ProはSDカード刺せないので、もしかしたら・・・刺せるようになる?とちょっと期待しましたが物理的に無理ですね(汗)

端末情報・デベロッパーになる

Android6でCPUがHelio X20、3万円切る価格なのになかなか高性能です。

ビルド番号を連打するとデベロッパーになれる。

DSC_0994

LeTV LeEco Le 2 Pro カメラ アプリ

カメラアプリはあまり機能が高くないように感じました。

特にフレームの大きさを4:3から16:9に変更できない点が自分にしてはちょっとキツい。

中華スマホでカメラ性能だけ不満がある。カメラがネックでまだXperia C5 Ultraを手放せないでいる。

Wallpaper アプリ

こちらのアプリは設定からもたどれます。

設定 > Wllpaper and theme > System wallpaper > Other wallpaper apps

壁紙をオンラインでダウンロードできます。

こちらもXiaomiのようにたくさんの画像はないように感じました。

Super manager アプリ

コレ、よくあるデザインでXiaomiのアプリと似ててLeEco純正のアプリではない気がしますがSettingsと絡んでいるので純正なのだろうか?

余計なファイルなど必要ないものを削除してくれたりバッテリーの設定や、まだ済んでない設定を設定するように促されたり、

おおまかに4つの機能があるようですが基本全自動

丸い部分を押すだけで解決してくれる

4つの機能

上記のように丸い部分を押すだけでたいていは解決してくれますが、詳細な設定もできます。

詳細設定したほうが自分好みの動作をしてくれそうです。

CM Security アプリ

ウィルススキャンアプリのようです。真ん中のボタン押すだけでスキャンしてくれる。

LeTV Account アカウント取得

LeTV Accountは特に取得する必要が無いように感じましたが一応取得してみたのでやり方を書いておきます。

My LeEco アプリでLetv Account取得できなかった

日本からだとアプリではLeTV Accountを取得できないようです。

携帯電話番号で登録で+86(中国の国番号)しか登録できないのでMy LeEcoアプリからはLeTV Accountは取得できなかった。

パソコンのブラウザからLetv Account取得

まずは以下にアクセスしてブラウザからアカウントを取得します。

WS000000

「Sign up」で登録しようとすると携帯電話番号からしか登録できず、以下のように日本が無いので登録不可

戻ってGoogle,Facbook,Twetterのいずれかのアカウント経由でログインする。

WS000001

自分はGoogleアカウントでログインした。

WS000002

許可ボタンを押すと、なんでしょう?意味不明の画面になった。

WS000003

ブラウザの戻るボタンを押すと、

WS000004

この画面に、Nicknameは4文字以上でないといけない。

Mobile Settingsのタブだと携帯電話番号からのID作成になるので日本では無理。

WS000006

Email SettingsでメルアドのIDを作りましょう

WS000007

メルアドとパスワードを入力してContinueを押す。

WS000008

EmailのIDで登録完了。

WS000009

登録したメルアド宛に確認メールがくるのでリンクをクリックして認証完了。

WS000010

このメルアドIDでスマホからログインしてみます。

My LeEco アプリ

上記のようにLeEcoのIDを取得できたのでログインしてみます。

乐视视频に会員登録できたみたいだけど相変わらず「下からスワイプ」して映画がでてくるけどまったく押せない。

My LeEcoの機能

バックアップやSMSのリンク、セキュリティ設定などお決まりの機能です。

Leeco Le 2 Proをしばらく使ってみて感想

Android6でMediaTek Helio X20、リアカメラ2100万画素、最新ハイスペック機中の上くらい。Xiaomi Mi5より下ですが、Xperia Z5よりスピード・完成度などが上のスマホ

映画配給会社のスマホなのでアプリがたくさん入っていると思ったが全く無く拍子抜けした。

LeEcoのEUIはPlayストアが最初から入っていてほとんどAndroidの使い勝手で日本人が普通に使い始められるスマホだった。

ただ壁紙やアイコン、テーマなど中身の見た目の独自色が無い分EUIのデザイン要素がなくちょっとダサい気がした。これだったら壁紙だけ独自色をだしてあとは素のAndroidデザインのほうが素敵だった。

イヤフォン端子がなく、有線のイヤフォンは使えないと思ったらUSB3.1Type-C接続のイヤフォン端子が付属されていて、そこからイヤフォンを刺せるようになっている。(音質も0損失の音質で非常にクリアに再生できるらしい。自分はヘボ耳なのでわからんかった。)

SIM2枚差しは3G+4G同時待ち受けはできない、MicroSDも刺せないタイプなので少しがっかり。(32GBタイプだとちょっと容量が足りなくて困る人も出てくると思う。)

機体はローズゴールドのせいか完成度が高すぎるせいか、非常に高級感があって所有する喜びを味わえる。(透明ケースに入っているとその喜びは半減しちゃうけど)

電池持ちも普通に使って2日ほど持つので非常に良い部類だと思う。

28000円台でここまでの高級感・仕上がり・速度を追求できる会社は【日本のスマホメーカーには無い】と断言できる完成度で改めてLeTVスマホのスゴさを再認識しました。

Type-C ⇔ イヤフォン端子変換ケーブル

コメントいただいて、同梱物をよく見るとUSB3.1Type-Cとイヤフォン端子がついている短いケーブルが同梱されていました。(これUSBケーブルの中にあったので見逃してました。)

DSC_0800

これにイヤフォンジャックを刺せば有線のイヤフォンで音が鳴りました。

DSC_0805

ただし、音楽聞きながら充電というのはデキなそうですね。

電波受信状態の「2」はSIMスロットの番号

LeTV LeEco Le 2 Proをいじくり回していて、ふと見るとアンテナピクト(ステータスバーにある携帯電波の表示アイコン)の最後のアンテナの部分に「2」と表示されてます。

DSC_1394

肉眼では視認しにくくてよく見えませんでしたが広角レンズを装着して撮影するとくっきり見えました。

DSC_1393

アンテナピクトの4本目の棒のしたのほうに「2」と表示されてません?2じゃないのかな?

携帯キャリア アンテナピクトの文字の意味

各社アンテナピクトの文字の意味をまとめてみました。

無印は不明、3Gと4Gが混在かな?

Docomo

  • 3G = Foma
  • H = HSPA,Fomaハイスピード
  • LTE,4G = クロッシィ
  • 4G+ = PREMIUM 4G

au

Softbank

ちょっと気になったのでメモしておきます。

調べて結果がわかったら追記しますね。

結果:SIMスロットの番号だった

コメントいただいた方に教えてもらったのですが、SIM2枚差すと分かりますがスロットの番号でした。

DSC_1449

上の画像で言うと、SIMスロット1は使用中、SIMスロット2は使用してない状態です。

使用してないSIMスロットにはXマークもつきますね。

コメントで教えてくださってありがとうございましたm(_ _)m

また一つ勉強になりました。

LeEcoスマホ recovery起動方法

今朝LeTV LeEco Le 2 ProでrecoveryモードとFASTBOOT MODEを起動してみたのでメモしておきます。

スマホを終了した状態で起動ボタンを押す。

「LeEco(下のほうにAndroid)」の表示が出たら以下のように操作します。

  • 電源ボタン+音量 上:recoveryモード
  • 電源ボタン+音量 下:FASTBOOT MODE

それぞれ、10秒以上押すと出てきました。かなりの時間押してた。

LeEcoスマホ recovery

以下のように表示されます。この画面の前に「recovery」と表示されますが早くて写真撮れなかった。

IMG_20160711_053525_HDR

リカバリー方法は、

  1. どこかからEUIのROMをダウンロードしてくる。
  2. ROMをupdate.zipにファイル名を変更
  3. MicroSDカードのフォルダ直下にupdate.zipをコピー
  4. MicroSDをLeEco機に差す。
  5. LeEco機起動、電源ボタン+音量 上を押してrecoveryモードにする。
  6. Update systemを選んでStartボタン押したら始まると思う。

ROM焼きやったわけでは無いので推測にすぎません。

ROMは一応ここにありそうですが・・・試したわけではないので自己責任お願いします。

機会があればやってみたいと思います。

LeEcoスマホ FASTBOOT MODE

IMG_20160711_052158_HDR

このようになりました。

LeEco Le 2 ProのGSM/UMTSバンドを切り替えてみる

LeTV LeEco Le 2 ProをDFS WCDMA Toolを使ってBANDを自由に変更してプラスエリア化などしたかったのですが、やはり壁があって出来ず深追いすると文鎮化するのでBAND状況のみ確認してみました。

ご質問あったのですが、スマホ全般でBANDを変更することはできると思うのですが、

  • Diagモードに変更 (adbコマンド打てばできそうだけど、)
  • Diag DriverをどこかからDLしてインストールする

この辺がクリアできればBANDを変更することが出来そうですが危険が伴いますので気が向いたらじっくり調べてみます。

というよりスマホの「GSM/UMTSバンドの設定」の画面でJAPAN BANDを最初から入れておいてくれれば切り替えるだけですむのに・・・

そのうち改善されるかな?

裏メニュー【テスト中(Testing)】起動

TELアプリで*#*#4636#*#*と打つと裏メニューの「テスト中」にいけます。

Xiaomi機は英語表示なので「Testing」でした。ベースがAndroidなので同様のページになります。

テスト中が表示されたら「携帯電話情報」を押します。

携帯電話情報

以下のような画面になります。

右上の点が3つになっているアイコンをタップすると、「無線バンドを選択」と出てくるのでタップ。

Screenshot_20160715-015140

以下のような表示になります。

Screenshot_20160715-015148

LeTV LeEco Le 2 Proは項目が多く、Automaticという便利そうなのもあります。

AUS(オーストラリア)が2つもあって、LeTV LeEco はオーストラリアで普及してるスマホなのかも。

バンドの設定を変更してみる

デフォルトでどのバンドが選ばれているのか分からないのでちょっといじくってみます。

試しにバンドの設定をUSB Bandに変更

これでUSA Bandになった。

バンドの設定をAutomaticにする

無難な選択としてAutomaticにしてみる。

以上です、

この先、端末ではTELアプリでDiagモードを変えることができないようです。

adbコマンド打ってDiagモードに変えるしかなさそう。

気が向いたらボチボチやってみます。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. jboy より:

    LeEcoは資金繰りがやばいとか倒産間近とか言われてる割に筐体はまったく
    変わりませんが新しい機種を出してくるし販売してますよね~

    筐体の仕上がりは素晴らしいし個人的は好きなメーカーだから頑張って
    欲しいですね

    • GO より:

      jboy様
      LeEcoヤバイかもしれませんね。
      はい、筐体は毎度変わりありませんが高級感ありですね。
      新筐体なLe Pro3 AI Dualが出ない、出たけど出回ってないので・・・どうなんでしょ。
      もしかしたらそろそろヤバイかもしれませんね(泣)なくならないことを祈ります。

  2. kaku より:

    メイン機種をSony Xperia XZ Premiumを使用しています。
    サブ機で、LEAGOO KIICAA POWER 3G Smartphone – 2GB RAM 16GB ROM BLACK を2台、富士通F-04Gを1台使用しています。サブのKIICAA POWER2台は中華スマホ入門用として最高に良かったのですが3Dゲームをするには性能が足りず、810搭載のF-04Gでも若干力不足のため、820または821搭載でコスパがいいスマホを探してました。
    質問なのですが、LeEco Le Pro3 Elite 4G Phablet ですがマルチユーザー機能に対応していますか?OSのバージョンとしては搭載しているはずなのですが機種としてマルチユーザー機能が使えるのか調べてもどこにも乗ってませんでした・・・
    (あとGearBestクーポンが期限切れでした・・・・50台に到達したんですかね・・・(泣))

    • GO より:

      kaku様
      コメントありがとうございます。
      結構な数のスマホを使ってらっしゃいますね♪
      LeEco Le Pro3 Eliteは素のAndroidから一部カスタマイズされていますが、マルチユーザーはできたと思います。
      現在家族が使っているLeTV LeEco Le Max 2 X829を後ほどマルチユーザーできるか確認してみます。
      それとLeEco Le Pro3 Eliteは激安でクーポンでてますが、限定50台なので売り切れかも。でもまた出ると思います。
      現在の最新クーポンは以下のページでご確認ください。
      https://bey.jp/?p=61875

    • GO より:

      kaku様
      マルチユーザーですがLeEco機を調べたところ、無いようでした・・・
      なにかカスタマイズすれば出てきそうですが、デフォルトではなさそうです。
      ちなみにXiaomi Mi MIX2のMIUIもマルチユーザーはありませんでした。

  3. しょけん より:

    スマホで最重要なことは性能ではなく、電波を掴めるかのバンド周波数だけだと私は考えているのですが、こちらのLeTV Leeco Le Pro3 Elite X722ですが、バンド周波数としてはBanggoodに書いてある4G FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20、TDD-LTE:38/39/40/41なのでしょうか?
    スマホで電波掴まないとどんなに性能高くても単なる四角い物体になってしまうので、この点(バンド周波数)が1番販売サイトによって違うところだったりします。
    サイトによってころころ違うと何が正しいのか解らなくてサイトにとんでも買えなくなってしまいます。
    こちらのサイト記載の周波数とも違うので、対応バンドがLTEーB1,3,7しか対応してないなら買いたくないと考えております。
    お手すきなりましたら、返答いただけたら嬉しいです。

    • GO より:

      しょけん様
      お返事遅くなりましてすみません。スパムに入っていました・・・
      バンドですが、そうですね。BanggoodとGeekBuyingでは違うようです。Banggoodに書いてあるバンドに変更しました。
      各ショップによってスペックがまちまちなのでちょっと困りますね。
      特にLeTVのスマホは型番も分かりにくいので注意する必要あるかもしれませんが・・・どれを信じて良いのやら。
      お役に立てず申し訳ございませんが自分にもちょっと分からないところです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。